ロードスターでモータースポーツ&DIY 当サイトは全ページリンクフリーです
猛烈ロードスター ヘッダイメージ


【秋の気配の猛ドラ29★9月24日(土)開催】
満員御礼!ありがとうございました!(・ω<)ノ
詳しくは 猛ドラWEBにて!
猛ドラレポート集も参考にしてね(・ω<)(猛烈ロードスターレポート猛ドラ参加者レポートみんカラで猛ドラを検索


最新ブログ
16/07/13【やっぱ】MTE37とNDロードスターのホイール重量【軽い】 NEW
16/07/13【MTE37】第4弾ラスト放出&装着写真ギャラリー NEW
15/12/07いくぜ!マツ耐:マツダファンフェスタ2015岡国【速報編】 NEW
15/12/04いくぜ!マツ耐:マツダファンフェスタ2015岡国【前夜編】 NEW



協賛:タイヤガーデン豊中 ご来店時は猛烈ロードスターを見たとお告げくださいませ~。
 トップロードスターいろいろバックナンバー猛烈アンテナ
 猛ドラ「ぐ」の揮発つぶやきツイッターみんカラタイヤガーデン豊中

« 前の日記 「 猛ドラ◆11公式アタック結果公開! 」 「 MTE37各1セット限定放出だよ~【22:34受付終了】 」 次の日記 »
このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - AD08RとZ2をガチ比較してみた◆猛ドラ11  Check

「 AD08RとZ2をガチ比較してみた◆猛ドラ11 」

13/06/25(火)
  |  TrackBack 0

※AD08RとZ2の比較結果だけ知りたい方はここからジャンプしてください
※後編へはここからジャンプしてください
※真剣勝負タイムアタック風に書いてるだけで真剣にアホな事をやっています。実態はいたってまったりイベントです。



IMG_2121-

※このレポートはわっきん、dai、めが、こおり、ぐっちょん、僕、のオフィシャル写真と、写真提供協力参加者OILMANさん、かずやけさん、ヒロ&NCさん、Uichiくん、ガラッチさん、Mr.Pさんの写真により構成しております。ご協力感謝(´∀`)ノ


突然の発表&デビューとなったADVAN NEOVA AD08R

タイヤ:ADVAN NEOVA AD08R - ヨコハマタイヤ [YOKOHAMA TIRE]

AD08にRがくっついただけで見た目も同じ、コンパウンドだけ変更という地味ぃーなモデルチェンジながら、全日本ジムカーナでは鮮やかなデビューウィンを飾った。

横浜ゴム、ADVAN NEOVA AD08R が全日本ジムカーナ選手権の開幕戦でデビューウィン | レスポンス


・・・・・・・・・・・・・・・・ むかしむかしのお話 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

期待の大型新人として待望のデビューを果たしたAD08。しかし、すごい勢いでモデルチェンジしたZ1 STAR SPECに後塵を拝し、さらにZ2にモデルチェンジで引き離され、あのラーメンタイヤ(パターン由来)はなんだったのかとまで言われ、苦渋を飲まされたヨコハマ。

そんなヨコハマの本気を感じたAD08Rのデビューウィン。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

AD08Rデビュー当初、NA/NBサイズは195のみだったが、猛ドラ直前に待望の205/50R15も登場。今ウチにあるのはMTE37(8J)に履かせた205のZ2。このZ2は猛ドラを5本程度走らせただけで、他には一切使わず冷暗所で温存というほぼ新品コンディション

タイヤガーデン豊中さんから猛ドラで体験用にAD08Rを貸していただいてるけど、どのロードスターでも履けるように195に6.5Jで+35。さすがに205で8J+25に組んだぶっといZ2とは比較ができない。


AD08Rと比較出来るとすれば、Z2がほぼ新品の今しか無い・・・。


ハイグリップタイヤなんて2年に1回ぐらいしか買わない。今試さなければ次のチャンスは2年後だ。

 

0.5秒ほど悩んでいると

 

IMG_2211


目の前には8Jに組まれた205のAD08Rが!!
ふしぎ!!


なんか嫁さんがちょっと機嫌悪いのもふしぎ!!


