ロードスターでモータースポーツ&DIY 当サイトは全ページリンクフリーです
猛烈ロードスター ヘッダイメージ


【秋の気配の猛ドラ29★9月24日(土)開催】
満員御礼!ありがとうございました!(・ω<)ノ
詳しくは 猛ドラWEBにて!
猛ドラレポート集も参考にしてね(・ω<)(猛烈ロードスターレポート猛ドラ参加者レポートみんカラで猛ドラを検索


最新ブログ
16/07/13【やっぱ】MTE37とNDロードスターのホイール重量【軽い】 NEW
16/07/13【MTE37】第4弾ラスト放出&装着写真ギャラリー NEW
15/12/07いくぜ!マツ耐:マツダファンフェスタ2015岡国【速報編】 NEW
15/12/04いくぜ!マツ耐:マツダファンフェスタ2015岡国【前夜編】 NEW



協賛:タイヤガーデン豊中 ご来店時は猛烈ロードスターを見たとお告げくださいませ~。
 トップロードスターいろいろバックナンバー猛烈アンテナ
 猛ドラ「ぐ」の揮発つぶやきツイッターみんカラタイヤガーデン豊中

« 2007年04月 メイン 2007年06月 »

5月02日 『 ○神号を補強するの巻 』○神号を補強する。
5月04日 『 ロードスターのリアスクリーンを綺麗にする 』透き通るリアスクリーンをもう一度
5月07日 『 猛烈にうどんツアー2007 』初のうどんツアー。
5月10日 『 シートレストアキット完成!&オアシス出展決定! 』シートレストアキット、出来たよ~。
5月13日 『 オアシスロードスターミーティング2007 』ロードスターだらけ2007。
5月18日 『 久々に、つれづれ 』近況つれづれ
5月19日 『 写真つれづれ 』ロードスター界各地でデジイチ旋風
5月21日 『 クルマの写真色々 』写真アレコレ。
5月24日 『 マクドナルド24時間営業 』深夜のマクドへ行ってみる。
5月25日 『 猛練準備で突貫整備 』整備しすぎな五月の夜。
5月27日 『 アツい一日。猛練17 』暑かったし、アツかった。猛練17。

「○神号を補強するの巻」

07/05/02(水)

image

青いロードスター、みどりのロードスター、赤いロードスターに、ド派手なロードスターと、何がメインなのかわからない我がガレージ(小さい) 。降り注ぐ、周辺住民のアツい(痛い)眼差し。こないだ、何かの営業の人に「社長はおられますか」 と言われた。3.3m×6mガレージの主、ぐっさんですこんにちは。

と言うわけで、我らが隊長○神さんのJet’s号を、補強する事になった。

19年& 19万キロをモータースポーツメインで酷使してきたと言う恐るべき車体なので、 自然とレストア作業が発生する。しかし、完全初期型元年式(つるつるデフ装着車!)とは思えないコンディションとも言える。 錆は微々たるモノ。

ロールケージ取り付けステーの作成
○神さんから手渡されたL字ステー。うーん・・・結構硬い(3mm厚)けど、コレで補強はちょっと心許ない・・・。で、 友人が置いていった鉄板から三角を(ボルトンが)切り出し、溶接して強化する事に。

image

夜中で電動工具が使えない為、切り出し、塗装の剥離、全て手作業。頑張れボルトン! で、出来たのはこんなステー。

image 

きちゃない。(笑) 左ボルトン、右ワタシ。ボルトンの方が上手い・・・きぃぃっ! まあ、 見た目はともかくがっつり付いているのでヨシとしよう。

image
溶接部分の塗装を剥離

赤い○がロールケージで、この接触面を溶接止めする予定。上の部分はボディのサイドにボルト止め。効く・・・かな? ああした方が、 こうした方が、というのは山ほど出てくるんだけど、時間との兼ね合いもあるのでとりあえずコレで進める事に。

分解
あれよあれよと

image
バンパー撤去

image
フェンダー撤去

image 
ドア撤去

サイドバーや椅子も撤去、外せー!おりゃおりゃおりゃー

で、ガレージ前はエライことに。

image
散乱するJet’sと、ボルトンらしきもの

溶接補強は、一般的なスポット増し(に近いモノ)に加え、ちょっと新しい事もやってみる予定。

さて、コレでボディは強くなるのか?速くなるのか・・?は、○神さんが検証してくれるでしょう。



つづく・・・(最近つづくばっかりだな・・・)


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - ○神号を補強するの巻  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (4)  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「ロードスターのリアスクリーンを綺麗にする」

07/05/04(金)


※幌自体を綺麗にしたい方は以下も参照
「ロードスターの幌を綺麗にする」

image
見えない感じを表現してみる

ロードスターをレストアしてみる 続き。

ほとんどの人がこうなってしまうであろう、NAロードスターの見えないリアスクリーンを見えるようにしてみる。

image
こちら、無編集

後続車のライトはぼやーっとして、何が走っているかわからない状態。以前にみどり号でも、プレクサス等を試してみたが(こちらの記事) 結局なんだかもう一つ・・・という状態だった。しかし、まだ柔らいこれぐらいの状態なら、救える方法がわかった。(焼けて黄ばんでいたり、 完全に硬化して割れてしまっているモノは救えないのでご注意を)

わかったー!の経緯
「さーて、リアスクリーンでも綺麗にしてみるかー」と色々なケミカル(プレクサスやオートグリム)を使っていた所、 やはり以前のみどり号と同じく、もう一つ綺麗にならない。そして、リアスクリーンをよく見てみると、内側にブチルゴムが付着していた。 コレは除去せねばならん・・・と、キッチンペーパーにブレーキパーツクリーナーを吹きつけ、ごしごしと拭き取った。すると・・・ そこだけ妙に透明度が高い。アレ?となり、他の所もゴシゴシ・・・あ、なんか微妙に・・・綺麗になる。

そうか!と思いつき、こんなモノを用意。

image
ストレートで売ってた

ドリルにくっつけるバフスポンジ。数百円。コレに、超微粒子コンパウンドを付けて裏側から磨いてみる。

image

お!ちょっと透明度上がった。・・・と言うか、買ってきたバフが柔らかすぎて、全然磨けない。となれば・・・

image
ポリッシャー登場

コイツで、一気に片を付けるっ!!

で、半分磨いてみた。
 
image

おおおおおお。



めちゃめちゃ綺麗になった。後ろが見える!!

この調子でガンガン磨いて、外からも磨き、仕上げにプレクサスを使った。するとどうだろう・・・


image
内装の鉄板が写りこんでるけど、ピカピカ!!

image
中に置いてるプレクサスもはっきり

image
外が見えれば、内装もばっちり見える


クリアーな視界再び・・・欲しかったのはこのクリアーさだ!!(感動)


というわけで、まとめ
その1・スクリーンの汚れは、 実は水あかのようなモノである
なので、微粒子コンパウンド等で除去が可能。 手磨きでも十分綺麗に出来ると思う。ちなみにドリル用のバフを使う場合、 上の例ではふにゃふにゃの柔らかすぎるスポンジを使ったので上手くいかなかったが、もう少し硬めのスポンジを買えばバリバリ使えると思う。 ポリッシャーを入れるのはスペース的にちょっと大変。

その2・実は、 外側より内側の方が汚れている
外側は、案外洗車等で綺麗に保たれているらしく、 全く掃除しない内側にこっぴどく汚れがたまるらしい。内側の掃除で八割方綺麗になった。掃除するなら内側を徹底的に攻めよう。 (掃除しにくいけど)

その3・ コーティングは汚れを除去した最後に
プレクサスを使って「なんだかスッキリしない感じ」は、 結局汚れの上にコーティングしていたからだった。 綺麗になったリアスクリーンにプレクサスやオートグリムなどを使うと、 さらに一段ツヤと透明度が増す!! コレが本来の使い方だったワケだ。

注意点
・対象は、柔らかいけど曇って見えないリアスクリーン。
・硬化している物、変色している物は素材自体が劣化しているので施工不可。
・微粒子とは言え研磨なので、事前準備はしっかり行う事。(砂ホコリや大きな汚れの除去等)
・真冬の屋外などは、弾力のあるリアスクリーンでも割れるかも知れないので注意。
・自己責任にて施工のこと。


と言うわけで、消耗品であるロードスターのリアスクリーンだけど、汚れで見えなくなってるのは勿体ないので、ガシガシ復活させてあげよう。

幌、最終的なbefore、after
image
施工前

image
施工後

うーん、ビューティフォー。皆様もお試しアレ。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - ロードスターのリアスクリーンを綺麗にする  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (7)  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「猛烈にうどんツアー2007」

07/05/07(月)

image
Yasくん作成、遠足のしおり。バナナはおやつに入りません。

GW。ちゃけが遊びに来るのと合わせて、Yasくん達と四国うどんツアーへ行ってみた。僕、ヨメ様、Yasくん、姉さん、ちゃけの5人を、 我が家の移動要塞セレナにタコ詰めにして出発。7人乗りキャプテンシート仕様なので、6人までは割と快適だったりする。

混雑のど真ん中に正面突破をかけるという、我ながらダイナミックな試み。人混みと行列はこの世で五本の指に入るほどニガテだ。でも、 本場のうどんが食べてみたかった。

うどんアドバイザーYasくんの「開店時間に並ばずしてうどん食えるべからず」指導の元、AM6時集合& 出発としたが、案の定ちょっと寝坊した。言い訳だが、前日夜に「ちゃけ、NBターボ、GEN、わたし」という、 ある意味どうしようも無いメンツでファミレス雑談。濃い話は収拾がつくこともなく、 気が付くとAM1時半という失態を犯してしまったからだ!!

というわけで、ワタシに至っては寝ずに出発する羽目に。

image
明石海峡大橋

AM7時、明石海峡突入。

image 

うーん、眺めがよろしい。

途中のSAで、デカい卵に穴の開いた「希望への道」という謎のオブジェと遭遇。

image
合体してみた

反対側から、来客

image
声がぼわんぼわんして若干楽しい

果たしてコレが正規の利用方法なのか否かは、謎に包まれている。


AM9時、1店目である「山越うどん近くに到着。製麺所系のうどん屋としては最も有名な店との事。

が、さすがにGWの洗礼は凄まじかった。まず、駐車場に辿り着けない。列も既にとんでもない長さになっている。急遽「行列並ぶ組」と 「駐車場に入る組」と、軍を二つに分けて突破を試みた。

image
姉さんと二人で並ぶ

姉さんに任せて、ちょっと列を離れて写真を撮ってみる。

image

右を見ると

image

上空から見たイメージ図は

image

こんな感じ。元GSらしき所からいっこうに抜けられない。

結局、駐車場組が帰ってくるまでに1時間近くかかり、うどんをゲットするまでの時間は1時間半ぐらいだったか。 テーマパークのアトラクションに3時間並ぶとか理解できんとです!!(男泣)

image
猛烈な勢いもなくただ並び続けるチームうどん

そしてなんとか行列を突破し、うどん出現!!

image
ブレまくり

マシンガンのように製麺所から射出されるうどんの速さに大あわてで撮ったらぶれまくり。後で撮ればいいのに・・・。

メニューは、もう一人のうどんアドバイザーであるGENさんに習って、「釜玉うどん」「かけうどん×2」をヨメ様と二人で分けるプランとした。ちなみに、 何を頼んでも一杯100円とか150円とかで、激安。

image 

image
かけとかつけとか、間違ってるかも。(記憶が曖昧)

すごいコシ・・・ダシも美味い。うーん、美味!

image
一気に完食

しかし、あまりに混雑していて食べた気がしなかった事もあり、今度は空いてる時に来たいと思った次第。あと、二人で3玉は、 小とは言え多かった。既に満腹。欲張りすぎた・・・まだ次があるのに!!

image
とりあえず、制覇。

ちなみに、お土産売り場もこんな状況で

image 
超行列。

ちゃっちゃと次を目指す。店を出て行列を見ると、さらに伸びていた。

image

頑張るんだ、戦友達よ・・・。

道の駅滝宮で休憩
image
おー。鯉のぼりやー。

ふらふら散歩しながら雑談しつつ、GWっぽさを満喫。まったりと時間が流れる。

image
何故か体を張ったポージングを披露する姉さん。

そして、ココの名物?は

image
さぬきうどんアイス

うどんアイス。

危険な響き。3段階あるうどんアイス(さっぱりうどん、純こってり、超こってり)の、さっぱりにヨメ様が挑戦。ちなみに、純こってり& 超こってりには「チャレンジャー向け」と書いてあった。

image
毒が入ってないか!!

image
大胆かつセクシーに!!

image
微妙か!!??

