ロードスターでモータースポーツ&DIY 当サイトは全ページリンクフリーです
猛烈ロードスター ヘッダイメージ


【秋の気配の猛ドラ29★9月24日(土)開催】
満員御礼!ありがとうございました!(・ω<)ノ
詳しくは 猛ドラWEBにて!
猛ドラレポート集も参考にしてね(・ω<)(猛烈ロードスターレポート猛ドラ参加者レポートみんカラで猛ドラを検索


最新ブログ
16/07/13【やっぱ】MTE37とNDロードスターのホイール重量【軽い】 NEW
16/07/13【MTE37】第4弾ラスト放出&装着写真ギャラリー NEW
15/12/07いくぜ!マツ耐:マツダファンフェスタ2015岡国【速報編】 NEW
15/12/04いくぜ!マツ耐:マツダファンフェスタ2015岡国【前夜編】 NEW



協賛:タイヤガーデン豊中 ご来店時は猛烈ロードスターを見たとお告げくださいませ~。
 トップロードスターいろいろバックナンバー猛烈アンテナ
 猛ドラ「ぐ」の揮発つぶやきツイッターみんカラタイヤガーデン豊中

« 2005年05月 メイン 2005年07月 »

6月01日 『 猛練第2回 』猛練2 ○神さんの恐ろしさを知る一日
6月02日 『 猛練 裏話 』第一回の朝の写真。まだ夜明けという感じ。 荷物運搬用の...
6月08日 『 男のロマン(ポルノ)エンジンチューン 』素人が夢見るエンジンチューンへの序曲
6月10日 『 サスペンションシートポスト 』舞洲でいつも活躍している我が愛車DAHONのPiccolo。16インチの折り畳み...
6月13日 『 MT(マニュアルトランスミッション) 』本当のMTは面白い
6月14日 『 みによんく 』スーパーに買い出しに行ったとき、ふと模型コーナーという奴に目が留まる。 ...
6月15日 『 アーサーハーフスペシャル猛烈味 』足に関するetc
6月16日 『 ヨメ様エボリューション 』ヨメ様がロドスタで走るようになった
6月17日 『 猛烈FD物語2話 衝撃 』 と言うわけで今回からは普段のノリでいってみよう。 ...
6月18日 『 猛烈FD物語3話 外装編2 』 入手直後「そうだ、夜だけ乗ればボロがバレないよ!特に雨の日!」と話...
6月20日 『 みんなで焼けこげ 猛練地獄 』猛練3 暑い6月○神オーナー殺し祭
6月22日 『 レトルトカレーシリーズ:土佐鯨カレー 』土佐くじらカレー
6月23日 『 新型レポート出てきたよ 』ついに試乗レポートが出始めた。ああ、あのハワイリポーターって人達も乗ったんだろう...
6月26日 『 中国地方は夢の国 』聖地RSガレージワタナベに遠征(ついでに仕事する←逆だ)
6月27日 『 背筋ゾクゾク 漢達のロマン(ポルノ) 』広島日記書いたら書くぞー!と思ってた情報なんですが、やはりみんな脳味噌ズギュンと...
6月29日 『 昨日の続き 』◆阿吽さんと会った後 清水の舞台から飛び降りる気持ちで...

「猛練第2回」

05/06/01(水)
  |  TrackBack 0

image1回を無くして2回目のレポを書く男、それが猛烈。

いい加減な感じですいません・・・。

第一回の僕
天才ロードスター乗り○神さんと、アコード乗りYasくんアタックに燃えている僕。○神さんとは「愛車オーナー殺しバトル」であり、Yasくんとは「アコード(200馬力ぐらい?)」とのバトル。ミニサーキット的な高速レイアウトだと良い勝負で面白い。

そのときの○神バトルは、僕のクルマで○神さん(+相方0.1トン)の出したタイムが58秒ちょっと。次に僕が乗って57秒後半が出た。

「ぐっさんクルマ貸せ~!」

ああっ、○神さんに火がついた。彼は気合いの量でタイムが虹色に変化する。さくっと56秒657を出し僕をあっさりと殺してしまう。ふっ・・○神さんに殺されるなら本望さ・・・。ふとYasくんにタイムを聞くと・・・

「ふっ・・・57秒14です」

きぃーっ!その後57秒台を連発・・・57秒12。出た。100分の2秒勝利。落ち込むYas君。
と言う感じで楽しんだ第一回猛練。○神さんには0.5秒差。うーん、まだまだ遠いな~。

image
そして今回
コースはほぼ同じ感じながら複合コーナーを少し取り入れたちょびっとテクニカル高速コース。 僕の今回の仕様は、準備で疲れてしまって特に何もやってない。タイヤはオアシスで譲ってもらったの5千円BR+DNA-GPに26mmスペーサでウソツラナベ仕様(といえどもかなり格好良くてお気に入り)。減衰の調整すら街乗りのまま突撃。もうはなっからズリズリ。

ざざっと走って平均タイム47秒7。タイヤの空気圧を見ると・・・おおお、3kg。こりゃダメだ。2.2kgまで下げて・・・ここで○神さんに交代。横には0.1トン相方装備。1本目47秒前半・・・2本目46秒7。は、速い・・・。

僕に交代。空気圧を調整して、アタック。47秒前半でタイムはうろうろ。タイムの振れは恐ろしい程安定(0.3秒差ぐらい)してる。かつてない感じ。

どこでロスしてるかわからなくなってしまったので、○神さんに横に乗って貰う。結果

「わかった。踏みすぎ。」

これでも踏みすぎなのか・・・突っ込み番長癖抜けず。ラスト一本、踏まない踏まない踏まない・・・で走ってみる。47秒半ば。

「踏まないのを意識しすぎて進入が遅くなったね」

メリハリ無し!(親指) 最終的には47秒1で根性切れ。0.4秒差だけど0.1トンウェイトハンデだからな~。精進しよう・・・。
(いや、きっとヘボいタイヤが0.1トンのウェイトによりトラクション性能が向上して限界以上のトラク(略))


