ロードスターでモータースポーツ&DIY 当サイトは全ページリンクフリーです
猛烈ロードスター ヘッダイメージ


【秋の気配の猛ドラ29★9月24日(土)開催】
満員御礼!ありがとうございました!(・ω<)ノ
詳しくは 猛ドラWEBにて!
猛ドラレポート集も参考にしてね(・ω<)(猛烈ロードスターレポート猛ドラ参加者レポートみんカラで猛ドラを検索


最新ブログ
16/07/13【やっぱ】MTE37とNDロードスターのホイール重量【軽い】 NEW
16/07/13【MTE37】第4弾ラスト放出&装着写真ギャラリー NEW
15/12/07いくぜ!マツ耐:マツダファンフェスタ2015岡国【速報編】 NEW
15/12/04いくぜ!マツ耐:マツダファンフェスタ2015岡国【前夜編】 NEW



協賛:タイヤガーデン豊中 ご来店時は猛烈ロードスターを見たとお告げくださいませ~。
 トップロードスターいろいろバックナンバー猛烈アンテナ
 猛ドラ「ぐ」の揮発つぶやきツイッターみんカラタイヤガーデン豊中

« 前の日記 「 TSタカタ強化合宿に行ってみる(1日目) 」 「 TSタカタ強化合宿に行ってみる(3日目) 」 次の日記 »
このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - TSタカタ強化合宿に行ってみる(2日目)  Check

「 TSタカタ強化合宿に行ってみる(2日目) 」

06/04/26(水)
Comment 8   |  TrackBack 0

二日目-TSタカタ丸一日走行
AM5:30、さわやかに起床。二日酔いで頭痛の2名を後に、一足先にタカタへ入る。
image
ウェットじゃ

夜降った雨でがっつりウェット状態。コースの上にはたくさんの水たまり。しかし、 朝の時点でもうほとんど降っておらずこの後は晴れるとわかっていたので、皆で協力してせっせと水捌け走行を繰り返す。 どんどん水たまりに突入し水を散らすのだっっ!ドリドリ祭り。お陰で池が出来てしまう2コーナー以外は、午後までにはほぼドライとなった。

この日の参加メンバーは、僕、ワタナベさん、ミムラさん、かぶさん、ミヤさんの5名。ミムラさんは0部山ネオバで練習走行、 かぶさんはついに導入したYz脚のセッティングに勤しまれていた。

仕様
カッコ内は前回(運動会時)の仕様。
バネ F:12kg R:9kg(10kg)
スタビ F:NA8純正19mm(NB用22mm) R:スタビ外し
その他 FにNBリア用バンプラバ(5mmでバンプタッチ)。車高は今回下げられるだけ下げた。F指0本、R1本程度。 前後とも約10mm程度のバネ遊び。リアは汎用パーツでピロ支持に変更。

前回(運動会)の傾向
リアの安定性が全く感じられなかった。仕様変更は主にバネレート(10kg-8kg → 12-10kg)とブレーキパッド (S500→HC+)だけど、コーナーの入り口で少しでもブレーキを残すとリアから飛んでいき、 コーナリング中も脱出に向けてアクセルを踏んでいくとフロントから巻き込んでいき全くアクセルが踏めない。さらに前のタカタでは、 ここまで怖い動きはしてなかったように思う。確実に10-8kgの仕様より足の限界は低く、乗っていて怖い。

今回の対策
今回ここへ来るにあたって、自分なりにかなり頭を使って考えてみた。なぜレートが上がっただけでこんなに妙な動きをするのか、 考えて調べて考えて調べて・・・出たキーワードは「伸び側のストローク(リバンプストローク)」。 レートアップでバンプストロークは増えるがリバンプストロークは減少する。今まで縮みばかり考えて、伸び方向はちゃんと考えた事が無かった。 進入、脱出のこの急激な動きは、伸び側を使い切っているのではないかと考えた。

車高:今まで、車高は高めでも走行性能に影響は少ないだろうと考えていたが、 ロールセンター等を考慮してもこれぐらいのレートになれば低い方がメリットは大きいであろうと考えて限界まで下げた。

