ロードスターでモータースポーツ&DIY 当サイトは全ページリンクフリーです
猛烈ロードスター ヘッダイメージ


【秋の気配の猛ドラ29★9月24日(土)開催】
満員御礼!ありがとうございました!(・ω<)ノ
詳しくは 猛ドラWEBにて!
猛ドラレポート集も参考にしてね(・ω<)(猛烈ロードスターレポート猛ドラ参加者レポートみんカラで猛ドラを検索


最新ブログ
16/07/13【やっぱ】MTE37とNDロードスターのホイール重量【軽い】 NEW
16/07/13【MTE37】第4弾ラスト放出&装着写真ギャラリー NEW
15/12/07いくぜ!マツ耐:マツダファンフェスタ2015岡国【速報編】 NEW
15/12/04いくぜ!マツ耐:マツダファンフェスタ2015岡国【前夜編】 NEW



協賛:タイヤガーデン豊中 ご来店時は猛烈ロードスターを見たとお告げくださいませ~。
 トップロードスターいろいろバックナンバー猛烈アンテナ
 猛ドラ「ぐ」の揮発つぶやきツイッターみんカラタイヤガーデン豊中

« 2006年11月 メイン 2007年01月 »

12月02日 『 猛練12 』もーちゃれ2。
12月05日 『 倍・・・さらに倍(予定) 』ただいま1.2kg。
12月08日 『 ステアリング交換 』ステアリングを換えてみる。
12月10日 『 つれづれヨメ様 』バイクに目覚めやがるの巻。
12月14日 『 もーすぐ猛練 』迎撃準備。
12月15日 『 いざ勝負:猛練13 』こういうのを、三味線弾いたと言うのかしら。
12月18日 『 猛練13、猛チャレ3・・・。 』ついに、ついに。
12月21日 『 つれづれ 』つれづれ。
12月25日 『 走り収めのTSタカタ 』TSタカタでまたもや・・・。
12月30日 『 嗚呼年の瀬 』がんばる。

「猛練12」

06/12/02(土)

image
「S田ちゃん、定常円うまくなったなあ・・・」

と言うわけで猛練12&猛チャレ2。 今回は185連合の威信にかけて、スリップサインの出た01Rで挑んだのだー! ・・・ではなく、 ヨメ様の練習でバリ山のネオバを減らしてしまうのが勿体なかったという消極的理由・・・。

青さんは、前回運動会へ行きそびれたままの仕様で、ここでシェイクダウンとなった。車高はドシャコ前下がり。 205だとフロントはかぶる程下げた。足はYZ。 減衰前後とも7。(最強8) 空気圧冷間1.8kg。

image

参加者のタイムを見ていると、安定しない。路面状況がかなり悪いようで、みんな四苦八苦している様子。 ウイさんが回りながらダートへ飛んでいった。というか、舞洲の路面はやはりダートだなあ・・・ボロボロでうねりまくりの低ミュー路。 一体何年補修されていないのか。

練習・・・コース奥で3速に入れるか迷う。ああ、ここ、ラインが読めない。迷う・・・遅い。島周り、 フロントが逃げる・・・けど、こんなもんかなあ。・・・35.363
1本目・・・奥はどーんと行く方がよさそう。迷わず3速まできっちり入れて、大きくとる。 島を回ってからのスラロームは、完熟歩行のラインをとろうにも、滑りまくって思うようにいかない。結構ごてごてな感じ。 34.640

2本目まで間があるので、ちょいと考える。フロントがもっと食って欲しいんだけど・・・んー、これといって策が無い。何もせんとこう・・・。 ラインを綺麗にまとめる事に集中。速い人たちは定常円でタイヤを暖めてから出撃しているようだ・・・マネしよう。(コレ、次回から禁止になった)

2本目・・・ぐるぐる回ってから、走る。33. 892。 ちなみに、ずぎゃーっと一気に回ってすぐ走っても、ほとんど意味は無かった模様。単に、慣れだな・・・。

結果、SWのももMR2さんには大敗(33.187)したものの、M1で2番手。○神先生の0.2秒落ちだった。タイヤもアレなので、 十分な結果かなあ。

走りは納得できんのだけどなあ・・・。

もうちょい、フロントが食うように何か考えよう。トーとプリロードのような気がする。

他の方々
image
対M2クラス迎撃機:Yas

Yas君がM2クラスを制した。はっきり言ってそんなに速く無い(失礼)デカ重い(ロードスター比)アコードを自在に操り、 ロードスター勢をやってしまった。すばらしい・・というかフツーではおかしな話だ。このクラスは、 舞洲先輩でもある凄腕トコモトさんがやってしまうと思っていたけど、0.2秒差でYas君の勝利。

