ロードスターでモータースポーツ&DIY 当サイトは全ページリンクフリーです
猛烈ロードスター ヘッダイメージ


【秋の気配の猛ドラ29★9月24日(土)開催】
満員御礼!ありがとうございました!(・ω<)ノ
詳しくは 猛ドラWEBにて!
猛ドラレポート集も参考にしてね(・ω<)(猛烈ロードスターレポート猛ドラ参加者レポートみんカラで猛ドラを検索


最新ブログ
16/07/13【やっぱ】MTE37とNDロードスターのホイール重量【軽い】 NEW
16/07/13【MTE37】第4弾ラスト放出&装着写真ギャラリー NEW
15/12/07いくぜ!マツ耐:マツダファンフェスタ2015岡国【速報編】 NEW
15/12/04いくぜ!マツ耐:マツダファンフェスタ2015岡国【前夜編】 NEW



協賛:タイヤガーデン豊中 ご来店時は猛烈ロードスターを見たとお告げくださいませ~。
 トップロードスターいろいろバックナンバー猛烈アンテナ
 猛ドラ「ぐ」の揮発つぶやきツイッターみんカラタイヤガーデン豊中

« 2005年02月 メイン 2005年04月 »

3月02日 『 NC(新型ロードスター)速報 』期待と不安で待ち続けた新型ロードスターがついに発表された・・・実に15年ぶりのフ...
3月02日 『 ガンバレご老公 』気が付くと 錆と戦う 歳だった
3月03日 『 猛烈に走り込む練習会 in 舞洲 』タイトル画像は、独断と偏見で白い兄さんに友情出演していただきました。ありがとう。...
3月03日 『 当サイトの車両紹介 』車両スペック詳細
3月05日 『 23時から始めるアライメント調整 』高速コースで適当アライメントを試す
3月06日 『 速報 』DriftRoadsterのタナカくん・・・作手サーキットロードスターラジアルラ...
3月08日 『 そういえば、どうなったんだクリスマス 』過去ログなんかを読み漁られた読者様より 「おい猛烈、ク...
3月11日 『 つづきです 』 予想外にみんなに愛されてしまった"ギターの神"ことギタリストS。 当編集部では夢うつつの神を映した貴重な動画をこのたび極秘入手した。時折開くそのCOOLな眼差しと、その眼差しにパニックに陥る撮影者のリアルな感情がヒシヒシと伝わってくる素晴らしい映像である。とくとご覧頂きたい。 ギタリストSの寝顔|...
3月12日 『 ふと新聞を見る 』ヨメ様は最近よく新聞を見る。そしてたまに「プッ」と笑っている。不気味だ。「ほら、...
3月23日 『 6点式は、つよかった 』年度末で嘔吐しながら働いていた猛烈です。申し込んでいたジムカーナにも行けなかった...
3月25日 『 一人備北決戦に向けて 』素人が夢見るプライベートアライメント調整に挑戦
3月27日 『 玉砕 』自分でやったアライメントの成果を試す
3月27日 『 準備完了 』フロントのプリロードを左右ゼロに。カラーを入れ替え、微調整は厚みの合うワッシャを...
3月30日 『 ひとり決戦の日 』備北遠征

「NC(新型ロードスター)速報」

05/03/02(水)
  |  TrackBack 0

image期待と不安で待ち続けた新型ロードスターがついに発表された・・・実に15年ぶりのフルモデルチェンジ。「でかくなる」「重くなる」「3ナンバーサイズ」と、「軽さで勝負のライトウェイトスポーツ」が信条のロードスターにとってはネガティブな話しか出てこなかった。しかし結果としては

車両重量は+10kgに抑えた

マツダの執念・・・。

見た目は最初「げっ、スープラだ」と思った物の、3回目ぐらいには慣れてしまった。ホイールが大きいとかボディが大きいとか、色々思うところはあると思うけど"現代のクルマ"として売る以上色んな意味で避けられない事をちゃんと飲み込んだ上で車両重量は+10kgに抑え、さらに突き進んだ"楽しくなる為の向上"をたくさん盛り込んでる。拍手。イイクルマなんだろうな。

「NA以外ありえない」とか思ってた時期もむかーしむかし(コゾーだった頃)あったけど、実際にNB1やNB2に乗っているウチに「ああ、こりゃいいや」と思うようになった。きっとNCも期待できる予感。NAが壊れたらNBでも買うかな?と思ってたけど、NCって線も"アリ"かも知れない。試乗できる日が楽しみ。まずはレンタカー借りてジム(略

ちゃちゃっと見かけたデータを引用

             NC(新型)     NB8C(6MT) 
--------------------------------------------------
全長(mm)        3995           3955
全幅(mm)        1720           1680
全高(mm)        1245           1235
ホイールベース(mm)    2330           2265
トレッド(前/後,mm)  1490/1495       1415/1440
車輛重量(kg)      1115※        1060~1080

