ロードスターでモータースポーツ&DIY 当サイトは全ページリンクフリーです
猛烈ロードスター ヘッダイメージ


【秋の気配の猛ドラ29★9月24日(土)開催】
満員御礼!ありがとうございました!(・ω<)ノ
詳しくは 猛ドラWEBにて!
猛ドラレポート集も参考にしてね(・ω<)(猛烈ロードスターレポート猛ドラ参加者レポートみんカラで猛ドラを検索


最新ブログ
16/07/13【やっぱ】MTE37とNDロードスターのホイール重量【軽い】 NEW
16/07/13【MTE37】第4弾ラスト放出&装着写真ギャラリー NEW
15/12/07いくぜ!マツ耐:マツダファンフェスタ2015岡国【速報編】 NEW
15/12/04いくぜ!マツ耐:マツダファンフェスタ2015岡国【前夜編】 NEW



協賛:タイヤガーデン豊中 ご来店時は猛烈ロードスターを見たとお告げくださいませ~。
 トップロードスターいろいろバックナンバー猛烈アンテナ
 猛ドラ「ぐ」の揮発つぶやきツイッターみんカラタイヤガーデン豊中

« 前の日記 「 つれづれ 」 「 嗚呼年の瀬 」 次の日記 »
このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 走り収めのTSタカタ  Check

「 走り収めのTSタカタ 」

06/12/25(月)
Comment 13   |  TrackBack 0

image 
青いのばっかりTSタカタ。

TSタカタへ行ってきた。前回からは5ヶ月ぶり。 7回目ぐらいか? 運動会にも宴会にも行けなかったので、虎視眈々と出撃の機会を伺い、コンディションの良い日を狙い撃ちで出撃。しかし、 ワタナベさん達も考える事は同じでバッティング。じゃあ一緒に行くかーというので、前泊して走ることに。メンバーは、僕、ワタナベさん、マツオカくん。

猛練からの仕様は、ブレーキングで落ち着かないリアの対策で、フロントの車高をかなり上げたのみ。

前日夜
ワタナベさんと合流し、風呂に入ってメシ食って(ごちそう様でした!)ご機嫌で部屋に戻ると、マツオカ君到着。 お酒とおつまみ片手に大盛り上がり。寝ようと言っても寝る気配無し。・・・寝かせてくれない。なんなんだ! コレがワタナベ組の作戦なのか!

誘いを断ち切り、無理矢理布団に潜り込む。

ワタナベ「初恋の話をしよう!マツオカ君! 」
マツオカ「初恋ですか!僕は中一ですね!ぐっさんは?
ぐ「・・・・・・・寝るってば!」

・・・なんかシンクロ率高くない?アナタタチ。

ワタナベ「もう寝なくてもいいじゃーん、朝まで飲もう!
マツオカ「そうっすよぐっさん!飲みましょう!(僕はコーラですけど!)」
ぐ「俺が何のために前日きとるとおもっとるんじゃオマエラぁぁぁあ!!!!

という風なやりとりが約2時間ほど続き、日付も変わりしばらくたった頃、やっと大人しくなって眠りにつく。


7:00に起きるつもりが、6:30に揺らされて起こされる・・・な、なぜだ・・・。

image
つぶやき坊主店主

・・・なんで起こすの?

image
予想コメント

たぶん、なんとなくだと思う。

朝のコーヒージャンケンではワタナベさんが2回連続ストレート負けで、我々にとって大変良い空気を感じる。

余裕をもちまくって出発。

出発
image
寒すぎ

外は晴れの極寒。霧も少なく、路面は濡れていない。絶好のアタックコンディション。期待も高まるが
 
image
凍結

幌もガラスも完全に氷が張ってしまった。外で震えながら、エンジンを暖機し、暖房(デフォッガー)で溶かす。

しかし、足下以外全く送風されない(デフォッガーも死んでいる)方が一名。全く氷が溶けない。

image
↑デフォッガーにより、そろそろ溶けてきた2台



image
↑約36度のハンドパワーと気合いにより、なんとか走れそうな気もする1台

大事なのは気持ちだと思う

image
ええ天気やね

そんなこんなでいざ出陣。

到着
台数はそこそこ。10台ほどだったかな?