「ふつうのバニラ・・・のような・・・」

ワタシも食べてみた。ふつうのバニラだった・・・かのように思えたが、たまに、道に迷って紛れ込んだかのように、うどんが出てくる

アイス作ってたら、中にうどん落としちゃったの。 フフッ

と、調理人のお嬢ちゃん(56歳)の声が聞こえたような気がした、うどんアイス。上級に行くに従ってバニラは薄くなり、 超こってりはほとんどうどんという噂なので、お立ち寄りの際はゼヒ挑戦していただきたい。

ヨメ様はこの後、お口直し?に別のソフトクリームなんぞも頂いて、さらに満腹に。ワタシの胃袋も未だに満腹。ああ、次が食べられない・・・。

おか泉へ
次に向かったのは「おか泉」で、 こちらは普通のお店(フルサービス)で最もメジャーな1店。

image

行列は

image

こんな感じで、並んでいる人数はそれほど多くないが、回転が悪いのでなかなか進まない。それでも、1時間はかからず店に入れた。

しかし、既に胃は満腹・・・何を頼むか散々悩んだが、残すのを覚悟で名物「冷天おろし」を頼んだ。あと、普通のうどんも激ウマとの事なので、 「ちびっこ(ぬるめ)」をみんなで食べる用に一つ頼んだ。まず出てきたのが、ちびっこ。

image 

普通の、なんの変哲も無い子供向けうどん。が、食べてビックリ

「な、なんじゃあこりゃああああ!!!(どどどど・・・)」

美味すぎる・・・特にダシ。こんな美味いダシ知らないよママ・・・。大きいの頼めば良かった。麺も最高に美味しい。全員で舌鼓を打つ。

そして出てきた、メインディナー。

image

贅沢に超でっかいえび天が二本どどーんと入って、892円。やっすいなあ。・・でも、もうお腹いっぱい・・とりあえず、食べよう。


・・・うっ



ピキーーン



image



こんな美味いうどん食ったこと無いぞー!!!(感動)



胃、限界だったにもかかわらず、最速で完食。

美味いダシ、美味い麺、超美味い天ぷら(海老なんてホントにプリプリ)、絞ったレモンと大根おろしに、ゴマやネギ、 ショウガなどの風味が加わり、想像を絶する極上のハーモニ~!!

・・・と、ワタクシのちゃちな文章力では書き表されない美味さであった・・・悶絶。

image

みんなの満腹もどこへやら、全員完食。ごちそうさまでした。



満足&満腹となった寝不足の男性陣は、この直後に撃沈。ヨメ様&姉さんに身を任せ、気が付くと淡路SAだった。運転を代わると・・・ GW名物の大渋滞に突入。なんだかんだで、休憩なども入れつつ帰りは5時間以上かかって帰宅した。

色々大変だったが、良い旅であった。また、うどん食べに行こうと思う。・・・今度は、混まない日に。



おわり。



「後日談」
冷天おろしが忘れられず、近くのお気に入りうどん屋「はなまるうどん」にて、冷天おろしレプリカを作成してみた。冷ぶっかけ (おろし&レモン付き)に、エビ天×2、かぼちゃ、芋、あと、ゴマを振りかければ近い物になる・・・かも知れない、と。

まずは上物をピックアップ。

エビ天・・・うーん、おか泉に比べるとかなり小さい。
カボチャ・・・おか泉に比べるとめちゃくちゃでかい。
芋・・・これもめちゃくちゃでかい。

よし、出来た。




image
なんだこりゃ


むちゃくちゃバランス悪い・・・。


普通に美味しかったけど、やはり別物。マネは良くないと学習。

ちなみに、ココはなまるうどんは、都会で食べられる安くて速くて美味しい、とても良いうどん屋。ワタシにうどんの美味さを教えてくれた店。 ココで食べるまで、うどん好きじゃ無かったんだなあ。個人的お勧めは「温玉牛肉ぶっかけ+野菜かき揚げ」なり。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 猛烈にうどんツアー2007  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (8)  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「シートレストアキット完成!&オアシス出展決定!」

07/05/10(木)

image
レストアキットがやってくる・・・。

ユアブランド発、ロードスター専用シートレストアキット。 5月13日(日)開催のオアシスロードスターミーティングにてお披露目。(開発スタート記事はこちら

で、き、た
ユアブランドの皆様と石田店長の頑張りにより、シートレストアキットがオアシスに間に合った。そして、 ショップブースとして出展する事になった。展示車両は真っ赤なロッソ号(作りかけ・・・)で、 良い目印となってくれるだろう。実際に張り替えたシートを装着して展示する。ワタシもテント付近でうろうろしていると思うので、 お気軽に声をかけていただきたい。

ちなみに、こちらのユアブランド新商品開発ストーリー (今後パスワード制になるとの事)でシートレストアキットが出来ていく様子が紹介されている。

出展シートその1
今回のオアシスでは、3セットの展示を予定している。見たことも無いレザーカラーバリエーション& ステッチ色のロードスター純正シートをご覧アレ。

まず、一つめは
「ブラックレザー&本革パンチングレザー(気穴付き/黒) レッドステッチ仕様」

image

高橋@works氏の提案から本革採用の検討が始まり、個人的にも強くお願いして実現した逸品。 本革の採用はユアブランドとしても初の試みとの事で、現段階では一応試作品扱い。若干(注意して見なければわからないレベル) のズレ等がある事をご理解の上ご覧頂きたい。

image
紛れもなく本革、気穴付きパンチングレザー

高価な本革を、重要な座面と背もたれのみに採用してコストを抑えた本革仕様。ちなみに、純正の本革シートも本革は表面だけ (裏面は合成レザー)だったりする。本物の気穴付き本革パンチングレザーを採用したロードスターの純正シートは、 まるで高級レカロシートのような佇まい。シブ過ぎる・・・。

image

貫通気穴の採用により、革特有のムレ感も軽減。若干滑り止めの効果もあるのかな? さすがは本革で、柔らかな肌触りも最高との事。 なんにせよ、シブイ、カッコイイから、エライのだ!!(熱弁) 予価は、通常価格 (2脚セット) にプラス2~3万円で実現出来そうとの事。

このシートは、ロッソ号に装着して展示する予定。実際に座っても頂ける。

出展シートその2
「マーブルブラウンレザー×センターダブルステッチ仕様」

image

純正とは違うセンターダブルステッチのパターンで、ひと味違うオトナのテイスト。茶色の配色も相まって、ホワイト系車両に似合いそう。

実はこのパターン、NCと同じだったりするが、このパターンはNC登場以前から製造されていたとの事。上品な感じでオシャレなり。

出展シートその3
image

これも純正とは違う縦ステッチ仕様に、Rリミテッドとほぼ同じボルドーレッドレザー&グレーレザーを組み合わせた個性的なシート。

という感じで、


image
以上3点を出展予定。

ご存じの通り、シートレストアキットはオーダーメイド製品なので、コレはあくまでほんの一例。導入予定の方は、無数のレザー色、ステッチ色、 2トーン、パターン変更等から、自分だけの理想のシートを創りだしていただきたい。

価格決定
ロードスター専用シートレストアキット(対象NA6/NA8ロードスター)
価格:
35,800円2脚セット
/税別/左右個別販売可)
基本仕様:合成レザー、 カラー選択可、2トーン可、ステッチ色指定可(以上全て追加料金無し)
オプション:
本革仕様(2脚セット+2~3万円を予定)、 パターン変更(縦ステッチ・センターダブルステッチ)

全張り替えとなるキットの為、専用の部品や工数が多く発生。通常製造しているシートカバーに比べてかなり手間暇がかかり、 製造時間のかかる商品で、シートカバーと全く同じ価格というわけにはいかなかったが、少しの価格アップに留めていただいた。 このクオリティの張り替えキットをこの価格で提供して貰えるユアブランドさんに感謝したい。そう・・・ NAロードスターに明日はあるぞ!! 綺麗に乗りたい純正派の光である。有り難や・・・。

詳細や購入方法は、近日ユアブランドWEBにて公開される予定なので、公開され次第こちらからもお伝えする予定。


オアシス特典
ユアブランドさんから、オアシスのみの特典を用意していただいた。

オアシス当日に限り29, 800円(2脚セット)
にて販売。

この価格は、かなり厳しいらしいのだけど、華々しいデビュー戦と言うことで頑張って頂いた。赤字なのかも知れない・・・。当日はレザーの色見本等も用意されるので、それらを眺めながらがっつり妄想しつつ・・・ 導入予定の方はこの機会をお見逃し無く!!

オアシスイベント
石田店長による、実演シート張り替えを実施!!

実際にレストアキットで張り替えられる様子を目で見て、自分でも出来るなあ~を実感していただけるイベント。当日は2~3回実施予定。 ワタシは横で、頑張る石田店長を横目に、偉そうに応援していようと思います。(いや、特にやる事が無くて・・ ・) 
もちろん、レストアキットにはわかりやすいマニュアルも添付されるとの事。



と言うわけで、オアシスまであと三日。皆様お楽しみに~。



P.S
再び読者の皆様にお願い。

シートレストアキットの記事にリンク協力してくれた皆様、及び、ぴーんと来た皆様。この記事 (シートレストアキット完成)を、またもや日記のネタにしてやって下さい。最初の記事に書いた通り、 ワタシ一人のブログで紹介して知れているので、皆さんと協力して多くの方に知って貰いたいのです。好評であればNB、 NCとラインナップも広がり、シフトブーツやサイドブレーキブーツなんかも出来ちゃうでしょう!!(ねえ、石田店長!)  みんなの声で商品が出来る。こういうの、
面白くないですか? ゼヒとも、日記のネタにしてやって下さい。 ヨロシクお願いします~。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - シートレストアキット完成!&オアシス出展決定!  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (14)  | トラックバック (9)
トラックバックURL:  

「オアシスロードスターミーティング2007」

07/05/13(日)

image
オアシスロードスターミーティング2007。 関西最大のロードスターミーティングである。今回は、純正シートの張り替えキットである、 シートレストアキットの開発に協力したユアブランドさんの出展のお手伝いも兼ねて参加する事になった。

