ロードスターでモータースポーツ&DIY 当サイトは全ページリンクフリーです
猛烈ロードスター ヘッダイメージ


【秋の気配の猛ドラ29★9月24日(土)開催】
満員御礼!ありがとうございました!(・ω<)ノ
詳しくは 猛ドラWEBにて!
猛ドラレポート集も参考にしてね(・ω<)(猛烈ロードスターレポート猛ドラ参加者レポートみんカラで猛ドラを検索


最新ブログ
16/07/13【やっぱ】MTE37とNDロードスターのホイール重量【軽い】 NEW
16/07/13【MTE37】第4弾ラスト放出&装着写真ギャラリー NEW
15/12/07いくぜ!マツ耐:マツダファンフェスタ2015岡国【速報編】 NEW
15/12/04いくぜ!マツ耐:マツダファンフェスタ2015岡国【前夜編】 NEW



協賛:タイヤガーデン豊中 ご来店時は猛烈ロードスターを見たとお告げくださいませ~。
 トップロードスターいろいろバックナンバー猛烈アンテナ
 猛ドラ「ぐ」の揮発つぶやきツイッターみんカラタイヤガーデン豊中

10月23日 『 ある意味永久電池 』昨日も使ったCanon D30、購入から約3年以上ほとんど毎日のように使い倒して...
10月25日 『 続バッテリ、子ネタ、戯言 』普及デジカメの限界にぼーっと挑んでみた昨日のボツ写真。このサイトの大半は、マツイ...
11月05日 『 20Dは、速かった 』中学生の時にAE-1、高校卒業したぐらいにふと思い立ってFinepix700、写...
11月07日 『 自分で頭を打つ 』数日前にセレナのドアを開けて、ナゼか額にドアを激突させてしまい腫れてしまった。タ...
11月12日 『 トーキョー砂漠放浪記(前編) 』シゴトでトーキョーに行って来ました。20Dの実力チェックも兼ねてバシバシと撮影。...
11月13日 『 トーキョー砂漠放浪記(後編) 』夜中中聞こえるバタバタガサガサというラップ音とぴちょんぴちょんという水のしたたる...
11月15日 『 法事とオヤジ 』お祖母さんの何回忌だかで神戸方面へ。叔父一家に会う。相変わらず会った直後にデカい...
4月01日 『 流し撮りについて考える 』何回か前の練習会で、モータースポーツを主に撮られている方に写真を撮っていただきま...
6月07日 『 避けて通れないホコリのお話(20D) 』デジタル一眼ホコリのお話。
6月13日 『 ホコリその後 』サービスに出してみた。EX-P505買ってみた。

「 ある意味永久電池 」

04/10/23(土)
  |  TrackBack 0

image昨日も使ったCanon D30、購入から約3年以上ほとんど毎日のように使い倒してもうボロボロ、そして付属のリチウムイオンバッテリが全然保たなくなってきている。大体50枚ぐらいで止まっちゃう。もうダメなのかなーと少し調べてみると、Liの耐用充放電回数は300~500回。3日に1回フル充放電してると、早ければ約3年で終了。そろそろ寿命なのかも。

でもバッテリは3個もあるのに全部が寿命というのも変、しかも止まったバッテリは、少し待てばまた10数枚ぐらい撮れたりする。何か変。

さらに調べてみると、Liバッテリはマイコンで充放電容量を管理していて、回数を繰り返す内に完全に充電できなくなってくるらしい。完全放電&充電を3回繰り返すとリセットされてちゃんと充電されるとか。じゃあやってみましょうって事でオートパワーオフを切って、スライドショー状態でひたすら放置作戦に。バッテリの接点は伝説の特殊接点復活剤コンタクトZで全て処理。

そしてスタート・・・1時間程で切れた。ふむふむ。

30分待ってON、スライド再生・・・30枚ほど再生して切れた。
また 30分待ってON、スライド再生・・・30枚ほど再生して切れた。
また 30分待ってON、スライド再生・・・30枚ほど再生して切れた。
また 30分待ってON、スライド再生・・・30枚ほど再生して切れた。