エンジン種類     MZR 1.8L/2.0L     BP-VE 1839cc
内径×工程(mm)  87.5×83.1(2.0L)    83.0×85.0
            83.1×83.1(1.8L)
最高出力
       118kw/160PS(6700rpm,2.0L) 118kw/160PS(7000rpm)
       93kw/126PS(6500rpm,1.8L)
最大トルク
       188N・m(5000rpm,2.0L)  170N・m(5500rpm)
       167N・m(4500rpm,1.8L)

トランスミッション     6MT,6AT(2.0L)     6MT,4AT
            5MT(1.8L)

タイヤ          205/45R17(2.0L)     185/60R14~205/45R16
            205/50R16(1.8L)
ホイール         17×7J(2.0L)       14×6J~16×6.5J
            16×6.5J(1.8L)

サスペンション前     ダブルウィッシュボーン       ダブルウィッシュボーン
             マルチリンク            ダブルウィッシュボーン
------------------------------------------------------------
※1 MT、ATのいずれかは不明


写真や動画、情報等

MAZDA新型ロードスター特集 クルマの情報サイト【オートギャラリーネット】
MAZDAプレスインフォメーション


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - NC(新型ロードスター)速報  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「ガンバレご老公」

  |  TrackBack 0

先日のジムカーナでセッティング変更の為にジャッキで上げたりしていると、悲しい現実を発見してしまった。

image

サイドシル、錆びて腐って穴あいてます。ホロホロ。

しかしN兄の車をみたら同じ所が同じようになってたので、意外とみんなこんなもの・・・なのかも。 ちなみにN兄車両は一度板金屋で、サビ部分を切り落として補修したらしいのだけど、また錆びて穴が開いたらしい。愛車から「サビ」とか「」とかいう単語が出てくる・・・・我々はもう旧車の世界に片足の膝の真ん中ぐらいまで入っているのかも知れない。

老いてなお盛ん!ガンバレ平成5年式。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - ガンバレご老公  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「猛烈に走り込む練習会 in 舞洲」

05/03/03(木)
  |  TrackBack 0

imageタイトル画像は、独断と偏見で白い兄さんに友情出演していただきました。ありがとう。いつもメットがカッチョイイ。 というわけでお手伝いなワケですが、1オフィシャルとして練習会を企画する事になりました。・・・って、僕はただのお手伝いですよっ!・・・何故か極めてのような練習会名になってしまっているので、主催と思われそうでハラハラしておりますが、流れで何故かそうなってしまいました。 そして、手伝うからにはゲロが吐ける程たくさん走れる練習会になるように、横からあーだこーだと小姑のようにちくちくと修正を入れていきたい所存でありますので、参加していただけるみなさま、ご期待下さい。でも、主催者さんも初主催なので、あまり期待しすぎないでください。(どっちだ) 手際が悪かったら多めに見てあげてください。 というわけで概要です。 略して猛練(モーレン。)  ・・・「。」?
日程 2005年4月16日(土曜)
場所 舞洲スポーツアイランド 舞洲イベント広場A
参加費用 9千円
備考 ・台数限定(かなり少ないです) ・前払い ・申し込み後のキャンセル不可(台数が少ない為)
講師 中神 保秀 選手 (マツダスピードジムカーナ初代全国チャンピオン:ロードスター)
参加対象 ジムカーナ初めての初心者~タイムアップを目指す中級者まで
内容 初めての方向けの基礎練習コース(定常円、八の字旋回、スラローム等)+コース走行を常に併設し、初心者の方には基礎練習コースを主に、中級者にはコース走行を主に練習して貰います。
さらに詳細は、追って報告します。というか、近日オフィシャルページが立ち上がるらしいので、そちらにリンク予定です。お楽しみに。 今日の愛車 本日、腹の下からシューシュー・・・微妙に爆音・・・生ガス臭・・・エキマニ割れましたかね・・・。 次々と何かが壊れていく・・・老体に鞭打つ壊れスパイラル継続中。 更新情報 ロードスター系サイトなのにやっと(?)メニューに「ロードスター」が追加。まずは波瀾万丈車両紹介
このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 猛烈に走り込む練習会 in 舞洲  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「当サイトの車両紹介」


06年12月現在の仕様。

image
2006年10月タカタ決戦準備後

ベース車両:平成5年式NA8Cシリーズ1 Vスペシャル
エンジン:排気カム流用、1mm面研(圧縮比9.7)、ポート段付き修正、TODA調整式カムプーリー
吸排気:マキシムワークスエキマニ、タックイン99ヒットマン3、K&N純正交換エアクリ、60φビッグスロットル
点火:NGKパワーケーブル、DENSO7番
制御:自作ROM+e-manage
冷却:アルミ二層ラジエター、純正改造リニア水温計
駆動:6速ミッション、NB8純正クラッチ&カバー、4.6kgフライホイール、ファイナル4.3、トルセンデフ、ニーレックストラクションカラー
制動:プロジェクトμHC+、スリットローター
足回り:ダンパー/YZ、バネ:12-8kg(CRFTZ)、アッパー/TODA、スタビ/純正(19-11)
ホイール&タイヤ:RAYS TE37(15インチ6.5J+35)、NEOVA AD07(205-50)、F:5mm&R:15mmスペーサ
補強:どーだバー、どーだタワーバー、サイトウロールケージクロモリ4点、タックイン99ブレースバー
内装:シート/BRIDE VIOS3&EXAS3、ステアリング/NARDI CHALLANGE 350mm、ハーネス/SPARCO ProRacer(SCHROTH)
外装:Jubirideフロントバンパー、リアバンパーカット、FRPダックテールトランク、デイトナブレッドスタイルミラー、ショートアンテナ