オアシス前日。
色々と準備に走り回る。当日看板カーになるロッソ号は、フロントガラスのモールを剥いだままで、ガラスにも大きめの飛び石傷(放射状・ 2cmぐらい)があったので、板金屋のツテを紹介して貰ってガラス屋へ。モールの装着と、ヒビのリペアをお願いしようと。 フロントガラスもDIYで交換する気で居たので、モールや交換に必要な中のダム等、全部購入してあった。

image
全塗装の時に剥いだまま。ヒビの写真撮り忘れた・・・。

ちなみにガラスモールは、ガラスの接着剤と一緒に強力に接着されており、剥ぐ途中でチギれてしまい、手に負えなくなっていたのであった。

ぐ「このヒビ直りますかねえ?」
ガラス屋さん「残念ながら、複雑すぎて無理ですねえ・・・」

放射状に割れている場合は、施工中に割れてしまう可能性があって補修できないとの事だった。

ぐ「ガラスの在庫なんて無いですよねえ?」
ガラス屋「えーと・・・あ、中古が一枚ありますね」
ぐ「じゃあ、交換しちゃってください!」

と言うわけで、急遽フロントガラス交換。とても良心的な価格で即決。ガラス交換を任せている間に、阿吽さんのいるお店、関西マツダ千里店へ向かう。 お願いしていた純正パーツと、あるモノを受け取る為に。そのあるモノとは・・・

image
カッチョイー。STAGEさんの「EUNOS」が欲しかったんだけど、間に合わなかった・・・。

ディーラーで使っている本物の化粧プレートだ!今回のイベント用に提供して頂いた。いつもいつも、有り難うございます。 >阿吽さん

阿吽さん(こと、アノさん)の居る関西マツダ千里店、実は元SF千里(スポーツファクトリー千里・・・つまり、元マツダスピード!)。 ロードスターにもの凄く強いディーラ。SF千里時代からの優秀なメカニックも多数おられるとの事。ロードスター特有のトラブルにも強く、 ロードスターの中古車も多数扱っているので、これからロードスターやマツダ車を買おうと思ってる方にはイチオシのディーラー。 (ワタシが安心して出せるディーラは、近隣で知る限りはココだけ) 買った後も安心して任せられる。我々も凄くお世話になっていて (新車を買った人、中古車を買った人、電装トラブルでお世話になった人など・・)、純正部品の購入なんかも全てココのお世話になっている。 (通称アノ商会と呼んでいる(笑))

と言うわけで、無事部品とプレートをゲットして、ガラス交換の終わったロッソ号を引き取る。綺麗なガラスに新品モールで、実に引き締まる。 明日に備えてかるーく洗車。綺麗に塗装して磨きを入れたボディは、ワックスも何も無くてもバリバリと水を弾き、 ボディの上にタオルを滑らせるだけでピカピカと光り輝く。うーん・・・気分が良い。ホイールも拭き上げ、 滅多に使うことの無いアーマオールでタイヤも黒々とさせ、準備完了!

image
ピカピカじゃ。

AM7時には現地に入らなくてはいけないので、早々に就寝。

・・・するも、2時には目が覚める。嗚呼・・・遠足前の小学生・・・毎度の事。

オアシス当日
AM6時に合流し、AM7時前には現地に入った。

image 
がらーん

ある意味レアな、誰もいないオアシス。

image 
しーんと

テントや舞台もこれからという所。程なくして、ユアブランド店長一家と、テントを組み上げる。

image 
看板付き!

気合い十分の石田店長、看板まで用意する念の入れよう。
 
imageimage

実際に張り替えたシートとは、この日初めてのご対面。写真通りの素晴らしいカッコ良さに感動・・・コレが、 倉庫でホコリを被ってたボロい布シートだったかと思うと、感動もひとしお。で、GENさんにも手伝って貰って、その場でシートを装着。

image 
image

おおおー・・・やっぱカッコイイ!!  ハンドルも合わせたかのようにパンチグレザー&レッドステッチのナルディスポーツ。涎モノのコーディネート。 (笑)

僕も座ってみたが、みどりについている純正革シートのような硬さは無く、しっとりした感じ。どうも型のウレタン自体、違うのかもしれない。 みどり号の革シートが本来の硬さなのか怪しい所なのだけど、個人的には純正本革と布シートの中間ぐらいの硬さに感じた。

image
化粧プレート装着!
image
後ろ姿もバッチリ

関西マツダ千里店様から提供してもらった化粧プレートも装着し、準備完了!うーん、ロードスターが発表された時かのような佇まい。 首の細いメッキミラーに交換する間が無かったのが惜しまれる。(あと、マフラーがボロボロ)
image
こらち側のデモカーは赤が多いと言う事に気が付く

並み居るショップデモカーの中に、ドノーマル然としたロードスターが一台。(笑)

そして、気が付くと開演時間。

滝のようにロードスターが流れ込んできた。今年は365台集まったとの事。

image
必死で山に登った友人カワモトによる撮影

アップで見ると

image
全部ロードスター!!・・・友人が多数写りこんでいる。(笑)

今年もNA、NB、NC合わせて、多種多様なロードスターが山盛り集合した。見ているだけでも楽しい。

image
場内整理中、なんとなく浮かれてはしゃぐオッサン達の図。後ろの誘導の方と夢のコラボ。
そしてユアブランドブースにも、滝のように参加者が来店。
image
せっせとチラシ配りをするワタシの図
image
説明する石田店長
配っても配っても人が絶えない。店長、奥様、僕、ヨメ様、通りすがりの姉さん等でせっせと配って200枚以上。 参加者の半数ぐらいには行き渡ったかな。ロッソ号の周りにも、一日中常に人が居た感じで、かなり多くの人にシートを見て貰えたと思う。 ご来店ありがとうございました~。

オアシスつれづれ
この日は一日、ほとんどユアブランドブースに居たのだけど(ステージイベントに参加出来なかったのは残念・・・)、 ちょこっとだけ参加者スペースを歩いて回ったりもした。「オアシス歩けば知人に当たる」みたいな状況で、 随分輪も広がったなー・・・と。5年前、初めてヨメ様とオアシスで参加した時は、二人でポツーンとしていたな、と。自分から声をかけたり、 ロードスターのイベントに参加したり、ジムカーナ走行会に参加したりするウチに、どんどん知り合いが増え、楽しさも増していった。自分から、 ほんの少しの勇気を持って一歩踏み出せば、こんな世界が広がっているロードスターの世界。実に平和でハッピーだと思う。

そんなこんな、スナップ写真でつれづれと。

image
お散歩開始

image
山口からヨシヒロ&岡山のカトー参上。嬉しいので、とりあえずお相撲さんのようにバシバシ叩いておいた。

この辺で広島のハヤシとも遭遇。やはり嬉しさの余り、お相撲さんのように腕に無数の張り手をしておいた。その後は自粛しようと思った。

image
わっきん&Mitsuさん登場
image
あ、端っこに村上さん。

ステージイベントも大盛況。

image
りょおさん&娘さん登場。今年は下の娘さん。

image
石田店長によるシート張り替え実演

image
すっごい色のロードスター。ピンクメタリック?

オーナーさん「この色だけが取り柄なんで~」 全体的にもすごーく綺麗だった。

image
GENさん、出張ROMチューン。お、まいどyn君

image
Fさん、毎度のフリーマーケット。ちびトモも一緒に店番。

image
ケンさん&娘さん登場。娘さん、 一回りおっきくなった。

image
とりあえず、その場で追いかけるフリをするワタシ。毎年恒例にしよう。

image
ゆーちーくん発見。去年のオアシスぶりだなー。「ショップユーチー」を開店。自作パーツ等を販売。あまりの売り上げ(推定:数百円)に、 国税局から追われる事になるだろう。ヨシヒロ君が店じまい後、ナンバーステーを破格で購入していた。

image
相変わらず、気合いに満ちたヨシヒロ号@7Jマイナス15仕様。所々見られるガムテープに、○神号の流れを感じる一台。

image
カワイイ色のNBロードスター。ロードスターってホント、何色でも似合うなーと。

image
あ!このクルマは・・・「ロードスターのスタートページ」 の管理人さんのロードスターじゃないか。来られてたんだなあ。九州から遠路はるばる・・・片道700km!! 実は事前にメールでやりとりしていて、行くか悩んでいるとの事だった。しかもシートレストアキットが見たいから、と・・ ・有り難い事で。残念ながらお会いは出来なかったけど、またいつか。しかし、他にも名古屋や関東からも来られている方も多数居た模様・・・ そのバイタリティに感服。

image
ロッソ号・・・!? とウリ二つ、同じ赤(クラシックレッド)にパナスポというTOKIOさんのロードスター。 (ってProfileを見たら、TOKIOさんも九州なのね・・・) 実は、WEBでちょこちょこチェックしていた。 TOKIO号とそっくりになるんだろうな、と。(笑) ロッソ号のパナは車両購入時にオマケで付いてきたので、 成り行きであの姿になったんだけど。TOKIO号はWEBで見ていた通り、細部まで磨き上げられ、とても綺麗な車両であった。

image
お、コレは! ロード&スター誌のヨレヨレ (4040)号じゃないか。ヨレヨレという割に、コレも随分綺麗な・・・と言うか、みんなクルマ綺麗にしてるなあ。

image
貧馬一体。(笑)

image
いきなり始まるジュースジャンケン。ぐ、ヨメ様、ヨシヒロ、ハヤシ、カトー。負けるのは誰だ!!

って、残ったのはワタシとヨシヒロ・・・。

image
そしてすぐに負けるワタシ

image
家計に負担をかけ、怒られるワタシ

高いジュースだった。

そしてお昼休み。今年もお弁当は大盛況の売れ行き。

image
すごいなあ・・・。

そして今年も、お弁当を買い損ねた男が一人。

image
ヨシヒロに、弁当を半分貰うハヤシの図

ハヤシ、去年も分けて貰ってたよな・・・。

このころ○神さんが来て、 お弁当食べたらすぐにカートへ。この後、最後までほとんど顔を見なかった気がする。カートをしにきたのか・・・。(笑)

image
お昼も店長の張り替え実演。頑張る石田店長。

image
毎度、いさこちゃん(左のピンクのごっつい人)、 トガリ登場(おひさ)。いさこというにはごっつい。痩せたなあ。

image 
ウチのサイトを見て、一ヶ月前にロードスター乗りになったばかりという、初々しいGくん(左)と記念撮影。 後ろで思い思いにポージングする不埒な仲間達。わざわざ訪ねてきてくれた。有り難う。クルマはNA6の最終型で、平成5年式のマリナブルー・ ・・ワタナベさんと一緒じゃないか。 マリナブルーにはやけに速いヤツが多い、 と伝えてプレッシャーを与えておいた。とても程度の良いノーマル車両。猛練にもゼヒ遊びに来てね。新しい世界が待ってるぞ~。

写真が無いけど、鳥取のかぶさん、毎度おっちゃん (NBターボさん)、初対面のlinksさんや、 もはや有名人のナガヤスさん、 純正最速y_aさん、ウエダくん、ヤマグチさん、トリトンさん、RCOJの水落さん、島根のふなくん、 GENさん友人ヤマモトくん、奈良ののりすけくん、 四国の岡部さん(最後の抽選で凄いモノをゲット・・・羨ましい!)、VR-AのE.T.さん、村上モータースの村上さん、N1チャンプのたかはしさん、等々、 多数の方と会って話した。(覚えきれてないかも・・・)

ロッソ号は「なんだこれ!綺麗だな、新車か!?」と言われたり、「レストアガレージ"ぐ"のデモカーでしょ?」と、好評(?) を博していた。

image
オアシスも終わりかけの頃、カートに連れて行かれたパーティレーサートシユキが帰ってきた。

image
ステージも終盤。最後の抽選会が行われた。我々はかすりもせず・・・唯一GENさんだけが、NCロードスター開発主査、貴島さん特製? のワッペンをゲット。

image
人馬一体ワッペン!レアだなあ。

image
GENさん、喜ぶ。

オアシス閉幕
image
そしてオアシス閉幕。

一日晴天で、今年も大盛況なオアシスだった。毎年楽しい催しをしてくれる運営の皆様に感謝したい。

早速撤収を開始する。設営より撤収の方が早いのは、何処も同じらしく、すぐに完了した。

image
撤収中、店長ご子息のたくみくんをあやす姉さん。アンテナびよよーんがお気に入り。

最後に、レストアキットを作ってくれたユアブランドの石田店長夫妻に、ロッソ号に試乗していただいた。

image
満面の笑みで帰ってこられた。(笑)

とても楽しかったとの事。この勢いで、どうですか、一台。「腹ジャッキできる店長なら、メンテ費用は大してかからないですよ」 と伝えておいた。(笑)

image
奥VR-Aと、手前は・・・Vスペ?