バネの位置:暫定で目標リバンプストロークを前後40mmで揃える事を目標に、1Gでのロッド沈み込み量を測ってバネを遊ばせて設定した。 バンプが足りない場合は下皿を上げていき、最適の位置を探す。コーナリング脱出時のリバンプに関してはコレで対策出来ると思う。

新コース奥の進入(下りコーナー)の進入:特にこのコーナーで危険な動きをする。これは、 フロントの縮みが弱くて動きすぎている→ノーズダイブが大きい→リアが上がると考えて、バンプラバーで止める事にした。 NB用フロント用とリア用で迷ったが、まずは控えめに?柔らかいリア用を入れた。5mmでタッチする仕様でも、 街乗りしていて全くわからない程柔らかい。(外したと思った)
 
image  image
左:フロント足、右リア足(クスコ20mmアップピロアッパー+Yzアッパーシートでピロ支持の首振り仕様)

バネ・スタビ:アンダー方向に持って行きたかったのと、リバンプの確保も含めてリアのレートを1kg下げた。 リアはとりあえずリンクのみ外して様子を見る。フロントは、ダブルヘアピンがやや曲がりにくい感があったので細いNA用に戻した。 リアのストロークを限界まで使いたかったので、アームロックしないギリギリの全長に設定した上で白いゴミ取りカラーを撤去。 小心者なので一応ブーツを被せた。

ピロ支持:リアは極力スムーズに動いて欲しいと考えて導入してみた。純正の足(NAアッパー)や最近の高級な足を見ても、 バネをまっすぐ伸び縮みさせる事にはメリットがあるように思う。純正のピロアッパーでは寸法的にかなり苦しくなってしまう為、 クスコの純正バネ用20mmハイマウントピロアッパーのバネ受けを旋盤で落として使用。無い袖が振れなかったのだが、 上手く中古のピロアッパが見つかったので導入できる事になった。費用的にはかなりリーズナブル。 導入前導入後で確実に乗り心地に変化があった(角が丸くなった)ので、悪くはなっていないと思う。

参考文献
今回の仕様を考えるにあたって、諸先輩な方々の書き物を片っ端から読ませていただきました。ワタナベさん、よしださん、あきやまさん、G/ Sさん、ドラさん、MBWまつざきさん、感謝です。

一度読んだ同じ文章でも、汲み取れる情報はそのときの経験値で全く違うと感じる今日この頃。

走行開始
image
ヨメ様撮影。奇跡の一枚

・午前:バルタイ
水捌け走行なので、路面が乾くまで足のセッティングは無し。その代わりにストレートでバルタイの適合をチェックする。 結局前ページで言うところの水色バルタイに落ち着く。

・ワタナベさんドライブ
ラインや走らせ方を確認。減衰は水捌け用で最弱のまま。しかし動きは・・・このときから以前にも増して危険な感じ。 恐ろしくフロントが巻き込む・・・。

・午後
・足セッティング変更「空気圧は温感で2.1kgに合わせ、フロントの車高をねじ部で5mmアップ」
 →さらに落ち着かなくなったような感じ。
・減衰変更「過去でもっともよかった減衰に変更」
 →やっぱり落ち着かない・・・?
・減衰変更「フロントの減衰を弱める」
 →変わらない・・・やや悪くなったような気もする。
・減衰変更「フロントの減衰を元に戻し、ねじ部で5mm下げる」
 →かなりマシになったけど、最初とほとんど変わらない。相変わらず怖い。
・ワタナベさん一人で運転
 →「怖くて踏めない」ほぼ同じ感想。
・リアスタビ装着
 →うーん?
・減衰変更「フロントの減衰を最強手前まで上げる」
 →あまりわからない。平均ラップを見ると下がったから・・・乗りにくいんだろうか。

他にもさんざんアレコレしたが結局全体的な動きは変わらず。・・・????? 迷宮入り。

合間に色々
・ワタナベ号ドライブ
image 
クルマ雑誌風?