と言うわけで、ガチテストを決行する事にした。

 

◆最強の助っ人現る
そんなさなか、一本の電話が鳴る。

「もぉしもぉしぃ~~ぐっさぁ~ん~猛ドラに遊びに行こうと思うのぉ~~」






DSC_5665

ハイレベルなジムカーナで知られる広島のロードスタークラブJ58G主催のJ58Gジムカーナにおいて、何年も連続でシリーズチャンプを獲得、モータースポーツのセンスもキャリアも圧倒的なSSK氏が、広島から遠路はるばる遊びにきてくれることになった。

愛車はロードスターの限定車M2-1028。中身はプライベートチューンの2Lエンジン仕様で、見た目はフルノーマルで空力も無し。2Lな以外はいたって普通のロードスターだけど、フルノーマルNA8のみどりよりは圧倒的に速い。

なにより、ドライバーが速い。西日本最強クラスだ。


ひらめいた!!


全部SSKさんにやらせよう。

そうしよう!ナイスアイデア。宿代を盾に頑張って貰おう。


まずは猛ドラWebに「特別講師としてSSKさんをお招きしました!死ぬほど上手い人だからめっちゃ乗って貰ってね!」書き書き・・・っと。うんうん、コレでよし。SSKさん、がんばってね!(ダイナミック人任せモード)

もちろん許可はとっていない。



◆作戦内容「プロジェクトSSK」
今回の猛ドラは天候の都合、2枠のあとに公式タイムアタックという流れ。

AD08Rはド新品でもちろん初めて使う。つまり、肝心の美味しいエア圧がわからない。エア圧一つでコンマ何秒平気で変わってくる。一番基本かつ一番重要なセッティングが、タイヤの空気圧。


なので、僕がアタック前の2枠を捨ててみどりで皮むき&適正なエア圧をひねりだす。SSKさんにはアタック前に僕のZ2を使ってもらって、Z2のベストタイムを叩き出して貰う。

ちなみにZ2の美味しいエア圧はわかっているから、1発目から大丈夫。8Jに205/50R15の組み合わせで2.4kg/cmあたり。もう少し高くなっても大丈夫かな、という印象。かなり高めで使う感じのタイヤ。


そして!2枠で僕が判断したエア圧に合わせたAD08RをSSK号に装着!


華麗にばーん!とびっくり!なタイム


を出してくれたら作戦成功。名付けてプロジェクトSSKである。あわよくば驚異的なコースレコードを樹立して頂き、チューンドロードスターとSSK氏の恐ろしさを全国にとどろかせたい!!なんか高まる!興奮!ぐふ・・・ふははは!!うわはははは!!(誰か止めて)


ぐ「SSKさん!準備出来ました!使って下さい!天下獲って下さい!」
SSK「よし!任せろぐ!お前の思いは受け取った!」
ぐ「SSKさん・・・ありがとう・・(ばた)」


うーん、コレは男泣き。ドラマ化決定。

 

そしてもちろんSSKさんに許可はとっていない。



てわけで、全日本の結果からすればZ2をさくっと超える可能性もある。けど、タイヤはクルマ(主に車重)との相性的な物もあるから、ロードスターでは期待したタイムが出ないかもしれない。(昔のRE-11とかね) 僕が2枠で適正なエア圧を判断出来ないかも知れない。最初の2枠は久々に本気出してがんばってみる。


と言うわけで、そもそも猛ドラ当日は晴れるのか・・・って話になりつつ、この作戦で進める事にした。


◆気がついたら晴れ男になっていたぐ
猛ドラは10回開催して雨は一回だけという驚異の晴れ率をマークしている。その日の朝まで100%雨予報ですらひっくり返して晴れた日もある。何が何だかわからないが僕は強力な晴れ男という謎の確信を持つ。


しかし、猛ドラ当日(6/1)の予報は・・・


m10-tenkiyohou

※イメージです


超雨予報。

結局、前日までこんな状況で、もう確実に雨っぽい予報。Twitterでささやかれる「雨だし荷物少なくしなきゃなあ・・」「カッパいるよなあ・・」という、悲しい声の中、僕は一人


まあでも晴れるでしょ(*´Д`)ポワワ


という謎の自信に満ちあふれていた。

 