1本目が終わった時点で36.082。トコモトさん35.053と1秒も差があった。Yas君2本目までに考えて、減衰変更の判断。 コレが吉と出て大幅タイムアップ。

2本目までに考えて策を練る。当たるも八卦当たらぬも八卦。これまた、3本勝負の醍醐味ナリ。みんなでバクチしましょう。 (笑)

不幸続き
どうも最近、空気が良くない。パーティレース、西日本最速戦、と大きなクラッシュが続いている。で、猛練は・・・

ぐ、ドリフトして遊ぶ。→ ダートに落ちる → 何故か・・・ ダート上にコンクリートブロック×2が置いてあった・・・激突。

image
もげー

バンパー、また割れた。(涙) 右フェンダ凹んだ。フロア凹んだ。あああぁぁぁ・・・なんで、なんであんな所にブロックが・・・・で、 なんでそんな所に突っ込むの。>僕

もう壊さないって心に誓・・・・ちか・・・ばたっ。済んだことは仕方ない・・・。

そしてさらに、大きな事件があったのだが・・・それはまた次回。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 猛練12  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (5)  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「倍・・・さらに倍(予定)」

06/12/05(火)

image
06/11/07 23:08 くるりマユゲ様

と言うわけで、ちょっと間が空いた。この写真で、もう一ヶ月も前なのか・・・。 くるりがくるりたる由縁のくるくるマユゲを鮮明に抑えたこの一枚。しかし、気が付くと1本減り、また1本減り・・・12月5日現在、 全部なくなってしまった。(なんで?) くるりマユゲの無い君は、一体なんなんだ・・・と思ってたら生えてきた。 またくるくる巻くのだろうか・・・。

くるりがきてはやひとつきちょっと。わんぱく盛りで暴れまくりであるが、家族の一員として元気に過ごしている。

image
06/11/12 2:32 おやすみ前

部屋が暗いと黒目が大きくなって美人になるらしい。

image
06/11/12 あゆむカップル来る

あゆむ君達が遊びに来て、ビニール紐を置いていく。(笑)

image
06/11/15 肩乗り猫

image
同日 本乗り猫

image
06/11/20 2:03 あのー、オリを開けていただきたいのですが・・・・の図。

image
06/11/24 15:50 電気ストーブたまらんの図

猫というヤツは寒がりのようで、電気ストーブが大のお気に入りになった。よくココで寝ている。人間だと、火傷しそうな距離なんだけど、 猫には丁度いいらしい。

image
06/11/28 お、レンズ触らせてみ、の図。

image
06/12/5 0:37 おー。なんか普通の猫っぽくなってきたなあ、の図。まゆげがない。

現在1.2kg。ちょうど一ヶ月で、来たときより倍の体重になった。コレの3~4倍ぐらいになるんだよなあ。すごいなあ・・・。

image
06/11/02 23:45 スリッパを覚えた頃の図。

あー・・・・ちっちぇえ。(笑)


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 倍・・・さらに倍(予定)  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (10)  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「ステアリング交換」

06/12/08(金)

image
(ほぼ)どのーまる

パッと見は綺麗なみどりの内装だが、ステアリングが経年劣化でかなりヤレてしまっていた。

image
拡大写真

こんな感じで、カバーがめくれて閉まらなかったり、剥がれてきてたり。というわけで、交換する事に。

image
閉じない。

マジックテープでステアリングに付いてる。

image

ボスの金属部分には適当なグリスを塗りたくる。ステアリングを切ってシャアシャアと音が出てるクルマは、ココのグリスが切れている。ココ、 ホーン用の接点なんですな。

手順としては

・純正のステアリングカバーを剥がす
・センターナットを緩める。
 ホイールナットの用の十時クロスレンチが使いやすかったりするが、インパクトがあれば一番楽。

余裕があれば、ここでボルトとステアリングの隙間に潤滑剤を噴き、一晩放置したいトコロ。ブルジョワにワコーズのラスペネをオススメする。 初めての交換では結構苦労する部分。

・ナットは完全に外さず、5、6mm離れた状態にする。ナットを外した状態でステアリングが急にすっぽ抜けると、顔にぶつけて怪我をする為。
・ハンドルを持ってじたばたする。上に上げたり下に下げたり引っ張ったりする。最悪、ギアプーラを使う。 (体験談)
・無事外れたら、ボスを取り付けてハンドル装着。センターナットは強めに締めて40N・m程度。 馬鹿締めすると二度と抜けなくなるので注意。ココが緩むと、ステアリングを切ったときに「ゴクッ」と言う妙な手応えが出るので、 気が付きやすい部分ではある。(体験談:オー○バックス作業)
・ センター出しに若干苦労する。でも、どうやったって多少はズレる。調整スペーサを使うか、タイロッドで微調整するか、見なかったコトにする。

