ロードスターでモータースポーツ&DIY 当サイトは全ページリンクフリーです
猛烈ロードスター ヘッダイメージ


【 ラスト企画 】
20/10/21[405製作確定]MTE37V&MDR57プロジェクトファイナル受付中[10月末締切] NEW



協賛:タイヤガーデン豊中 ご来店の際は猛烈ロードスターを見たとお伝え下さい!
 トップロードスターいろいろバックナンバーお問い合わせ
 猛ドラ「ぐ」のツイッターみんカラタイヤガーデン豊中

« 前の日記 「 実際はちょっと違うデジカメ画素数→有効画素数→実効画素数 」 「 つれづれ車検 」 次の日記 »

「 ソフトシンセに驚愕の巻 」

12/04/15(日)
  |  TrackBack 0

最近クルマに関係ない独り言ばっかり書いてるぐっさんですコンニチワ。今日は音。

 

DTM(デスクトップミュージック)に手を出したのが20年近く前。GM・LA音源てのから入ったと思う。その後YAMAHAのXGとか出たりして、そのときぐらいにソフトシンセが登場して、10年ぐらい前かなあ。DTM用の音源をハードウェア音源、PC上で動くのをソフトウェア音源って呼んでたと思う。

まあこのソフトウェア音源ってのが酷かった。もうしょぼい!めちゃくちゃ音がしょぼい!スーパーファミコンに毛が生えたようなペラペラの音(ある意味スーファミの方が音良いぐらい)で、とても使えたモンじゃ無かった。ハードウェア音源買えない人の緊急用って感じ。

まあハードにせよソフトにせよ、ギター、特に歪み系の音に関してはどうやったって「いかにも打ち込みです」って感じの嘘くさい音しか出なかった。カラオケで音楽ならすのに使われてるのが「音源」てヤツなんだけど、カラオケのギターってペーペーいってて超しょぼいでしょ?あんな感じ。(今はよくなってんのかなあ?)

ギターへの淡いあこがれが消えなかった僕は、いつも音源やシンセでギターの音に挑戦してた。GM→GS→XG→TRINITY→TRITONと使っていって、TRITON辺りでやっと、割となんかそれっぽい音は出てた。けどまあ所詮シンセかな~ぐらいの音だった。

 

 

んで、ふと最近のソフトシンセって・・・と思ってググったらエラいことになってた。

 

クリプトン | ELECTRI6ITY(音楽ソフトウエア)
Prominy SC Electric Guitar

ギターに関しては、ちらっと見た感じこの二本。

まずはサンプル。

Lynard Skynard - Sweet Home Alabama
Van Halen - Aint Talkin' Bout Love
Michael Jackson - Smooth Criminal
Guns N' Roses - Sweet Child O' Mine
Eric Clapton – Layla
Led Zeppelin - Stairway to Heaven
Toto - Hold the Line

 
Prominy SC Electric Guitar
(ここのデモサウンドmp3が一番)


コレがソフトシンセ・・・コレが打ち込みのギターだと・・・。

  
クリプトン | SHREDDAGE(サンプリング素材)

こっちは音源ではないけど、ページ一番下の「製品デモソング」がシビれる・・・というか、デモって枠超えてカッコよすぎ。なにこれカッコイイ。(ん?これFF?) 曲売ってくださいレベル。もしくはこんな曲バリバリ弾いてるアルバム誰か教えてください。インストのメタルでカッコイイのって見つけられない。

コレはまさにドツボ。ドツボがまさかのデモソング。

 


で、もしかすると「鍵盤でギター」という夢が叶ってしまうのか!?と思ってもうちょいググると

Ustream.tv: ユーザー autumnhills2010: Vol. 55 ギター音源ELECTRI6ITYを使い倒す

(注:1時間ぐらいある)


想像を絶する複雑さだった・・・光の速さで挫折。でも、お遊び程度に鳴らしても、僕が知ってる時代とは次元が違う。



クリプトン | ソフト音源

ボーかロイドから民族楽器まで何でも揃ってる。


個人的におおっと思ったのは

クリプトン | ソフト音源(オーケストラ楽器)
クリプトン | ソフト音源(エスニック)

から

クリプトン | VI VIENNA SPECIAL EDITION / STANDARD(音楽ソフトウエア)
クリプトン | ORCHESTRAL ESSENTIALS(音楽ソフトウエア)
クリプトン | ETHNO WORLD 5 PROFESSIONAL & VOICES(音楽ソフトウエア)


オーケストラサウンドは割とハード音源の得意分野だったけど、こっちももう次元が違う感じ。音が厚い。エスニック音源なんて一人ディープフォレスト。

最新のシンセでもたかだか数百MBのPCM容量なのを、ソフトシンセは今のPCパワーにどっかり載っかってPCM容量50GB超!メモリも最低4GBつんどけよ!とか鬼のようなスペックを要求して膨大なサンプルを力任せにブン回すわけで、そりゃ音でかなうワケもなし。

なんちゅうパワープレイ。すてき!


と言うわけで、知らぬ間に、ハイスペックPC一台あれば音楽ができる時代になってた件。

 

膨大なシンセから脱却してノートPCだけでライブするクールなクラフトワーク師匠。

と言っても、機材に囲まれるこの時代も好き。

 

関連動画で

嗚呼、輝かしい青春時代。

でもいまだに、この頃からの小室さんがショルキーやらギターをかついで一体何を弾いてるのか全くわからない件。



猛烈RS内を検索




このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - ソフトシンセに驚愕の巻  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

トラックバック一覧

« 前の日記『 実際はちょっと違うデジカメ画素数→有効画素数→実効画素数 』 『 つれづれ車検 』 次の日記 »
ロードスターでモータースポーツ&DIY / 当サイトは全ページリンクフリーです。 Copyright(c) Gussan / MRRS All Rights Reserved.
Since 2004 -10 visit : ,,