◆当日

参加者達は祈った。そう、晴れることを

ぐは楽観視していた。そう、まあ晴れるだろうと。



ある者は祈った



IMG_23069

(かわいいですねえ)



そしてなぜか、うちのおかんも祈ってくれた


メールが届いた








m12okanteruteru2


えらい顔の濃い坊主だな・・・。


ありがとう母。


そんなみんなの熱き思いのおかげで



P10104252

 

ばっちり晴れた

てるてる坊主さんありがとう。平たい顔族を代表して御礼申し上げます。

ただ、ちょっぴり嫌な予感がしたぐは、前日の夜に急遽、公式タイムアタックをお昼からやる事にした。天気がラストまでもたない予感がしたからだ。



P10104173

有能なオフィシャル(と、早く来たので強制的に手伝わされている参加者様)達が集まっています。

しかしなぜか、ぐの姿がありません。

P1010421[4]





P1010422[4]





P1010432[4]
荒ぶるわっきんとぐっちょん



そう、この小一時間後、青白い顔をした30代男性が「大変申し訳ございませんでしたぁぁぁ!!」とエクストリーム土下座を披露する事案が発生。

エクストリーム土下座、オリンピック競技にしませんか。エクストリーム土下座。(3回言いました)



てわけでわっきん副隊長の見事な統率の下、有能なオフィシャル+α陣営がさくさくっとコースを作ってしまったので、特に滞りなく進みました。エクストリーム申し訳ございません。

P10104242
トランク乗りやほーい

RIMG05232
こっちも写真撮っちゃうんだから!


おっさんどもがデレデレでいちゃいちゃと楽しげな設営風景です。まさに誰得画像であります。



設営中、舞洲がちょっと変わってる事に気づく。


P1010428

アスファルト部分が拡張されてるぅ!

なんとD1の為に拡張されたらしい・・・。舞洲でD1が開催される情報の時から「ここってどう考えても猛ドラの1コーナーだよな~」と思ってたら、その通りだった。で、動画を見ながら「この島渡りこんな広かったっけ?」と思ってたら、やっぱり拡張されてた。アスファルトひいちゃうD1さんハンパないっす。

・参考Youtube - 舞洲 D1

 


RIMG05299
DSC035844
お祭り&ピクニック的雰囲気な猛ドラであります

そんなこんなで、参加者の皆様も続々集合。

 

IMG_22147

タイヤガーデン豊中からの刺客(という世を忍ぶ仮の姿の店長)が暗躍しておりました。(ご苦労様です)


IMG_22214


そしてついに、広島からやってきた。J58G最強の男SSK氏&OILMAN氏。その隣は、お久しぶりの「僕らの宇宙船おっちゃん号」ことNBターボのおっちゃんである。その隣はAE86のおどるさん。なんかすごいメンツだなぁ。

 


DSC006163

おっちゃん号は宇宙船なのでボンネットを開けると自動的に人だかりができるようになっている。

現在控えめに300馬力ぐらいで、4速オートマの2ペダル暴力的加速以外誰でも乗れるという、さらに宇宙船としての進化が加速していた。猛ドラでは1速と2速しか使わないイージードライブ!!

 


おっと、話がそれた。本題だよ本題!

 

 

◆プロジェクトSSKフューチャリングAD08R
そう、プロジェクトSSKは思いつきなので、SSKさんは当日まで何も知らないのだ。

ぐ:「SSKさーん」
SSK:「はいはぃぃ~~」

ぐ:「ほぼ新品の205のZ2貸すからコレでタイムだして!」

SSK:「えっ、いいの!?やったぁ~♪」
※SSKさんは遊びに来たので3年落ち?ぐらいのお遊び用フェデラル195を履いてきた


ぐ:「ほんでね、新品の205のAD08Rも貸すよー」
SSK:「ええっ!?」


ぐ:「コースレコード出してね」
SSK:「ええええ?!」


そういうわけで交渉は一方的にさくっと成立して、作戦開始である。

ちなみにこの時点でのコースレコードはオフィシャルめがくんの50秒479。M2クラス車両としては驚異的タイムとして金巧/TAKUMIの認定タイムだ。

IMG_22124
人の車を運転するのも借り物競走も実は大好きなSSK氏


この男の真骨頂、それは驚異のアジャスト能力なのだ。

どんなコース、クルマ、タイヤ、仕様を問わず運転の方をアジャストさせてくる天才的な才能を持つ。いきなり講師をお願いしたのも、このアジャスト能力が故。クルマを選ばない。