ちなみに、NA8のシリーズ2は他のNA6やNA8とはコラム周りの作りが違う為、普通にNA8用ボスを付けると、 ハンドルがかなり遠くなってしまう。エアバッグ装着の為に奥行きが増えたステアリングに合わせて、コラムが奥に行ったんだと思う。 事前にハンドルからウィンカレバーまでの距離を測っておいたので、25mmのスペーサでほぼ同じ距離に調整した。

と言うわけでちゃっちゃと交換完了。


image
NARDI CLASSIC 360mm

うーん。渋い・・・カッコエー。

握りが細く、真円形状。とても握りやすく、お気に入り。青にも付けたいなあと思いつつ・・・

image
NARDI CHALLENGE 350mm

ロードスターを買ったときに、ワケあって同時に買ったChallenge。何も考えずにオー○バックスで適当に買った。 何度外しても青いのに帰ってくるので、コレはコレで縁があるのかも知れない。もう使いすぎてテカテカだけど。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - ステアリング交換  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (10)  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「つれづれヨメ様」

06/12/10(日)

9日の某忘年会に合わせてTSタカタへ出撃するつもりだったが、天候が怪しく断念。 コレは家計の負担を考えろと言う神のお告げと考えよう・・・年末と言うのに、屋外のような寒さのフトコロ事情。

そういえば、厳しいフトコロ事情の原因。

image
猛練4の時のヨメ様。04年8月。

ケンさんがまだブレさんだった頃。ケンさんのバイクにまたがってはしゃぐヨメ様。

image
備北にて。06年5月。

ミガキさんのX4でまたはしゃぐ。どうもバイクがお気に入りらしく。

そんなある日

ヨメ様「・・・ウチ、バイクに乗りたい!」

ヨメ様「免許とってくる」

で、家計から11人の諭吉を引き抜いて教習所へ行ってしまった。

教習二回目にして、外周を曲がりきれずバイクをスポンジバリアに突き刺し、恥骨を強打。

教官「大丈夫か!怪我は無いか!」
ヨメ様「だっ、だっ、大丈夫です!

さすがに、恥骨が痛いとは言えなかったらしい。バイクは、教官5人がかりぐらいでやっと抜けたとか言っていた。全開で行ったらしい。

クルマの免許はAT限定もMT限定解除も落とされまくりで散々であったが、何故か二輪はストレート一発合格してきたようだ。まあ、 ロードスター動かすのと一緒っちゃ一緒だもんね。教習の日は毎日毎日、満面の笑みで帰ってきていた。よっぽど乗りたかったんだろう。

ちなみに、我々で言う所の中型免許・・・現在で言う、普通二輪免許だ。MTの400cc以下のバイクに乗れる。今はAT限定免許も盛ん(・・ ・というかそっちばっかりか?)の様で、教習所にはビッグスクーターがいっぱい走ってた・・・・何か、びっくりした。

・・・まあ、乗るバイクは90cc(原付二種だ)のベンリィ(調子悪い)しか無いワケだが・・・。今はバイク乗りたい病にかかっておられる。 どっかに、家計に優しい250ccのバイクは落ちてないものか・・・いや、とりあえずベンリィ直そう。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - つれづれヨメ様  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (9)  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「もーすぐ猛練」

06/12/14(木)

image
もうすぐ猛練・・・猛チャレである。 某氏はやはりアレを買っていたか・・・いや、いいんだけど。 M1はハイパワーマシン入り乱れ。久々にNBターボさんが現れる。 前回からミニサーキット仕様へ大幅な変身を遂げた「おっちゃんロードスター」の真価は如何に。・・・っていうか、NAって僕とりょおさん (NC)だけじゃないか。M2は、車輌的に一番厳しそうなトコやんに期待。Yas君、防衛なるか。そして、後ろでウイさんの目が光る。

今回のコースは、前半の長いストレート~大きなコーナーが物を言うのか、後半の小さなコーナリングセクションか。走ってみないとわからない。

青号は、鼻息荒く再び頂点を目指・・・そうかと思ったけど、01Rの185で行く。足は、フロントのトーと減衰だけ触って様子を見る。 コレでもうちょっと、フロントが食ってくれる事を願う。

今回は、エンジンの出力を搾り出そうと色々やってみた。GENさんの協力の元、ROMを焼きまくり・・・mrrs ver5(?) にまで進化。ぐtuned-romは阿吽さんの一言をきっかけに、大きく成長。キャブの世界に住む阿吽さんの話は、為にもなり、 気が楽になる。

違いのわからない男(僕)が触っているので、本当に進化しているかは疑問だが・・・上は確実に速くなった・・・っぽい。しかし、 走行データの再現性って、出ないよなあ・・・eマネのログ、0.1秒単位じゃ大雑把すぎ。

image
・・・・。

割れてるバンパーは、筆で塗っておこう・・・なーに、誰も気づきやしないさ・・・。(遠い目)
タコメータパネルがぶくぶくになりすぎて、針が回らなくなったよ。なーに、音でわかるさ・・・。 (いい加減交換しよう)
とりあえず、目標・・・NBターボさんに負けない。(笑)