また 30分待ってON、スライド再生・・・30枚ほど再生して切れた。
また 30分待ってON、スライド再生・・・30枚ほど再生して切れた。
また、30分・・・


日付が変わりAM4時前・・・あの・・・いつまででも動くんですけど・・・。
感覚的にはゴクウがみんなに元気でも貰ってるかのように、カメラ内で勝手に充電してる気がしてなりません。一晩寝て起きたらめちゃくちゃ充電されてたらどうしよう。

◆更新情報:「掲示板」やっと追加しました


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - ある意味永久電池  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「 続バッテリ、子ネタ、戯言 」

04/10/25(月)
  |  TrackBack 0

image普及デジカメの限界にぼーっと挑んでみた昨日のボツ写真。このサイトの大半は、マツイ君に「いまどきそんな・・・」と頬を赤められてしまったゴツイA40で撮ってます。単三使える200万画素機。

でも構造に無理がないから普通に綺麗なんだよね。コレにNeatImageを組み合わせると最強超ノイズレスデジカメのできあがり。ディティールを崩さずノイズだけをほぼ完璧に取り除いてしまうNeatImageの威力は凄まじいの一言。仕方なしにISO400で撮っても実用になっちゃう。D30なら1600が実用に。



imageこんなかんじで。→
素晴らしいコンセプトだけどちょっと玄人向けで絵は割とノイジーなリコーのデジカメなんかには超マストです(マストですよ、Oさん)。試しにGXのサンプルを専用Profileでデフォルトリダクションした絵がこんな感じ。ノイズがのりやすいシャドー部(頬の影とか)のリダクションなんか素晴らしいですな。リコーがキヤノンになっちゃう感じ。

バッテリー
3本あるバッテリーにB1~3のシールを貼り充電放電を繰り返してみた。B1は1度目の充電後1時間18分、2度目に1時間26分、3度目はおでかけ中に落ちてしまったので未計測だけど確かに割と伸びてしまった。テスタをあててみた所、公称7.4vのバッテリを全放電時に6.95v、完全充電で8.25v。

それでB2、3はと言うと、充電後に8vちょい、スライドを開始させると5分で停止・・・え?電圧は8v。再スタートさせるとまた5分で停止。電圧は同じ。駆動電圧が十分あるのに停止してしまう。バッテリに少し細工をしてD30の電圧検出をカット(こうするとバッテリーメータは常時フルになる)して動かしてみても、やはり突然停止してしまう。

さんざん調べた結果、リチウムイオンは過充電・過放電にとにかく弱く、どちらかと言うと過放電が一番まずいらしい。というのも内部のマイコンがバッテリの電力で動いている為、完全にゼロになると充電すら出来なくなる為。なので、マイコンは自分のバッテリ容量が少ないと判断すると、自動的に出力をカットする機構がある。僕のバッテリは電力があるにも関わらずこのカット制御が動いてしまってる模様。だから何度でも電源が入って、すぐにカットされるを繰り返す。そしてこの内部マイコンの制御方法は・・・完全なブラックボックスで打つ手がない。ダメ元で一度キヤノンサービスに持ち込んでみようかなあ・・・。

遠い記憶を辿ってみると、数日充電器で放置プレイしてしまった事があったような無いような。そのせいで内部マイコンの容量判断がアホになってしまったのかもしれない。D30付属の充電器はほっとくといつまでもトリクル充電(点滴のように少しずつ補充し続ける。溢れてもね)してるみたいで、停止はしないのね・・・。

結論:リチウムイオンバッテリはリフレッシュ作業でちょっと回復するかも

と言うわけで、 皆様も過充電・過放電にはお気をつけ下さい。

◆更新情報:「リンク」に下記サイトを追加
Garage502・・・オガタさん@NA8
-Quattro NBⅡRS-・・・リョーヘイくん@NB2
GENGEN GARAGE・・・GENさん@NA8
AOKI
ENGINEERING
・・・アオキさん@GC5レガシィ


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 続バッテリ、子ネタ、戯言  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「 20Dは、速かった 」