「乗ってみるか~」と言われてありがたく乗らせていただいたワタナベ号。ありがとうございました。この日もぴぴっと2, 3周して軽く5秒台を出していたワタナベさん&ワタナベ号。まずは街乗りの感じを・・・と近くのコンビニへ買い物へ行くのに乗らせて貰う。 助手席にヨメ様。

キューキュッキュッキュ・・・ズドドンン!! ・ドドドドドドド(ガタガタガタ)・・・

・・・手が変になりそうな振動。エンジンマウントか・・・聞いたらほぼリジットらしい。確かにコレでは舞洲にこれないなあ・・・。

街乗り開始。交差点でクラッチを切るとエンジンが止まる以外は、至って普通に走る。レスポンスビンビンで回転合わせも非常にしやすい。 1速でちょいっとフル加速。

グガボアアアアア!!!

・・・何でノーマルエアクリがこんな音を・・・。助手席のヨメ様「今死んだ」という。すんごい速い。面白い。タコメーターに「踏め!回せー!  ここまで→」と書いてあるのも面白い。7600rpm辺りにレブと書いてあったけど、いとも簡単にその線を越えていこうとする程、 エンジンは回りたがる感じがする。

タカタ走行
コースイン。たらーっと流して2週目からアタック。最終コーナー出てストレート全開・・・うひー!たのしー!はえー!・・・2コーナー・・・ ハンドル回らなーい!(汗) オモステです・・・ワタクシは諸事情によりオモステが乗れません。 危ない。それでも数周アタックを続ける・・・なんとか7秒台。

205タイヤに羽付、さぞかし限界が高いんだろうと思いきや、そうでもなかった。ちゃんと走らせなければアンダーもオーバーも出る。 僕がちょいとラフに乗った程度でもお尻は出てしまうので修正蛇が必要。オモステで正確に当てる自信はないのでぼちぼちのアタックにとどまる。 いろんな意味で腕の差だなあ。

かぶさん号ドライブ
image
みやさん撮影

ほぼドノーマルNA6(だったっけ?)に新品のYz足(overdriveマスダさん仕様・・・だったかな?)、機械式1.5way。 17万キロ走破。タイヤは練習用の食わないタイヤ。早速コースイン。

・・・な、なんだこの足・・・・めちゃくちゃ粘る。求めているのはこのフィーリング。コーナー脱出で踏んでいくと「ずりずり・・・」 と静かにアウトにはらんでいく。進入もいたって安定。ものすごくわかりやすくて、踏める足。ううううむ、素晴らしい! 手放しで褒められる。・・・しかしまてよ、この感じ、最初の頃のタカタで、ウチのクルマもあったような・・・。

ピットではバキンゴキンと凄まじい音が出るデフも、コース走行では全く自然で存在を意識させない。うーむ、どこで効いているのか・・・ (違いのわからない男)

頑張ってアタックしてみたものの、些細な差に戸惑い全くオーナー殺しはならず。まだまだ経験の浅い僕では、 ブレーキペダルの位置やペダルストローク、ブレーキの効き、シフトの入り、などのちょっとした差で操作が引っかかってしまう。 ヒールトゥでアクセルペダルに足が当たったり。で、その動作をなかなか直せない。ああ、オーナー殺しってやはり並大抵じゃないんだなあ・・・ 。しかしウ○コタイヤのドノーマルNA6で、70秒フラットで走ってしまうかぶさん・・・もうかなりの腕前なのでは? エンジン、 めちゃくちゃ遅いですよ・・・全然前に進まない・・・。(笑) ちなみに僕が乗って71秒3、ミムラさんが乗って72秒ちょい(忘れた) だったと思う。かぶさん、ありがとうございました。

