ロードスターでモータースポーツ&DIY 当サイトは全ページリンクフリーです
猛烈ロードスター ヘッダイメージ


【秋の気配の猛ドラ29★9月24日(土)開催】
満員御礼!ありがとうございました!(・ω<)ノ
詳しくは 猛ドラWEBにて!
猛ドラレポート集も参考にしてね(・ω<)(猛烈ロードスターレポート猛ドラ参加者レポートみんカラで猛ドラを検索


最新ブログ
16/07/13【やっぱ】MTE37とNDロードスターのホイール重量【軽い】 NEW
16/07/13【MTE37】第4弾ラスト放出&装着写真ギャラリー NEW
15/12/07いくぜ!マツ耐:マツダファンフェスタ2015岡国【速報編】 NEW
15/12/04いくぜ!マツ耐:マツダファンフェスタ2015岡国【前夜編】 NEW



協賛:タイヤガーデン豊中 ご来店時は猛烈ロードスターを見たとお告げくださいませ~。
 トップロードスターいろいろバックナンバー猛烈アンテナ
 猛ドラ「ぐ」の揮発つぶやきツイッターみんカラタイヤガーデン豊中

« 前の日記 「 Dead or Alive? 猛練42 その1 」 「 Dead or Alive? 猛練42 完結編 」 次の日記 »
このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - Dead or Alive? 猛練42 その2  Check

「 Dead or Alive? 猛練42 その2 」

10/07/30(金)
Comment 3   |  TrackBack 0

IMG_9416

今回も写真はすべて猛練写真部(カワモトからの提供です!酷暑の中ありがと~!

というわけで、フラフラで始まった猛練当日編。

◆設営
20100724_moren42_008
ロードスターの積載能力は侮れないのだ!(僕いませんでしたすいません)


20100724_moren42_021
 20100724_moren42_026 

みんな率先して手伝ってくれる。オフィシャルも参加者も関係なく設営。すごく良い環境だなあと思う。(*´∀`*)ミンナアリガト

20100724_moren42_027 

猛練技術部光電管設営部隊。過去41回の教訓を元に、3重のフェールセーフで対応する縁の下の力持ちなのだ。

20100724_moren42_046

参加者のみなさんも砂をはいてくれます。いつもありがとう。(^ω^)

ふらふらのぐっさんが登場して、ドライバーズミーティングをまじめに開催します

IMG_9399 
熱心に聞き入る参加者たち。

この時点で地獄の入り口一丁目、あとから見れば、朝8時から30℃を越え、夜10時まで切ることはなかったらしい。そりゃ暑いワケだ。最高気温35℃、路面温度60℃とか70℃ぐらいあったような。レーシングシューズの底が熱くて熱くて。(汗)

◆走行開始
IMG_9689 
ひさびさのクリちゃんマーチ。M6クラスレコードホルダー。

20100724_moren42_708 
うつくしいラインだ・・・ノーマルなのに超速いりょおさんのポルシェケイマンS(PDK)(*´∀`*)ポワワ やっぱり、ここまでバランスしたクルマだと、イジると遅くなるのかなあ?・・・触る機会無いと思うけど。(笑)

IMG_9557 
久々の馬鹿息子くん。ずいぶんモデファイされてかっちょよくなってきたねえ。(^ω^)

IMG_9440
M5クラスのエコタイヤ王者にして猛練でただ1人のウルトラエキスパート認定を持つy_aさん。今回のこの(´・ω・`)ショボーンなライトの開き具合は、何かの秘策なのか!?


あまりの暑さで、M2クラスでも50秒が切れないという悪コンディション。○神さんが48~49秒台、まれに47秒台という状況。路面温度が高すぎ、空気も熱すぎで、全然タイムが出ない。タイムでないし熱いしで、まさしく修行、猛烈な練習会と呼ぶにふさわしい状況となった。

◆復活!おっちゃん号!
IMG_9470

エンジンブローからついに復活。ブロー前ですら340馬力を誇ったモンスターロードスター、僕らの宇宙船おっちゃん号。さらなる改良を重ねて 酷暑 の猛練にてシェイクダウン。耐久テストにはもってこいの場になった・・・というより、つらいのは人間らしく

IMG_9523

パラソルから出てこないおっちゃんであった。(笑) さあ、一日もつのかおっちゃん!(笑)おっちゃん号!ちなみに、さらっと50秒はクリアして49秒台で走っていたのはさすが!