04/11/05(金)
  |  TrackBack 0

image中学生の時にAE-1、高校卒業したぐらいにふと思い立ってFinepix700、写真にハマってまたAE-1、友人キムに影響されEOS5、写真撮りすぎてフィルム代がツラくなったので思い切ってD30、その後「撮り放題だけど終わってるデジタル一眼D30」の呪縛に長い間苦しめられ(約3年)、D60も10Dもレンタルしながら使っては思いとどまり、ついに大本命「EOS7クラスは超えてるデジタル」が出た・・・20D。

店頭で触って驚き、実際に購入してさらに驚き、文句の付け所無し。スイッチを入れた瞬間から使える起動速度(0.2秒)、スリープからの復帰も一瞬で、試しにスリープから全押ししても一瞬でシャッターが切れる。これだけ速ければ「復帰が遅いから仕方なくスリープオフ」しなくても済む。撮影直後に表示される液晶のプレビューも一瞬。AFも爆速。「AFが迷うってなんですか?」みたいな勢いで合焦しちゃう。"ストロボ連写AF補助光"ピカチューフラッシュ(失神注意)により、真っ暗闇ですらほぼ一発でシャッターが切れる。ISO1600が言われなきゃ気が付かない程の低ノイズ。2000年9月に出た初のキヤノン民生機D30から4年、とんでもないぐらいに進化してます。イイ時代になったなぁ・・・。

参考までにD30(36万円) 00年9月 http://www.canon-sales.co.jp/camera/eosd/d30/index.html
その直前のD6000(360万円) 98年11月 http://www.canon-sales.co.jp/camera/eosd/d6000/index.html
さらにその前のD2000(198万円) 98年2月 http://pc.watch.impress.co.jp/docs/article/980202/d2000.htm

同時に買ったEF17-40F4L。28mmぐらいの画角なんてもうカラダが忘れてしまっていたので、ものすごく新鮮。色ノリもシャープさもボケも文句無し。赤はちまきバンザイ。テキトーにその辺に転がっていた社長の息子でも撮ってみる。
実はドアンダーですスイマセン。

image
彼なりのピースと、セカンドカーのエルグランド(レベル補正&アンシャープマスク 17mm(27mm相当) ISO:100 f/5)

image
愛車のエルグランド、タイヤレス仕様。(40mm(64mm相当) ISO:800 f/8)


ドナドナその後
・デフは壊れておらず、実はフロント
・パワステラックが終了。右にガタが出ている。
・左ブレーキパッド回りの金具が外れてローターと引きずり・・・
  「誰が取り付けたんですか?」「さぁ・・・誰でしょうねぇ・・・」
・左のガコガコ音はまだ調査中


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 20Dは、速かった  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「 自分で頭を打つ 」

04/11/07(日)
  |  TrackBack 0

数日前にセレナのドアを開けて、ナゼか額にドアを激突させてしまい腫れてしまった。タンコブ。この年で。数日前もジムカで"チャリンコウィリー遊び"をして転倒。ふくらはぎに超巨大な青タン。この年で。

image

今日になって激突させた額周辺に痛みが出て、頭皮と耳の穴が痛い病。ヨメ様の誕生日にジムカに行ってからというもの、ロドスタは参加直前に壊れ、自分でドアを頭にぶつけ、チャリンコでコケ、何らかの強大なパワーを感じずにはおられません。ヨメ様ゴメンなさい・・・じょ、成仏!!