ミムラさんの助手席同乗
image 
ミムラさんの助手席に乗せて貰った。リアはウ○コタイヤ(0部山185ネオバ)ながら67秒台で周回するミムラさん。走行開始。1コーナー・ ・・ヤバい突っ込み速度・・・曲がらん!!と思いきや、左のフロントタイヤは綺麗にクリップの縁石をかすめていく。うわー・・・マネできん。 さすがだ・・・。新コースも同様にヤバかった。しかし、怖いのに安心感?があるのは、腕とクルマなんだろうなあ。 あまりにも面白いのでヨメ様も同乗。ヨメ様「涎が出た・・・ヘルメットずれた・・・面白かった・・・」面白かったそうです。

バトル「ワタナベvsぐっさん」
image
この後僕はドリってしまいます(そんな姿勢)

ミムラ号を操るワタナベさんとバトル。・・・というか見つけたので追いかけてみた。面白い・・・追いついた!! そして・・・煽る。 (写真の図) ズリズリのタイヤで前に進まないミムラ号をねじ伏せるワタナベさん。ちょいミスを繰り返す僕。あっ、離れた・・・あっ、 また離れた・・・離れた・・・おーい・・・見えなくなった。GT4でゴーストと戦っている気分。ぷりっとカウンターを当てると一車身、 また一車身と離れていくのよね・・・ドライビングに安定感無し・・・要精進。

走行終了
午前のベスト68秒330、午後のベスト68秒659で走行終了となった。 ワタナベさんのアドバイスも貰いながらさんざんセッティングを変えてみたけど、思うような効果は出ず・・・というか違いがほとんど出ない。 コレは・・・ちょっとおかしい。一日中進入、立ち上がりともにハンドルを常にゴリゴリしながら走った。 なんとかお尻が暴れないように抑えて走ってこのタイム。遅い。

もしかするとリアのバンプを使い果たしているのかと思って、チェックしようと思ったが・・・ぐあー、ブーツを被せてしまっている・・・ やはり外してくればよかった。小心者の僕のバカ。ひとまずバンプストローク不足と仮定して、 翌日はリアのバネを10kgに変えてみようと考える。が、「朝バネなんか変えたらしんどくて走れん」「昼から雨」 という周りからのアドバイスで、その場でバネ変更を開始。ワタナベさん、ミムラさん、僕、イジり慣れまくった(いや、一人はプロか) 3人がかりのリアバネ変更は、30分もかからず終わった。恐るべし・・・。

写真を撮って貰った
image

30Dを買ったみやさんが、走行写真を撮ってくれた。タカタで走ってる写真はほとんど無いので有り難かったです。ありがとうございましたー。

初日の損害
image 
景気よく新コース入り口で落ちること一回。泥遊び。


みんなにお礼を言って分かれ、ヨメ様と宿へ戻る。また温泉につかって、ビストロ・モモで美味しいご飯をいただく。うーん、最高!! 鴨ロースサラダ最高!!コレは半分温泉旅行だな・・・。部屋に戻って翌日の対策を考え、早めに眠った。二日目は昼から確実に雨だから、 午前に勝負をかける。


そんなこんなで、走行二日目に続く。




このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - TSタカタ強化合宿に行ってみる(2日目)  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (8)  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

トラックバック一覧

コメント一覧 | ▼最新コメント&投稿欄へ

[1253] Re:TSタカタ強化合宿に行ってみる(2日目) 投稿者 アキ : 2006年04月26日 04:32

 最後から3枚目の写真、グランツーリスモみたいでカッコいいですね?!
 最後から2枚目の写真とか見てると車高がえらいベタベタですけれどこれって走ってて底擦ったりとかしないんですか? 自分だとすぐオイルパンとかやっちゃいそうな。。
 。。コメント書き込んでる時間帯は気にしないで下さい(眠



[1254] Re:TSタカタ強化合宿に行ってみる(2日目) 投稿者 軽青 : 2006年04月26日 07:41

本文と関係なくてすみませんが、写真上での青色が実に綺麗ですね。なんだか実車以上のような気も・・



[1255] Re:TSタカタ強化合宿に行ってみる(2日目) 投稿者 よしぴろ : 2006年04月26日 17:51

楽しかったみたいですね~強化合宿。

ミム様号は右前の漢ダクトカブッてますね。しかしカッコイイ

綺麗な状況写真がたくさんあって楽しさがビンビンに伝わるなぁ~
楽しそうだなぁ~いいなぁ~(心の底から)



[1256] Re:TSタカタ強化合宿に行ってみる(2日目) 投稿者 KUE@JリミⅡきいろ : 2006年04月26日 23:05

俺も行きたかったー!