・Yasくん(アコード+ネオバ) ほぼ同タイムだった。ふっふっふっ・・・。
・ケンゾーくん(01R) 殺戮っ。どんと来いっ。
・トシユキ(NR-A+ネオバ) 47秒9・・・速くない?彼はきっと上手い人だ・・・タイムの振れもほとんどなし。凄いかも。


今回、明確なミスポイントが見えずにタイムを削る部分が無くなってしまった。こういうのは初めて。今まではぐでぐでで常に「あそこはミスったからあと**秒ぐらいはな~」と言ってたのに、今回はそれがない。初めて壁みたいなものを感じてしまった。

DNA-GP
これがこれが・・・面白いんです。意外に食うし、凄くコントローラブル。ぐねぐねぐねぐねして、どうとでもなる感じ。速くは無いけど面白いタイヤ。

生まれて初めてのスポーツ走行(TIサーキット)はDNA-GPだったんだけど、凄く印象悪かった。すぐにお尻出ちゃってどうにもならん!・・・って、ただヘタなだけなのね。腕でタイヤの印象って全然違う。難しいものです。いまだに、深い話はよくわからないんだけど。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 猛練第2回  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「猛練 裏話」

05/06/02(木)
  |  TrackBack 0

image第一回の朝の写真。まだ夜明けという感じ。

荷物運搬用のハイエースが諸事情で遅れてしまった。集まっているのはオフィシャルのクルマでロードスターロードスターロードスターS2000・・・使えんクルマばっかりだ。

「仕方ないなあ」

・・・


imageテトラポッドスター

N兄の男らしさで事なきを得た。

そして今回

「さーてパイロン借りに行くか~」

ふと周りを見渡す

image
フルオープンミーティング2005


ちょっとしてから、無事セレナが到着して事なきを得た。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 猛練 裏話  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「男のロマン(ポルノ)エンジンチューン」

05/06/08(水)
  |  TrackBack 0

imageタイトルが微妙にパクりでごめんなさい。(気に入ってしまいました)

GENさんからメールが来た。

げ「猛烈さんの転がしてるBPの事でちょっとお茶しない?」

も「ははは、まさかヘッド持っていくとか言わないよね」


そして、強奪されてしまう僕のヘッド。ああああ・・・。エンジンバラし経験方法なGENさん@テクニシャンの手によりてきぱきとバラされてしまいました。さようならマイBPヘッド・・・。

そしてカムと初対面に感動。

「君って結構大きかったんだね・・・」

初のピストン対面に感動。

「君ってむちゃくちゃ大きかったんだね・・・」

僕は90ccのピストンしか見たことが無いです。(カブエンジン)

今回の件

エンジンチューンに燃えるGENさん、NB2エンジンをゲッツして(ナイショにしておきたいかもしれないので詳しくは略)で、僕のBPヘッド(8年式7万キロ走行)とGENヘッド(ほぼ同程度・ポート研磨済)と交換する話しになったのだ。

程度はほぼ同じだしポートは研磨済みだし、ポートを削る根性なんてみじんも無い僕には丁度良いかと思う。問題は、GENエンジンチューンが完了するまで僕はエンジンに着手出来ない事だけ。というわけで、みんなでGENさんに必要以上に注目して彼の作業スピードを200%増量補正させて下さい。

僕のエンジンチューン

ヘッドチューン予定してます。色々と落ち着いてきて、ついにその日が近づいてきました。うーん、僕の中では激しく禁断の領域。7~8月は走行をお休みするので、その期間に修理(あちこち壊れてる)と合わせてやっちゃう予定です。コンセプトは

「最低限の費用と労力で最大限の効果」

素人が夢見るプチエンジンチューン。さてどうなるか・・・。

更新情報
リンク集を更新。リンク追加・コメント追加・整理整頓・独断と偏見によるサムネイル追加。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 男のロマン(ポルノ)エンジンチューン  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「サスペンションシートポスト」

05/06/10(金)
  |  TrackBack 0

image舞洲でいつも活躍している我が愛車DAHONのPiccolo。16インチの折り畳み自転車でロドスタのトランクにすっぽり入る。(という条件で探した) 3段変速でちっこい折り畳みらしからぬ走りを披露。広い舞洲の移動にいつも活躍している。主に僕じゃない誰かに乗られている気がするけどまあ良しとして、しかしとにかく

お尻が痛い

とにかく痛い。1kmも走ると痛くなってシートからお尻をズラしながら走ってるような状況。タイヤが小さいので仕方ない。ちょい乗りにはすごく便利だけど、長距離は全くダメだった。

そんなある日某掲示板でコレの話が話題になっていたので、勢いで購入してみたのだった。6千円ぐらいだったかな?モノはSR SUNTOURのSP-NCX-D2。

丁度板金屋にロドスタを持ち込まなくてはいけなかったので、ピッコロさんをトランクに積み込み板金屋へ。ロドスタを預けて自転車を組み立て・・・いざ出発。片道7km。万年引き籠もりデスクワーカーの結構思い切ったベンチマークテストである。

image
みちはつづくよどこまでも

このサスペンションは上下方向と後方に動くようなイメージで、乗ってみるとやはりちょっとだけ違和感がある。フレームがぐにゃぐにゃになった感じ。シートとハンドルの距離が動的になるからだろう。で、肝心の衝撃吸収性能は・・・素晴らしい!お尻の痛い自転車には必ず入れようと思った。初期作動が若干渋めで細かい段差は苦手だけど、それでもあるのと無いのとでは大違い。緩やかな段差では「ふわり」と走れてとても快適。値段なりの価値はある良い買い物だった。無事7km走ってもお尻は痛くならずに済んだのであった。

しかし、ママチャリに付いている「バネつきシート」でも近い事になるのではと、ふと思ったが、あまり考えない事にしよう。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - サスペンションシートポスト  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「MT(マニュアルトランスミッション)」

05/06/13(月)
  |  TrackBack 0

imageMT(マニュアルトランスミッション)

・疲れる
・面倒臭い
・難しい
・etc・・・


・・・「楽しい」よね?