みどり号は友人カワモトに貰ったNB1ビルで行く予定だったんだけど、他(ブレーキ・クラッチ)がダメすぎて断念。ちなみに、 NB2ビルASSYをそのまま組んだボルトン号(NA6)は、ラリーカーの如き車高になり、凄まじい乗り心地(足が動いてない感じ)の割に、 コーナーは鬼ロールでぐにゃぐにゃ。正直、ちょっとキビシイ状態であった。練習にはなるかも知れないけど、 NBビルはNAにポン付け流用しても全く美味しくない。

まあ、この辺も含めて使いこなしで「良い足」にならんか、検討してみようと・・・単なる興味本位。まあ、ぼちぼちと。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - もーすぐ猛練  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (3)  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「いざ勝負:猛練13」

06/12/15(金)

image 

今日、遠い国から帰ったばかりの隊長に「勝て!勝つのだぐっさん!勝たねば○神ステッカーは返却だ!」という事を、 遠回しに言われたような言われていないような気がしたので・・・急遽仕様変更。

そして、フロント周りは悩んだ末に、
フロントスタビ→1mm細くした。
フロントトレッド→10mm広げた。
フロントトー→むちゃくちゃ開いてた。サイドスリップ0mmに調整。ネジ位置6mmにしては凄いトー変化。・・・ああ、 下げすぎてるからか変化がデカいんだな・・・。

あとは、エンジンオイル交換した。さて、頑張ろう。最大の難関は睡眠時間。


神の声
Yas、ウイ・・・M2を死守セヨ。
GEN・・・M3を制覇セヨ。


天気はなかなか良さそう。楽しみ。

では皆様、よろしゅうに。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - いざ勝負:猛練13  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (5)  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「猛練13、猛チャレ3・・・。」

06/12/18(月)

image
誰が撮ったんだろう、この写真。

最近、猛練で全くカメラを触っていないぐですコンニチハ。放置プレイの一眼で、誰かが撮った写真でお送りしております。

つれづれ
image
am6:27、暗い。

最近は、雨予報が続く中、ぽっかり晴れ間に開催され続けている猛練。この日も終日、風も穏やかな晴天に恵まれた。 どこに強力な晴れ人間がいるのか・・・今回も、前後は雨予報。今日(翌日)は雨。

猛チャレ3
と言うわけで猛チャレ3。
image

直線で200m以上加速する長いストレート、でかい1コーナーに続く後半の小さなセクション、うねりまくった路面も相まって、 コース図の見た目以上にとんでもなくテクニカルな難しいコースだった。1コーナーから続く狭い門で、入れない人、スピンする人続出。 鬼門である。○神さんが1本目、鬼門のパイロンを弾き飛ばすのをみて、本気で気をつけようと思った。

image 
Photo by Ogawa

・1本目(練習)
緩いRを描くストレートで、踏み抜く事が出来ない。路面のグリップが全く無い上に波打っている為、 リアが飛び上がって荷重が一瞬抜けてしまう。このせいで、ストレートでスピンするクルマも多かった。鬼門は、 完熟歩行でラインをしっかりチェックしていたので無事クリア。しかし、その次の180度ターン手前で一瞬迷う。ごてっとした走り。 32.775。ギアは合いそう。

・2本目(本番1)
オフィシャル枠は台数が少ない為、1本目との間がほとんど無い。前の1台が走ってすぐに走行開始・・・「ちょ、ちょっと待って!」と、 1分だけ時間を貰った。1本目の悪い点を頭で整理しないと同じ走りになってしまう。直線、きっちり踏む、 180度手前でラインを左に向けて次の右を大きく回れる様にする、ギアは後半2速固定にする、とまとめてスタート。ちょっと吹けないけど、 ゴールまで届かない1速を使うより、シフトチェンジを減らす方が良いはず。

走行スタート。ストレート・・・一瞬緩めた。ビビる。鬼門を抜け・・・うーん、もうちょいうまく曲がりたいんだけど・・・ ギアは2速でイイ感じ。31.673

ココで、しばらく休憩。本番1のタイムは○神さんを抜いてる・・・おおっしゃあああ。前回のチャンプももMR2氏とは0.2秒差で負け・・・ うーん、2本目できっちり詰められたら負けるな・・・。NBターボ氏、ギア比合わず、酷い路面に超パワー持て余し、 全く踏めない様子で35.245。よし、大丈夫そう。(笑)

参加者のラスト1本(本番2)を見守る。

ももMR2氏・・・鬼門で痛恨のスピン、よし! りょお(NC)さん・・・トップと1秒差を埋めるべく、1コーナーに勝負をかけた模様。 とんでもない速度で1コーナー進入・・・おおおおそんなんで曲がるのかああ!?・・・・スピン。ほっ。(笑)