閉会してからも、各地で記念撮影や雑談などが盛り上がる。前回より、かなり長いことみんな居た気がする。釣られて我々も、 ちょっと並べてみた。

image
NA、NB、NC。色とりどり、綺麗やねえ。

と言うわけで、またの再会を誓って解散。

一日動きまくって寝不足も相まって、帰りはオープンロードスターの助手席で、ドアの上に頭を乗せて寝てしまった。とてもとても充実した一日、 楽しかった。

それでは皆様、また来年。

オアシス、次回でついに10周年! 皆様、お疲れサンでした。


image
看板カー、ロッソ号もお疲れさん。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - オアシスロードスターミーティング2007  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (17)  | トラックバック (1)
トラックバックURL:  

「久々に、つれづれ」

07/05/18(金)

image 
Jet’sDHT搭載で1秒タイムアップ(嘘)

久々に、つれづれと脈略無く、駄文と写真。

書きかけてる日記が山盛りで若干頭痛。抱えてるネタと、アウトプットに要する時間が釣り合わない。二言三言ですませば、すぐ書けちゃうけど、 それじゃつまんないし。クルマイジりもそうだけど、妥協を知らないワタシはプロじゃなく。お陰で、 ○神号は3週間ぐらいウチのガレージにいるワケで。○神号は予想外のトラブルで苦しめられたりしながらも、 通りすがりな多数の人たちに手伝って貰ったり(手伝わせたりとも言う)しつつ、かなりあちこちの補修が完了出来た。○神号を説明するなら、 スカスカのジェンガの上で成り立っている感じの車両であり、 奇跡の速さだと思う。これなら、絶対調子よくなるハズ。あとはロッソ号のマフラーとデフ交換で、預かり仕事は一段落。長かった。

image 

トラブルは成長のきっかけで。何かトラブルが出たとき、毎回知識経験共にぐいっと成長する。で、今日は、東大阪の素晴らしさに触れた。 普通では手に入らないサイズのタップとダイスを買いに。そして、ガンダムみたいな大きさの機械を眺めつつ、工場が欲しい・・・と思った。 触れてはいけない世界かも知れない。お店の人たちも、なんだか同じ匂いのする、人柄の良さそうな人たちばかり。東大阪は良い街だ。 人工衛星が出来るぐらい良い街だ。鉄の塊とか鉄板もって東大阪をぐるぐる回ると自動車が出来ると聞いたが、確かにそんな気がする。

image
バチバチ花火君。(火花が綺麗)

ヨメ様のみどり号も綺麗にしたいし、バンパー割れててみっともない自分のクルマも直したいし、部屋も片付けたいし、ガレージも片付けたい。 4S徹底!と気分だけ叫んではみたものの、作業優先でガレージめちゃくちゃ。 散乱するパーツや工具をまたぎながら作業するワタシは作業効率大幅低下。友人に「泥棒に入られたみたいになっている」と言われる始末。 工具棚、開いたまま放置。明日片付けよう、そうしよう。ああ、超でっかいガレージ(家付き)欲しいなあ・・・。


今週末は、完成した○神号出庫、ロッソ号入庫(デフ&マフラ交換)、来週みどり号入庫(足修正、オイル交換)、自分のクルマはその先・・・ あ、ハードトップ号(バイク)もある。いや、猛練終わってからにしよう・・・。と、そんな今日この頃。「何もやる事が無くなって寂しい」 と言える日は、いつの日か・・・。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 久々に、つれづれ  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (4)  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「写真つれづれ」

07/05/19(土)

image 
なんか、カメラいっぱいあった頃。20Dが来て嬉しがって撮った04年11月の写真。

ロードスター界各地でデジイチ旋風が巻き起こっている・・・発端はやはりこの人、巨匠アールジャンパチーリ氏の影響だろう。精力的な活動に頭が下がる。 パチーリ氏のblogには、綺麗な写真がたくさん散りばめられている。さらには、映像界の巨匠Besson G/S氏まで進出。 あれだけ思いのこもった映像を創り上げる氏なら、写真でも無問題。現に、日記の写真はカッコイイ。FDもカッコイイ。

カッコイイ、と言うことは、つまり、エライという事です。」  (ぐ語録より引用)

身近では友蔵が30D、mistiuさんがKiss-X、Drift田中パパ(おめでとう!)も検討中、オガタさんはD80と凄い普及率。

ワタシはと言うと、最近限りなく記録写真野郎。クルマイジリのお供にも20Dであり、油の付いた手で握ってしまうのであり、 埃っぽい環境でLレンズ(17-40F4L)常用であり、そんな使い方してるオレって粋じゃーん!ではなく、 コンパクトを使うとピント合わなくてイライラするので結局こうなってしまう。で、なんだか使い込みすぎて調子の悪い20D。 たまにレリーズ反応しなくなったり、変なエラー(Er.99とか)出て止まるので、電池抜いて再起動!とかしている昨今。 調子の悪いOSみたいで悲しい。とりあえず、何処へ行くにも大体ワタシからぶら下がってはいる。

カメラのお手入れに関して聞かれたのだけど、基本何もせずに放置。やはり使ってナンボのカメラなので、ガシガシ撮って、 汚れが気になったら掃除で良いんじゃないかと。レンズクリーナー(クリーニング紙と目薬みたいな液)とブロワーぐらいは持っていて損はない。 こんな横着野郎でも、大事な撮影の前は使ってる。センサの掃除は、おっかなびっくりなので基本サービス持ち込み。だけど、 なかなか持っていく時間も取れず、青空に写り込みまくるゴミにがっくりしながら、いい加減自分でやろうと思い始めている。まあ、 厳密にはセンサ表面じゃなくて、ローパスフィルタだし。


えーと・・・何を書きたかったのか忘れてしまった。

とりあえず、みんな写真を楽しんでて、良いなーと思う今日この頃であります。

image 
影響されてそれっぽく加工してみるの図。○神号完成までの記録写真は530枚也。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 写真つれづれ  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (9)  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「クルマの写真色々」

07/05/21(月)

G/S氏のコメントで、そういえば丁度1年ほど前に○神号を撮ったなあと思い出し(○神BLOGのこの記事) 、こちらに載せてなかったのも思い出した。載せてみる。

image 
28mm(45mm) f/16 iso:400 25sec RAW

レンズは、EF28-105 F3.5-4.5 USM(普通のヤツ) この日は備北へ遊びに行った帰り。三脚持ってなかったので、 カメラを地面に置いて丁度良い構図になるよう、財布とか、小銭とか、鍵とかをレンズの下に突っ込んで調整して撮った写真。 (よく使う手法だったりする)

image 
28mm(45mm) f/14 iso:400 30sec RAW

友蔵HP10のリアスポを3脚代わりにして、また財布とか鍵とか・・・で、三脚化したHP10に何度も移動をお願いして撮った写真。

image 
70mm(112mm) f/20 iso:100 90sec RAW

こちらはケンさんのロードスター。良いレンズ(EF28-70 F2.8L)&外部レリーズ(長時間露光出来る)&ちゃんとした三脚 (カメラ逆さに付けて限界ローアングル化)を使ってマジメに撮った一枚。コレがきっかけでケンさんはカメラパパになってしまったので、 頑張った甲斐があった。(?)

image 
17mm(29mm) f/4 iso:3200 1/6sec RAW

割と最近撮った一枚。ヴェロシティレッドのRX-8。駐車してたのを撮っただけなので、構成は成り行き。ISO3200&広角で、 ごり押しの手撮り。成り行きながら、桜と街灯が綺麗で、納車に花を添えてくれた感じ。エイト、カッコイイねえ。

って、ところで、コレは誰のエイトなのか・・・その答えは来週の猛練で明らかに。

RAWの現像は、PhotoshopCSのCameraRawを主に利用。キヤノンのDPPは気まぐれで使ってみるけど、 なんだかもう一つな気がする。最近のレンズは、EF17-40 F4L。軽いし広いし綺麗だしで、お気に入り。

と言うわけで、コレというオチも無く・・・なんとなく写真の話が書きたくなった。(←影響されやすい)


体験走行プレゼント企画第二弾
告知: 今週末の猛練17(5/26 (土))に、「モータースポーツ走行経験ゼロの方」へ、季節はずれの猛烈サンタ (謎の人物)が、体験走行をプレゼント。

「応募条件」
・ジムカーナ及びサーキットの走行会・練習会・競技会等の走行経験が一度も無い事
・車種はロードスター限定(NA/NB/NC問わず。AT/MTも問わず。)
・猛練の参加規約・車両規約を満たす事(猛練WEB参照

条件に該当する希望者の方は、問い合わせから 「名前(年齢)、車種、熱い思い」をお書きの上、送信してください。2~3組程度まで受け付けます。応募多数の場合は(無いと思うけど) 抽選になりますゴメンなさい。定員になり次第締め切ります。参加決定した方は、当日参加誓約書にサインを戴きます。 (未成年の方は親権者の同意書が必要です) 体験内容は

・モータースポーツ初めての方向け講義
・定常円&スラローム走行体験、及び助手席同乗体験
・本コース走行体験3本程度、及び助手席同乗体験

先生役はサンタがやります。モータースポーツに興味のある方、この機会にゼヒどうぞー。


 


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - クルマの写真色々  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (5)  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「マクドナルド24時間営業」

07/05/24(木)

猛練の準備に追われている。毎晩の様にガレージにいる。へろへろ。メール滞っててごめんなさい・・・。

作業しまくりのAM2時頃、お腹が減った。そういえば、近くのマクドナルドが24時間になったらしい。歩いて行くにはちょっと遠いが、 少々音の大きなロードスターなので、この時間にエンジンをかけるのも気が引ける。と言うわけで、歩いて行く事にした。汚いツナギ姿のまま、 ガレージを出る。


てくてくてく・・・


マクド到着。


・・・で、どうやって注文するんだろう。入り口は締まってる。24時間は「ドライブスルーだけ」らしい。そうだったのか・・・盲点だった。 じゃあ、ドライブスルーしよう。





image 
徒歩スルーの図




ぐ:「テリヤキのセット。コーラで」
マクド:「かしこまりました。おクルマ前の方へどうぞー」


おクルマこと「ぐ」、前へ移動。

てくてくてく・・・






image
クルマが無い事を 確認されるの図。





マクド「・・・あの、おクルマは?」
ぐ「あ、徒歩です」
マクド「徒歩ですか・・・」
ぐ「はい」
マクド「あの、今回は良いんですけど、次回はおクルマで来てください」
ぐ「あ、ダメでしたか」
マクド「上から防犯上、そうしろと言われてまして・・・すいません」
ぐ「そうですかあ」


深夜のマクドは、クルマで行かなくてはいけないと言う事が確認できた。とりあえず、無事美味しいテリヤキマックバーガーが食べれたので、 ヨシとしよう。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - マクドナルド24時間営業  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (14)  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「猛練準備で突貫整備」

07/05/25(金)