20D&RAW&Degital Photo Professipnal&Neat Image
20DのRAWを使ってみた。適当に玄関でわさわさと生えている何かを適当に。

image
20D EF17-40F4L (17mm) f/4.5 ISO:800 RAW

RAW撮影、DPPで露出補正&WB調整&トーンカーブ調整、PhotoshopでNeatImageノイズリダクション、アンシャープマスク。緑が映える様にDPPで現像してみた。赤いハロゲン光の下でテキトーに撮った写真を、画質劣化をほとんど気にせず簡単にココまで持ってこれてしまう。これぞRAWの神髄。素晴らしい。D30のRAWはなんにもできなかったからなぁ・・・3年呪縛の解放を満喫中。

ド寒くなる前に久々に"本気クルマ撮影"でもしたい気分。アングルファインダ導入で地面に頭密着して撮影しなくて良くなった。タイマーリモートレリーズで、セルフタイマでピーピー鳴りながら1カット切るのに10秒待たなくてよくなった。本体の制約で30秒露出の制限も無くなった。もはや敵無しな気分。オラオラっ、なんでも撮っちゃうぞっ。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 自分で頭を打つ  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「 トーキョー砂漠放浪記(前編) 」

04/11/12(金)
  |  TrackBack 0

imageシゴトでトーキョーに行って来ました。20Dの実力チェックも兼ねてバシバシと撮影。


image
AM5:26新大阪

社長を捜します

image
苦しむ社長

さっそうとトイレから登場。前日に変な物食べたらしくピーピーです。ガンバレ社長。

image
のぞみカッチョイイ

真っ暗です。社長とどうでも良いPC-9801の話なんかしつつ気が付くと名古屋。さらにどうでも良い話をしながら、そろそろ気持ち悪くなってもう無理ですと思った頃品川へ到着。僕、新幹線って船酔い状態になります。山手線で新宿へ。

image
なんか無茶苦茶人多いんですけど

毎回人の多さと女子高生のスカートの短さにヤラれてしまう大東京です。人に酔います。タクシー拾って現地の高級ホテルへ

image
オレたちわき毛 ワキあいあい

COOLな広告です。
imageどこかの高級ホテルに着きました。ゴーヂャスです。ガイジンさんもいっぱいです。ブルジョワな感じです。

image
ゴールデンエレベーター

エレベーターもやりすぎな感じです。シゴト中全く座れないので引きこもりな僕は普段使わない足腰に壊滅的ダメージ。撮影の方は、去年のD30から比べて劇的に効率UP。パッと行ってズバっと撮ってピッと帰る。早い早い・・・こりゃ凄い。ちゃっちゃとシゴトも終わり立食パーティタイム。参加者じゃないけど食べて良いらしいのでちょっとだけ頂いたりして

image
無茶苦茶残ってたんでタッパーで持って帰ろうかと思いました

美味しいんですけど、超庶民な僕には味付けが刺激的すぎて・・・。ヒットポイント残り4ぐらいになりながら、帰りがけにロビーで綺麗なツツジが置いてあったので、しゃがんたり天を見上げたりとダイナミックな姿勢で撮ってたら、通りすがる人たちからとても熱い眼差しを感じました。恐らく僕のファンですね。何故かサインは求められませんでした。みんなシャイですね。

image
28mm(45mm) ISO:1600 1/25sec f/11

社長はその後恐い人たちにどこかへ連れて行かれてしまったので、一人で高級ホテルからビジネスホテルへ帰宅。ベッドにFMラジオが備え付けてあり、トーキョーのFMが聴けると思いちょっと嬉しくなりました。電源ON「サー」チューニングダイヤルを回す「サー」回す「サー」選曲の表示は・・・変わらない。壊れてる・・・うっうっうっ・・。大浴場があるらしいので、風呂に入る事に。部屋には浴衣が置いてある。浴衣ってどう着るんだろうか・・・(着た事無い)

image
あってるのか?

スカスカ(2,3人)の大浴場で水しか出ないシャワーと格闘(連射)しつつ(50連射ぐらいでやっと湯が出た)、泡風呂で浮かびつつ、水風呂とサウナを行ったり来たりしてる人が出てくる度に「ィヨッシャァ!!」という声をあげるのにビクビクしつつ、その人の髪型が若干テクノカットな所に10年前にタイムスリップしたような錯覚を覚えつつ、風呂を満喫。やはりデカい風呂は良いです。ホテルの料理は全く食べた気がしていなかったので、浴衣でコンビニへ。

image
チャーシュー弁当、おーいお茶、ポテロング、ごまプリン、久々に買ったオプション2

チャーシュー弁当サイコー!!おーいしー!!(庶民印)
ハラも膨れて大満足。部屋が9Fだったので、夜景撮影(長時間露光)のテスト。

image
17mm(27mm) ISO400 30sec f/22

なんだかんだでビジネスホテルライフを満喫して、次の日につづく。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - トーキョー砂漠放浪記(前編)  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「 トーキョー砂漠放浪記(後編) 」