この日の車両。

image
ワタナベ号

でっけえホイルが付いていた。16インチの大博打アタック。Sタイヤ呼ばわりされているR1Rから、01Rへ。4秒1を出した時から、 タイヤ以外の仕様変更は無し。羽根も無し。

image
マツオカ号

ワタナベさんにイジメられながらも185の封印を解き放ち、15インチ195幅のフレッシュネオバを投入。 110馬力ちょっとの超非力エンジンながらかなりのタイムを叩き出す期待の新星マツオカ。185の01Rで6秒9のベストタイムを持つ。 足はつるしのクスコ8-6kg、アライメントもろくにとったことが無く、右と左が違う感じのマツオカワールド。

image
洗車したかったぐ号

郷に入っては郷に従え、と、始めて助手席もライトも外した。シャシダイ140馬力ちょっと。タイヤは、 何度か使ったけどまだバリ山の205幅ネオバ。足は年代物のYZ。フロントの車高を上げた以外は特に変更無し。ベストは、06年、 春の運動会で出た屈辱の7秒9。 結局、後にダンパーが終わっている事が判明した。今回も、年代物のダンパーがちゃんと機能しているかどうかが唯一の心配事。

座席を外したり、ライト外したり・・・アタックというヤツは大変だ・・・。ライトを外すときに、 リトラを動かすリンケージが潰れててグラグラなのに気が付く。なるほど、車両点検を兼ね(略

言い訳もしたくないし情けもかけられたくない、という思いはマツオカ君と同じであった。

走行開始
image
ピカピカのワタナベ号

なんだか久々のTSタカタ。

走行開始。・・・・うーん・・・なんだろう、ぜんぜん食わない感じ。3週ほど走って上がったエアを下げる。そこから4週程度。うーん、 食わんなあ・・・リアが危なっかしい。うーん、うーん。・・・というか、TSタカタは怖い。久々に来ると、なんて怖いんだ・・・路面は、 前よりかなり綺麗になったような気がする。

あぶねーあぶねーと思いながらも、4周目に6秒5。

image
マツオカ号

マツオカ君と話す

「なんか食わんねえ?」

マツオカ君、幅の増えた新品のネオバ、そして前回よりも遙かに好条件なのに、ベストを更新できない様子。 「全然新品使ってる感じがせんのですよ!」と。コレはもしや・・・。

車高をちょこっと調整して、ワタナベさんに乗って貰う。4周走ってベストは6秒6。帰ってきて、一言

ワタナベ「ダメじゃ。コレで攻めたら死ぬぞ?」
ワタナベ「リアがナーバス過ぎ。アクセルオフでリアが一気に伸びる。」
ぐ「あー、やっぱりね」

僕もそうだと思ってたんだよー。はははっ!要するに

またダンパーじゃ。

減衰最強でリアの伸びがとまんない。TSタカタでダンパー抜け判明ジンクスが付きそうだ。

こないだのKONIはもっと危なかったので随分マシ。猛練本コースでどうも乗れないと違和感を感じていたのは、 減衰が上がらなかったからなんだろうなあ。

舞洲は路面が悪すぎるので、ダンパーの特性がわかりにくく、抜けてる判断が付きにくい。大雑把に言えば、 ダンパーが動く前にタイヤが滑ってしまう。路面の綺麗なTSタカタでは、タイヤはしっかり路面に食いつき、ダンパーを動かす。抜けていれば、 思いっきり動いてしまって挙動が乱れる。

その後も、とりあず6周ほど走ってみたものの、気温も上がり6秒7がベスト。ほぼ同じタイムが3回出た。前と同じく、 危ないなりに攻めてのタイム。ダンパーがダメなのもわかったので、走行は午前だけで終了。全部で15週程。