あまりのアジャスト能力の高さに今では完全なオーナー殺戮マシーンと化し、地元では「SSKには誰もクルマを貸さない」という暗黙のルールが構築されて悲しんでいるというおかしな男なのである。

なので、Z2だろうがAD08Rであろうが、ぽん!とそのタイヤなりのタイムを出してくると、長い付き合いの僕は絶大の信頼を寄せるのである。

 


P1010441

入手したホイールのオフセットが+20の為、MTE37には5mmのスペーサを入れて条件を合わせた。

条件で言うと超軽量のMTE37(15インチ8J+25で5.3kg)と、かなり重い入手ホイール(7kg台)でAD08Rの方が不利かもだけど、経験的にミニサーキットレベルまでならホイール重量はほとんどタイムに影響しないのでヨシとする。

(長時間ブレーキングの高速サーキットだと、ぱっとわかるほどのタイム差でるのかなあ?)

◆AD08R&みどりエア圧テスト開始

まずは僕がAD08Rの適正エア圧をテスト。枠は10分×2枠だけ。10分なので途中のエア圧調整は無理。2パターンテストして最終決定をし、SSK氏にバトン(AD08R)を渡す。

M3-CLASS:みどり号 NA8C(Sr2)
猛烈脚SSS試作品、他だいたいノーマル
5速4.3ファイナル 純正トルセンLSD
YOKOHAMA AD08R 205/50R15 + 8J+20

 

脚が試作品で初おろしなので、ちょっと読めない部分があるけど大きくは外さないと思うので、なんとかなるはず。

 

IMG_2219


1枠目:冷間エア2.4でスタート:ベスト51秒2

この日は割と暑かったので(26度ほど)温間で2.6までアップ。こおりさんの紹介で見学にこられたSwiftオーナーの方を横にのせつつもタイムはほぼ同じだった。ちなみに「超おもしろいです!」とすごく喜んで貰えたので気分をよくして2本走りました(´∀`)オホホ

1発目から食う。操縦性もなんの違和感も無い。コレは期待できるかも? 脚はこれといって変な点は無い。旋回にふるかトラクションにふるか悩むぐらいの仕上がり。テスト的には十分使えるから脚は何も触らない。

タイヤの感触があまりに良いので、現状でベストのエアなのか?と悩む。あえて、あえて、重箱の隅をつつくならレスポンス感が低いか?と思い、次はエア圧アップを選ぶ

 

DSC_5702
Photo by OILMAN


2枠目:冷間エア2.55でスタート:ベスト51秒6


おや?タイム落ちた。・・・感触は悪くないのに。おお、これはアレだ。いわゆる「ちょっとわかりにくいけど優しい先生的タイヤ」のような気がする。恐らくピーク特性が緩やかで、大きめのスリップアングルも許容する感じ。エアが適当でも違和感なく走れる懐の深さをもつ反面、どこが美味しいのか正解がわかりにくいという、ネオバで伝統のスタイル・・・かも?


さあ、体感情報はここまで。2枠目の感触は全然悪くない。むしろ良いぐらい。運転でアジャストできる可能性も十分考えられるけど、ココは数字を信用する。なぜなら僕はあまりアジャストできるタイプの人間じゃない。ヘタだからこそわかるセッティングもある。冷間2.55は張りすぎだと結論づける。

 

じゃあ冷間2.4が適正か?もっと下か?

 

ここからは野生の勘とバクチ。ある程度外さないとわかっている2.4、タイムがどうなるかわからないそれより下。

ぬーん!ぬーん!と悩んだ末に、エアを下げることを決断。

 

冷間エア圧2.3で決定。

この状態でSSK氏へ。

 

◆SSK&Z2タイムアタック
DSC_5750
Photo by OILMAN

 

一方、SSK氏はZ2の205でベストラップを出す事に専念していた。


M1-CLASS:SSK J58G 1028(NA8C改)
猛烈脚MS初期版(TGMS)10-8kg
2リッターシングルスロットル仕様
6速MT&4.3ファイナル 2way機械式LSD
DUNLOP Z2 205/50R15 + MTE37 8J+25(+5mmスペーサで+20)

 

冷間2.4でベストは50秒3を連続で叩き出す

 

おっと、すでにコースレコード・・・(;´Д`) タイムの安定感もさすがのSSKさん。温感では2.55あたりまで上がっていた。けど、大体この辺で良い感じなのがZ2。


SSK:「50秒きりたいねぇ~ここまできたらねぇ~切りたいねぇ~(*´Д`)♪」


SSKさんはすでにわりかし上機嫌。

 

しかしココで突然、ダークホースが現れる!!

