ロードスターでモータースポーツ&DIY 当サイトは全ページリンクフリーです
猛烈ロードスター ヘッダイメージ


【秋の気配の猛ドラ29★9月24日(土)開催】
満員御礼!ありがとうございました!(・ω<)ノ
詳しくは 猛ドラWEBにて!
猛ドラレポート集も参考にしてね(・ω<)(猛烈ロードスターレポート猛ドラ参加者レポートみんカラで猛ドラを検索


最新ブログ
16/07/13【やっぱ】MTE37とNDロードスターのホイール重量【軽い】 NEW
16/07/13【MTE37】第4弾ラスト放出&装着写真ギャラリー NEW
15/12/07いくぜ!マツ耐:マツダファンフェスタ2015岡国【速報編】 NEW
15/12/04いくぜ!マツ耐:マツダファンフェスタ2015岡国【前夜編】 NEW



協賛:タイヤガーデン豊中 ご来店時は猛烈ロードスターを見たとお告げくださいませ~。
 トップロードスターいろいろバックナンバー猛烈アンテナ
 猛ドラ「ぐ」の揮発つぶやきツイッターみんカラタイヤガーデン豊中

« 前の日記 「 つれづれ結婚式 」 「 ギヤ比とトルクのオイシイ関係 」 次の日記 »
このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - ロードスター:バルタイ  Check

「 ロードスター:バルタイ 」

07/10/17(水)
Comment 2   |  TrackBack 0

ロードスターBP
GENさん謹製ヘッドカバー付きGENさん作ヘッド(つまりは全部GENさん作って事だな)

今日は、僕が苦手なエンジン関係の話。3話ぐらい続く予定。

ウチのBPエンジンは、1mm面研、排気カムインテーク側流用で、コストパフォーマンス重視のお手軽仕様。 ヘッドはO/Hに加えてポートの段付き修正と燃焼室の段付き修正も行っている。腰下は11万キロ走行でO/H無し。 オイルパンからオイル漏れ仕様。

このヘッドの製作はメカ師匠(メカの師匠であってGENさんがメカではない) であるGENさんによるモノで、その後のセッティングは自分でやってきた。ヘッドチューンの経緯に関しては、 約2年前のこの記事にまとめリンク有り。 もう2年もなるのか・・・早いなあ。初のTSタカタ走行に向けて、必死で準備していた2年前だった。と言うか、 知らぬ間にサイト開設から3年経ってた・・・そろそろまとめなきゃ。

・・で、今使ってるエンジンの特性をどどんと公開。 (プリントしたのをスキャンしたのでちょいと見にくいです)

バルタイ:102-105
ロードスター:バルタイ102-105 
水色がトルク、赤が計測馬力、緑が修正馬力

ロードスター:バルタイ102-105

2006年4月のシャシダイデータ。ローラーが滑ったのか、回転数がうまくとれていないのでその辺は参考程度に。 実際は7600rpmまで回してある。トルク特性はこんな感じと思って貰えば良いと思う。バルタイは102-105。 バルタイの数値は目安でしかないので(基準の取り方次第でズレる)、参考にしかならないけど、こんな感じ。真冬はまともにアイドルしない (とか書くと、非常にカッコイイ気がする)ので、Eマネでアイドル付近を進角させて回してた。ピークトルクは4600rpm辺り(参考) で16.5kg/mで、以下緩やかに落ちていく。ちゃんと測れて140~145psぐらいだったと思う。

バルタイは、エンジンの仕様がコロコロ変わるので凄くオモシロイ。振り方次第で別のクルマになる。わかりやすい例が以下。

バルタイ:110-110
ロードスター:バルタイ110-110 

ロードスター:バルタイ110-110

こちら、同仕様同日でバルタイ110-110のシャシダイデータ。段付きロケット加速仕様。4000rpm(参考) 辺りから急激にトルクが立ち上がり、一番上では落ちてしまう。ピークトルクは102-105より低いぐらいで、実は速くなってないのだけど、 こっちが速いと騙されやすい。キタキタキターっ!!って感じの特性。ジムカーナ的な実戦だと、回転が落ち込むポイントで立ち上がらない。 他に、上まで綺麗に伸びるバルタイもあり、ウチだと110-105が一番上まで伸びるけど、下は減る。

と言うわけで、バルタイは、トルクの出方や位置が変わるモノ・・・と理解している。上記はエンジンの仕様やカム、 そもそもバルタイの取り方で全く違うので(110度が本当に110度か・・??)、本当に参考程度に。 燃調や点火を触っても正直よくわからない人も多いと思うけど、バルタイは確実に体感出来るぐらいガラっと変わる。ちなみに、燃調・ 点火で確実に体感出来るレベルは、現車合わせでかなり詰めないと無理だと思う。ポン付けは主にプラセボ、目隠しテストで分かればそこそこ、 助手席のヨメさんが気付けば本物だと思う。

最後については、かなり信憑性が高い事が当サイトの実験データから証明されており、後日学会に発表しようと思っている。(嘘)


長らく、不特定多数コース(つまりはジムカーナ)実戦重視(のつもり)で、 下からぐぐっと立ち上がれる102-105のバルタイで走ってきた。ハーフアクセルからの立ち上がりはキラリと光るモノがあり、 お手軽仕様らしからぬ加速感で、誰に乗って貰っても好評だった。この特性に合わせてeマネをセッティング。中間域はもりもり燃料が入った。 点火もごりごり進めた。上の燃調はガリガリ削った。数値的には、怖くて連続周回出来ない仕様になった。 詳しい人に怒られそうなので数値は伏せるが、体感では確実に速くなったし、壊れてないからヨシ。この状態でシャシダイに載せた事がないが、 上がってるに違いない。(希望)


つづく




このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - ロードスター:バルタイ  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (2)  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

トラックバック一覧

コメント一覧 | ▼最新コメント&投稿欄へ

[2722] Re:ロードスター:バルタイ 投稿者 ちゃけ : 2007年10月19日 01:00

コメントストッパーになりそうなので書かなかったんすけど、二日待てばいいだろうとw

バルタイ弄りがいがありますよね。
点火燃調含め、ローラ式で良いから一日二日借り切って適合したい!!

eマネでの点火>
フツーのeマネだと、実進角がマップ進角値と同じにならんので、
10度くらい進めても実は数度しか進んでなかったりします。
Ultimateだとクラセンの信号つかってちゃんとやってるっぽい。
なので意外とぶっ壊れない?かもです~



[2723] Re:ロードスター:バルタイ 投稿者 ぐ / MRRS : 2007年10月19日 02:07

うん・・・この手のネタはいつも静かなの。
わかってるのよ。気にしないでいいよ。(笑)

点火時期は、そうそう、eマネのソレ、ちゃけに教えて
貰ってたから、数字の見えるromでやってるよ。主に
点火も燃調もrom、romで増量できない下から中間をeマネ、
ノッキング出たらeマネでチリチリいわないトコまで
遅角って感じで。



このページのトップへ
« 前の日記『 つれづれ結婚式 』 『 ギヤ比とトルクのオイシイ関係 』 次の日記 »
ロードスターでモータースポーツ&DIY / 当サイトは全ページリンクフリーです。 Copyright(c) Gussan / MRRS All Rights Reserved.
Since 2004 -10 visit : ,,