参加者が終わり、自分の番。ヨメ様と同じクルマを使うのだが、ヨメ様を走らせた直後に走ると反則っぽい(タイヤが暖まる)ので、 先に乗る事に。あと0.3秒詰めれば勝てる。なんとかなりそう。

・3本目(本番2)
走行スタート!ストレート、気合いと根性で全開!(怖!)、島OK、鬼門OK、ラストのセクション・・・さっきよりはマシ!で、 0.5秒短縮して、31.191よっしゃあああああ!!ガッツポーズ。有頂天。次にヨメ様が乗ることも忘れ、パドックへ帰還。 (笑) 怒られた・・・。

そして、猛チャレ3結果

・・・0.06秒差で、○神さんをやってしまいましたがな・・・。

○神「おおー!ぐっさんやったなー!負けたわー!(笑)」

がっつり握手。

もう、にやけがとまらない。

へたくそでも、体が一部壊れてても(笑) 頑張れば、結構速く走れるようになるもんだなあ。

○神さんには、技術全体で見ればまだまだちっとも及ばないけど、一瞬でも超えられたのはホントに感無量。

他のクラスのアレコレ
image 
デカ重い4ドアセダンで闘う異端児Yas。 前M2クラスチャンプ、防衛なるか。

・練習・・・鬼門でスピン
・1本目・・・1コーナーでスピン&パイロンタッチ&ミスコース

image
コースアウト中

・・・プレッシャーに弱いらしい。初防衛のかかったハイテンションにドライビングがついて行かない。 まともな記録無しに挑むラスト1本はさらに緊張も高まる。オフィシャル誰もが諦めかけたが・・・ラスト1本、M2唯一の32秒台、 32.958を叩き出し、 M2チャンプの座を守りきった。こちらも思わずガッツポーズ。(笑) おめでとうYas君。やるねえ。ちなみに、 寝坊して完熟歩行も出来なかった友人カワモト。

image 
お、ドリってるな。

34.092で3位に付けた。ある意味素晴らしい。 (笑) 前回はパイロンタッチ続きで記録残らなかったもんね。ウイさんはNEWタイヤ2本投入も、ラストセクションに手こずり4位、 田中さん、手堅く詰めて5位。最下位争いになると悲観しておられたが、上も狙えると思うよー? トコやんは・・・どうしたんだー!? の34.761で6位に甘んじた。

image
M3は、ローパワーNA6だが足が素晴らしいmitsuさん(AD07)、160psNBクーペyn78さん(S-DRIVE)、 チューンドBPにウ○コタイヤ(笑)のGENさん(LM702)で死闘が繰り広げられた。1本目
mitsu 34.661
yn78 34.671
と、1/100差の接戦。
GENさんは36.028でやや蚊帳の外。2本目、GENさんが大幅タイム短縮で34.339、暫定トップに躍り出るも、 さらにきっちり詰めてきたyn78さんが33.512でトップ。mitsuさん、気合いが入りすぎたのかスピンでパイロンを飛ばし。 記録更新ならず。結局、yn78さんがM3トップとなった。GENさん、惜しくも2位。さすがにタイヤが厳し過ぎると思うなあ・・・ 次回に期待。yn78さん、おめでとー。

おっちゃんロードスター試乗
image 

おっちゃん号ドライブ権を獲得。・・・嬉・・・・いや、怖い・・・。

本コースで乗ってみた。

<ちなみに、おっちゃん号とは・・・BPターボのモンスターカーである。詳細はココ。 >

気を遣ってスタート・・・OK、直線加速・・・ぐあああああこええええ!!!(汗) ロケットだ・・・1コーナーまでに何キロ出てるんだ?  めちゃくちゃ効くブレーキで、手前から入る・・・OK、シケイン・・・うーん、ぼちぼち、島周り・・・3速(6速の4速相当ぐらいかなあ) なんだけど、ブーストがかかるとリアがホイールスピンを始める。なんとか抑えて・・・。1本パイロン・・・手前でクルマが飛ぶけど、 これも何とか。4本パイロン、ブーストがかかって怖い怖い・・・ああ、なんとかOK。

うーん、怖いけど面白い。コレを乗りこなしたらさぞ楽しいだろうなあ。トルクの魔力にヤラれそう。 (笑)

ただ、NA6ベースのミッションが渋すぎて、シフトチェンジが上手く出来なかった。僕の腕力では叩き込めない。2回走ったけど、 2回とも何カ所かで空走してしまった。そういう意味も含めて、自分に6速MTは合ってるんだなーと実感。スコスコだからなあ。 壊れそうだけど。