猛練17のエントリーリスト発表されとりますモータースポーツ体験プレゼントはあと一名までOK、リミットは本日13:00まで。(詳細ココの下らへん

明日は猛練。天気予報は雨予報から晴れへ・・・ほぼ間違いなく晴れるであろう予報へ変わった。コレはやはり、あの、 太陽を呼ぶ男(別名、雨雲が逃げる男)が来るのだろうか・・?(まだ不明) 何はともあれ、 今回も色んなデビューがある猛練なので、晴れそうで凄く嬉しい。

○神ロードスター納車
怒濤の○神号補強&修理(修理やサビ取りの割合の方が多かった気もする)も終わり、先日納車。4/21に来て、5/19に納車だったので、 ほぼ一ヶ月やっていた事になる。長かった。作業レポートを書ける日は来るんだろうか・・・。納車前日には、 長い作業でホコリの溜まったボディを洗い流し、磨き傷だらけの年季の入ったボディに、簡単だけどバフ磨きをかけておいた。

image
施工前

image
施工後

ボディのコントラストが上がって、気持ちよし。カッティングシート山盛りの車両なのでコンパウンドは使わず、 オートグリムのスーパーレジンポリッシュを使った。コレ、簡単に綺麗になるので重宝してる。細かい塗装剥がれや羽石傷なんかも、 オリジナル調色したタッチペンで塗りまくった。

image
ピカピカ○神号

隊長、ご満悦で納車。晴れの猛練なら、補強の変化も感じ取れるハズ。同日、来客。

image
光り輝くヴェロシティレッドマイカ。

「クルマを所有したこともないのにMTのロードスターで普通に上手い男S田」(表紙を飾った猛練12) が、ついに愛車購入。孤高のロータリースポーツ、RX-8だっ!! お世話になったのはアノ商会こと関西マツダ千里店。

ある日猛練にお手伝いとして来て貰ってから何かに目覚め? ワタシのロードスターやヨメ様のロードスターを猛練でばんばん走らせ、さらに目覚め? こうなった・・・ のかも知れない。この日は車高を調整に。

image
小さなガレージにはぱつんぱつん。

乗り心地が結構キツいとの事。18インチの225-45(純正サイズなんだが・・・)なのも原因だろうけど、 どう見ても車高がちょっと低すぎる。で、レートを聞くと7-3kg。あー、バンプタッチかな? で、試しに15mmほどアップ。結果、 目を丸くするほどの劇的な乗り心地改善が出来た。やっぱりタッチしてたのね。 足はエクゼのチューナブルキット。ちなみに純正ホイール&タイヤ、22kgもあった。トルクの細いエイト、足の軽量化は効きそうだ・・・。

猛練17にてデビュー。楽しみ・・・運転するのが(よーし、お父さんエイト乗っちゃうぞー)

 image

途中からおっちゃん(NBターボさん)も来て、賑わうガレージ。

自分のロードスター
image 
なんか、久々に見た。

自分のクルマに着手。後ろがつかえているので、期限はほとんど無い。超突貫で行く。

image
ホイール変更:7J+35

ヨメ様から借りてた6.5J+35を返して、7J+35に。たまたまバリ物が安く手に入った。やはりサンナナが好き。 タイヤは使い回しで裏組。

image
MTオイル交換:オメガ690 75W90 FFSP

6速のオイル交換。前のオイルをかなり引っ張ったので、場つなぎでワコーズのMT-75を入れているけど、 コレでスポーツすると鉄粉山盛りは確認済みなので交換必須だった。今の所、6速でコレというオイルが無い。街乗りでフィールの良い物は、 モータースポーツで激しく鉄粉が出る。逆は、鉄粉は出ないが、街乗りのフィールは悪い。鉄と鉄が衝突するよなガチャガチャ感が出て、 ミッションにも悪そうなフィール。で、調べた限りで良さそうなオメガに換えてみた。すっごい高いんだけど、 高い6速を壊してからでは元も子もなので、奮発した。街乗りのフィールは、ちょっとびっくりした。コレは凄いかも・・・ 良い結果が出れば良いんだけど。

image
マフラー交換:二寸管

タックイン99のヒットマンから、二寸管へ。GENさんに貸して貰った。交換理由は「なんとなく使いたくなった」。

交換後、始動。「ボグオアッ!! ボオォォォォォォ・・・ ・」 ・・・・隊長に張り合えそうな音量。吹き飛ばされそうな排圧。重低音が凄い。抜け気味のヒットマンと比べても、差はデカイ。 ガレージでかけると、ガレージがエンクロージャーとなり、マフラー音のキャノン砲の様である。近隣の皆様ゴメンなさい。 だから歩いてマクド行ったんです。コレは、住宅街ばかりの都会では厳しい。勿論、純正触媒付きでコレ。

走ってみると、1500rpm以下トルクは落ちた感じ。が、それより上は全部イイ感じ。音質もヒジョーに気持ちが良い。 ヒジョーに気分が盛り上がる。まだ全開にしていない。楽しみ。GENさんは買い直したが、 僕も買い直そうとした。やはり、イイマフラーだと思う。ただし、街中での移動はサイレンサーがいると思う。イジったエンジンは特に。 (NA6だと静かなんだけど)

他、細々と
ベルト穴を正規の位置に。実は、○神号を見るまで、NA6キャッチの正しい取り付け位置を知らなかった。

image

NA8シートの、後ろににょーんと伸びるステーが付くところに付けていた。強度的には問題ないけど、角度はちょっと変。 カーペットをめくると・・・

image

正規の穴がある。ゴム蓋付き。

image
ちゃんとネジ型

image

フタを外して、カーペットちょこっと切って取り付け完了。

コレで・・・4点式が付けやすくなった!! 変な角度で付けにくかったのだ。

あと、ハンドルスペーサ変更。
image
20mm

image
40mm

手が短かく(足は長くない・・)、足に合わせるとハンドルが遠い。イイ感じのポジションに一歩近づいた。そうこうしてると、ふと気になった。

image
飛び出たオーディオ

過去ログを漁ると、2005年の2月頃付けて2年以上もこの位置で放置。 たまに、シフトチェンジでボタンに手が当たって、FM802のヒロTが語源の旅とかしゃべり出す。 語源の旅は好きなんだが、コレは良くない。良くないと思いつつ2年。どんだけ腰が重いのだと思いつつ・・・。

image
さっきハンドル付けた所なのに。

バラした。

すると

image
しわくちゃメータ

・・・・・・オー。

気になった。

果たして、いつからこの状態なんだろう・・・で、検索してみると、2006年の1月にはしわしわになっていた。 そこからさらに1年4ヶ月。見比べると、さらにしわしわになっている。ここまでシワが入ると、 針が引っかかってタコが4千回転で止まるのですよ明智君。光量ムラ改善パネルの案は煮詰まれど、 自分のクルマに腰の重いワタシは、1年半経っても動かなかった。さすがに、回らないタコではモータースポーツに支障を感じる様になった。 幸い、燃料計が丁度半分の位置を指している・・・

image
あーあ。

外した。光量ムラ改善パネルは、メーターパネルの神様が舞い降りた時に実行しよう。

image
新しく付けるメーターパネル。

AWD製のVersion CR4B。 コレ、いつ買ったのかメール履歴を漁ってみると、2005年7月だった。2年近いじゃないか。 ガレージの片隅で熟成させたメータパネルだ。たぶん、素晴らしい性能を発揮するハズ。

image 
今までありがとうメーターパネルさん。

これまた履歴を漁ってみると、2002年の3月に買っていた。5年以上も使ったらしい。長いことお疲れさま。随分縮んだねえ。

メータパネルの取り付けは細心を要する。パネルに手の脂とか付いたら拭き取り様がない。メータパネルにホコリとか載ってても、 常に目に入る部分なので気分が悪い。パネル取り付けネジは強く締めるとシワの原因になるので、 止まるギリギリの弱さで締め付ける。で、取り付け完了。カバーを仮付け

image 
針ストッパー付けないのが"ぐ"流。オンにしたときピコっとゼロまで動くのが楽しくて。

むううう!!! カッコイイ!! なんで2年も付けなかったのか!!!

勢いで分解したので針の位置がさっぱりわからない。燃料計は真ん中でOK。仮付けして、回転数はeマネのモニタで確認、速度はギヤ比・ タイヤ径・回転数から算出。何度が針を抜き差しして完成。

メーターカバーを本付けする前に、プレクサスで綺麗に掃除。魔が差して、手がちゃんと届かない内側も拭いてみたら、 やはりちゃんと届かずにムラムラの酷い仕上がりになってしまった。・・・・あーあー。常に視界に入る物なのに・・・

どうする、どうするオレ。(lifecard)



image image
切った。

勢いで、カット。もう、カッターナイフで無心に切れ込み。ある程度掘ったら、強引にバキリ。案外簡単に外れた。この作業、 一度挫折したんだけどな。勢いって大事。

内側も綺麗に拭き上げて、ブロワーでホコリも綺麗に飛ばして、ちゃんと装着。よし!!

image
でーきーたー。かっこいー!!

image
夜もシブイぞ!!

デワさん、カッチョイーパネルをありがとう。

で、オーディオも

image
限界ツライチ!!

素晴らしいツライチとなった。コレも切った貼ったの加工が少々。

ここまでバラしてるなら、アレ付けるのも簡単だよなあ・・・って、勢いでETCも付けた。勿論、エレクトロタップなんて使わず、 圧着端子を使ってバッチリ付けたので、結構時間を食う。こんなの、時間にタイトなお店では絶対出来ないので、個人作業の特権。 思いっきり綺麗に付けてやった。あと、フロントスタビを交換。19mm→20mm(Sスペ用)

以上、青号完成。買い物含めて17時間ぐらい。死ぬように睡眠。

続けてみどり号
翌日。みどり号着手。メニューは
・EGオイル&フィルタ交換
・足の修正

の予定。通勤で毎日バリバリ使うようになったみどり号。オイル全然変えてない。さすがにまずいかなーと、オイル交換。

image 
image

あれ、案外綺麗。なんでだろ。まあ、とりあえず変えよう。
 
image
MOTUL 300V POWER / 5W-40

交換オイルは、○神さんから譲って貰ったモチュール。高級オイルなんて、何年ぶりだろう・・・と思いつつ、コレで通勤使用での耐久性や、 フィーリングなどを見てみたかった。

で、ちゃっちゃと交換完了。と書くと簡単だが、タイヤ外しておかないといけないのに、ウマかけてから気付いて、一度降ろしてあげ直したり (夜中だからインパクト使えない)、フィルターを締め付ける時に、フィルターレンチとラチェットもろとも、 オイルがたっぷり入ったオイル受けへ落として泣きそうになったりしつつ、無事完了。「教訓:フィルター付ける時はオイル受けを避けとこう」  もう何年も自分でオイル交換してるけど、ガレージを一切汚さず完璧に交換出来る事は滅多に無い。リフト使ってた頃は良かったなあ・・・。

一晩放置して、フィルタも交換して、前だけウマに乗せて斜めでオイルを抜いたお陰か、エンジン内はオイルすっからかん。 4リッター全部入ってしまった。で、ふと脇を見ると・・・あ、クーラントが減っている。補充。

image
クーラント良し!!

すると、なんとなくプラグが気になった。

image
プラグの焼け良し!!

すると、プラグコードの接点が気になった。

image image
プラグコードの接点、コイルの接点良し!!

