ロードスターでモータースポーツ&DIY 当サイトは全ページリンクフリーです
猛烈ロードスター ヘッダイメージ


【秋の気配の猛ドラ29★9月24日(土)開催】
満員御礼!ありがとうございました!(・ω<)ノ
詳しくは 猛ドラWEBにて!
猛ドラレポート集も参考にしてね(・ω<)(猛烈ロードスターレポート猛ドラ参加者レポートみんカラで猛ドラを検索


最新ブログ
16/07/13【やっぱ】MTE37とNDロードスターのホイール重量【軽い】 NEW
16/07/13【MTE37】第4弾ラスト放出&装着写真ギャラリー NEW
15/12/07いくぜ!マツ耐:マツダファンフェスタ2015岡国【速報編】 NEW
15/12/04いくぜ!マツ耐:マツダファンフェスタ2015岡国【前夜編】 NEW



協賛:タイヤガーデン豊中 ご来店時は猛烈ロードスターを見たとお告げくださいませ~。
 トップロードスターいろいろバックナンバー猛烈アンテナ
 猛ドラ「ぐ」の揮発つぶやきツイッターみんカラタイヤガーデン豊中

« 前の日記 「 ぺたぺた万歳 」 「 2009TSタカタアタックその2 」 次の日記 »
このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 2009TSタカタアタックその1  Check

「 2009TSタカタアタックその1 」

09/12/19(土)
  |  TrackBack 0

TSタカタアタック

13日土曜、14日月曜、○神さんと広島県のTSタカタサーキットへ行ってきた。

TSタカタサーキット

こないだの猛練の感じからして、 現状がTSタカタに合うわけもなさそうで、正直「行っても仕方ないのかな~う~ん・・・」だったんだけど、ヨメ様に

「今の君ならクルマがどうこう関係なくイケるはずだから行っておいでー」

と背中を押されたので、さくっと車高ペタペタにして挑んでみた。
ちなみに、リアを下げたのは現状コレぐらいしか打つ手が無いという 誤魔化し なんだけど。(汗)

現在の仕様
今まで煮詰めてきたアシやエンジンの仕様、ココで一度まとめてみる。

・エンジン
BP 1952cc NB1ヘッド NB2インマニ 85.5mmマーレーピストンたぶんIN&EX264度カム (HLA用なのにMLAで回してる予感=異音大きすぎ) 電脳野郎プロデュースの某フルコン ピストン& カム以外は基本的に全て純正品 (シャシダイ結果、昔の仕様で169馬力/19kg)

・吸排気
60mmビックスロットル M2-1028エキマニ 純正触媒 タックイン99ヒットマン3(別名エビスマフラー) おっちゃんに借りてる謎のキノコ ぐっさん謹製クールエアインテークシステム (溶けかけ)

・駆動
純正デフ(NA8シリーズ2 トルセンLSD 4.3)  NB1-6速ミッション 純正クラッチ TODAフライホイール 猛烈なTE37(8J+25)前後 AD08 205-50/R15

・ブレーキ
前後NA8純正ローター&キャリパ NB-Pバルブ プロジェクトμ HC+前後(F半分純正)

・足フロント
オーリンズDFVダンパ TODAアッパーマウント X-COIL12kg+Swift6kg NBスタビ(22mm)
・足リア
YZR9Hダンパ NBアッパーマウント アイバッハ10kg+Swift5kg NA8スタビ(11mm)

・ブッシュ類
ピロ6点 マツスピ強化12点 純正2点 (だったはず・・・)

・その他
どーだバー どーだタワーバー 筋金くん(存在忘れそう)  クスコD1ロールケージDHT用サイド留め加工 幌無し エアコン&パワステ&内装&オーディオ付き ガレージベリーバンパー& サイドステップ FRPトランク 大幅な軽量化無し(過去ガソリン3/4で992kg 羽有り)