タイムは、○神さん49.5ぐらい、NBターボさん、50秒フラット、僕50.6だった。ありがとーございました。 >NBターボさん

本コース、セッティング
6本ほど走って、ベストは3本目ぐらいの49.6。高速域からのブレーキングでオーバー。リアがリフトしちゃう。猛チャレでは合ってたけど、 速度域の高い本コース向きでは無いらしい。走りやすいんだけど、ブレーキングに気を遣う。走れば走るほどタイムダウン。ああ、前と一緒だわ・ ・・。スタビの径を落としたのは正解で、島でフロントが逃げなくなった。島の旋回は悪くないけど、もうちょいアンダーの方が良いかな。 あとはブレーキング時の姿勢安定。車高の微調整でダメなら、ダンパーかな。リアの減衰が上がらないっぽい。8kgなんだけどなあ・・・。 オーバーの内容としては、悪くない(使える)オーバーだけど。

結局、クルマのセッティングは、何を狙うかってだけなのだなーと。

あ、ちなみに○神さんに乗って貰ったら、ポンと49.3で0.3秒殺られた。 人のクルマであれだけ自信を持って高速コーナーに突っ込んで行くのは、やはり・・・ちょっとおかしなレベルだと思う。 セッティングと乗り方次第で、49秒は切れるんじゃないかなあ。どうも、本コースはニガテ意識が年々強くなっている気がする・・・。 そうそう、○神&Jet’s号はこの日、なんと46秒台に突入しておられた。

閉会式&表彰式
image
ぱちぱちぱち

ぐ「えー、表彰式を始めます」
ぐ「まず、M1トップ・・・ワタシです。オメデトウワタシ。パチパチー。」

・・・ちょっと恥ずかしかった。



次回は来年1月20日(土)。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 猛練13、猛チャレ3・・・。  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (9)  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「つれづれ」

06/12/21(木)

image
「おー、調子はどおよ」 「あー、うまく走れないー」

もう年末。どたばたとしている。今年一年は色々悩んだ。モータースポーツ人生も4年目に入った。うーん、まだたった3年しか走ってない。 なんか、長く感じるなあ。最初に走ったの、もう10年ぐらい前のような気がする。「モータースポーツ4年生」の日記を書きつつ、 ちーともまとまらないので断念。また、時間があるときに書き直そう。

今日は・・・筑波かあ・・・。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - つれづれ  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (4)  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「走り収めのTSタカタ」

06/12/25(月)

image 
青いのばっかりTSタカタ。

TSタカタへ行ってきた。前回からは5ヶ月ぶり。 7回目ぐらいか? 運動会にも宴会にも行けなかったので、虎視眈々と出撃の機会を伺い、コンディションの良い日を狙い撃ちで出撃。しかし、 ワタナベさん達も考える事は同じでバッティング。じゃあ一緒に行くかーというので、前泊して走ることに。メンバーは、僕、ワタナベさん、マツオカくん。

猛練からの仕様は、ブレーキングで落ち着かないリアの対策で、フロントの車高をかなり上げたのみ。

前日夜
ワタナベさんと合流し、風呂に入ってメシ食って(ごちそう様でした!)ご機嫌で部屋に戻ると、マツオカ君到着。 お酒とおつまみ片手に大盛り上がり。寝ようと言っても寝る気配無し。・・・寝かせてくれない。なんなんだ! コレがワタナベ組の作戦なのか!

誘いを断ち切り、無理矢理布団に潜り込む。

ワタナベ「初恋の話をしよう!マツオカ君! 」
マツオカ「初恋ですか!僕は中一ですね!ぐっさんは?
ぐ「・・・・・・・寝るってば!」

・・・なんかシンクロ率高くない?アナタタチ。

ワタナベ「もう寝なくてもいいじゃーん、朝まで飲もう!
マツオカ「そうっすよぐっさん!飲みましょう!(僕はコーラですけど!)」
ぐ「俺が何のために前日きとるとおもっとるんじゃオマエラぁぁぁあ!!!!

という風なやりとりが約2時間ほど続き、日付も変わりしばらくたった頃、やっと大人しくなって眠りにつく。


7:00に起きるつもりが、6:30に揺らされて起こされる・・・な、なぜだ・・・。

image
つぶやき坊主店主

・・・なんで起こすの?

image
予想コメント

たぶん、なんとなくだと思う。

朝のコーヒージャンケンではワタナベさんが2回連続ストレート負けで、我々にとって大変良い空気を感じる。

余裕をもちまくって出発。

出発
image
寒すぎ

外は晴れの極寒。霧も少なく、路面は濡れていない。絶好のアタックコンディション。期待も高まるが
 
image
凍結

幌もガラスも完全に氷が張ってしまった。外で震えながら、エンジンを暖機し、暖房(デフォッガー)で溶かす。

しかし、足下以外全く送風されない(デフォッガーも死んでいる)方が一名。全く氷が溶けない。

image
↑デフォッガーにより、そろそろ溶けてきた2台



image
↑約36度のハンドパワーと気合いにより、なんとか走れそうな気もする1台

大事なのは気持ちだと思う

image
ええ天気やね

そんなこんなでいざ出陣。

到着
台数はそこそこ。10台ほどだったかな?