※以下の文章はAT車やATでの移動を否定するモノではありません。MTに対する否定的・悲観的な考え方に対するモノです。ついでにいうとスポーツカーのMTです。(トラックのMTは僕は楽しくないです)

楽しむMT
"何も考えずにただ移動するだけ"なら、MTは不要。ATや電車で良いと思う。MTの操作は楽しいモノで楽しめるモノ。ただの移動の中にも"上手くなっていく"楽しさを含んでいて、ある程度上手くなった頃には"操る楽しさ"を得られるようになる。この楽しさは何物にも代え難いモノ。ただのちょっとした移動すら"楽しさ"に変えてくれる。ちょっとした交差点を曲がるときでも、ステアリング、ブレーキ、アクセル、クラッチ、シフト、をいっぺんに操作する。どれ一つラフに扱ってもクルマはギクシャクする。全てが綺麗に調和して完璧にこなしたときにクルマとヒトの一体感は最高潮。まさに「思い通りに操っている」。スピードを出すだけがクルマじゃない。マツダ的に言うと人馬一体。(笑) ロードスターはこれに関してホントに最高だと思う。60km以下で十分楽しいもんね。

長く楽しむ
もちろん完璧にこなすのは難しい。4速巡航から1速まで、減速しながら全くショックなくシフトを落として、普通に交差点をゆっくり抜けていく様になるまで"毎日通勤で使っても"1週間や2週間で出来るモノじゃない。個人差はあると思うけど、普通何ヶ月もかかると思う。何年もかかるヒトもいると思う。(ちなみに僕まだ"完璧に"出来てない。7年目。) けど、焦る必要もない。だって"趣味"なんだし、上手く出来なくても誰もアナタを怒ったりしない。時間はいくらでもある。ゆっくりゆっくり楽しめば良い。

難しいから面白く無い?
レベル100で始まるドラクエや幼稚園児vs成人男性のドッチボールが面白いはずもなく、誰でも出来る簡単な事に面白い事なんて無い。1から始まって徐々に上手くなっていくから面白い。出来なかった事がどんどん出来るようになっていくから楽しい。

スポーツドライビングも「難しいから面白くない」「遅いから恥ずかしい」。って。最初から上手いヒトなんて居ない。何事も徐々に成長するから面白い。お金出したって経験とスキルはポンと買えないから。そして一度得た経験は一生モノなのです。




最近MTをヒト様に教える機会が多い僕の心の独り言。悲しむべくは、「 MT=難しくて疲れるだけの面白くないモノ&トラック乗るためのモノ」 みたいなのを植え付けた教習所のダメな教習。・・・あと、正しい乗り方(楽しみ方)を教えてくれるヒトが居ない事。

imageさらに独り言メモ
8kg 38.5mm 残46.5mm 5mm遊びがストローク限界 = 8k時に41.5mm必要
10kg 30.8mm 残54.2mm 7.7mm下げて同一車高? 車高バランス的にはさらに10mm で17.7mm
残36.5mm  41.5mm縮む時の8kバネにかかる加重332kg 10kg時の縮み量 33.2mm

3mmしか余らない・・・いや、余るだけマシか。現状足りてないもんな。うーん、もうちょっと下げたいんだけどなあ。うーん。なんか伸び縮みバランス悪いしなー。うーん。やっぱりハイマウントか・・・スペアタイヤ&ジャッキ無しと軽いマフラとFRPトランク分尻が軽いとは言え(-20kgぐらい?)片輪10kgなんて誤差みたいなもんだしなー。うーん。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - MT(マニュアルトランスミッション)  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「みによんく」

05/06/14(火)
  |  TrackBack 0

imageスーパーに買い出しに行ったとき、ふと模型コーナーという奴に目が留まる。

「おお、ミニ四駆・・・!」

知らなかった。まだ売ってたんだ。小学生の頃ずっぽりハマったミニ四駆は今でも小学生達のハートをがっちりキャッチなのだろうか。

タイトル画像のモーター。確か僕の時は「ハイパーダッシュモーター」だったような。赤と黒のアドバンカラー。とか思い出していたら横に

image

レブチューン・・・なんだろう。レブリミット引き上げ高回転仕様?何だかわからないけど、セッティングに幅があるというのはどこの世界もアツいもので。車体の方はと言うと

image
烈?シリーズらしい 僕は猛烈(無関係)

うーん、こっちは全然わからない。僕の時代はなんちゃらドラゴン(サンダードラゴン、ファイヤードラゴン・・・)とか、あと何があったかなあ。思い出せない。僕の愛車はファイヤードラゴンシャコタン仕様(後ろの留め具の所を短く加工して・・)、コロコロコミックのミニ四駆大会だかで優勝したヒトのを真似た「ワイドワンウェイホイール(ノーマルホイルと合体でワイドだ!)」とかやってました。イジり倒しても所詮まっすぐしか走らないミニ四駆、小学校の校庭で爆走して壁に激突してバラバラ→悲しい→直して走らせる というマゾっぽい遊びしかしてませんでした。(おお、今も同じ事してる気が!・・・いや、気のせいさ!)

ふと下の方に目をやると

image
モンスタービートルジュニア

おお、これ僕の時代にも売ってたぞ!まだ現役だったのか・・・こいつ、適当に防水するとタイヤの浮力で水上走行できます(ほんのり進むだけだけど)。こんなのもあった

image
ランチボックスジュニア

これもあったような気がするなー。ああ、懐かしい・・・その後ラジコン野郎になりました。


・・・と、スーパーの片隅でおっさん一人で盛り上がっていたお昼下がり。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - みによんく  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「アーサーハーフスペシャル猛烈味」

05/06/15(水)
  |  TrackBack 0

image独り言は続く・・・。(ホントに独り言なので読みにくくてごめんなさい)

前後の最大ストローク量から角車輪に対する大まかな最大荷重がわかる
というか前の独り言、計算間違ってた(レバー比と車重)
車重は乗車時の実測値1009kgを元に計算
と言うことは車両重量約950kg・・・??エラい軽くないか?でも確かに僕も乗ってた・・・ドンガラNA6が900kg切るぐらいなら、大体計算合うからそんなものなのかしら。


レバー比 F1.4 R1.3
F:540kg(270→378) R:470kg(235→305.5)
場所は荒れた舞洲(別名ダート) タイヤはネオバAD07
カラーはフロント全部(車高↑)リア無し(↓)で弱前下がり