04/11/13(土)
  |  TrackBack 0

image夜中中聞こえるバタバタガサガサというラップ音とぴちょんぴちょんという水のしたたる音のせいなのか、浴衣がはだけて真っ裸のせいなのか(結局服に着替えて寝た)、慣れない枕と布団のせいなのか、AM5時ぐらいまで寝付けずに朝を迎える。うーん、眠い。ちなみに音は屋根裏のネズミと微妙に壊れてるトイレでした。

午前中に打ち合わせがちゃちゃっと終わったので、残りの時間はトーキョー観光。今回の目標物は巨大ビル。デカい建物は理屈抜きにカッコイイ。と言うわけで、目指すは都庁こと、石原軍団の総本山です。(違うって

都庁を目指して新宿をウロウロします。ん、なんだこりゃ

image
ミロードは あっちだ像 ドロミ

撮ってしまった僕は作り手の思うツボです。僕は観光客さっ。

image

道中にも無闇やたらにデカいビルが乱立。カッチョイイ。

image
あ、見えた

ありました。超巨大合体変身ロボ東京都庁。日本がピンチの時には大阪のスカイビルと名古屋辺りで合体して戦ってくれると思います。

image
それ、傘だよね?

都庁の下で傘を振り回してる人がいました。そして都庁。

image
でかっ

コレのてっぺんで石原さんがソファーでゴロゴロしながらポッキー食べて"いいとも"見て笑ってるかと思うと、僕もそんな生活がしたいと思いました。(嘘です石原さんゴメンナサイ) 無料で上に上がれるらしいので行ってみます。

image
これはまさしくリアルシムシティー

クルマとかヒトとかざざーっとかき集めて左下の楕円の所にでも流し込んでやりたい衝動に駆られます。

image
高出力レーザー砲×6機搭載

てっぺんについてる高出力レーザー砲。片方に6機ずつ搭載されていて都庁のピンチには強力な何かが出る様な気がします。都庁を満喫したので、次はガラリと趣向を変えて明治神宮へ。途中で竹下通りを発見

image
人で埋まってるんですけど・・・

入る根性なんて無いので、入り口で十分満喫しました。(人混みに入ると弱ります)

image
明治神宮入り口

ガイジンさんがめちゃめちゃ多いです。中はまさに森というか杜とうか、樹木が生い茂っていて、とても都会とは思えない感じ。空気が全然違う。めちゃめちゃリフレッシュ。

image
40mm(64mm) ISO400 1/50sec f/4.0

全然色づいてないけどモミジは形が綺麗でイイです。境内は七五三の人やら結婚式してる人やらでなごやかムード。セルフタイマーできずに苦しんでるお父さんの代わりに撮ってあげたりして自己満足。イイ所でしたが、前日壊れた足腰は既に崩壊ムード。歩きすぎました。太股がぷるぷるするっ!


image
いやあ、めでたいね

帰ろうとすると山手線が人身事故で電車停止。壊れた足で渋谷まで歩く事に・・・うぅぅ。ついた頃には電車も動いていて、そのまま品川へ。大阪で気に入ってる店の関東版のようなFriday’sで晩ご飯。美味。

image
料理も店内もアメーリケンな感じでナイスです

そして新幹線でまた船酔い状態になりながら帰宅。さすがに寝てました。なんのオチも無く 完。

今回気が付いたこと
 ・運動不足
 ・意図して傾けまくってたら知らぬ間に写真傾き病(水平とれない病)になっていた
 ・新幹線の洋式トイレはくつろぎ空間


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - トーキョー砂漠放浪記(後編)  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「 法事とオヤジ 」