TSタカタは路面も良く、連続クリアラップで周回を重ねる事が出来れば、クルマの特性がかなり掴みやすいなあと思った。 前回の遠い記憶からでも、ある程度比較が出来る。

他いろいろ
午後からは、マツオカ君の応援と、おしゃべりと、適当に写真を撮って遊んでいた。

J58Gの小笠原さん、おりぐちさんと少しお話をさせて貰い、良い刺激を受けた。自分でエンジンを作ったというNB1のおりぐち号、 当日のシャシダイで167馬力を記録したとか。同じギア比(6速4.3)なのに、 ストレートで7500rpmのレブにばんばん当たっていたので、やはりパワー出てたんだなあ。ウチのは3速が余裕で届いてしまう。 馬力なりだなあ。ジムカーナ師匠と呼ばれる凄腕の小笠原さんとは、有り難いアライメントの話をさせて貰った。なるほど・・・自分の考えは、 まあ外してはいないかな・・・と思えた。ありがとうございました。

image
ミガキさんのメット

ミガキさんが来て、午後から走っておられた。始めて見たミガキ号は黒いピカピカのNAであった。

image
ミガキ号

午後からは皆一斉に帰り、ミガキさん、MR2の方、心の折れたマツオカ君(笑)の3名しか居なかった。やはり目的はタイムアタック・・・ みんなストイック。たった3台の貸し切り状態。マツオカ君も途中で走るのを諦め、2台に。しーんと静まりかえるサーキットはあまりに寂しく、 走るモチベーションが上がらない。空きすぎているのも問題だと思った。練習したい人は平日の午後枠がチョーオススメとも言える。

午前→午後のタイムの落ち幅は、0.2~0.3秒程度。気温は、午前0.5~3.4度、午後9.8~9.5度。

考査
まず、ダンパーはダメ。しかし、どうやって工面しようか、何にしようか・・・頭を悩ませよう。 抜けたダンパーばっかり3セットも転がっている。(笑) アライメントは、ブッシュ交換の恩恵が出たようで、キャンバーを減らせそうな感触。 今のキャンバではリアが使えていない。見直すだけでかなり良くなりそうだ。フロントは良い具合に均等に発熱してたので悪くなさそう。

タイヤ
今回
ワタナベ R1R(195) → 01R(205)
マツオカ 01R(185) → AD07(195)
ぐ     01R(185) → AD07(205)

なワケだったんだけど。205のネオバ・・・想像以上に食わない。恐らく

冷えた状態のグリップ   AD07>01R
暖まったときのグリップ  AD07<01R

使い古した185の01Rから、新品の205ネオバで、猛練本コースのアップ幅は0.2~3秒程度。足の熟成も含めてこの上がり幅なので、 ほとんど変わっていないとも言える。マツオカ君も、1サイズ上げたのにタイムアップ無し。条件(気温・新品)を考えると、 遅くなったとも言える。

暖まらねー!と泣きの入る01Rも、暖まれば強かった・・・まあ、わかった所でタイヤを買い換えるお金なんぞございませんが。 (笑)

(まあ、僕の素人考査なので、全部嘘かもしれません(笑) 話半分でヨロシク)

帰宅
image
大佐SA ぐ号&マツオカ号

みんなと分かれて、マツオカ号と共に帰路へ。途中のSAで飯を食べて、頭でっかちの怪しい知識を伝授する。(笑) まあ、 結局の所自分の経験と目が全てなので、色々試してガンバるのじゃ。>マツオカ君

タイムは納得いかないものの、田舎の綺麗な空気と温泉と美味しいご飯、じゃけーじゃけーと気取ったところの全くない愉快な仲間達との交流、 とてもリフレッシュできたなーって感じの、今回の走行であった。




このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 走り収めのTSタカタ  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (13)  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