フロントストローク90mm プリロード0 10kg
初期縮み37.8mm 残52.2
見た目に残りストローク約5mm(だったはず)
本気走りで47.2mm 縮む 増荷重472kg+378kg=最大約850kgの荷重がかかっている

リアストローク85mm プリロード0 8kg
初期縮み38.2mm 残46.8
見た目に残りストローク約5mm(だったような気がする)
本気走りで41.8mm 縮む 増荷重334.4kg+305.5kg=最大約640kgの荷重がかかっている

つまりNAでハイグリップラジアルな人は850kgと640kgの荷重をちゃんと処理できる足が必要と言う事か・・・大変だ。こう考えると昔手放したオーリンズPCV・・・吊しはなんだこりゃな仕様だったけど、バンプラバ抜いてストッパ、10kg-8kg、カラー合わせ車高ぐらいで良い足になるんじゃ?いや、今はPCVの話じゃなくて・・・


問題はカラーで埋めきれない車高バランスと車高。フロントはキャンバーの都合であと10mm、リアは前後バランスの都合で約20mm下げる必要有り。フロントは下げ方向に余裕有り。リアは下限だから遊ばせるかアッパー。安易にレートアップではなく、リアのハイマウント化で何とか・・・なりそうかな?よしださんに教えて貰ったNBアッパ流用、いってみよう。ブッシュはマツスピ串団子。 ああ、8kgのバネ(152mm)もいるのか・・・財布に響く。

しかしこれは道の悪い(一般道より悪い)舞洲路面の話なので、普通のミニサーキットに持ち込むと、同じタイヤでもレート不足の予感。やっぱり12-10が必要なのか。この車重だと。NA6チャンガラ軍団な人達は、10-8でも大丈夫みたいだもんねえ。

結局なるべくしてそのレートになっていくのか・・・快適な街乗り仕様がどんどん遠くに。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - アーサーハーフスペシャル猛烈味  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「ヨメ様エボリューション」

05/06/16(木)
  |  TrackBack 0

imageウチのヨメ様が最近ロドスタに乗るようになりました。

ヨメ様の仕様
AT限定で免許を取り、すぐにクルマを買い、1年ほど通勤でクルマを使い、そのとき劣悪な駐車場(左側壁、右側ブロック塀1個の高さの壁。駐車場幅は車両幅+30cmぐらいしかない)に止めていたお陰で一般的女性の割に駐車だけやけに上手い。(もちろん愛車はぶつかっている所が無いぐらいボコボコになった) その後我が家のセレナをメインで乗るようになったので、大きいクルマでも普通に乗れる。(まだ一度もぶつけてない)

1年ほど前にしぶしぶAT限定解除させられる。何となく乗れるようになるが「人の車は気を遣うからイヤ」という理由と「MT怖い。ワケがわからん」でほとんど乗ること無く現在に至る。恐らく一般的反応。

そろそろ各種諸事情によりロドスタしか乗れなくなる予感なので、最近ちょこちょこ乗せてみているのだけど・・・予想に反して意外と上手い。

最近は丸一日乗せてエンスト1回と言う割と立派な?成績を納めている。今日は「シフトダウンでエンブレ」を言葉と身振り手振りで教えてみたところ、4速→3速を80%の成功率で成功(成功=大体ショックなく落とせた時)。おお、やるじゃないか。ヨメ様もご満悦。試しに3速→2速もやらせてみたら・・・一発で出来た。おおお?

実は運転上手いんじゃないのか・・・?

ヨメ様マシンガンシフトを見る日も近いのかも知れない・・・。

助手席の独り言
ロードスターの助手席に乗る機会なんてほとんど無かったんだけど(98%運転席でフルバケ)、純正シート・・・腰痛過ぎるね。慣れもあるんだろうけど、一日乗ったら立派な腰痛に。助手席もフルバケ入れよう。そのうち。ヨメ様がエスケレートをむちゃくちゃ気に入ってた理由がわかった気がした。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - ヨメ様エボリューション  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「猛烈FD物語2話 衝撃」

05/06/17(金)
  |  TrackBack 0

image と言うわけで今回からは普段のノリでいってみよう。


やってきたFD。その現状は値段相応に凄まじいモノであった。正直、このまま見なかったことにしてガレージに封印してしまおうかと思った。一緒に取りに行ったミニTさんの愕然ぶりには目を見張るモノがった。

僕の中のFD
・とにかくカッコイイ
・流れるようなボディライン
・速い
・ステキ
・キレイ
・ああ、もう好きにして

うちに来たFD
・外装が汚い
・室内も汚い
・とにかくボロい
・内装もボロボロ(穴だらけ割れだらけ)
・流れてないボディライン
・室内の変なボタンを押すとネオン管が点灯する(別名屈辱のスイッチ)
・なんだか遅い
・フラフラしてまっすぐ走らない(高速で飛ぶ)
・アイドリングでアフターファイヤがおきている(ゴッゴッゴッ・・・と)
・というかコレは・・・本当にFDですか?

僕の中の素敵なFD像はガラガラと音を立てて見事に崩れ去った。値段が値段なので大きな望みを抱くこと自体間違いではあるし、後悔はしていないが、それでも凄かった。激安車両を"見もせずに買う"という漢らしい事をするとどういうクルマがやって来るのかという参考にして欲しい。安いクルマにはワケがある。

写真では伝わりにくいかも知れないが、その全貌をご紹介しよう。


image

遠目には、ん・・・カッコイイFDだね、と思える風貌しかし・・

image

フロントバンパーは見事なつや消しブラック仕様。そう、缶スプレーでシューっと塗っただけなのである。勿論跳ね石程度で容易に剥げるので剥げだらけ。元々のモノが悪いのかフィッティングは酷いもので、ボンネットとの隙間は余裕で2cm程度は開いていて簡単に隙間から手が入る。ちなみに、サイドステップ、リアバンパーもこの缶スプレー仕様なので、ハゲハゲのボロボロ。後期仕様のコンビランプが入っているのは、恐らくぶつけて壊したから、と予想される。(壊した→安いエアロを買った→缶スプレーで塗って自分で付けた)

image

勿論下回りはバキバキ。補修跡もいっぱいある。

image

バンパー上部がちゃんと止まっておらずフェンダー部分に無理矢理止めている為、重みでフェンダーが折れて下に曲がっている。接合部も塗装はバキバキ。

image

そして、変な黒い点々が全体に見えると思うが、これは超強力な水垢。ウォーターデポジット完成形のもので、一体何年洗わずに屋外放置したらこんな状態になるのかというモノ。軽くコンパウンドで擦った程度では落ちない。完全に塗面に食い込んでいて、これがボディ全面に広がっている。以下の写真がわかりやすい。

image
(クリックで拡大)