足の仕様は、高速道路巡航で手汗びちゃびちゃになるレベルで、ひたすら恐怖。後述するけど案の定、TSタカタもさっぱり合わなかった。 まだまだ途中。猛練だけならコレでもなんとか合うけど、カミソリ過ぎ。

ちなみに、エンジンが調子を取り戻したのは純正触媒に戻してから。2L仕様でも、マフラーやマニ、 バルタイ次第ではコレで十分と言うコト。メタルにするとゲロ遅になってた。

マフラーとか触媒換えて遅くなっちゃってるクルマは多いと思うなあ・・・ソレ以外を合わせないと伸びんどころか落ちちゃうモンですわ。

TSタカタアタック初日(日曜)
昼頃到着。驚愕の台数・・・駐車するところもない。聞くと70台以上いるとか。(汗)

○神さんと宿に帰ろうかと一瞬悩む。(笑)

とはいえ、1年近く走ってないし、本番は明日の午前。今日はセッティングと練習と割り切って走るコトに。午後もたぶん30台以上。 クラス分けで走行開始。

目標は高く
現在TSタカタNA6/NB6ランキング2位である○神さん(持ちタイム62秒8)の目標は、 当然1位であるミムラさんの62秒442を破ること。

僕の目標は、NA8/NB8ランキングトップの63秒740とし、

二人でNA/NBランキングのトップ!を目指す。


・1枠目
P1060021-1

走った瞬間にダメとわかる。危ない。66秒台。


さあ困った


「これがTSタカタ上手くいかない伝説の再来である」

時間は限られている。枠は多くても4回ほど。限られた時間で最大限効果が出るセッティング変更をしないと、 明日の朝イチで結果は出せない。

僕のホームは猛練であり、青いのは猛練スペシャル化してる以上、 他で合わないのは当たり前。 ココから先は本当のアタッカーがやるセッティングと言うよりは、 どこをどう誤魔化せば乗れるようになるか、という超妥協セッティング

セッティングのパラメータは山のようにある。ざっと挙げると以下。

手軽に変えられる
・乗り方(引き出しの数による)
・空気圧
・減衰
・重量バランス調整(ガソリンや工具箱)

ちょっと面倒
・車高&プリロード
・スタビ(交換、穴位置調整、カット)
・ブレーキパッド
・トレッド幅調整
・アライメント調整(目分量)

かなり面倒
・バネ交換
・ダンパー交換
・タイヤ&ホイール交換(ロードスターでは積むのも用意するのも金銭的にも大変)
・アライメント調整(本格的)

セッティングは手軽なコトから試すのが基本。面倒なコトほど影響が大きいと思っても、だいたい間違いない。

全てのパラーメータは複雑に絡み合っていて、一個変えれば全てに影響する。この中から「さっきの動きを思い出して」  コレだ ってヤツを変更する。 脳内データベースフル回転。とんでもなく難しいけど、ハマったときは最高に楽しく気持ちいい。コレがセッティングの醍醐味。

失敗も成功も全部経験して、積み重ねてきたモノの成果が出る部分。楽しみながらやるのだ!

 


どうする

どうする

考える

考える・・・

 

 

(ぽっくぽっくぽっくぽっく・・・)

 

 

ちーん!

 

(がちゃがちゃがちゃ) ←作業中

 

・2枠目
P1060021-2

悩んだ末に車高バランス大幅変更。64秒332。かなり良くなった。当たり!

インリフトが顕著。次はどうするか・・・(ぽっくぽっく・・・)

・3枠目
P1060021-3

減衰変更。64秒302、 一度戻ってもういっちょ変更。(見学に来てたTanoonさんに手伝ってもらった (感謝)) 64秒229

途中からガチャガチャと盛大に異音。アシが壊れたかと思ったらマフラーが外れてた。ほっとした。

盛大にインリフトするし乗りやすいのか乗りにくいのかさっぱりわからない。何か外してるような気がする。

・4枠目
P1060021-4

さらにさらに考えて減衰大幅変更・・・するも、マフラー固定したりしてたら時間が無くなり1周もアタック出来ず。 もしやもう枠終わりでは・・・? コレはまずい・・・コントロールタワーへ向かう。


ぐ「も、もう枠終わりですかね~?」

お姉さん「えーと・・・」

ぐ「お、終わりなんスかぁぁ~?←心の中で泣きそう

お姉さん「えーと・・・残りxx分でxグループだから・・・1グループ5分だけならいけますよ!