車重:約1020kg(燃料満タン)
出力:約142.6ps
トルク:約16.4kgm
2006/4/20 小山自動車シャシダイ結果

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 当サイトの車両紹介  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL

「23時から始めるアライメント調整」

05/03/05(土)
  |  TrackBack 1

image「ボロいツナギ NA」マツイくんのイメージをカラダで表現してみました。我ながら、とてもしっくりきてしまっているような気がします。(撮影:ヨメ様) オプションで頭にはタオル巻き、より"NA感"を表現してみました。

翌日のジムカに向けて試したかった事・・・フロントのキャンバー調整。某氏曰く「簡単簡単、ロアの2カ所を同じだけ回せばいいねん」・・・そうか、同じだけ回せば良いのか。というわけで

必殺目分量アライメント

を、やってみた。正確には忘れたんだけど、だいたい2.5目盛りアウトに出るようにカムを回してみた。

試走(街乗り)の結果

微妙にまっすぐ走らなくなった。

・・・まあ、いいかな。たぶん、キャンバーは付いた。キャスターは寝た。トーは・・・ん、これめちゃくちゃアウトじゃないのか?・・・まあ、とりあえずコレで・・・ハンドリングがやけにマイルドな気がします。

作業内容

23時から開始という無謀メニュー。(時間がとれなかった) リアにバンプラバを入れる。(ストロークをギリギリ使い切っているので精神上宜しくない為) フロントのキャンバーを目分量で付けてみる。結局1時頃には終わった。結構早い気がする。

しかし夜中の無茶がたたって翌日の体調は最悪に。午前中の練習走行をフルでスルーし、昼からのタイムアタックに社長出勤となる・・・。

タイム

コースはめちゃくちゃ長くて渡りを使った島周り。ぐるぐる回るので入りと出がだんだんわからなくなってくる。到着して必死にイメトレイメトレ・・・で1本目、見事ミスコース。でも一カ所だったので次はなんとか・・・で、
2本目・・・1分30秒452。うーん、なんだか納得行かないものの、コレで計測終了。8台いるロードスターでは3番手だったらしい。1番はターボのTくん27秒6。2番はNさん29秒。

その後の練習走行で手計測して貰うものの・・・1分30秒7、1分30秒2・・・なんだかすんごい走りにくい・・・いや、走りやすいのだけど(マイルド)走りにくい。変な感じ。そしてタイムが出ない。

で、終わってから考えてみた。前回のFトーイン値(たぶん0)で出したセッティング(リア10mm下げ、リアトーイン6mm キャンバ成り行き)でバランスが取れていた物が、成り行き上(おそらく)派手にトーアウトになってしまったフロントの為に超アンダー傾向に。どんどん外にはらんで踏めないセッティングになってしまった・・・のかな?それに気が付かずセッティング変更ならず。リアの車高を上げれば良かったんだろうなあ・・・ってあげたら今度キャンバーが立っちゃってタイヤが使えないのか。難しい。

と言うわけで目分量アライメント失敗! これを教訓に次はちゃんとトーぐらい計ってみよう。

ちなみにタイヤを触った感じ、フロントのキャンバー・・・不足、リアキャンバー・・・ほんの少し不足、と言う感じだった。 ああ、それと、2速と3速を行き来するシフトチェンジがめちゃくちゃヘタだという事が判明。たぶん、普段全然やらないからだと思われる・・・舞洲は狭いので3速をガンガン使うようなコースレイアウトが滅多に無いのですな。お陰でシフトミスを連発。要精進。しかし3速まで全開にするなんて、街乗りだと高速に入るときぐらいしかできないな・・・。

image
哀愁漂う我が愛車

そして29秒台を出されアコードの彼にもやられてしまう。

image
215のネオバとVTECでぶいぶい言わせる

まあ何はともあれお腹も減ったので、その後大挙してファミレスへ突入するのであった。

image
ずらずら。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 23時から始めるアライメント調整  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | トラックバック (1)
トラックバックURL:  

「速報」

05/03/06(日)
  |  TrackBack 0

DriftRoadsterのタナカくん・・・作手サーキットロードスターラジアルランキングトップに躍り出た。速い・・アンタ速いよっ!今後もR-Junkie
vs タナカ君との戦いから目が離せない今日この頃であった。どっちもガンバレ!(傍観者)

ウチの近くにもそんな感じのミニサーキットあればなぁ、と思う今日この頃であった。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 速報  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「そういえば、どうなったんだクリスマス」

05/03/08(火)
  |  TrackBack 0

image過去ログなんかを読み漁られた読者様より

「おい猛烈、クリスマスは結局どうなったんだ」

との手厳しいご指摘を承りまして、実を言いますと書くタイミングを逃したんですが、せっかく聞かれたんでコレをタイミングだと思ってちょこっとだけ書いてみます。

はじめに?