ボンネットの一部分。ちなみに、この写真を撮ったときFDは洗車直後なのだ(GSの洗車機でワックス洗車)。洗車が終わったのに汚いままなのでビックリした。「キサマホントに洗ったのかー!」とGS店員に掴みかかりそうにはならなかったが、とても悲しかった。千円も出したのに・・。そしてさらに酷かったのが・・・ガラスだった。


次号「外装編2」につづく

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 猛烈FD物語2話 衝撃  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「猛烈FD物語3話 外装編2」

05/06/18(土)
  |  TrackBack 0

image 入手直後「そうだ、夜だけ乗ればボロがバレないよ!特に雨の日!」と話をしていた夜のFD。



外装第2弾。ガラス他である。


image
(クリックで拡大)

ガラスのウロコである。 これは洗車直後だから、ガラスが汚れているんじゃない。ガラス全面に超強力なウロコが付着している。ちなみにウロコとは、ガラス表面の目に見えない隙間に不純物(ホコリ・排気ガス・二酸化炭素・etc…)と水分(カルシウム等)が結合し直射日光で焼き付けられ、リング状に白く固着したモノ。 長い年月をかけて固化したコイツは、既に石みたいなものでちょっとやそっとでは取れないらしい。ちなみに、コレのお陰でむちゃくちゃ視界が悪く、雨の日は前も後ろも横もあまり見えない。

image

リア窓のウロコアップ。表目は既にガタガタ。

そして、FDと言えば誰もが最初開け方のわからないカッコイイドアノブ。

image

FDの本来カッコイイドアノブである。 なんでこんな事になっているのか、塗装ハゲハゲのボロボロ。これも缶スプレーで塗られたのか、劣化するとこういうモノなのか・・・乗る段階で心が折れる悲しい部分。そして


image

巨大なスカートが装着され、リアからの見た目はまさしくV○Pカー・・・・さらにネオン管光ります。つや消しです。ゲンコツマフラー120mm。・・・え、FDのお尻じゃないよ父さん・・・そしてワイパー

image

image

勿論ハゲハゲのサビサビ。リアにいたっては何を思ったのか刷毛のようなモノで適当に塗ってあり、よけいにボロさがパワーアップしている。


他にも細かな突っ込みどころは満載(ドアパンチえくぼ満載、日焼けつや消しランプ類、外れかかっているエアアウトレット、他)と言うわけで、つまりは屋外で長期間放置プレイされた車両であると言うこと。とくに水垢(デポジット)とウロコの状態は酷すぎる上に範囲が車両全体に及んでいる。

次回「内装編」に続く。
このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 猛烈FD物語3話 外装編2  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「みんなで焼けこげ 猛練地獄」

05/06/20(月)
  |  TrackBack 0

imageマイチェンケンゾー号。カッチョイイ。

と言うわけで今回も猛練オフィシャルさんである。毎度の如くAM5時半起床で準備に向かう。前日に「あ、ブレーキエア噛んでた・・・」と思い出してしまったお陰でAM1時まで作業してしまい、燃え上がってしまった体は冷めることを知らず、そのままほとんど眠れずに30分睡眠で出発するハメになる。何回やっても学習できない前日整備。

もう6月にもなると相当暑い。オフィシャルテントは完璧な日よけで武装させたが、それでもみんなは既に準備でへたばってしまっていて、そこに仲良しさん達が集まってテント内は楽しいトークで大盛り上がり。全く走らないオフィシャルすらいる。これは・・・もう「猛練オフ」?・・・いいのか?いいのか? ・・・まあいいか。

image
楽しそう

そして果敢に舞洲を攻める僕の勇姿

image
3速全開120km

間違えました。

準備の為にセレナで来たのでロドスタがありません。仕方なく人の車にパラサイトしまくります。

オーナー殺し殺され大会 in 猛練

クルマの条件が同じなので競い合うのは運転スキルのみ!僕はこの遊びが大好きです。

image

渋いぜ!HP10プリメーラ。すんごいエンジンよく回ります。足回りやブレーキ周り等、主要な機関系は全て新品という珍しいクルマ。ええ、僕が直したんです。タイヤはネオバ195/55/15。しかし、4ATのオープンデフ。

足が良い。重量を感じさせない曲がり方(いや、実際軽い)。剛性を感じるボディ。しかし悲しいかな、超幅広い4ATのギヤ比が全然合わない。1速レブ吹けきり、2速はもう3000回転でずもももも・・・。

実はFF、初めて乗ったんだけど、 乗り方やライン取りはやっぱり(当然)微妙に違う。ちっとも乗れてなかった。

・最初の方のオーナータイム 54秒ぐらい
・僕 51秒ちょい (3回ぐらい乗って)
・○神 49秒半ば (2回ぐらい。横に0.1トンウェイト)

その後オーナーは○神さんに乗って貰って大幅タイムアップ。僕とほぼ同じタイムに。○神ドーピング恐るべし・・・。

image

ウエダ号。B6フルチューン1720cc4連フリーダム&テクエジと聞いて涎を流すヒトがいっぱいいる予感。ウエダ君が有り難く貸してくれた。カムが272度だとかで低速があまり・・・とウエダ君談。

む、むむむむ・・・弾けるレスポンス!!ターボのようなトルク溢れる加速を期待していると、確かにちょっと期待はずれかも知れないけど、アクセルにリニアに反応するこの感じ、すばらしー。普通に速い。速い。遠慮とビビリで限界が見えなかった。いいクルマだー。さすが手塩にかかってる。ちなみに、内装もフルチューンというか、凄くオシャレ。全然ボロくない。僕のクルマは・・・。