この日の車両。

image
ワタナベ号

でっけえホイルが付いていた。16インチの大博打アタック。Sタイヤ呼ばわりされているR1Rから、01Rへ。4秒1を出した時から、 タイヤ以外の仕様変更は無し。羽根も無し。

image
マツオカ号

ワタナベさんにイジメられながらも185の封印を解き放ち、15インチ195幅のフレッシュネオバを投入。 110馬力ちょっとの超非力エンジンながらかなりのタイムを叩き出す期待の新星マツオカ。185の01Rで6秒9のベストタイムを持つ。 足はつるしのクスコ8-6kg、アライメントもろくにとったことが無く、右と左が違う感じのマツオカワールド。

image
洗車したかったぐ号

郷に入っては郷に従え、と、始めて助手席もライトも外した。シャシダイ140馬力ちょっと。タイヤは、 何度か使ったけどまだバリ山の205幅ネオバ。足は年代物のYZ。フロントの車高を上げた以外は特に変更無し。ベストは、06年、 春の運動会で出た屈辱の7秒9。 結局、後にダンパーが終わっている事が判明した。今回も、年代物のダンパーがちゃんと機能しているかどうかが唯一の心配事。

座席を外したり、ライト外したり・・・アタックというヤツは大変だ・・・。ライトを外すときに、 リトラを動かすリンケージが潰れててグラグラなのに気が付く。なるほど、車両点検を兼ね(略

言い訳もしたくないし情けもかけられたくない、という思いはマツオカ君と同じであった。

走行開始
image
ピカピカのワタナベ号

なんだか久々のTSタカタ。

走行開始。・・・・うーん・・・なんだろう、ぜんぜん食わない感じ。3週ほど走って上がったエアを下げる。そこから4週程度。うーん、 食わんなあ・・・リアが危なっかしい。うーん、うーん。・・・というか、TSタカタは怖い。久々に来ると、なんて怖いんだ・・・路面は、 前よりかなり綺麗になったような気がする。

あぶねーあぶねーと思いながらも、4周目に6秒5。

image
マツオカ号

マツオカ君と話す

「なんか食わんねえ?」

マツオカ君、幅の増えた新品のネオバ、そして前回よりも遙かに好条件なのに、ベストを更新できない様子。 「全然新品使ってる感じがせんのですよ!」と。コレはもしや・・・。

車高をちょこっと調整して、ワタナベさんに乗って貰う。4周走ってベストは6秒6。帰ってきて、一言

ワタナベ「ダメじゃ。コレで攻めたら死ぬぞ?」
ワタナベ「リアがナーバス過ぎ。アクセルオフでリアが一気に伸びる。」
ぐ「あー、やっぱりね」

僕もそうだと思ってたんだよー。はははっ!要するに

またダンパーじゃ。

減衰最強でリアの伸びがとまんない。TSタカタでダンパー抜け判明ジンクスが付きそうだ。

こないだのKONIはもっと危なかったので随分マシ。猛練本コースでどうも乗れないと違和感を感じていたのは、 減衰が上がらなかったからなんだろうなあ。

舞洲は路面が悪すぎるので、ダンパーの特性がわかりにくく、抜けてる判断が付きにくい。大雑把に言えば、 ダンパーが動く前にタイヤが滑ってしまう。路面の綺麗なTSタカタでは、タイヤはしっかり路面に食いつき、ダンパーを動かす。抜けていれば、 思いっきり動いてしまって挙動が乱れる。

その後も、とりあず6周ほど走ってみたものの、気温も上がり6秒7がベスト。ほぼ同じタイムが3回出た。前と同じく、 危ないなりに攻めてのタイム。ダンパーがダメなのもわかったので、走行は午前だけで終了。全部で15週程。

TSタカタは路面も良く、連続クリアラップで周回を重ねる事が出来れば、クルマの特性がかなり掴みやすいなあと思った。 前回の遠い記憶からでも、ある程度比較が出来る。

他いろいろ
午後からは、マツオカ君の応援と、おしゃべりと、適当に写真を撮って遊んでいた。

J58Gの小笠原さん、おりぐちさんと少しお話をさせて貰い、良い刺激を受けた。自分でエンジンを作ったというNB1のおりぐち号、 当日のシャシダイで167馬力を記録したとか。同じギア比(6速4.3)なのに、 ストレートで7500rpmのレブにばんばん当たっていたので、やはりパワー出てたんだなあ。ウチのは3速が余裕で届いてしまう。 馬力なりだなあ。ジムカーナ師匠と呼ばれる凄腕の小笠原さんとは、有り難いアライメントの話をさせて貰った。なるほど・・・自分の考えは、 まあ外してはいないかな・・・と思えた。ありがとうございました。

image
ミガキさんのメット

ミガキさんが来て、午後から走っておられた。始めて見たミガキ号は黒いピカピカのNAであった。

image
ミガキ号

午後からは皆一斉に帰り、ミガキさん、MR2の方、心の折れたマツオカ君(笑)の3名しか居なかった。やはり目的はタイムアタック・・・ みんなストイック。たった3台の貸し切り状態。マツオカ君も途中で走るのを諦め、2台に。しーんと静まりかえるサーキットはあまりに寂しく、 走るモチベーションが上がらない。空きすぎているのも問題だと思った。練習したい人は平日の午後枠がチョーオススメとも言える。