トラックバック一覧

コメント一覧 | ▼最新コメント&投稿欄へ

[2030] Re:走り収めのTSタカタ 投稿者 ハヤシ : 2006年12月25日 17:32

実はこの日、偶然にも僕も行く予定でした。朝もちゃんと起きました。で、ブレーキの違和感がどんどん気になってきたので結局やめてしまいました。。
そして閉店間際になってワタナベさんに診てもらったら「よーこんなの気付いたな。言われんと気付かんわ。」って(笑
結果問題無し(様子見)でした。あー、ホント行けば良かったぁ。。(悲



[2031] Re:走り収めのTSタカタ 投稿者 TAKE : 2006年12月25日 18:21

そうだ,きっとそうだ・・・>なにが?

先週の金土は車のポテンシャルを上げてくる車

(15インチ化とか,16インチ化とか,205とか264カムとか)には

タカタの神様がもうしばらく辛抱しなさい!

って言っておられた気がしてきた(笑)


”コンマ1秒にいったいいくらかかってると思ってんだ~こんちくしょうorz”


すんません毒ははいてみました!

つくずく費用対効果の低い車だ>マイマシン^^



[2032] Re:走り収めのTSタカタ 投稿者 マツオカ : 2006年12月25日 19:27

先週はお疲れ様でした。

とりあえず、近くに迫った連休で足をもう一度
組みなおしてみる事にしました。ネオバをきちんと
使えるようにボク、ガンバル!!(笑)

それから、来年は必ず舞洲に行きたいと思います。
こっちも、申し込みからボク、ガンバル!!

ので、また遊んでくださいね!



[2033] Re:走り収めのTSタカタ 投稿者 おりぐち@167.8馬力 : 2006年12月25日 20:27

先日は遠いところお疲れ様でした。
男前な素顔を拝見することができ、楽しいお話もできてとても充実した時間でした。
最近タカタではまったく振るわないわたしですが、午後からのシャシダイで
とても上機嫌で帰宅いたしました。
またご一緒できることを楽しみにしています。



[2034] Re:走り収めのTSタカタ 投稿者 ひろ : 2006年12月25日 23:28

ぐ号っていつもピカピカだなー。
俺もたまにはピカピカの車に乗ってみたいなあ。



[2035] Re:走り収めのTSタカタ 投稿者 あゆむ : 2006年12月26日 00:12

ぬぅ 先をこされたか

こちらも虎視眈々と出撃の機会をうかがっているものの
スケジュール調整が難航してなかなかいけず。
まぁ、近々ふらっと遊びに行くつもりですが。

写真で見るとぐ号の艶は他2台を圧倒してますな。
そこはワシも負けられんのでがんばろう。
走りの方はおいていかれる一方の予感が漂うし(笑)

ラジアルタイヤな理由は・・・ 
私の場合はなんというかSタイヤを使う理由がないかなぁ
お金の面もあるけど今の遊び方ならお金があってもSは買いませんねぇ
足を選ぶときにも全く考慮に入れてないです(笑)



[2036] Re:走り収めのTSタカタ 投稿者 ワタナベ : 2006年12月26日 22:02

写真かっちょいい!さいこー(笑)

楽しかったね! それに尽きる。
自分が楽しめる方法で楽しむ・・・それで良いなと思える今日この頃。



[2037] Re:走り収めのTSタカタ 投稿者 ぐ / MRRS : 2006年12月26日 23:21

>ハヤシくん
おお、残念・・・ブレーキってエア噛みとかかね?
まあ、ウチらもこっそり行ったからなあ・・・。
ひろせさんの掲示板で、ワタナベ組が行くのを
嗅ぎ付けたりして・・・。(笑)
ソレとは全く無関係に、随分前からこの日!って
決め打ちしてたんやけどね。次こそはご一緒しよう!