・最初の方のオーナータイム 46秒5
・僕 46秒8(1本のみ)

その後ウエダ君はタイムを更新し続けて最終的に45秒6、参加者最速だった。さーすが。

image

ウイ号。1.6VTEC、ノーマル足、オープンデフ、だったかな?ウイさんのご厚意で乗らせて貰った。

え・・・これ1.6ですか?VTECはホントに速いなあ・・・7000越えてからまだ伸びてくるエンジンにビビってしまう。よく曲がる。でも、ハンドルで曲げる感があるというか、やはり乗り方がわからない・・・。

・オーナータイム 48秒9
・僕 50秒切れず(2本)

うっうっうっ・・・完敗です。横乗せて貰えば良かった。

image
いちばーん!気分だけ

Tさんのカプチ。ありがとうございます・・・こんなのに乗れて光栄です。恐らくノーマル・・かな?

何回転回して良いかエンジン・・・どこまでも回っちゃう。8500ぐらいなのかな?吹けは重い感じだけど、パワー感はロドスタよりありそう。そしてとにかく動きが速い!速すぎる・・・1コーナーの進入で心臓ばくばくです。これ乗れたらなんでも乗れるような気がする。公道のゴーカート。

・オーナータイム 50秒ちょっと (今回モータースポーツ初めて)
・僕 50秒ちょっと(2本)

Tさん、上手いと思う!助手席が無くて同乗出来なかったのが残念。最終的には50秒切って49秒4。いやー、立派ですわ~。今度僕のロドスタ乗ってみて下さい。乗れると思う。

image
Yasくん

○神さんにあっさりと1秒オーナー殺されアコードから取り外したリアシートを涙で濡らすYasくん。

そしてオフィシャルテント

image
ガリガリガリガリ・・・

何を?

image
猛練かき氷 一杯50円 (ウソです。非売品)

酔狂な人がかき氷作ってました。いや、これ、最高。体温が一気に下がって急激に頭とお腹が痛くなります。でもチョーオイシー!!やめられません。ハンドパワー削りなので、削るのは結構大変です。

image
一仕事終えたオトナの顔

image
○神さんも削ってみる

○神同乗走行

「○神さんに声かけて運転してもらってね」とドラミで言っても、やはり言いづらいモノかな・・・と思って「同乗走行希望シート」なんてものを作ってみた所、超大人気・・・○神さん、一日中ひたすら走りまくるハメに。結果的に十数台を何度も乗っておられた。一体何本走ったんだろう???間違いなく参加者中ナンバーワン。しかし、FF、FR、MR、四駆、馬力問わず乗りこなしてほぼ100%オーナー殺してしまう○神さんのドラテクの懐の深さは恐ろしい・・・。というか、そのとんでもないバイタリティ、一体どこから来るのですか?

ヒーローは遅れてやってくる

夜勤明けのヨメ様が会場へ到着。今回のメインイベンツ・・・

image

ヨメ様モータースポーツデビュー!

そう、ロドスタはヨメ様が持ってきたのだ。ついにクローズドコースでロードスターのステアリングを握る日がやってきた。

image
哀愁漂う後ろ姿

・1本目

「はい、そこを右」 「そうそう、次そこのパイロンを右」 「あの遠くの奴を左に」

教習走行である。(コース図とか見ないので)
1分30秒

・4本目ぐらい

コースを覚える。「ブレーキを踏む」 を少し覚える。ブレーキを踏まないと曲がらない事に気が付く。多角形コーナリング。スタートで「高回転でじんわり繋ぐ」を覚える。スタートがやけに上手い。
1分ぐらい

・5本目ぐらい

プチ座学で「アウトインアウト」と「緩やかなライン」を覚える。相当踏むようになり、助手席の僕は雨に濡れた子犬のように震え始める。ラストの低速ターンセクションでは1速で白煙を上げながら踏み続けて大暴れ。大物っぷりを見せつける。

「なんでアクセル抜かないの?」
「君、なんか踏みっぱなしで曲がったりするからなんとかなるかなーと思って」
「えーと、それはその・・・」

1分を切り始める

・6本目ぐらい

「コーナリング中はアクセル一定」と「踏めるところで全開に」 を覚える。土手にまっすぐ向かっている時でも突然全開にしてアンダーが出たりするので、助手席の人は下半身が生暖かいモノで満たされそうなほどガチガチである。冷静を保ちながら「ほほほほら、アアアアクセルちょっと抜かないとままま曲がらないよ」「あ、ほんまやね」と言うやりとりを、走行中に交わす。そして見事に大スピン。まっすぐ砂地に突っ込み2回転ぐらい回る。笑うヨメ様。嗚呼、僕もうちびりそう・・・。

image

・8本目ぐらい

なんだかんだで割とキレイに走れてしまう。1速シフトダウンも力業だがなんとかクリア。最終的に55秒ぐらい。結構速いぞ・・・?初級ラインだけど立派なモノ。(初級ライン=ある程度簡略化した走行ライン) 特に踏みっぷり

そろそろ片づけの時間なのでコース走行はここでお開き。ヨメ様はご満悦。定常円場所が片づけ中も空いているので、K氏にヨメ様を押しつけ「定常円レッスン」をさせてみる。

白煙番長・・・あああ、僕のDNA-GPが煙に変換されていく・・・片づけながら、パイロンに涙がこぼれ落ちました。最終的になんとなく形になってきたっぽい模様。
楽しかったそうだ。


ちなみに僕のタイム(NA8ノーマルEg、DNA-GP)5本ぐらい乗って47秒1がベストだった。(横にGENさん装備) GENさん降ろして47秒切りに挑むも、体力切れでその後タイム伸びず。もうヘトヘト。

他にも色々

こんなクルマが来ていました

image
AZ-1ですよ!!!