04/11/15(月)
  |  TrackBack 0

imageお祖母さんの何回忌だかで神戸方面へ。叔父一家に会う。相変わらず会った直後にデカい屁をして「ホッホッホっ」と笑う叔父。陽気で真っ直ぐで涙もろく屁は我慢できず年頃の娘の事で頭が痛くて仕方ないという、絵に描いたような人のイイオッサンで、僕はこの叔父が親戚の中で一番好きだったりする。

叔父は大工さんなので、クルマイジりに使う板や木材をいくつか貰った。助かる。

image
仕事が早い


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 法事とオヤジ  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「 流し撮りについて考える 」

05/04/01(金)
  |  TrackBack 0

何回か前の練習会で、モータースポーツを主に撮られている方に写真を撮っていただきました。

image

ぬうううう・・・なんというスピード感。クルマはもう一つ格好良くないけど、写真はとてもカッチョイイ!
というわけで、僕もカッチョイイ流し撮り写真を激しく撮りたくなりました。(影響されやすい)

ちなみに僕がこういう写真を撮ると「手前にピントあってるけど奥はぼんやり」とか、奥から迫ってくる写真だと「バンパーにピントあってるけどドアから後ろはぼんやり」とか「ドライバーにだけピントが合ってる」
とか、よくなってしまいます。

image
約160mm 1/200sec f/6.3

こないだの備北@ワタナベ号。最近1/60で失敗が多すぎたので、1/200にしたら・・・やはり寂しかった。そして、なんかぼんやりしている。

調べた結果、差はどうやら「絞り」と「シャッター速度」・・・流し撮りはめいっぱい絞るみたい。シャッター速度は画角にもよるけど、1/60以下みたい。あ、あともう一つ、決定的な差が・・・



・・・腕。練習しよっと。

160mm(105mm)より長いレンズ持ってないのも、ちょっと問題。誰か貸して~と言おうにも、周りにキヤノンユーザーが全然居なかったりする・・・・なので走行会スペシャルレンズにTAMRONSIGMAの18-200mmが欲しい今日この頃。画質はともかくとして、撮る物がころころ変わる走行会は一本で済ませたいですわ。

リンク追加「Roadster
& Bikes

ひろぽくんのサイト。ひろぽくんと書くとなじみが無いんだけど、クルマを見ると誰だか一発でわかってしまう個性的なロドスタにお乗りのひろぽくん。ネオクラシカル路線なのにターボだったりドリフトしたりする絶妙なアンバランス加減が最高です。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 流し撮りについて考える  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「 避けて通れないホコリのお話(20D) 」

06/06/07(水)

こないだデジイチのお話をしたので、ついでにホコリのお話。

現代のデジタル一眼は、極一部の機種をのぞいてCCD上に載るホコリ(or チリ・ゴミ・油)の問題がついて回る。 そしてコレが結構厄介な問題だったりする。20Dとて例外なく。以下の写真をご覧頂きたい。

image
姉さん@Photo by Ogawa/ノートリミング

クルマの鼻先とリアバンパーの後方を拡大すると

image

コレがゴミである。さらに

image
友蔵号@○神ドライブ Photo by Ogawa/ノートリミング

こういうフラットに背景がある場合、さらに目立つようになる。WEB上に掲載する程度ならさほど目立たず、 車体中央上の一点しか写ってないように見えるが、わかりやすく画像加工して拡大してみると

image 
ホコリ祭り

こうなる。もうゴミだらけ。実際にプリントしたり、何かしら加工するとボロボロ見えるようになってしまうので、手間がかかって仕方ない。

撮像素子のゴミって何
カメラで言うところのフィルムに相当するのが撮像素子。CCDとかCMOSとかって呼ばれている物。レンズ交換式一眼デジタルは、 構造上どうしてもこの素子の上にホコリやゴミ・チリが舞い込んでしまう。機械部分からのゴミや油分も出る。フィルムならば、 ホコリが載ってもシャッターを切れば巻かれて次の部分へ行くので、ゴミが写るのは一枚で済むが、 デジタルの場合は全ての写真にゴミが写り込んでしまうので、ヒジョーに厄介なのである。少々カメラ的な話をすると、絞り開放付近ではほとんど写らない。絞り込んだときだけ写る。