 

DSC_59044
Photo by OILMAN (SSK-DRIVE)

M2-CLASS:J58G OILMAN ROADSTER(NB8-1)
YZ脚14-12+?kg (リアアシスト仕様)
ヘッドチューン&ピストン交換シングルスロットル仕様
6速MT&4.1ファイナル トルセンLSD
DUNLOP Z2 205/50R15 + MTE37 8J+25(+5mmスペーサで+20)

 

OILMANさん練習ベスト、なんと50秒8!

はえぇ~。OILMAN号はNB2顔のNB1で、チューニングエンジンとギヤ比の変更でクラスはM2。実戦初投入のMTE37-FS(後期型かっこえぇ・・)と新品のZ2 205/50R15でのタイム。

 

この二人のタイム、M1とM2で仕様的にも納得がいく差だなぁ・・・。

そんなこんなで公式アタック前にちゃちゃっとタイヤ交換&エア圧調整をし、SSK号にAD08Rを装着。

 

◆公式アタック開始
ここからは余裕が無く写真が皆無なので、ささっと事実だけを書き記す。


SSK氏アタック1本目スタート。

初めて使うタイヤの1本目。ドライバーは、スタート時に感じるトラクション感、スタート直後に右に切った感触だけを頼りに、1コーナーのブレーキングポイントを勘で見極め一発で決める。そのブレーキングGの感触を元に、その先の1本パイロンへの舵角を決め、さらにこの情報でおむすびのブレーキングポイント、舵角を見極める。さらにおむすびの減速Gと旋回Gから・・・

と言うように、たった1周の中で「体感センサーでの情報収集」を元に「運転の判断・決定・修正・微調整」を繰り返すのが「一発アジャスト」と言う神業なのだ。

1コーナーのブレーキングだけに関して言えば、

 

何の情報も無いので勘だけで決めている

 

のだ。

一発アジャストがどれだけ高度なテクニックかおわかり頂けただろうか。

(ちなみに僕もひぃひぃ良いながら先生中は一発アジャスト祭りであります・・・あんまりできないからマージンとりまくりですけど!)


そんな一発アジャストで高精度にタイヤの性能を引き出し続け、全く破綻無く4本パイロンまで戻ってきたSSK氏。


パイロンギリギリを華麗に通して、華麗にゴール。



タイムは!!!



・・・あれ?

 


タイム読み上げの実況をしていた僕が固まった。

 



・・・えっ?




えーっと・・・

 




これ誤計測・・・




じゃ

 

ない・・・・

 





よん・・・・・

 




49秒875ぉぉぉ!?


公式タイムアタックで最初の数字が「4」を見たことが無かったぐが、誤計測かと思って固まってしまった。公式、非公式を含めても過去最速のタイムをたった一発で出してきた。

 

SSKさん、信じてたよ・・・超カッコイイ。

抱かれても良い。(嘘です)



猛ドラ初の50秒切り、そしてM1クラスのウルトラ巧/TAKUMI(金)認定タイムでSSK氏がコースレコードを樹立した瞬間であった。2本目は気合いがブーストアップしすぎのタービンブローだったのか、50秒002とわずかにダウン。

その後の練習で、2名乗車で数本走るもすべて50秒0。SSK氏+SSK号+AD08Rは50秒をコンスタントに切るポテンシャルが実証された。うーん、恐るべしSSK。そしてAD08R。

ダークホースのOILMANさんも、こそっと後ろで50秒757と言うスバラシー記録を叩きだして見事スーパー巧/TAKUMI(赤)認定されるものの、あまりの輝きを放つ金のSSK氏にかなり悔しそうなOILMANさんであった。


OILMAN Comment:念願のドライ路面での猛ドラ走行、大変満喫致しました!
コンマ2秒で金巧を逃してしまった事は大変悔しいですが、いつの日かそのコンマ2秒を縮めるべく、そして金巧奪取すべく350キロ離れた舞洲まで行かせて頂きたいと思います。
ありがとうございました!!