ガルウィング、ミッドシップ、超軽量、軽・・・マニアにはたまらない一品和製コンパクトスーパーカー。にーやまさんのAZ-1。次回是非乗らせてください。たーのーしみー。オフィシャルに大人気でみんなこぞって乗り込んでいた模様。おつきあいありがとうございました・・・。

image
fiat punto

itamonoさんのプント。ATながらイイ音してました。タイムも午前→午後で2.2秒短縮。楽しんで貰えたかなあ?

image
ターボ仕様NB2・・・17インチでかすぎっ!!

misuchiさんが遊びに来てくれた。実物とマジマジと見たのは今回初めてだったけど、カッチョイーNBだ・・・拘りに溢れている。レカロSP-G付けてドア内張に当たる→よし、内張をぶったぎろう!とかしている僕とは次元の違いを感じました。(無頓着) むちゃくちゃキレイ。一緒に今旬の(?)GENさんも来ていて、ちょっとしたモノを持ってきて貰った。試着とテストがしたかったんだけど・・・付けた瞬間に結局衝動買いしてしまった。

image

シートが下がらないから・・・という理由で押入にしまわれていたどーだぶれーすばー。僕のは4点式が入ってるので、付けてもスライド量に全く変化は無し。ぶっとくて軽くていかにも効いてそう。いや、たぶん効いてると思う・・・お安く譲って貰いました。有り難う~!!感謝!!



そんなこんなで、暗闇の中撤収作業を終えファミレスへ、もりもり食べて話しまくって笑いまくって、完璧に電池切れで無事帰宅。中身がギチギチに詰まった盛り沢山な内容の一日だった。楽しかったです。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - みんなで焼けこげ 猛練地獄  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「レトルトカレーシリーズ:土佐鯨カレー」

05/06/22(水)
  |  TrackBack 0

imageひさびさのカレーシリーズ。

シャチョーがおみやげに買ってきてくれた謎の「土佐 鯨カレー」 である。クジラである。クジラなんか食べたこと無いぞ?未知との遭遇インプレである。

しかしその前に、最近何故カレーシリーズが少なくなったのかをお伝えしよう。

カレーとの戦い
僕はカレーが好きだ。周囲から異常と呼ばれる程カレーばかり食べている。そんな僕が、レトルトを食べまくるようになったのはココを読んで頂ければわかると思う。

「食べ物がない時はとりあえずカレー」

をひたすた続けていたのだ。その結果




・・・飽きた。


びっくりした。このカレーで出来た僕が飽きてしまったのだ。黄レンジャーと呼ばれ続けたこの僕が!!

昼と夜がカレーなんてザラ、3食カレーという日もあった。週に5日はカレーを食べていた。そんな日が数ヶ月続いた。そう、人間どんなに好きなモノでも何ヶ月も大量に摂取すると無理なのである。僕は「3食コイツでOKです!」を一つ失ってしまった。悲しい事である・・・。

大好物を失わないように、みんなは良い教訓にしてください。

「なにごともほどほどに」

と言うわけでクジラ

そんなリハビリ中の僕が食べるカレー。(最近は2週に1ペースです)
早速ご賞味いたしましょう。

image

・・・なんか肉の見た目がグロいです。

食べます。


・・・なんかぼそぼそする・・・。

・・・鯨肉、不必要なまでに沢山入ってます。

・・・も、もういいよ母さん・・・お腹一杯だよ・・・。


結論

「クジラは確かに牛肉っぽいが牛肉の方が勿論美味い。なんかぼそぼそする」

カレー的には普通に美味しい方でした。牛で食べたかった。(←しめじカレーのしめじを抜くような奴です)


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - レトルトカレーシリーズ:土佐鯨カレー  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「新型レポート出てきたよ」

05/06/23(木)
  |  TrackBack 0

imageついに試乗レポートが出始めた。ああ、あのハワイリポーターって人達も乗ったんだろうな。良いな。某K氏もディーラで貰ったパンフレット猛練に持ってきてたし。(ウチの近所のディーラでもくれるのかなあ?)・・・盛り上がって参りました。さあ、真っ先にチャンガラNCを作るのは何処の何奴だ!?(ってそういう話じゃなくて

というわけでこちら


たぶん、思ってる通りの仕上がり・・・なんだと思う。良さそうだねー。

しかしこの人・・・・


・・マツイくんか?

若干外向き仕様ではあるが・・・(ノリが7割ぐらい同じだ・・・)

働いて遊んできます
出張のため2,3日空けます。

勿論ついでに遊びます!!

旅費出して貰うのに遊ばないと損です。ビバ!経費!・・行き先は広島です。新幹線じゃなく、苦労してわざわざシャチョーと一緒にロドスタに乗っていきます。ちゃんと目的地(遊ぶ方)の近くにビジネスホテルも予約しました。完璧です。

さて、どこへ行くでしょう?


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 新型レポート出てきたよ  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「中国地方は夢の国」

05/06/26(日)
  |  TrackBack 0

image帰って参りました。

さあ、みなさんの予想は当たりましたでしょうか?タイトル画像の通り、広島のワタナベさんの所に邪魔しに遊びに行ってきました。


旅行記なんぞ

24日、広島市某所にてクルマぐらいのサイズがある削りだしパーツに囲まれながら汗を大量に流し、お昼過ぎにはお仕事終了。ワタナベさんのガレージは福山市(広島市は広島の西端、福山市は東端)なので福山市にビジネスホテルを取っている。100km程走って福山市へ。とりあえず荷物を置いて「よし、広島焼き食うぞ!」とシャチョーと二人で駅前へ繰り出すが、下調べも何もしていない大阪人がそんな店をすぐに見つけられるはずもなく

image
いや、どこでもあるし

出張に行くたびにこんな感じで学習能力ゼロな気がする。カツカレーオムライスというなんか全部入りって感じの謎のオムライスを食べて(しかしすごい美味しかった。また食べよう)ちゃんと満足してホテルに帰還。シャワーを浴びて10時には寝てしまう。

次の日
ワタナベさんと合流して向かった先は小山自動車さん。

image

普通の自動車工場のように見えてその中身は・・・凄かった。キャリア30年のレース屋さんのお言葉にシビレまくり。ワタナベさんとのやりとりを聞いているだけでムラムラしていました。(変態) だってピストンとコンロッドメタルをちょこっと見せるだけで、一発でブロー原因を言い当てちゃう。凄すぎる・・・。

そして目的は・・・シャシダイアタック!

image
ドキドキしまっせー

目の前でウチの子が時速180kmまで加速します。ドキドキもんです。ここのシャシダイで数多くのロドスタがアタックしているので、自分のクルマがどれぐらいの調子なのか一目瞭然。比較はワタナベさんのページから「パワー計測サービス」の中の「シャシダイアタック結果」にあります。ドノマールエンジンのうちに体力チェックをしておこうというワケ。

と言うわけでアタックです。真夏日で気温は30度越。すっごい暑かった。計測には不利な条件・・・では動画でどうぞ。


そして結果は・・・

140.2馬力 トルク16.6kg!!