信頼と実績、フィリップスの接点クリーナーで全部磨いた。ロードスターは点火コイルの接点が腐食してたり真っ黒けになってる事が良くある。 みどりも何番か忘れたけど、ぐずぐずになってる端子があった。綿棒でごしごし。全部綺麗にした。ついでにプラグの頭も磨いた。 接点を綺麗に保つことは、「良い点火」に確実に効く。

すると、何となくエアフロが気になった。よし、掃除しよう!!

image
KURE エレクトロニッククリーナー

エアフロの掃除にブレーキパーツクリーナーを使ってはいけない。溶剤や洗浄力・揮発力が強すぎて、壊す恐れがある。 電子パーツクリーナーと言われる、揮発力の穏やかなクリーナが必要。

image image

エアフロを外して、試しに中を撮影してみる。(結構大変) 初公開?エアフロの奥。

image
清掃前

2本あるのは、ホットワイヤー(吸気流量測定)と吸気温度センサ。で、こいつにブシューっとクリーナーをかける。

image
清掃後・・・エアフロ良し!!

センサの模様がくっきり見えるようになった。悪くなる事は無いだろう。恐らく、10年一度も清掃してないハズ。青も近いウチにやって、 ちょっとした検証をしてみようと思う。

そうこうしていると、動きの渋いアクセルワイヤーが気になった。そういえば、こないだ新品ケーブル買ったんだよなあ・・・。

image
しゃあない、換えよう・・・。

場所が場所なのでちょっと大変。まあ、交換前提なら破壊するなり切ってしまえば良い。

image
アクセルワイヤー良し!! 新品ケーブル気持ち良し。

スムーズなアクセルペダルの動き、気分良し!!

すると、スロットルが気になった。

image
スロットル調整良し!!

調整。0.3mmでアイドル接点が切れるようにした。スロットル止めの当たり位置も微調整して、バタフライの張り付きを無くした。

全部組み立てて完成。エンジンルームだけで随分時間を食った。で、ボディを眺める。

image
くすんだサイドマーカー

うーん・・・コレも買ってあったんだよなあ。ボディ綺麗にしたら付けようと思ってたんだけど、イイや、つけちゃえ。

image
光り輝くサイドマーカー。

image
サイドマーカー良し!! ボディ汚し!!

ちなみにコレ、中古良品のNC用。数百円で買えた。唯一の?完全共通部品なのだね。

で、やっとこさ足に取りかかる。純正長の足を一人で外すのは、ちょっと大変。コツは掴んでいるので、なんとか出来るんだけど・・・ 時間はかかる。そして、全部取り出してバネを外そうとしたとき、トラブル発生。頭のナットが完全固着して、外せないダンパーが出た。 いくらインパクトをかけても供回り。うーん。

NBダンパーの頭は、六角レンチを刺して回り止めにし、メガネでナットを外すような構造になっている。その方法でトライ・・・・「・・ ぐりっ」 嫌な手応え・・・ああっ、ロッドの頭割れとるがな・・・(泣) インパクトで外れない物が、 ロッド先端ごときの鉄で支えられるハズも無く。

どうする・・・どうする・・・ええい、ロッドさえ回らなければ良い。バンプラバの上からバイスグリップでロック。・・・駄目。 何度やっても駄目。じゃあ・・・ロッドの一番上なんて、バンプラバに隠れて絶対使わないんだから・・・と、ロッドを直接噛ませた。 インパクト攻撃!!・・駄目。足で踏んづけるぐらい、思いっきりバイスをかける。駄目。何度やっても駄目。しまいには、 バイスのリリースに手が当たって凄い勢いでバチン!と解除、手を地面と挟んで強打。泣きそう。バイスの歯、平らになるし。 純正ダンパのロッド、信じられないぐらいの硬さ。これだけやっても傷一つ付かない。って感心してる場合じゃなく、 なんでこんな事になってるんだ・・・仕方ない、砕こう。

ストレートに走る。困ったときのストレート。ナットスプリッターを入手。

image 
ぐりぐり挟んでナットを割るのだ!!

そして

image
前から欲しかったおか持ちとか!!

勿論、色々と関係ない物まで買ってお金を落とす。

image 
歯が立たず。

ナットスプリッターでナットを砕こうとするが、皿付きのナットの為に皿の部分が砕けず、外れない。コレも駄目か・・・。

仕方ない、最後の手か・・・。

image
削って粉砕

サンダーで削る。

image
削る・・・

無心で削る・・・削る・・・アレ? ロッドまで到達してるような・・・ハンマーで殴る。外れた・・・。

image

やりすぎた。(涙) まあ、どちらにしろネジ山は助からなかったと思う。何か噛ませて上のネジ山を使えば良い。 ダイスで綺麗にネジ山を修正して完了。

image
得体の知れない金属になった

血と汗と涙のナット。原因はハッキリしないけど、恐らく締めすぎ。NBダンパ(ブッシュ)の締め付け具合、ちょっとわかりにくい。 気をつけよう。

幸い、他の3本はなんとも無かった。バラした所で下皿外しに取りかかる。

image
マイナスか何かでピンを打ち抜く。

image
皿をハンマーで叩く。

と、書くのは簡単。だが、さすがは純正品質。皿は接着されている。覚悟して叩こう。 叩くときの固定方法にも寄るが、写真のごっついハンマーで、全力で殴ってやっと少し動くような物だった。 気合いを入れて全力で叩くべし!!叩くべし!! ・・・4本やったら握力が・・・最後の方は、やはり半泣き。この時点で、ぶっ続け作業・・・ 10時間ぐらい(途中で一度帰って食事とかデスクワークとか挟みつつ)。

何とかバラせたので、ウエダパワーサービスさんへダンパーを持ち込み、 追加の溝切り加工をして貰う。初めて行ったけど、ワタナベさんトコ並の立地(住宅街)。中には、ハコスカ、スーパーセブン、 アルファロメオジュリア(かな?レース仕様だった)、S800、ルノーのレースカーらしきもの、トミーカイラZZ・・・とまあ、 レア車しかなかった。凄いトコだ。魅力的な加工装置もどっさり・・・タンスぐらいある旋盤が欲しい。溝切り加工って、 ダンパーまるごと旋盤に噛ませちゃうのね。

加工は一瞬で終わった。素晴らしく綺麗な溝が新設。コレで、純正Cリング式車高調のできあがり。お礼を言ってガレージへ。

image
ダンパーは汚いけど。

フロントは上げる方向に2本、リアは下げる方向に1本切って貰った。

image
上下のゴムをマジメに採寸。以前書いた、1枚5mmは間違い。下2.8mm、上3.5mmが正解。圧縮されてもうちょっと薄くなるかも。

で、組み付け・・・ようと皿を通すが、元の接着剤が引っかかって入らない。スクレイパーやらなんやらでガリガリ削る。 塗装も剥がれて金属剥き出し。防錆塗料を吹き付ける。そうこうしていると、S田ちゃん現る。 「もうちょっと上げたらどう変わるかな~と思って」

image

工具を貸して、ガレージ前で作業。結果は・・・「S田:超ラグジー・・・(にんまり)」 凄く良くなったらしい。

で、足を組み付けて作業完了。最後の方は意識朦朧。みどりは微妙なリア下がりになった。予定より、前が上がりすぎたが、 ヤバいぐらいのレスポンスは無くなって、自然になった。フロントは、バンプタッチまで15~20mm程度確保。これなら街乗りも安心。 コレで一度走らせてみて、方向性を考える事にしよう。乗り心地は、大して変化無し。やはりダンパーの特性みたい。 手で縮められないぐらいのダンパーだからなあ。

最後に暖機して、リニア化してから変な方向(暖まっても左端)向いてた水温計の針を修正。

image 
水温計良し!!

最後に、ISCVの補正もやって完了。

以上、 みどり号完成!!

間挟みつつ、24時間ぶっ通しだった。ワタシ、体力あるのかも・・・。

ちなみにみどり号、見た目はあまり良くない物の、機関は整備しまくっているお陰か絶好調。都会の通勤使用なのに、 リッター11kmも走ってる。びっくりした。シフトダウンの回転合わせ、ヒール&トゥも日常的にやっていてこの数値。スバラシー。

整備後に乗ったが、やはりスバラシーフィーリング。運転が楽しい。

さらに翌日
image

久々に青に乗ったら、リアから盛大な異音が出ていた。ロールケージが緩んでいる様なので増し締め。ロッソ号はデフ交換とマフラー交換・・・ の予定だったが、さすがに疲れも抜けずで断念。付け忘れていた助手席のベルトキャッチと、サンバイザーを付けて完了とした。 コレでやっと二人乗り。

ロッソ号、一応完成!!


と、こんな感じで猛練準備は完了した。長かった。(書くのも無茶苦茶長かった) 今回から、猛チャレでなくとも一応のクラス分けがされ、 昼のタイムアタックでクラス事の順位が決まる様になった。頭目指して頑張るぞぅ!エイトデビューのS田ちゃんが何処までいけるかも期待。 一応、NCより速いハズだからなあ・・・でもZ1て食わないという話。一皮剥けたヨメ様にも頑張って貰いたい所。 ハヤシやわっきんに何処まで食いつけるか?y_aさん(クラスアップM4)は流石に無理だろうなあ。まあ、 みどりがどう動くかわからないけど、前よりは良くなってるハズ。

今回、中部からR- Junkieのなかおさんが来てくれる。我らのホームコースでALTスペシャルのインプに乗らせて貰える。凄く楽しみ。さらには、 関東方面からもビックゲスト・・・言っちゃって良いのかな?
NAVI誌(二玄社) が猛練の取材に来ます。 遠路はるばる、副編集長の青木さんと、カメラマンのみねさんがNCで来られます。 誰か載っちゃうかも知れません。お楽しみに~。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 猛練準備で突貫整備  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (1)  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「アツい一日。猛練17」

07/05/27(日)

image 
クルマかたわらでのんびり。ミーティング風味。

と言うわけで、猛練17。中身が濃すぎてうまくまとめる事が出来ない。 どうしよう・・・うーん、写真でつれづれ、とりとめなく。ちなみに、自分の撮った写真はほぼ皆無で、Yasくんか、S田ちゃんか、 カワモトか、友蔵か、の写真(撮ってる人多すぎ)を好き勝手にトリミングして使っている。

ちなみに、サブタイトルでアツくて暑いと書いたが、去年の猛練10でも暑いしアツいと書いていた。 そして、この日もやはり僕は写真を撮っていない。デジャビュのようだ。暑い日は、きっと走りもアツくなるのだ・・・。

デビューな人たち
image
S田ちゃん、RX-8シェイクダウン!! タイヤはZ1。S田のポテンシャルや如何に!!

image
右、ちびトモ。当たってない所が無いぐらいのぐさぐさホワイトボディから、全塗装でリフレッシュデビュー!!(走行性能と関係なし)  プジョーの薄い水色メタリックで、すごく綺麗。姉さんのヴィッツピンク号とお揃いな雰囲気。

image
○神さん、ボディ補強デビュー。果たして効果は有るのか!?

image
オアシスで遊びに来てくれた、オーナーなりたてのG君。モータースポーツデビュー!! 体験プレゼントでの参加。

image 
チームあゆむスーパースターズ(あゆむ居なかったけど)の一員、りょおさん&どんちゃんと参加のけんちゃん、 モータースポーツデビューはセルシオだあああ!! ・・・違う、よく見ると左ハンドル・・・レクサス(逆輸入車)だ!!

image
同じくあゆむスーパースターズ、サワァさん。モータースポーツ初!! なのに、何故R1R・・・ホントに初なのかッ!?