こちらこそ遠路はるばるありがとうございました~。いきなりきて赤もっていってそんなに悔しがらないで下さい・・・来年3月の猛ドラ最終戦でお待ちしております(`・ω・´)ムチャ?




そして、公式アタックのあと小雨がパラパラと降り出すというミラクル。小雨がもう少し早かったら、この記録は無かった。



IMG_22362

ちなみに15時の最新雨雲レーダーの状況。(XバンドMPレーダー)

舞洲の周りはじゃんじゃん雨が降ってたんだな~。絶妙にそれてる。うーん、晴れ男ばんざい!


<ここから横道> ちなみに、横道に逸れるけどXバンドMPレーダーは最新の気象レーダーで、ほぼリアルタイムに雨雲の様子がわかる凄い奴。 XRAIN雨量情報 地域選択 「XバンドMP(マルチパラメータ)レーダ:従来の広域レーダに比べ、高頻度(5倍:5分間隔→1分間隔)、高分解能(16倍:1kmメッシュ→250mメッシュ)での観測が可能です。」 集中豪雨が迫ってるとか、もうじき雨が止むか、とかがリアルタイムにわかる。スマートフォン用のアプリもたくさんあるので、とっておいて損はないよ~。アプリストアで検索してみてくだされ。 </ここまで横道>



◆今回のAD08R VS Z2ガチテスト結論

 

猛ドラではAD08Rの方がZ2よりちょっとだけ速い

 

その差は、50秒ほどのコースで恐らく0.3~0.4秒前後。これを大きいとみるか小さいとみるかはその人次第。そして、AD08Rの1発目からのグリップはホンモノ。すごい早く熱の入るタイヤになったと思う。これ、猛ドラだと3周ぐらいでタレるんじゃないかな?

実際に大きなサーキットの周回だと、車速が高くて直線も長くてタイヤが冷える時間があるから、猛ドラほどタレないとは思うけど。

15インチ8Jに205/50R15の組み合わせで、適正エア圧は冷間2.3ぐらい。もしかするともっと下かも知れない。Z2とは逆だなー。



IMG_22264
AD08R 205/50R15


コレがだいたい、新品から合計10本程度走ったAD08Rの表面。見ての通り溶けまくり。ヨコハマさん、ホントにジムカーナ向けに振ってきたんだなーという感じ。


感覚的な話になるけど、Z2は縦と横のグリップ境界がはっきりしてるのに対して、AD08Rは横グリップが高めで縦との境目はぼんやりしてる感じ。

Z2は比較的スイートスポットが狭く、ダメはダメ、成功なら成功って感じで、ある意味わかりやすい。昔で言うところのRE-01R的なタイヤというか、先生的というか。コレはコレで良い。適正エア圧もそんな感じ。まあ、高めならOKって感はあるけど。

AD08Rは、スイートスポットが広くて、ごまかしが効くと言うか、悪く言えば"本当に美味しいところ"がわかりにくいと言うか。自分が限界だと思った蛇角よりも、さらに切ったところにまだグリップありそうな感じ。エア圧も適当でちゃんと走るけど、適正の善し悪しは数字にはっきり出る。指摘が優しい先生という感じ。

と言いつつも、上記はかなり誇張した表現なので、どちらを買っても後悔はしないと思う。結果からしてピーク性能はAD08Rが若干リード。ただライフはわからないので、その辺は今後使っていってレポートしていくつもり。

昔のAD07は4部山切ったあたりからまるで食わなくなってたけど、どうかなあ~。Z2は安いけど減るのがかなり早い印象なので、実際のライフは結構短かかったりする。実際のコストパフォーマンスは難しいねぇ。

(0部山まできっちり使えたRE-01R再販して欲しいよ・・・)


と、いうわけで、

プロジェクトSSKは無事大成功


を収めたのであった。


・・・こういうのがキマった時の高揚感ってすごいよね!