タイトル画像になっている謎の男「ギタリストS」(本番に弱い・アル中・彼女募集中)そして「バーテンダーY」(バーテンダーなのに何故かボーカル・そしてアル中)さらに何故か「裏でごそごそする猛烈」(線をつないだりする・目からレーザーが出る・ゴムの焼ける匂いで興奮する)によるやっつけユニットを結成し、とあるレストランでクリスマスライブをやる事になっていた3人。しかし、店からよくわからない因縁でイジめられてしまったので「自分で好き勝手やるわよ!バーカバーカ!ぺっ!」と、自前ライブをする事になってしまった。さあ、どうなる3バカトリオ。

会場を探そう

・演奏ができる
・大きな音で怖い人に怒られない
・クリスマスなのでご飯も食べたい
・場所代が高いのはイヤ

そんな都合の良い場所がクリスマスの夜に空いているワケもなく、結局自営業を営むシャチョーの実家の工場を占拠する事にした。迷惑な人達である。

チラシを作ろう

一部抜粋。

image

我ながら素晴らしいやっつけ仕事に鼻血が止まりません。スタンディングオベーション間違いなし!

写真レポート

image
機材。弾きもしないのに"見栄えが良い"という理由だけで愛機TRITONを投入。予想通り素晴らしい効果を発揮した。(大変見栄えが良い)

image
シャチョー(何故か調理師免許所持)による豪華手料理の数々。定番の丸焼きチキン、おでん、チャーハン、焼き鳥、デザート、節操がないにも程があるバリエーションに観客達の涙は止まらない。

image
Yによるバー。彼はネタではなく本物のバーテンなので、自前のお酒も多数。ネタ抜きに好評であった。

image
ギタリストS・・・ヨ○様なのか?○ン様なのか?その羽はナニ?彼のコスモが溢れ出す。

まあそんなこんなで本番

image
歌うバーテンY

image
まじめに弾くギタリストS

image
何故かコスプレさせられるも、まんざらでもないような裏方猛烈


しかし演奏はぐでんぐでん。途中で止まったり忘れたり、息が合わなかったり。さすがやっつけユニット。素晴らしい。傷心のギタリストSはヤケ酒に溺れてしまう事になり

image

死んでしまった。

image



image
界王拳2倍


image
あっ、また・・・・



image
界王拳10倍

彼らのギタリストSに対する愛は止まらない。というか、起きないSがすごい。

そしてその辺に転がっているあらゆるアイテムをSと融合させ、最終形態バージョンへと進化。ギターを抱いたまま眠る"ギターの神"として感動のフィナーレを飾る事になる。


image
界王拳20倍

それでも彼は、起きなかった。


動画もあるが、死人が出るので公開は差し控えた。



一度帰り次の日の朝、片づけに行った工場には、昨日の夜と同じ顔のギタリストSが居た。

S「知らずにコンビニに行きました」


なにはともあれ、皆には楽しんで頂けたようであった。


おわり


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - そういえば、どうなったんだクリスマス  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「つづきです」

05/03/11(金)
  |  TrackBack 0

image

予想外にみんなに愛されてしまった"ギターの神"ことギタリストS。

当編集部では夢うつつの神を映した貴重な動画をこのたび極秘入手した。時折開くそのCOOLな眼差しと、 その眼差しにパニックに陥る撮影者のリアルな感情がヒシヒシと伝わってくる素晴らしい映像である。とくとご覧頂きたい。

ギタリストSの寝顔|無料動画、 動画配信、 フラッシュ動画ストリーミングはムービーキャスターへ



泣き崩れているのはワタシです。

・・・少しはまともに弾いてる姿もおいておこう・・・。
(って練習中のぐでぐでだけど・・・)




 



このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - つづきです  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「ふと新聞を見る」

05/03/12(土)
  |  TrackBack 0

ヨメ様は最近よく新聞を見る。そしてたまに「プッ」と笑っている。不気味だ。「ほら、コレ面白いねん」と読まされるが、どうも微妙にツボがズレているらしく、笑えない。そんなヨメ様がいつものように"ヨメ様オススメコンテンツ"を提示してきた・・・期待せずのぞき込んだその紙面に・・・「うっ・・・・くっ・・・!!

今日はオレの負けだよヨメ様・・・

image
みんなで、踊り明かそう!



踊り明かしてる場合じゃないですよ大統領!!!