ぐ「ありがとうございますぅぅぅっ!!!


ラスト5分枠を温情していただき?、そこに賭ける。5分あれば十分!

ココで考えるのは

1案: アタックできなかった最後の仕様で行くか
2案: 64秒229が出た確実な仕様で乗り方を考えるか

○神さんに相談してみると即答

○神「やってない仕様で走る方がいいぞ~」

○神さんのアドバイスに従い、アタックできなかった仕様で走ることに。

・5枠目
P1060021-5

確実に乗りやすい! 63秒862でこの日のベスト大幅更新。 NA8/NB8ランキングトップまであと0.1秒・・・惜しい!  その次の周はさらに上手くいったんだけど、旗が振られてるのを見かけてアクセルを抜いてしまった・・・ 自分に振られるまでアタックしてイイのは知らなかった。(汗)

ラストの周は幻に消える・・・が、さすがは○神隊長、的確なアドバイスに激しく感謝!コレが経験値の差。

この日の○神さんのベストタイムは62秒9で、僕との差は約1秒。ベストの次の周はさらに上手くいってたんだけど、 最終シケインで徐行のように走るクーリングラップ車両に行く手を阻まれ、幻に消えたとのこと。

(サーキットマナー:低速すぎるクーリングラップは危険かつ周りの迷惑になっちゃうんで、 レブを低めにするとか、アタック時の1個上のギヤで走るぐらいが良いです。)

と言うわけで、二人ともベストであろう周は幻という結果に。 (タラレバ禁物ですけど~)

宿にて
P1060022
上から2番目に高級ですけどぶっちゃけ2千円です。

○神さん&遊びに来たハヤシと、車載を見たりロガーのデータを見たりして研究。

ミスだらけの周で妙にタイムが出ていたりして、その原因を探す。


しかし、何が驚いたって、1コーナーの進入手前の最終スピードは僕の方が3~4km/h速かった・・・。3速が届かず4速に入れる○神さんと、 3速8000rpmまで引っ張って届かせる僕の違い・・・なんだけと、とはいえ驚き。

しかしまー、8000rpmは余裕なさ過ぎで怖いね。(汗)

コーナリングや立ち上がりでは全部ちょっとずつ遅いので、その差がきっちり1秒というコト。

あと、2コーナー立ち上がりの長い直線で、 2リッターのホンダTYPE-Rにぐんぐん近づいちゃったりして・・・もうタマラン! (笑) ロードスター乗りの夢?ヨダレモンの世界。現状ピストン入れただけのシングル仕様でまだまだ上があるんだから、 ロードスターのポテンシャルって実はすんごいんじゃないかな~。

まあ、排気量同じで300kgぐらい軽いんだから当たり前っちゃ、当たり前なんだけど。 (笑)

それと燃調、現状αN(スロポジ)制御なんだけど、平地と比較して(ちゃんと見てないけど)ざっくり10~20%とか燃料が入らない。 標高でこんなに違うモンか~と(低気圧だったけど)。前にリッチ振り切れになってたのもコレが原因なのかな~とか。

と言うわけで


○神さんは1秒台への手応えを感じ
僕は2秒台の夢を見る。

 

翌日につづく




このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 2009TSタカタアタックその1  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

トラックバック一覧

« 前の日記『 ぺたぺた万歳 』 『 2009TSタカタアタックその2 』 次の日記 »
ロードスターでモータースポーツ&DIY / 当サイトは全ページリンクフリーです。 Copyright(c) Gussan / MRRS All Rights Reserved.
Since 2004 -10 visit : ,,