(僕はここ最近まるでキマってないので全然高揚してないよ!)


m1-ssk-ultra[5]
「わしにハンドル握らせたら誰も前は走らせんけぇ~」 と聞こえてくるようです(勝手に書きました)

m2-oilman-super[3]
OILMAN号ちょうかっこいい・・・。


おそるべし、J58G広島軍団。

 

ロードスター オーナーズ クラブ  CLUB J58G HIROSHIMA

 

その後、脳内快楽物質がでまくって驚異的にゴキゲンになってしまったSSK氏は、周囲の「うわぁ~あの人めちゃくちゃ機嫌いいよぉぉ~とんでもなく機嫌いぃよぉ~(;´Д`)」という声を背に、笑顔で講師活動をしまくり、いったい何台乗ってるんだ!?というぐらいニコニコで人の車に乗りまくりオーナー殺しまくりの走る永久機関殺戮マシーンと化していた。

 

SSKドライブを体感して鼻血ものだった方は10人以上おられるだろう。こんな機会はなかなか無いよ!

 

SSK Comment:今年も参加させていただきました。
毎度の事ながら運営大変ご苦労様でした。

今回は、たくさんの方の車に乗らさせていただきました。
TOTAL10台以上?流石に厄年のおっさんにはちとコタえました…(笑)
又参加させていただけるようでしたらよろしくお願いいたします。

追伸:めが君。一番ヤバいスピンをやらかしてしまい申し訳ありませんでした。
この償いは体で…(寒)

 

さすがのSSK氏も滅多に乗らないミッドシップに苦戦した様子。

その後、広島大阪間をたったの3千円ちょっとで結ぶすし詰めの夜行バスでSSK氏を毎回猛ドラに召還すれば、我々講師陣はめちゃめちゃ楽ができて参加者さん達も大喜びなんじゃないのか、という議論が真剣になされる猛ドラ幹部会であった。(人権無視)

 

IMG_22693

広島から遠征してあっさりと金巧と赤巧、そして最速のコースレコードまでゲットしてゴキゲンすぎる彼らを自宅に連れ帰る。猛ドラの疲れで意識が朦朧とする中、深夜まで酒が入って機嫌の良い二人に絡まれているぐが、そこにはいた。


「僕の猛ドラは朝まで終わらない」




--- プロジェクトSSK 完 ---

 


DSC_56624[7]

 

 

と言うわけで、珍しく真剣でハードボイルド(?)なノリで書いてきたけど、このあとは「本来の猛ドラ」なノリでまったりと

 

「猛ドラ11◆写真つれづれ&激闘!撃チャレ編」

へつづく。

 

◆猛ドラレポートリンク集
猛ドラ11◆写真つれづれ&激闘!撃チャレ編
AD08RとZ2をガチ比較してみた◆猛ドラ11
猛ドラ10◆走れ!戦え!新装開店!
猛ドラ09◆みどり号&dai号アシつれづれ
猛ドラ09◆参加者編
猛ドラ09◆設営準備編
猛ドラ08◆当日編:青走るの巻
猛ドラ08◆準備編
猛ドラ07◆参加者編その2
猛ドラ07◆参加者編その1
猛ドラ07◆寝て来たことは多分まだ無いです【前編】
猛ドラ06◆まさに焼け焦げなう
【雨でも】猛ドラ◆05その2【楽しい】
【雨でも】猛ドラ◆05その1【楽しい】
猛ドラ04◆参加者編
猛ドラ04◆写真でつれづれ
猛ドラ03◆参加者編
猛ドラ03◆その1 写真でつれづれ
猛ドラ02◆X'MAS大運動会その2【走行編】
猛ドラ02◆X'MAS大運動会その1
心機一転!ゆるいぞ猛ドラ第1回




このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - AD08RとZ2をガチ比較してみた◆猛ドラ11  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

トラックバック一覧

« 前の日記『 猛ドラ◆11公式アタック結果公開! 』 『 MTE37各1セット限定放出だよ~【22:34受付終了】 』 次の日記 »
ロードスターでモータースポーツ&DIY / 当サイトは全ページリンクフリーです。 Copyright(c) Gussan / MRRS All Rights Reserved.
Since 2004 -10 visit : ,,