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - ふと新聞を見る  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「6点式は、つよかった」

05/03/23(水)
  |  TrackBack 0

image年度末で嘔吐しながら働いていた猛烈です。申し込んでいたジムカーナにも行けなかったという前代未聞の悲劇が僕をマリアナ海溝の奥深くに沈めていました。母さん・・もう上がって来れないよ僕・・・と沈みきっていたんですが、急にソバが食べたくなりました。

「くそう、もう急にソバが食いたくって仕方ねえや」と、AM3時に意味も無くクルマを走らせてマックスバリューまでインスタントソバを買いに行きました。そしたら店の前でガンガンインスタントうどんを食べているおっちゃんに出会いました。

お「おおー兄ちゃん!さむいんか?」
も「あー、ちょっと肌寒いねー」
お「そうかぁー、はっはっはっー!」

も「・・・うどん美味しい?」
お「うまい!最高や!」

アナタ何者ですか。少しほっとしました。僕は、ソバ一個買って帰りました。一期一会で、また会いましょう。


あ、全然タイトルと関係ない。また後日。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 6点式は、つよかった  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「一人備北決戦に向けて」

05/03/25(金)
  |  TrackBack 0

image決戦する勢いの猛烈です。残念ながらライバル不在で一人上手決戦です。初走行です。タナカくん、よしださん辺りは52秒台後半、初めて走るなら・・・と二人に聞くと「55秒切れれば速い方」と同じ回答。というわけで、55秒切りを目標に暴れて参ります。備北一人決戦に向けて、車両準備を出来る限りそれなりにやってみました。

タイヤを使い切る
手計測(触って内と外の温度チェック)しかしてないものの、どう考えても全然キャンバーが足りてない。お陰で激しく外べり。これでは色んな意味で勿体ない。しかも07ネオバはなんだか変な減り方をする・・・溝に合わせてボコボコになってる。と言うわけで、まずはタイヤ屋さんで逆組してもらう。

現在4部山ぐらい。しかしネオバさん、新品時と4部ぐらいで別物ぐらいにグリップが落ちてきます・・・。

ちなみに僕、ジムカ初めてから新品で買ったのって、このネオバ1セットだけだったりする。結構リーズナブル?に遊んでる気がする。

アライメント計測
「まずは必要キャンバーを知ること」という某氏の教えに従い、タイヤに載せて糸張ってゲージ作って・・・プライベーター憧れのアライメント調整ですよ!!に挑戦です。


作業は、つかの間のプー太郎であるヨメ様と僕だけ。経験者ゼロ二人で挑む素人アライメント。そして結果から言いますと

「めっっっっっっっっちゃ大変!」

ヨメ様が死にかけました。8時間かかって、朝になって、すずめの鳴き声が聞こえました。朝まで意識朦朧でつきあってくれたヨメ様に頭が上がりません。かかかかカラダで払います!!ありがとうヨメ様。

・かかったお金 約8500円(コンパネ・計測ゲージ・水平機・おもり・糸・アルミアングル(コレが結構高い)・ボルトなど)
・ヨメ様の人件費 ・・プライスレス

幸い、うちのガレージは前後左右水平が出ていたので、普通にタイヤとコンパネも載せればそれでOKだった。ラッキー。糸張りに使ったウマも、何故か2個目の穴でほぼハブセンターに合うというミラクルのお陰で、調整不要。ラッキーだ・・・。

計測結果

すいません、手違いで比乗車時・・・乗ったらちょこっと動くという前提で。

トーイン
フロントL:0mm R:1.68mm
リアL:8mm R:6.5mm トータル14.5mm (!!)

キャンバー
フロントL 0度46分 R:0度34分
リアL:2度07分 R:1度58分

リアのトーはヤバい事になっていた。乗車時なら16mmぐらい付いてるんじゃないのか・・・気が付かない僕万歳。はて、こんな僕がアライメントなんぞ語って良いのだろうか・・・良いとしよう。とりあえず目標値を、フロントトー0mm(後でアウトに振るなりすればいいかなと)、リア-6mm、キャンバーをフロント2度、リア3度とした。調整時は運転席におもりを載せて・・・

imageタイヤバカ積み。これでも少し足りてないというのが恐ろしい。人間って重いのね。おもりを載せて車高を計ったら、左右全然バラバラ。脚を組み直して調整したいけど、時間もないのでプリロードでだいたい近い線まで合わせた。妥協だけど、仕方ない・・・。

調整前
フロントL:586mm R:577mm (差9mm)
リアL:570mm R:565mm (5mm)

↑これでも実は右はプリロード+3mmにしてあったり。

調整後
フロントL:584mm R:586mm (2mm)
リアL:567mm R:568mm (1mm)

だいたい合った。

で、トー・キャンバーは

トーイン
フロントL:0mm R:0mm
リアL:1.68mm R:1.68mm トータル3.3mm

キャンバー
フロントL 1度42分 R:1度42分
リアL:3度07分 R:3度07分

フロントのキャンバーが、これで限界値。この車高では・・・もうちょっと下げたいけど、前後バランスが崩れるので、下げられないジレンマ。リアはストローク的にこれ以上下げられない。うーん。

リアは、前後カムでトーとキャンバーが同時に変化してしまうので、あっち立たせてこっち立たずを繰り返す内に、この妥協案。でもよく考えれば、トーを先に合わせてキャンバー(前後同じだけ動かせばトーの変化は無し)を合わせれば、すぐ合ったんでは無いかと思った。もう、意識朦朧でしたから・・・。まあ、そんな感じで、作業編はまた後日・・・(あるのか?)