代わりに日曜に備北あたっくしてきました。
新たにロドスタ乗りの方に会えたり、
先月会ったロドスタ乗りの方に再会できたり、
それはそれで楽しかったですが^^

帰りにふらっと寄ってくれれば…(ありえない)



[1257] Re:TSタカタ強化合宿に行ってみる(2日目) 投稿者 みや : 2006年04月26日 23:59

タカタ強化合宿お疲れ様でした。
風が強くてちょっと寒かったですが、ちょっぴりベストも更新出来て一日楽しく走れました。
私にも強化デーになったようです。
直前にワタナベさんに教えてもらい有給使って行って良かった(笑)

写真も使ってくれてありがとです。
よく見るとゴミ?がかなり付いてる写真もあったりと、デジ一眼は取り扱いに結構気を使いますねぇ。

以前のタカタ走行写真のA10がおそらく自分のロドだと思うので是非送ってください。

では、またご一緒しましょう。



[1258] Re:TSタカタ強化合宿に行ってみる(2日目) 投稿者 NBターボ : 2006年04月27日 17:12

三日目、解決したんですかねぇ~?
一つの症状として、
ダンパーへたってないですか?抜けてると、顕著にその症状出ますけど?



[1259] Re:TSタカタ強化合宿に行ってみる(2日目) 投稿者 ケン : 2006年04月29日 19:06

うわぁ~
すっごいきれい>3台の写真。
ぺたぺたの猛烈号はカッコイイ!!



[1260] Re:TSタカタ強化合宿に行ってみる(2日目) 投稿者 ぐっさん@猛烈 : 2006年04月30日 04:39

>アキくん
下はほとんど擦らないねー。コンビニ入り口みたいに
段差の大きいところでは、シャコタン乗り(笑)ができないと
厳しいけど。(要はナナメ)
オイルパン当たる前にメンバー当たるから大丈夫だよ。(笑)

フロントに関しては、動きを止めてるってのもあって、
全然問題なし。タカタ走るとインナーフェンダはガリガリ
だけどね~。乗り心地は現状、信じられないぐらいイイ・・・12kg?
って感じ。

>軽青さん
ハリウッドですから・・・。(?)

>よしぴろくん
復活待ってますヨ。秋ももうすぐです。

>KUEちゃん
なにっ・・・日曜備北にいたの?
あー、言ってくれれば・・・寄ったのに。(笑) 残念!

また遊びましょうねえ~。

>みやさん
いやー、色々お世話になりました。写真ありがとうございました。

そうそう、デジイチの埃問題はかなり深刻。バンバン埃入って、
絞り込むと写っちゃいますので・・・僕は怖くて自分で掃除できないです。
いつもサービス持ち込み。まあ、大体タダなんですけどね。
めんどくさいんです。(笑)

またご一緒しましょう~。

>NBターボさん

さすが・・・鋭い!

僕も間違いなく抜けてるかと思ってたんですけど・・・
今の予想では減衰不足ではないかと考えてます。
所詮手テスターですが・・・(笑) やはりダンパーテスターに
かけないとわかんないですかね~。

>ケンさん

車高バランスの都合上またペタペタでは無くなってしまうかも
知れません・・・(笑) 残念・・・。



このページのトップへ
« 前の日記『 TSタカタ強化合宿に行ってみる(1日目) 』 『 TSタカタ強化合宿に行ってみる(3日目) 』 次の日記 »
ロードスターでモータースポーツ&DIY / 当サイトは全ページリンクフリーです。 Copyright(c) Gussan / MRRS All Rights Reserved.
Since 2004 -10 visit : ,,