image 
銀八さんも4輪モータースポーツデビュー。

という感じで、全く初の人やら、違いを楽しむ人やらでデビューいっぱい。ホント、晴れて良かった。

西と東から刺客!!
東の果てから、二玄社のNAVI誌 (副編集長青木さん&カメラマン峰さん)、そのちょっと手前の中部から、R-Junkie幹部(?)なかおさん&角さん、 西からは、RSガレージワタナベの店主ワタナベ組長という、 そうそうたるメンツが顔を揃えた。

image 
猛練幹部?(○神&ぐ) vs Junkie幹部?(なかお&角)の図。

image
峰さんのカメラに打ち抜かれる猛練幹部?の図。

image
事故渋滞で疲れながらも無事到着した組長と語り合うGENさんの図。

2007年度コース、タイムアタック
今回からコースが微修正された。これまでの基準タイムより上がったのか、下がったのかは微妙な所。 参加者のタイムやオフィシャルのタイムをまとめた感じ、恐らくほとんど変わっていない様子だが、タイムの振れが減ったのは間違いない。 というのは、タイムを急激に落としやすい箇所(一番奥のシケイン)がかなり楽になっている為、毎回 「これまでのベストに近いタイム」が出るようになっている感がある。 前回までの自分のベストは48秒9

今回の仕様は(大雑把に)
・エンジン:BP面研(1mm面研、排気カム) 約140ps
・制御:純正ECU(自作ROM)+Eマネ
・吸気:ノーマル(K&Nフィルタ)
・排気:マキシムエキマニ、純正触媒、二寸管
・足:バネ12-8kg(CRAFTZ)、YZダンパ、スタビ20- 11mm
・駆動:6速+4.3ファイナル
・タイヤ:AD07 205-50-15(裏組してきた
・ホイール:7J+35 スペーサ無し

赤文字が変更点。空気圧は、いつもより少し高めで2.1kgに合わせた。

今回は、お昼からタイムアタックの為、オフィシャルも頑張って走り込んでいた。ちょっと本気ムード。ワタシも頑張って走り込むが、 時間の都合上3本のみで、50秒、49秒5、49秒0。奥のシケインが綺麗に決まるので、 これまでのベストに近いタイムがポンと出るが、1コーナーの速度が上がって向きを変えるのが難しくなった。

まだダンパーの美味しい減衰は模索中で(ダンパー変えてから3回目ぐらい)、毎回減衰を変えながらの走行。 ブレーキング→ターンインの不安定さが課題で、その為にスタビを少し太く(19→20mm)してきたんだけど、相変わらずの様な気もする。 定常な島周り旋回も遅い気がする。悩んだ末にフロントの車高を上げる事に。ネジ部で4mm。減衰はF7、R5。

image 
猛練で車高調整するの、いつぶりだ?

大体、猛練の日は開催時に既に電池切れの為、滅多にやらない(やれない)のだけど、ちょっと頑張った。クラスはM1で、申請クラス上げ (本来M2)としている。

タイムアタック開始
image
あ、綴り間違ってら・・・まあいっか。

今回から各クラスのアタックで、オフィシャルも含めた走行とした。順序は大まかに過去の実績から逆ポール。初参加の方は一番前となる。 コレは、順に順にタイムが更新され、並んでいる後ろの(速い)人にプレッシャーを与えていくと言う、 魔のスターティンググリッドとなる。前の人が走るタイムを超えなければ勝てない。メンタル面の弱い人は、 タイムの流れるラジオを付けてはいけない。(笑)

image
洗車すらせず、フクピカで拭きもせず・・・きちゃない。(写真じゃわからないマジック)

タイムアタックでは、手堅く走ったのと緊張?の為、練習よりややタイムダウン。コレが実力か・・・。
1本目:49秒950
2本目:49秒656(ベスト)
となった。SW20のモモさん(50秒106)にも食われず、なんとかM1の頭に立てた。ももさんは、 どうもクルマの調子が悪かった様子。タービンもブローしてる様で、スタート時に後ろに居るワタシに前が見えなくなるほどの強烈な白煙攻撃。 オープンなので直撃。(笑) 新しい攻撃かー!!(たぶん違う) げほげほっ・・・。OHしたリアダンパーの具合も良くないらしい。

image
M2はyn78君で50秒850。 ついにネオバの本領発揮か。刺客Yas君は、すり減ったネオバが完全に終了していて2位(51秒756)。ハイコストな17インチ(ロードスター感覚) がお財布を直撃。16インチいっとく?(225-50-16とか・・・) 友人カワモト、1本目までは0. 06秒差でyn君に食いついていたが、その結果を知って緊張→2本目はとっちらかって自爆。ラジオを消すべし!!(笑)

image
M3はGENさんで51秒392。 セカンドグレードでEG6ネオバのだんちゃん(51秒560)に0.2秒の僅差で勝利。初クラス優勝オメデトウ!!

image
M4は、クラス上げされているコンフォート最速y_aさんで52秒662。エコタイヤで、 並み居るNA8セカンドグレード勢を蹴散らしてのトップ。しかし、2位の新星ハヤシも53秒041で0.4秒差まで迫って来ているので、気は抜けない。わっきんもその0. 2秒差と、ノーマル勢の激戦クラスとなっている。 ヨメ様はそこから1秒落ち。クルマが乗りにくいのもあって、仕方ないか・・・(後述)

image
Sクラスはnakさんが48秒921で制した。凄いランエボ・・・本格的な競技車両。 2位はNBターボさんで50秒218。 Sと言えど、リアだけでは分が悪かったか。

クラス外の○神さんは、47秒898と言う、次元の違うタイムで終了。

みどり号
image
離陸しそうな加速時のリア下がり

純ビルプロジェクトのテストも兼ねるみどり号。弱リア下がりで、フロントバンプタッチまで15~20mmとした。リアは30mmぐらい。 結果、ちょっと酷いロール感。初期のロールが速すぎて乗りにくい・・・うーん、こりゃ失敗。 1つ前の仕様の方が良かったっぽい。と、ヨメ様はいつも実験車両でアタックさせられている。(ゴメンなさい)

image
横転しそうな佇まい

フロントはバンプタッチ直前か、少しあててるぐらいの方が良いかも知れない。リアは、あと5~10mm下げた方が良いかも。 リアのプリロードがかなり減ってしまうので、その辺もどう出るか。今後も要改善の要テスト。アライメントも含めて吟味していこう。 もらい物の足で、結構長いこと遊べている。足以外は、文句なしに凄く良い。綺麗に吹けるエンジン、スコスコ入る5速ミッション。 やっぱりNAは・・・シリーズ2が良い。(コストダウンも凄いけど)

二名乗車で、頑張って乗って52秒5ぐらいだったと思う。(タイヤはS-DRIVE)

体験走行プレゼント
image
出走前のG君

image
ラクティスのNさん

体験走行にはG君と、前回初参加だったNさんが参加した。初の人のみ、と言う事だったが、あまり居なかったので、 前回初のNさんも入っていただいた。スラローム&定常円、本コース3本を体験。ついでに、ワタシのクルマでの定常円も体験して貰った。 ネオバを煙に変換しつつ・・・大サービス!

image
ゴール前でお釣りを食らって草地に落ちるG君

お二方とも大変楽しんでいただけた様子で、何よりだった。

見学に来ていたMitsuさん等も交えて話をいていたんだけど、近くに居たハヤシやわっきんも含めて、 皆猛練から4輪モータースポーツデビューしているなーという話になり。初心者の門扉としての役目は果たせているのかも。(ただ、 キャパが無い・・・)

武者修行
今回も人のクルマでアタック。そして、恐れ多くもなかおさんのインプでアタックさせていただいた。

image 
後ろに立ってるのはおっちゃんです。おっちゃんの真っ赤なパラソルは消しました。 (笑)

オートランド作手最速を目指してクルマ作りされている車両。(詳しくはR-Junkie分室EALT最速への道」参照)  タイヤは街乗り用という01R。「今日はぐっさんに乗って貰うのが目的だから」 と言われてしまった以上、乗らないワケにも行かない。というか、ワタシ如きの為に静岡から来て貰って、大変恐縮・・・。

富士五湖の合宿で「インプに乗れば言いたい事が分かる」と言われ、その後の作手決戦で乗らせて貰えそうな機会はあったものの、 自分のクルマすら思いっきりいけない作手なのに、人のクルマでいけるハズも無く、壊してしまってはアレなので辞退。そんな時に、 わざわざ猛練まで持ってきて貰って、感謝感激、ヒデキ感激!!!(ヒデキに特に意味はない) 我らが「ホームコース」 である猛練本コースで、喜び勇んでアタックさせて戴いた。ちなみに、 四駆ターボなんてまともに乗ったことは無いし、乗れた事も無い。FFも乗れない。FR・・・ と言うか、ロードスター以外はサッパリ・・・だと思う。

なかおインプの経験者であるワタナベ組長に、どんな感じか聞いてみる。

ワタナベ「馬じゃ。馬がいっぱいおるんじゃ!!どーんっていって、ぐって止まって、どかーんじゃ!! (笑)

何もわからん。(涙)

スラローム
油温を上げる為と、感触を掴むためにスラロームに持ち込む。

アクセルオン!・・・しゅぅぅしゅごおおおッッ!!! プシャー!! しゅごおおおッッ!!! プシャー!! 

・・・・・

馬じゃ!!!馬がいっぱいじゃ!! (組長の発言を理解する)

冗談みたいな加速&トラクション。思わず笑ってしまう。スラロームに入る・・・曲がる!!! 違和感なくスラローム出来てしまう。何だこりゃ・・・奥まで行ってブレーキ&ターン・・・止まらない・・・ロック?アレ? タイヤの情報がわかりにくい。その辺をフラフラ歩いていたカワモトを横に乗せ、さらに2,3本。やっぱり、思わず二人とも笑ってしまう。

すげー。

すげー。

カルチャーショック。この加速と旋回性能、反則ですよ兄さん・・・。

本コースアタック
暖まった所で本コースへ。いつも通りのFRっぽいスタートで行く。たぶん、もっと高回転でミート時間短くしても、 このトラクションなら加速できるんだろうなあと思いつつ。

気持ちを落ち着けて・・・スタート。ロードスターと同じように走らせるつもりで行く。

1速・・・2速・・・3速・・・

気持ちの良い胸の空くような加速に身をゆだね、1コーナーを通り過ぎる。ブレーキのわかりにくさと、 あまりの加速でロードスターと同じブレーキングポイントでは止まれなかった。コレが猛練でホント良かった。TSタカタや作手なら、 まっすぐ刺さってるんじゃ無いのか・・・。この辺の失敗を許容するのが猛練の安心感。クルマの感触を確かめながら、そそくさと戻る。

気を取り直して2本目。スタート!! ブレーキングポイント気をつけて・・・んんんん、すっごい曲がるのに、リアは出ないし、前へ行く。 こりゃ凄い。クルマに上手く合わせられず、ミスした所も多々あったが、ぐいぐい走って、48秒6なんじゃそりゃ!! 速すぎ。

帰って感想を伝えていると、上手い具合に○神さん登場。で、早速○神ドライブ。さすがは、笑顔の鬼神○神、 1本目できっちり合わせて48秒4

○神「もう1本良い?(えがおで)」

さらに合わせて・・・47秒6

○神号をも抜き去る、本日ぶっちぎりの1番時計。「お、お、オレももう1本ー!!」と言いそうになったが、 終わりが無くなりそうなので止めておいた・・・。

感想
乗りやすくて速いクルマとはこういう事か、と、カルチャーショックを受けた。作る人が作ると、こういう四駆ターボが出来るんだなあ・・・。 「止まる」に関してだけ、ちょっと難しい面があるものの、「曲がる」と「前に出す」に関しては無敵とも感じる。速いのに、安心感がある。 四駆ターボにまともに乗ったことの無い人間(ワタシ)が、ひょひょいと乗れてしまうフトコロの広さ。TSタカタで、 ワタナベさんが乗れた意味が分かった気がした。まとめるなら「ロードスターの旋回性能に四駆の加速とトラクション」か・・・この日の猛練で、 ○神号以上に速い最速の車両だったのは間違いない。