調整後

素人作業でまっすぐ走るのかすら怪しかったが・・・ちゃんと走る。そして・・・なんか乗りやすいぞー!?
どうやら成功した様です。良かった。

これだけ苦労して、まっすぐ走らない、乗りにくいだと、溢れ出す涙が止まらないです。良かった良かった。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 一人備北決戦に向けて  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「玉砕」

05/03/27(日)
  |  TrackBack 0

image一人上手決戦前々日、ジムカでした。しかも運良く3速まで使う高速コース。セッティングがどう効いてくるのか確認できた。で、結論から言ってしまおう

大失敗

全然ハナが入らない。かつてない"ハナ入らないマシーン"と化した。どれぐらい入らないかというと、全日本ドライバーの久保師匠が乗っても入らないぐらい入らない。低速ターンでずだだだだ・・・・アクセル踏んでも、ただただアンダーが出るばかり。この感じは・・・そうだ、FFだ!FFになったんだ。・・・じゃない。

フロントの設置感がさっぱり無い。ウンコタイヤかと思うほど?しかし、高速になるとそうでもなく、割と?普通に動く。

おかしいなー。車高かなー。確かに強烈な尻下がりではあるんだけど、前はコレで普通に走ってたし不満も無かったしなー・・・。で、色々話をしてみた結果・・・・これだ!

「時間もないのでプリロードでだいたい近い線まで合わせた。妥協だけど、仕方ない・・・。」

実は右フロントに7mmかけてました。左はゼロ。まあ、硬い感じがする程度で走りには少々の・・・とか思ってたけど、全く別のクルマになっちゃいました。良い勉強になりました。久保師匠曰く「2mmもかければ別物」とか。

というわけで、明日に備えて今から脚を組み直します・・・。

小さな戦い「猛烈vsケンゾー」
ジムカを始めた頃から一緒に遊んでいるケンゾー君(NA6ディレッツァ・N兄スペシャルROM)が2本目に1分25秒後半・・・僕は1本目1分26秒フラットぐらい(NA8ネオバ・助手席に久保師匠搭載)・・・負けとるがな!1本目走り終わって、自分のタイムとケンゾー君のタイムを聞かされて激しく動揺。大きなミスは2カ所あったが、それ以外は割と普通に走ってた・・・と思うんだけど。むむむむ。NA8でネオバついてて負けるワケにはいかんとです!タイムアタックは2本だから、勝負は次しか無い・・・そうだ!タナカ流「静かに走り」をやってみよう!

スタートラインに並んで「静かに静かに・・・ブツブツ・・・」

・・・スタート! ・・・「静かに静かに・・・・えーと、この次どこ曲がるんだっけ?」


コース忘れました。



ああ、もう僕泣きそう。頭真っ白。そう、こんな時は・・・・ドリフトしよう!



imageタイムアタックなのに、一人だけ狂ったようにD1グランプリ。みよ!ネオバで2速流しっぱなしじゃうりゃああああ!!うりゃぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・みんなのアツい(奇異の)眼差しが、胸にしみいりました。

その後、実は3本目があったのでみんなにアドバイスを頂き「どう見てもオーバースピードなのに何とか修正して走れちゃうから遅い」という事がわかり「え、こんなんで良いの?」と思うぐらいゆっくり走ってみた。24秒フラット。面目はなんとか保てた・・・ふう。まだまだおじさん負けないから!ケンゾーくん!しかし、君がネオバ入れたら負ける気がする。ドキドキ。

その後久保師匠に運転して貰う・・・速い!めっちゃ速いんですけど!しかもめちゃんこスムーズ・・・22秒。サイド効かない、低速で曲がらない、と、超運転しにくそうだったけど、やはり速い。さすがだ・・・やっぱこうでないと。

練習会終了後、講師(師匠)からアドバイスのコメントが書かれた紙を頂けるのだが、それにはこう書いてあった。

「上手い。けれど、勢いで走りすぎ」

サイト名に恥じないコメントに鼻水が止まりません。

ふー、楽しかった。

image
久保師匠@NSX。大きな車体が超軽量級マシンのような動きで自由自在に操られる様は圧巻!!シビレた・・・。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 玉砕  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「準備完了」

  |  TrackBack 0

フロントのプリロードを左右ゼロに。カラーを入れ替え、微調整は厚みの合うワッシャを加工して簡単なスペーサとして合わせた。リアは、右がプリゼロで左は約4mmの遊び。10mmまでならストローク的には足りるはずなので、これで何とかなるかな?約3mm程度のリア下がり。フロントは約3mmのトーアウト。リアは4mmぐらいトーイン。キャンバは恐らく2度。リアは2度半。結構理想的な形・・・かも?どうなんだろうな~。乗ってみないとわからない。

手伝ってくれたお二人、有り難う。経験者一人手伝ってくれると死ぬほど作業が早くて涙が出ます。フロント一本外すのに体感的には5分から10分程度・・・。

明日は晴れるといいな~。雨だと全日ドリフターズ・・。晴れるのだ!晴れろ晴れろ・・・あ、4時起きです。おやすみなさい。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 準備完了  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「ひとり決戦の日」