一応自分でクリーニングも出来るのだけど、撮像素子に直で触る行為はヒジョーにリスキーであり、 一度傷でもつけようものなら修理送りになってしまう。というわけで、 ホコリが増えてきたらサービスセンターに持ち込んでプロにクリーニングして貰うのが一般的。大体どこでも無料でやってくれる。

ウチのもぼちぼちホコリ山盛りに(写真に写り込むように)なってきたので、どれほど載っているか確認してみた。

確認方法
用意するものは「白い紙」と「フォトレタッチソフト(今回の例はphotoshop)」。 ウチでは白が安定するようにフラットヘッドスキャナのフィルムスキャンユニット(ほぼライトボックス)を使ってみた。 ようは白ければなんでも良い。

image
ちょっとわかりにくいけどこんな感じ

カメラの設定は

・記録方式:RAWの方が綺麗に出るけどJPEGでもよし
・AVモード:最大絞り(一番大きな数字。22とか。)
・フォーカスモード:MF(無限遠)
・露出補正:+2

で、白い紙をめいっぱいになるように撮る。こんな風に写る。
 
image
RAW現像時にパラメータで「明るさ:0」「コントラスト:0」「シャドウ:0」「シャープネス:0」 「偽色低減:0」にしたもの。ようは限りなく無補正。

この状態なら「あー、確かにちょっとゴミがあるなあ」程度。だけど、コレをレタッチすると本当のゴミが見える。

「レベル補正」で、

image 

こうなってるのを

image

こんな感じにする。PHOTOSHOPなら「自動補正」でOK。ようは、写ってるレベルの部分だけをコントラスト強調して見るような感じ。 すると以下のようになる
 
image 
レベル補正→グレースケール(モノクロ)にしたもの。

という感じで、激しくゴミだらけである。変なスジとか写ってるけど、コレは被写体側の明暗差。 四隅が暗いのはレンズの特性。最初の2枚の写真と重ねると、当然ゴミの位置が一致して面白い。 オレンジで囲った部分のゴミが特に大きく、写真によく写る。

で、ちょいと自分で掃除してみようかとネット上で調べてみる。「カメラを下に向けてスローシャッターで連射」 という情報を見つけて試してみるも、全く変化なし。長いこと放っておいたから、しつこくこびりついてしまっているのか。次に最も簡単な 「ブロアーで吹く」をやってみた。

image
カメラ近づけすぎてロゴが写ってしまった

ちょっと減った。丸の中の一番大きかったゴミは大体とれたようで一安心。ただし、重ね合わせて見てみると「無くなったゴミ」と「増えたゴミ」 があった。つまり、吹き飛ばされて移動しただけの物もある。

細かいゴミが全くといって取れなかった。コレは恐らく「油」と予想。油なら、拭き取り清掃する以外は落ちない。 最も大きかったゴミは恐らくホコリで、コレは撮像面に載っていただけなんだと思う。だからブロアで吹く程度で落ちる。 ホコリは写り方がちょっと横長で、油っぽいのは完全な丸だったりする。

とまあ、そんなワケで近々サービスセンターに持ち込む予定。

ちなみに、掃除を思い立ったきっかけはこんなのを見つけたから。 類似品も含めてちょこっと調べたけど、たぶんブロアーで吹いてとれない程のゴミには無力なのではないかなーというのが個人的見解。 リスクはあるけどニコンの純正清掃キットの方が良いのではないかと思う。 でもやっぱり、個人的にはやりたくない作業。クルマの塗装面と同じで、うっかりホコリの上から拭いたら絶対に傷が入るもの。

というわけで、ホコリのお話でした。

次買い替えるなら、ホコリ問題を解消したデジイチが良い。そして願わくばフルサイズセンサ。さらに願えば軽いの。さらに願えば超高感度で(以下略


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 避けて通れないホコリのお話(20D)  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (7)  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「 ホコリその後 」