>TAKEさん
まあ、焦らずじっくりとって感じやねー。
僕なんかは、全然0.1秒削ってる感じないっすわ。
秒単位で上がっていく。(笑) まあソレなりのヘボ
タイムですが・・・。(苦笑)

そういう意味ではヒジョーに気楽なアタックである・・・。

>マツオカ君
おおっ。いい気合いだ!頑張れ若者!君なら出来る!
おじさんは、タカタは来年春までオヤスミじゃ。(笑)

舞洲で待ってるぞ~~!!!

>おりぐちさん
こちらこそー。楽しかったです。
おりぐち号、パワーを活かせば秒単位で上がりそうな雰囲気っすね。
ドリフトも激しかったようで?
舞洲では暴れ馬の様に感じるウチのクルマも、タカタの長いストレートでは
とてもヒヨッコに感じますわ。3速が長い長い・・・バルタイ間違えたっけって思う。(笑)

またご一緒しましょう!

>僕のクルマが綺麗だと言っているひろくんとあゆむ
君らの目はフシアナかー!!

雨で汚れたままで、この日はヒョウ柄だったぞ。(笑)
洗車する間がなかったのじゃ・・・。

>あゆむ
なんだかわからないけど、タイムは上がるよー・・・路面が良いのかなあ。
間が空くと、違いがさっぱりわからない。
未だに、正常に機能しているダンパーで走ったことがないタカタなので、
やっぱりまだまだ上がりしろだらけのような気がする。

最速を求めるならSなんだろうけどねー。
同じく、使う理由が無いとも言えるなあ。

>ワタナベさん
F1やカートを彷彿とさせる角度だそうです。(笑)

ホンマ楽しかった。



[2038] Re:走り収めのTSタカタ 投稿者 ハヤシ : 2006年12月27日 01:45

>おお、残念・・・ブレーキってエア噛みとかかね?

フルード全量交換したのが原因だと思うけど、マスターのピストン?の動きに違和感が出てきたんですよ。ペダルを「グーッ」って踏むと「グッグッググ」って変な引っかかりを感じる。放すときも同じく。僕にとってはかなり不安な感触なんだけどなー(笑



[2039] Re:走り収めのTSタカタ 投稿者 ぐ / MRRS : 2006年12月27日 03:50

あー。はいはい。ウチのも出たことがある。
ゴムが引っかかる感じやね。
クラッチのマスターやレリーズでもなったりするよ。

O/Hした後にその症状が出て、結局もう一回バラして
グリス塗ったか何かした気がする。
ハヤシ君のもO/H時期なんだと思うよ。
実害はほとんど無かったと思うけど、良い機会だから
O/Hかなあ~。安いモンだしね。部品で3千円ぐらいか。



[2040] Re:走り収めのTSタカタ 投稿者 アリバイ@タマトコ : 2006年12月27日 18:56

あのYZつかったんですかい?

やっぱりヌケヌケだった???



[2041] Re:走り収めのTSタカタ 投稿者 あゆむ : 2006年12月28日 00:24

フシアナではない。いわゆる写真のマジックというやつです
だって・・・つやつやに見えますぞ(笑)

他2台がソリッドカラーだから余計にそう見えるのかも?



[2042] Re:走り収めのTSタカタ 投稿者 ぐ / MRRS : 2006年12月30日 04:43

>アリくん
いや、アレじゃないよ。
○神さんに貰った年季の入ったヤツ。
一段落したら被せを移植して使ってみるつもり。

>あゆむ
縮小してるからあらが見えないんだなー。よし

http://mrrs.jp/IMG_7251-.jpg

もう悲しいぐらいきちゃなかった。
逆にワタナベさんのは光り輝いてた。

ちなみに、いつも洗車機にブチこんじゃってて
ろくに洗車した事がないけど、まあまあ綺麗…。(笑)



このページのトップへ
« 前の日記『 つれづれ 』 『 嗚呼年の瀬 』 次の日記 »
ロードスターでモータースポーツ&DIY / 当サイトは全ページリンクフリーです。 Copyright(c) Gussan / MRRS All Rights Reserved.
Since 2004 -10 visit : ,,