05/03/30(水)
  |  TrackBack 0

imageひとり決戦編。AM4時半に起き出発。名塩SAで"関西討伐部隊"合流。何を討伐するのかは、本人達もわかっていない。トシユキ、トモ、猛烈、ヨメ様の4人。AM6時。

image

道中は大雨。僕のクルマは「外べり」を「内べり」に組み替えたネオバに「ドネガキャン仕様」・・・つまり、接地面に溝は皆無なワケで、水たまりでハンドル取られて死ぬ思い。途中、ちんたら走っていては時間的に全く間に合わない事に気が付き大幅ペースアップ。気分はもはや一人キャノンボール。体感速度200km。道中で激しい精神的ダメージを受ける。65ポイントのダメージ。

北房(ホクボウらしい)に到着。よしださんと合流。よしだ号はブリブリのツラにドシャコ、ドキャンバー。ああ、心を奪われる。カッコイイ。タイトル画像にしよう。そして備北へ向かう

image
濃霧・雨

なんにもみえん。そしてよしださん、 山上るの速い。おいつけない。迷子の危機を感じる。15ポイントのダメージ。

なんとか到着。 準備する。完熟歩行・・・ほほう、ここは道が綺麗だねえ・・・と思うが、どうやら一般的にはボロボロの低μ路らしい。コレがボロボロだと、我らがホームコース舞洲なんて道と呼べない。・・・これからダートと呼ぼう。3ポイントのダメージ。そしてクラス。備北は初走行、コース走行自体一年半ぶりの僕は「初心者クラス」。

そして走行

image
雨・そして霧

常に降り続ける雨、時折出てくる恐ろしい程の霧・・・最後に走ったTIの悪夢が遅いかかる。ドキャンバー内溝無しの僕のクルマでは、ブレーキなんか踏めるはずもなく、ただただ怖い・・・ひたすら怖い・・・ハイドロ起こして飛んでいく。ひー!! 縁石を派手に飛び越えること数回、土に落ちること数回。フロアがボコボコになってしまった。

途中よしださんの横に乗せて貰ってラインを見せて貰う。・・・・こんなに縁石乗るのね。へー。

ひとまずチェッカーを振られるまではコース攻略を雨なりに頑張り、チェッカー振られて帰りなさいと言われた所からドリドリ練習なんぞをやっていた。たまに、まぐれで最終コーナー流しっぱなし(雨だから超遅いけど)なんかやっていた矢先

「あーーーーま~が~ら~な~い~~」・・・ぼこっ

タイヤバリアに刺さってしまった。しかしまあ、大して速度も出てなかったし、なんともなってないだろう・・・と思いながらピットに戻ると、なんかみんな見てる。え、なに?全然たいした事無いよ?

image
マイナーチェンジフェンダー&3次元ナンバー。バンパーは傷だらけ。Bリップは脱落。ケンゾー君すまん!

フェンダーがバンパーに押されて折れた模様。がくっ。上の画像は手でフェンダーを引っ張り出した後。ナンバーは裏返って口の前にあった。そりゃ、みんな見ますわな。取材後(?)で良かった。35ポイントのダメージ。しかし!走りにはなんの問題もない。気を取り直して、コース攻略!攻める!フルウェットでドリ練習は怖い!無理!もうやめ!

暇そうなヨメ様を常に横に乗せ、ストップウォッチで常に計測して貰った。フルウェットで、1クラス(申告タイム55秒以下)の人達がが1分3~4秒・・・僕のタイムが8秒、7秒、6秒・・・・だんだん雨なりに面白くなってきて、最終的に2秒半ばあたりが出た。ちょっと嬉しい。HP45ポイント回復。

image
フルウェット・トモ号@ヨメ様撮影

image
フルウェット・トシユキ号@ヨメ様撮影

しかしまあ、恐ろしい霧で、突然1コーナーが見えなくなったりする。山の天気は恐ろしい。

image予定では昼からタイムアタックのはずだったが、天気の回復を願ってアタックはラストに。そしてタイムアタック前にRSガレージワタナベのワタナベさんがやってきた!本当に乗り始めた頃の僕の心の師匠にして、タナカ君の師匠。憧れのワタナベさんとお会いすることが出来た。いや~。嬉しかった。色々面白いお話を聞かせて貰って有り難うございました。>ワタナベさん

そしてボンネットの中の物にみんな釘付け。その物は、不思議なヘッドカバーだった。

image
こ、この色合いは・・・

「(これはス○ベイスでは・・?)」
「(いや、仏壇にこんな色のアイテムがあったような・・・)」
「(卒業証書の入れ物にそっくりじゃない?)」


大好評。ワタナベさん曰く「シャレで塗ったんだけどね~」・・・チョーシャレてます!