・・・やっぱ速かったんだ、ウチのクルマ。気分良い~。ちなみに140と言うとB6ヘッドチューン(面研・ポート研磨)にハイカム入ってる車両(っていうかタナカ君の戦闘機・・137馬力)より出てる。この気温でこれだけ出てれば立派な物、とお墨付きを頂く・・・。うーん、過剰整備のたまものか。

小屋ガレージへ向かう

気分良く小山自動車さんをあとにして、ワタナベガレージへ。

クルマを走らせる・・・

え・・・こ・・・こ

・・・・・こっ、こんな所に!!!

image
ある意味18禁なのだろうか

住宅街のど真ん中に突然ショップが現れます。(笑)

タナカ君が来た

ワタナベさんに愛娘のぞみちゃんや奥さんを紹介して貰ったりしていると、NOVA帰りのエセ日本人タナカ君がやってきた

image
いきなりのぞみちゃんに襲いかかるジョージ・タナカ

相変わらず恐ろしい奴です。ダテに目が光っていません。

(でも実はタナカ君の顔見ると唯一笑うんだよねえ。のぞみちゃん。僕だとこわばっちゃうんだけど。(悲))

楽しいヒトトキ

その後ワタナベさんに秘奥義を伝授して貰ったりタナカ君の遠征裏話なんかで大いに盛り上がる。楽しかった。ココは夢の国だ!!ご飯5杯食べられます。その後タナカ君は大きな鉄の塊をエラン君に積み込み、ワタナベさんに札束を投げつけて帰っていきました。粋な人です。江戸っ子ですね。僕にも札束下さい。

と言う感じで、出張というかガレージワタナベ訪問は終了したのでした。とても楽しかった。
お相手ありがとうございました。>ワタナベさん&奥さん&のぞみちゃん(愛娘さん)&タナカくん


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 中国地方は夢の国  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「背筋ゾクゾク 漢達のロマン(ポルノ)」

05/06/27(月)
  |  TrackBack 0

広島日記書いたら書くぞー!と思ってた情報なんですが、やはりみんな脳味噌ズギュンとヤラれてしまったようで、そこら中で先を越されてしまいました。いやはや、すっっっばらしいです。G/Sさん。

Roadster
Privater Team 『ダメ・ツー』
『プライベータ祭』ムービー全国公開


こちらでG/Sさんの超シビれるムービーが公開されています。(左のメニューのMOVIEか、トップページにもリンク有り) 現在オープニングが公開中。3本立てで続編の公開も控えています。
理屈抜きにカッコイイ。久々に背筋がゾクゾクしちゃいました。オススメです。


僕もこんなmovie作りたい・・・(ボソ)


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 背筋ゾクゾク 漢達のロマン(ポルノ)  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「昨日の続き」

05/06/29(水)
  |  TrackBack 0

阿吽さんと会った後

清水の舞台から飛び降りる気持ちで買った新ホイール&タイヤ(01R)の件でタイヤ屋へ。・・・実はもう先週持って帰ってきたんだけど、向こうの手違いで違うタイヤが付いていて。ホイールのカッチョ良さにシビれて、気が付かずに持って帰ってきてしまったのでした。特殊サイズなので結構納期がかかって、1ヶ月近く待ったかな?感動の対面でした。

しかしこのホイール・・・実は、縁石に乗りまくったり、サーキットでハイグリップタイヤ履いてガンガン攻めるような走りをすると確実に、短期間で「曲がる・歪む・割れる」そうです。そう・・・消耗品。逆に言うと、街乗りなら大丈夫。この話をワタナベさん達や阿吽さんに全く同じように教えて貰いました。どっちも実体験なんで、ホントなんです。涙涙・・・。

と言うことで、涙を飲んで普通のタイヤを追加で4本発注し、街乗りに使うことにしました。タイヤはリムガードが付いていると言う理由でST115。財布の薄いワタクシにこのホイールをぼこぼこ買うことはできません。・・・えーと、8本or10本スポークのアレもマズイそうです。>欲しくて仕方ない人

そしてそのホイル。ピンぼけだけど・・・

image
泣く子も黙るGT-RリムTE37

街乗り用です。

ふう・・。本気ホイールどうしよう・・・6Jしかないよ・・・6.5Jがいる。6.5Jが・・・ぶつぶつ・・・


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 昨日の続き  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  


« 2005年05月 メイン 2005年07月 »



【秋の気配の猛ドラ29★9月24日(土)開催】
満員御礼!ありがとうございました!(・ω<)ノ
詳しくは 猛ドラWEBにて!
猛ドラレポート集も参考にしてね(・ω<)(猛烈ロードスターレポート猛ドラ参加者レポートみんカラで猛ドラを検索


最新ブログ
16/07/13【やっぱ】MTE37とNDロードスターのホイール重量【軽い】 NEW
16/07/13【MTE37】第4弾ラスト放出&装着写真ギャラリー NEW
15/12/07いくぜ!マツ耐:マツダファンフェスタ2015岡国【速報編】 NEW
15/12/04いくぜ!マツ耐:マツダファンフェスタ2015岡国【前夜編】 NEW



協賛:タイヤガーデン豊中 ご来店時は猛烈ロードスターを見たとお告げくださいませ~。
 トップロードスターいろいろバックナンバー猛烈アンテナ
 猛ドラ「ぐ」の揮発つぶやきツイッターみんカラタイヤガーデン豊中
ロードスターでモータースポーツ&DIY / 当サイトは全ページリンクフリーです。 Copyright(c) Gussan / MRRS All Rights Reserved.
Since 2004 -10 visit : ,,