午前→午後のタイムの落ち幅は、0.2~0.3秒程度。気温は、午前0.5~3.4度、午後9.8~9.5度。

考査
まず、ダンパーはダメ。しかし、どうやって工面しようか、何にしようか・・・頭を悩ませよう。 抜けたダンパーばっかり3セットも転がっている。(笑) アライメントは、ブッシュ交換の恩恵が出たようで、キャンバーを減らせそうな感触。 今のキャンバではリアが使えていない。見直すだけでかなり良くなりそうだ。フロントは良い具合に均等に発熱してたので悪くなさそう。

タイヤ
今回
ワタナベ R1R(195) → 01R(205)
マツオカ 01R(185) → AD07(195)
ぐ     01R(185) → AD07(205)

なワケだったんだけど。205のネオバ・・・想像以上に食わない。恐らく

冷えた状態のグリップ   AD07>01R
暖まったときのグリップ  AD07<01R

使い古した185の01Rから、新品の205ネオバで、猛練本コースのアップ幅は0.2~3秒程度。足の熟成も含めてこの上がり幅なので、 ほとんど変わっていないとも言える。マツオカ君も、1サイズ上げたのにタイムアップ無し。条件(気温・新品)を考えると、 遅くなったとも言える。

暖まらねー!と泣きの入る01Rも、暖まれば強かった・・・まあ、わかった所でタイヤを買い換えるお金なんぞございませんが。 (笑)

(まあ、僕の素人考査なので、全部嘘かもしれません(笑) 話半分でヨロシク)

帰宅
image
大佐SA ぐ号&マツオカ号

みんなと分かれて、マツオカ号と共に帰路へ。途中のSAで飯を食べて、頭でっかちの怪しい知識を伝授する。(笑) まあ、 結局の所自分の経験と目が全てなので、色々試してガンバるのじゃ。>マツオカ君

タイムは納得いかないものの、田舎の綺麗な空気と温泉と美味しいご飯、じゃけーじゃけーと気取ったところの全くない愉快な仲間達との交流、 とてもリフレッシュできたなーって感じの、今回の走行であった。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 走り収めのTSタカタ  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (13)  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「嗚呼年の瀬」

06/12/30(土)

image
2560×1024の大迫力

ううむ、なんたる強敵・・・全然終わらないじゃないか。撮影段階で2割しか終わっていないというのは本当だった。コレは、カワモトにもご飯を奢って貰うしか…。そして、 映像より音声が大変だったという落とし穴。

舐めてかかって返り討ちに遭ってる感じの年の瀬。皆様いかがお過ごしでしょうか。

ワタクシに置きましては、今AM4時ですが、隣で娘(全身毛だらけです)がにゃあにゃあとやかましく、愛らしくもごっつい邪魔です。

image
きわめて猫っぽくお眠りになられるくるり様。現在1.6kg。


今年一年のまとめもなかなか上げられず。…31日にはUPするぞっ(きっと) しっかし、今年は色々あったなあ…。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 嗚呼年の瀬  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (3)  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  


« 2006年11月 メイン 2007年01月 »



【秋の気配の猛ドラ29★9月24日(土)開催】
満員御礼!ありがとうございました!(・ω<)ノ
詳しくは 猛ドラWEBにて!
猛ドラレポート集も参考にしてね(・ω<)(猛烈ロードスターレポート猛ドラ参加者レポートみんカラで猛ドラを検索


最新ブログ
16/07/13【やっぱ】MTE37とNDロードスターのホイール重量【軽い】 NEW
16/07/13【MTE37】第4弾ラスト放出&装着写真ギャラリー NEW
15/12/07いくぜ!マツ耐:マツダファンフェスタ2015岡国【速報編】 NEW
15/12/04いくぜ!マツ耐:マツダファンフェスタ2015岡国【前夜編】 NEW



協賛:タイヤガーデン豊中 ご来店時は猛烈ロードスターを見たとお告げくださいませ~。
 トップロードスターいろいろバックナンバー猛烈アンテナ
 猛ドラ「ぐ」の揮発つぶやきツイッターみんカラタイヤガーデン豊中
ロードスターでモータースポーツ&DIY / 当サイトは全ページリンクフリーです。 Copyright(c) Gussan / MRRS All Rights Reserved.
Since 2004 -10 visit : ,,