そしてラスト、いよいよタイムアタック。路面も随分乾いてきて、8~9割ドライ。スタートから1週、2周目で様子見&タイヤ暖め、3周目でアタックという段取り。僕ら初心者クラスはラストで、路面はさらに乾いてきてた。9割ドライ。しかし、時間的に厳しくなってしまい、最後の初心者クラスは2周目でアタックに。ドライ路面は一度も走ってないので、まさにぶっつけ本番アタックに。そしてクラス1の結果

image
1番時計:ワタナベさん 54秒19

image
2位:よしださん 55秒06

image
3位:オサルさん 56秒56

トップはワタナベさん。さすがだ・・・しかし、トップ陣がこれだと目標の55秒切りなんてとてもって感じだ。まあ、とりあえず出来る限りやってみよう。

そしてアタック。一周目、ハンドルめちゃくちゃにこじったりクラッチ蹴ったりしてタイヤを暖める・・・ブレーキを踏む・・・おおお、ブレーキが効く。ハンドル切ったら、曲がるんです。(当たり前) ・・・何か面白いぞー!!

結果はこちら。というわけで、57秒86。22台中6位。まあまあいけた・・・・ホッ。
そして関西勢。NR-Aトシユキくん1分3秒台、トモさん1分9秒台。トシユキくん、NR-Aでのモータースポーツ自体初体験。後ろについて見たりしてたけど、やけに上手い・・・フルウェットでも綺麗にカウンターを当てて立て直す。末恐ろしい・・・今の内に潰(略) トモさん、端から見てもとても丁寧で綺麗な走り。着実にのびてきてるなぁ・・・。

光電管通過後の帰りの一週も、さらに全壊アタック。おおお、曲がる曲がる、踏める踏める・・・めっちゃ面白い。備北って、こんなに面白いのね。絶対に3周目のタイムの方が良いと思う・・・残念。結局、「雨のイメージ」が強く残ってしまってブレーキを詰められない状態だった。ドライで走りたかったな~。1本走っただけであんなに面白いなら、15分も走れればどれだけ楽しいか・・・無念。次回に期待。しかしこれから、梅雨ですな。ドキドキ。

image
無事終了。よしださん、運営の皆様、お疲れさまでした~。

我が愛車




image
Bリップはタイラップ止めた。タイ、タイ、タイラップー・・・なんでも止めちゃいけません!

帰りに、愛車からガチャガチャと異音。さすがにあれだけ下回り当てたら何か壊れたか・・・と思ってGSで場所を借りてタイヤを外すと、ローターとローターカバーの間に石が入ってた。お砂遊びのプレゼント。GSに寄贈。そしてフロントタイヤを見ると

image

うーん。僕的1~2部。ワタナベさん的には0部山か・・こりゃ、ブレーキも効かんわな・・・。

これは元々リアタイヤ。僕はリアの方がガンガン減ってしまう(踏みすぎです)ので、溝の多いタイヤはリアに回してあった。今日なら、逆の方が良かった気がする。リアも僕的3~4部(一般的に2部?)。そろそろ次のタイヤを考えないと。

そんなこんなで、無事HP0になった僕はヨメ様の恐怖ドライブで帰路についたのであった。遠いけど、大変楽しい備北遠征でした。

往復距離:約400km
かかったお金:ガソリン代5千円、高速代魔法で半額4千5百円、走行会1万円 計:約2万円

うーん、財布にはキビシイ。

車両セッティングの成果

フルウェットではアライメントが車高がタイヤがなんて、なんの意味もなさない。ただただ滑るのみ・・・超絶微妙なブレーキングとアクセルワークの練習はできる。ドライアタックは一本だったから、何がどうだったのかも微妙・・・しかし、乗りにくい感じは全く無かった。ブレーキも良く踏めたし、1速を使うコーナーもアクセルで比較的容易にくりんと向きを変えられた気がする。割と好印象。

ただ、リアのトーが狂ってしまったのか、少し右に流れる。また糸張って調整しよう。

オマケ

image
ジムカーナスペシャリスト(キャリア10年以上)強し!また遊んでやってください。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - ひとり決戦の日  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  


« 2005年02月 メイン 2005年04月 »



【秋の気配の猛ドラ29★9月24日(土)開催】
満員御礼!ありがとうございました!(・ω<)ノ
詳しくは 猛ドラWEBにて!
猛ドラレポート集も参考にしてね(・ω<)(猛烈ロードスターレポート猛ドラ参加者レポートみんカラで猛ドラを検索


最新ブログ
16/07/13【やっぱ】MTE37とNDロードスターのホイール重量【軽い】 NEW
16/07/13【MTE37】第4弾ラスト放出&装着写真ギャラリー NEW
15/12/07いくぜ!マツ耐:マツダファンフェスタ2015岡国【速報編】 NEW
15/12/04いくぜ!マツ耐:マツダファンフェスタ2015岡国【前夜編】 NEW



協賛:タイヤガーデン豊中 ご来店時は猛烈ロードスターを見たとお告げくださいませ~。
 トップロードスターいろいろバックナンバー猛烈アンテナ
 猛ドラ「ぐ」の揮発つぶやきツイッターみんカラタイヤガーデン豊中
ロードスターでモータースポーツ&DIY / 当サイトは全ページリンクフリーです。 Copyright(c) Gussan / MRRS All Rights Reserved.
Since 2004 -10 visit : ,,