◆すーぱーみどり号見参
IMG_9411

今日のみどりさんは、いつものみどりさんではない!この、悪そうな風貌、迫力。まさにスーパー。(そうか?) ちなみにみどりさんは、ヨメ様が言うには女の子らしい。あおは男の子だそうだ。

知らなかったよ・・・(遠い目)

M2カワモトが「50秒切れないムギー!」と苦戦するなか、1枠目であっさり49秒7(ぐ)

乗 り や す い 。

感動。(/Д`)


IMG_9512
終日こんな状態。手伝ってくれたみんな、ありがと(/Д`)

とはいえ、煮詰めは必要。

若干、前後バランスの微調整でまずは車高調整。リアを1.5巻下げ。それでももう少し・・・で1巻下げ。フロントのバンプラバが効き過ぎる感じがしたので、予定通りフロント22mm→23mmスタビに変更。文句なしな感じになってきた。

どんどん暑くなってるにも関わらず練習ベスト49秒5。しかもブレない。49秒6とか7とか、だいたい0.2秒以内に収まる。ヨメ様も似た感じで、タイムがほとんどブレ無い。けど、もう少し曲がって欲しい・・・と欲が出てリアアライメント変更。

コレが外れて乗りにくくなる。表面温度を測ったらタイヤが有効に使えなくなった。やりすぎたかーと思って中間ぐらいの値にする。でもなんか、しっくりこない。バランスが崩れた感じ。ゴムブッシュなんで、緩めて調整して1Gかけて締め込んで・・・猛烈に面倒くさい。(汗)田中さんがめっちゃ手伝ってくれて、すごく助かった。(^ω^)

結局3回目、もう時間も無いので、元のアライメントに戻して最終枠と公式タイムアタックを待つ。ぐるっと一周してきた感じ。努力の分だけ成長するのだー!(といいつつホントに死ぬかと思った。5リッターぐらい何か飲んで全部汗になった気がする)

車高、今思えばリア下げるんじゃなくて前を上げるべきだったんだけど、上げるか下げるかと聞かれれば

下げるに決まってるでしょう。(`・ω・´)キリッ

脊椎反射してしまう体質の為、しょうがなかった。

20100724_moren42_596 
ほうきアライメントテスター

あまりの暑さで少々おかしめ。

20100403_2_086

撮影角度がちょっと違うけど、1本パイロン進入前の姿勢。昔のあおと今回のみどり。ずいぶん違うと思う。


結局、練習ベストは僕が49秒5、ヨメ様51秒1でM3ではトップタイム。M2&M1勢も食う勢い。目標だった48秒台には遠く及ばなかったけど、このコンディションなら仕方ないっぽい。だって48秒台出てるの、○神さんとりょおさんとynくんだけ(全員M1)だったし。(汗)

そしてヨメ様。
この日「一回もスピンせず」「一回もパイロンをはじき飛ばさなかった」(耳を踏んだことは一回だけあった)、帰りに「今までで一番楽しかったー超楽しかったーもうねー1コーナーもシケインも1本パイロンも(略)(*´∀`*)ポワワー」と言っていた。コレが全てを物語っている。(いつも変な実験アシにのせてすまんかった・・・)

このロードスター、すーぱーみどり号は、意のままに動き、乗りやすかった。しかも低レベルでのバランスではなく、ハイレベルでのバランス。

※とりあえずアンダーに振っておけば、スピンすることもなくコントローラブルに感じる。けど、実際タイムは出ない。

「想定通り」感無量。失敗に失敗に失敗を重ねて、やっとこういうクルマ作りが出来るようになってきた。こういうクルマはタイムアタックにも不安が無い。失敗するという気持ちが無い。オッオッオッ(/Д`)・゜・。