06/06/13(火)

キヤノンサービスに持ち込んだ結果。

image
before

image
after

ちょびっと残ってるけど、ほとんど取り除れた。よかった。

・・・ただ、液晶画面の中(液晶表面とカバーの隙間)にホコリが多数・・・こんな目立つのあったっけ?出す前はなかったはずなんだけど・・・ 。もう一度持ち込んでみる。

CASIO EX-P505
カメラネタついでに。

思うところあって車載ネタの時に書いていたCASIOのEX-P505を買ってみた。 ほぼ底値かも。 僕はヤフオクで、数回使用の新同品を2万以下で購入。RAYNOXのコンバージョンリングアダプタをつけて、S2ISのワイコンを装着。 車載してみたらばっちり。ワイコンなくても欲張らなければ十分使える画角。
 
image
EX-P505標準画角

image
ワイコン(SRW6600-58)装着

S2ISとの比較なら、車載はP505の方が断然良いです。変な衝撃ブレの原因が、たぶんわかった。 P505はブレないので。買ってみないとわかんないなーと思ってたから買ってみたのです・・・ おそらく予想通りですよトシユキくん。

車外でクルマ撮りすると話になりませんけども。(手ぶれ補正ないのでブレまくり) こちらはS2ISの圧勝。

でも結構、ちーこくてお気に入り。>P505
つっこみどころは多いけど、2万なら全部許せる。

独り言
しわくちゃメータ、いよいよ針がひっかかりだす。全開時、4000回転で貯めをつくり、 急激に7000まで跳ね上がるというなんともドラマテッィクな演出。・・・いや、そんな演出いらんから。

重い腰を上げようか・・・。


でーらーからハガキが届いた。

「そろそろお車検でございますね」


な、なんだってー!!!??


忘れてました。財布がブローしそう。

車高あげなきゃ。電車オフセット履かせなきゃ。マフラー抜け気味で五月蠅いし、なんかガス臭い(触媒ついてるのに)んだけど、通るのですか?  エンジンオイル、オイルパンから漏れまくりです。11万キロでオイルパンから漏れる?3万キロで買った時から内装ボロ過ぎだった我が愛車。 ドウカンガエテモ3マンキロノジョウタイジャナイヨ!!(カタコトの日本語で)・・・今何キロなんだろう。腰下16万キロぐらいと予想。 ジョイントブーツからグリス漏れてるところも数カ所。


重い腰をあげようか・・・。



町乗りしてたら、恥ずかしいほどにシートがぐっしょり。もう夏がくるのですね。そうそう、エアコン壊れたままなのですね。暑いですね。

重い腰を(略


私信
まつおかくん、たかつきさんには伝えたけど、舞台は備北でいかが。

・・・いや、その方が遊べるなーと思って。近いし。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - ホコリその後  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (12)  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  


【秋の気配の猛ドラ29★9月24日(土)開催】
満員御礼!ありがとうございました!(・ω<)ノ
詳しくは 猛ドラWEBにて!
猛ドラレポート集も参考にしてね(・ω<)(猛烈ロードスターレポート猛ドラ参加者レポートみんカラで猛ドラを検索


最新ブログ
16/07/13【やっぱ】MTE37とNDロードスターのホイール重量【軽い】 NEW
16/07/13【MTE37】第4弾ラスト放出&装着写真ギャラリー NEW
15/12/07いくぜ!マツ耐:マツダファンフェスタ2015岡国【速報編】 NEW
15/12/04いくぜ!マツ耐:マツダファンフェスタ2015岡国【前夜編】 NEW



協賛:タイヤガーデン豊中 ご来店時は猛烈ロードスターを見たとお告げくださいませ~。
 トップロードスターいろいろバックナンバー猛烈アンテナ
 猛ドラ「ぐ」の揮発つぶやきツイッターみんカラタイヤガーデン豊中
ロードスターでモータースポーツ&DIY / 当サイトは全ページリンクフリーです。 Copyright(c) Gussan / MRRS All Rights Reserved.
Since 2004 -10 visit : ,,