「覚えてる限りの本コースインプレ」
1コーナーは、ブレーキングポイントさえ間違えなければ普通に入っていける。リアが破綻する感じも無い。 次のシケインも少ない舵角とアクセルオフのみで「くっ、くっ」と鼻が入る。島の旋回は、FR的な円旋回をさせたけど、 フロントが少しわかりにくくて、アンダーなのかぼんやり。もっと踏んでハンドル切っても良かったのか? (この辺で四駆的な乗り方が必要なのか・・?) 1本パイロンの周りはうねりだらけなので、クルマが飛びやすいけど、 なかおインプは違和感無く踏んでいける。足が良いんだと思う。4本パイロンの小さなターンもぐいぐい鼻が入ってFR的。 最初の2本過ぎて次の2本まではワープのような加速。ロードスターはココで乱れる。後はゴールまで一直線。1速のフル加速は速すぎてビビる。 と言う感じ。


なかおさんの伝えたかった事が少し理解出来た気がする、有り難ーい経験だった。なかおさん、ホントに有り難う。

この経験、かなりの自信に繋がった。人のクルマでも、今なら(そこそこ)乗れそうな気がする。以下の、 毎回とんでもない怪物車両に乗らせてくれるおっちゃんのお陰もある。(笑)

NBターボ号試乗
image
推定300馬力。4連スロットル&ターボ&FDミッション搭載のおっちゃんロードスター。 組長とのんびり談笑中。

前回は走る絶叫アトラクションと化していたおっちゃん号。 常人では乗りこなせないカミソリマスィーンであったが、今回はどうか。 バランスを取るためにリアにSタイヤを付けての参加。

おっちゃんタイム:49秒5
○神:49秒0

早速試乗。んんん・・・割と普通に乗れる!が、やっぱり速いなあ・・・難しい・・・。なかお号と違って、 かなり危うい加速。うっかり舵が入っていようものなら、 一瞬でリアがフロントを追い越して飛んでいく様な不安定さを抱えている。あと、ちょーっとアンダー強いかなあ・・・タイヤはこのまま、 前を下げたい。加速→アクセルオフのターンで前が降りてこない感じ。ブレーキ入れれば良かったと、走り終わってから気付く。

1本走って、2本走って・・・んんんんもう1本!!・・・あぁぁぁ・・・泣きのもう1本!!で、頑張って頑張って50秒0でしたとさ・・・乗りこなせましぇん。(涙)

S田RX-8試乗
image
全く見えないが、4人乗っている。

S田ちゃんのRX-8に試乗。タイヤはZ1の225。足はエクゼのチューナブルキット。S田タイム52秒8。さあ、何処まで行くか・・・!!  4人乗りで!!

助手席S田、後部座席Yas&ハヤシの推定約180kgのウェイトを載せて走ってみた。4人でメットを被り、 ベルトを締める様はとても滑稽。

スタート!「しゅぃぃぃぃぃいいいん!!」おお、NAロータリー・・・9000rpmまできっちり回してシフト!気持ちいい!2速・・・ 9000rpm・・・で、1コーナー届いてしまった。計算上約110km/hなので、そんなものか。一人なら3速入るかな?5. 1ファイナル組みたくなるギヤ比だ。あ、無いのか・・・じゃ、4.777。

ごりごり攻める・・・ん、なんか失速感・・・あれ?また失速感・・・あー!DSC(Dynamic Stability Control)か!! 流石最新電子デバイス。きっちりと、乱れそうな手前で抑制してくる。 大したモンだー・・・けど、スポーツ走行には邪魔だぁぁぁ~!!で、52秒・・・いくつだったかな。

と言うわけで、DSC完全カット。(ボタンを7秒ぐらい長押しすると切れる)

2本目スタート。おー。普通になった。ごりごり攻める・・・んんん、きっちり鼻が入るのに、高いリアのスタビリティ・・・ (4人乗ってるからかも知れないが・・・) NCでも感じたリアの安定性、トラクション。こうやって突きつけられると、ちょっと悲しくなる。 (笑) 凄く乗りやすい!タイムは51秒4。後ろの二人は、ひたすら遊園地のアトラクション状態で、 すごく楽しかったらしい。こうしてエイトは、 きっちり4人乗れるスポーツカーだという事が証明された(意味が少し違う気もする)

ロードスターで2名乗車だと0.5秒ぐらい落ちるので、単純に計算しても一人なら50秒は切れる・・・か?DSCは、 街乗り一般ユーザー向けに頼もしい。特に、雨の日は有効だろうなあ。モータースポーツでは切った方が良い。

G君のノーマルNA6試乗
image

体験走行にて。ビスカスで定常円は無理だった。内輪が煙になってしまう。スラロームと本コースも走ってみたが、NA6のブレーキ (純正パッド)、初めて乗ったけど、ホントに効かない・・・鉄板蹴ってる様な感覚。コレに慣れてれば問題無いんだろうけど、 ブレーキアシストはこのままで、もう少し効くパッドが欲しいなあ。

NAVI取材
青木さんとみねさんも、あちこちで頑張っておられた。ワタシも何か、随分色々と喋った気がする・・・。

image
ピカピカ全塗したてがきっかけで取材を受けるちびトモ。

image
お、純正最速y_aさんも取材。

image
ハヤシー!!! なんか、カッコイイじゃないか。

image 
モータースポーツの今後について語り合うの図。舞洲が今後も存続します様に・・・。

image
友人カワモト、10年近く愛読しているNAVI誌のお二人と会い感動する。ワタナベさん、○神さんも交えて記念写真。

image
さらには、みねさんを捕まえて写真を撮らせるカワモト。(みねさん、お手数かけます・・・)

image
NAVI、次の取材地へ向けて出発。お疲れ様でした!!

さあ、誰がどんな風に載ってしまうのか・・・。

ワタナベテスト
image
組長試乗するの図

スペシャルゲストの組長に、実際に乗ってテストして貰った。周りからは「コレが噂の仏壇ヘルメット・・・」と、好評であった。 ワタシのクルマに関して

・エンジン文句なし!一番上まで綺麗に吹ける。コレで何か不満?
・路面が悪すぎ。
・足のバランスは、悪くないと思うけど?

と言うわけで、総じて悪くないらしく、意外。欲しいのは、後ろの安定感なんだけど、タイヤの割に高望みしすぎなのか・・・?

自分アタック
ベストを更新すべく、自分でも色々試行錯誤。お昼過ぎに3本ほど走って、49秒ちょっと。49秒は切れない。 このときも毎回減衰は変えている。

ワタナベさんに乗って貰った後に、最後に一発!と減衰を変えてアタック。前後とも7へ。

・1本目 お、乗りやすい・・・コレだ!! 49秒ちょっと
・2本目 49秒0
・3本目 ラスト一本! 48秒7!。   ・・・・8秒台出せたぁぁぁ・・・。

image
魂抜けるの図

アタックは、やはり気合いが大事。で、その気合いは続かない・・・3本がやっと。一発では出ないなあ・・・。

image
強制的におめでとうを言わせるの図

ブレーキからのターンに不安感が強いのだけど、パッドも含めて考査の余地がありそう。足は有り物(バネ・スタビ) でまだまだ考査の余地もあり、終わることは無い。エンジンは、当分このままで良いか。オイル漏れてるんだけどなあ・・・。

他色々
image
お掃除

今年度から、掃除の徹底が義務づけられたので、参加者の皆様にもお願いして掃除して貰っているの図。最後にオフィシャルも掃除している。 貴重な場所なので、みんなで綺麗に使って、長く続けられるようにしていきたい。

image
まったりあゆむスーパースターズの図。

りょおさん、相変わらずミッション不調で2速入らず、3本走ってどんちゃん号へチェンジ。たった3本なのに49秒1とは、大した物・・・ 常時8秒台が出そうなポテンシャル、恐るべし。

image
テント内でダイナミックに撃沈するYas君の図。オフィシャルは寝不足な人ばかりなので、お昼過ぎには大体電池が切れる。 もうちょっと体力付けないとなーと思う。(自分) 走行に集中できないの・・・。

image
Yas君復活!!(?)

image
○神同乗の図。横はわっきんかな? 

○神ベストは47秒8で、 ネオバでの自己ベストを更新。ボディ補強は体感出来たらしく、乗りやすくなっているとの事。特性が変わったから、車高を調整・・・ どれぐらい変えたの?と聞くと

○神「フロントを1/4巻。1/2と悩んだんだけどなあ~。1/4で丁度良かったよ。」

1/4巻って、2mmピッチでも0.5mmぐらいなんですけど・・・ワタシ、5mm単位ぐらいでしか違いが分かりません・・・。

image 
閉会式近くに来たボルトンと戯れる。

image
○神さんにからみつくボルトン。

image
ワタナベさんに自己紹介するボルトン。

image
すっかり日も暮れて、撤収完了。

image
帰り際のワタナベさんと、色々話す。運営について色々。

そんなこんなで、猛練17はお開きとなった。濃すぎる一日、書ききれず・・・ご静聴ありがとうございました。

と言うわけで、参加者の皆様、お疲れさまでした~。次回は9月の予定で、随分あいちゃいます。 (借りれたら良いんだけどなあ・・・) 次回の猛練18で、冒頭で書いた猛練10の記事から、約1年。と言うことは、 次回「GEN vs ボルトン」再び、か・・・?(この1年で速くなったか?ボルトンよ) いや、 GENさんもうかなり速いから・・・。(別の誰かをぶつけるか)

オフィシャル:基本コースベストタイム(カッコ内は前回からの比較)
○神:47秒8(-0.5)
ぐ:48秒7(-0.2)
GEN:50秒3(-0.2)
Yas:51秒280(アコード)(-0.5)
Yas:51秒609(ピンク号:2名乗車)
友蔵:52秒385
ぐ:52秒5(みどり号:2名乗車)
S田:52秒806
ヨメ様:53秒519(+0.2:前回01R)
姉さん:54秒1
トモ:58秒4

image


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - アツい一日。猛練17  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (16)  | トラックバック (1)
トラックバックURL:  


« 2007年04月 メイン 2007年06月 »



【秋の気配の猛ドラ29★9月24日(土)開催】
満員御礼!ありがとうございました!(・ω<)ノ
詳しくは 猛ドラWEBにて!
猛ドラレポート集も参考にしてね(・ω<)(猛烈ロードスターレポート猛ドラ参加者レポートみんカラで猛ドラを検索


最新ブログ
16/07/13【やっぱ】MTE37とNDロードスターのホイール重量【軽い】 NEW
16/07/13【MTE37】第4弾ラスト放出&装着写真ギャラリー NEW
15/12/07いくぜ!マツ耐:マツダファンフェスタ2015岡国【速報編】 NEW
15/12/04いくぜ!マツ耐:マツダファンフェスタ2015岡国【前夜編】 NEW



協賛:タイヤガーデン豊中 ご来店時は猛烈ロードスターを見たとお告げくださいませ~。
 トップロードスターいろいろバックナンバー猛烈アンテナ
 猛ドラ「ぐ」の揮発つぶやきツイッターみんカラタイヤガーデン豊中
ロードスターでモータースポーツ&DIY / 当サイトは全ページリンクフリーです。 Copyright(c) Gussan / MRRS All Rights Reserved.
Since 2004 -10 visit : ,,