◆トップレベルの走り
IMG_9994 

後半ではきっちり49秒台で走り始めたカワモト。猛練ではトップクラスのM2エキスパートドライバー。この写真はシケイン通過直後だけど

mo-renhonkourse2

ハイスピード(3速100km/h以上)で進入する1コーナーから、ロールを反転させて入っていくこのシケイン、猛練で最大の難所と呼んでもイイ。ココで大幅に速度が落ちると、取り戻せなくなってしまい大幅タイムダウン。2番目の難所は1本パイロン、次に4本パイロン、島周り、だと個人的には思っている。



シケインの2本目を通過してる写真を見てビックリ。

IMG_9991
フロントタイヤ。

1cmくらい?

IMG_9992 

2cmくらい? スペーサーかますと踏むレベル。(笑)

コレ、タイムアタックの時の写真なので、耳も確実に踏んでない。恐るべし! ・・・って上位陣はみんなこんなレベルなの?とびっくりした。人間ってすごいなあ。1トン越えた鉄の塊をこんなに精確にコントロールできるなんて。

◆広島勢、苦戦
IMG_9768 
IMG_9759

TAKEさんとおりぐちさん、コンディションの悪さに大苦戦、50秒がなかなか切れず、後半はコンスタントに49秒台が出るも、二人とも練習中最後まで48秒台は一度も出なかった。

ちなみに、M1のエキスパート認定タイムは「48秒台入り」であり、スーパーエキスパート認定「47秒台入り」という、超難関。どんなクルマをもってしても、タイヤで制限(ちゃんと耐久性のある普通のハイグリップラジアルのみ)が入っている限り、この壁はあまりにも高い。M1クラスだけは、クルマ自体の能力、ウデ、セッティング能力すべてが試されるチョー厳しいクラス。


さあ、本命TAKEさん&おりぐちさん、
このコンディションでエキスパート認定を持って帰ることは出来るのか!?


というわけで、その3 公式アタック&参加者編につづく。




このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - Dead or Alive? 猛練42 その2  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (3)  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

トラックバック一覧

コメント一覧 | ▼最新コメント&投稿欄へ

[8898] Re:Dead or Alive? 猛練42 その2 投稿者 NBターボ : 2010年07月30日 20:48

パラソルにオッサン4人は虚しい(笑

エンジンは無事でしたが^^;

空気圧、2.5kg/cm がBESTだったよ。

次回はバッチリ、エンジン調律して楽勝でムフフ。



[8902] Re:Dead or Alive? 猛練42 その2 投稿者 y_a : 2010年08月01日 12:01

今回もありがとうございました。
共用タープのおかげで想像以上にラクに過ごせました。

ライトは、ここ最近の運転時の心持ちです。
いつまでたってもイメージ通りにクルマを操れない日々が続く
サゲサゲな気分が実にリアルに表現できました(苦笑)。
また色々教えて下さい。



[8932] Re:Dead or Alive? 猛練42 その2 投稿者 ぐ / MRRS : 2010年08月05日 01:46

>おっちゃん
おっちゃんのは車重とタイヤの大きさが全然違う~。(笑)

どれか一個に的を絞らないと難しいね。
乗りながら、コレは減衰、コレはバネ、コレはスタビ、
コレは空気圧・・・って感じにわかるようになれば
イイんだけど。徐々にわかるようにはなってきたんだけどねー。

ゴムブッシュの多いクルマはわかりずらい。

次回もみどりで負けないゾ(^ω^)

>y_aさん
アゲアゲなy_aさんがサゲサゲとは!?

アシが変わってイメージとズレがあるんですかね。
今度「ぐっさんニュルブルクリンク」行ってみますか?(笑)



このページのトップへ
« 前の日記『 Dead or Alive? 猛練42 その1 』 『 Dead or Alive? 猛練42 完結編 』 次の日記 »
ロードスターでモータースポーツ&DIY / 当サイトは全ページリンクフリーです。 Copyright(c) Gussan / MRRS All Rights Reserved.
Since 2004 -10 visit : ,,