ロードスターでモータースポーツ&DIY 当サイトは全ページリンクフリーです
猛烈ロードスター ヘッダイメージ


【秋の気配の猛ドラ29★9月24日(土)開催】
満員御礼!ありがとうございました!(・ω<)ノ
詳しくは 猛ドラWEBにて!
猛ドラレポート集も参考にしてね(・ω<)(猛烈ロードスターレポート猛ドラ参加者レポートみんカラで猛ドラを検索


最新ブログ
16/07/13【やっぱ】MTE37とNDロードスターのホイール重量【軽い】 NEW
16/07/13【MTE37】第4弾ラスト放出&装着写真ギャラリー NEW
15/12/07いくぜ!マツ耐:マツダファンフェスタ2015岡国【速報編】 NEW
15/12/04いくぜ!マツ耐:マツダファンフェスタ2015岡国【前夜編】 NEW



協賛:タイヤガーデン豊中 ご来店時は猛烈ロードスターを見たとお告げくださいませ~。
 トップロードスターいろいろバックナンバー猛烈アンテナ
 猛ドラ「ぐ」の揮発つぶやきツイッターみんカラタイヤガーデン豊中

« 2014年03月 メイン 2014年05月 »

4月10日 『 NISSAN R35 GT-R試乗 2014年モデルに乗ってみた 』 日本が世界に誇るスーパーカー、日産R35 GT-Rの最新モデルで...
4月15日 『 ドラ○ンボール化していく死闘の撃チャレ◆猛ドラ15 』やばい!猛ドラ16(今週末)が始まっちゃう!で始まる3月の猛ドラ15レポート後編...
4月21日 『 猛ドラ◆16 「公式結果と扇形」と意味不明な供述 』以下に「公式記結果と扇形」をアップしました。 猛ドラ◆世にも珍しいノーマル車...

「NISSAN R35 GT-R試乗 2014年モデルに乗ってみた」

14/04/10(木)
  |  TrackBack 0

IMG_9128

日本が世界に誇るスーパーカー、日産R35 GT-Rの最新モデルである2014年モデルに乗る機会があったので、忘れないうちにメモ。ちなみに2012年モデルと2007年モデルも乗ってるので、その違いなどを「ぐ視点」によりおおざっぱにつぶやいてみる。

R35 GT-R 2012モデル:猛烈ロードスター

このときと同じく、やはり庶民なので縁の無いGT-Rの事なんて詳しくは知らない。(笑)
詳しいスペックなどは以下の日産公式ページ他をご参照のこと。


日産:NISSAN GT-R [ GT-R ] スポーツ&スペシャリティ/SUV
日産、「GT-R」を14モデルにマイナーチェンジ、600PSの「GT-R NISMO」を追加 / GT-R NISMOは、ニュルブルクリンクで量産車最速ラップ 7分8秒679を記録 - Car Watch
【インプレッション】日産「GT-R(2014年モデル)」「GT-R NISMO」 / - Car Watch


インプレするわたくし「ぐ」は全くの一般人なんだけど、立場上?歴代ロードスターはもちろん、日本の大半のスポーツモデルはクローズドコースで全開走行させた経験はあるので、それなりに文句は言えるかもしれない。とはいえプロでも何でもないんで、まあ話半分でどうぞ。

猛ドラ◆世にも珍しいノーマル車ばかりの参加型モータースポーツイベント


ちなみに前回と同じく2014モデルの予備知識ゼロ、そもそもGT-Rの予備知識もゼロ。試乗したのは多分1000万ぐらいのモデル。路面はあいにくの雨だけど、逆に悪コンディションで良いと思う。良いところも悪いところも強調されてしまうのがウェットコンディションなので。

持ってきてくれた方にも「先入観入るとイヤだから何も言わないで!」と釘を刺してから乗る。で、せっかくなんで2012の時と同じ項目で書いてみる。


一般人特権「しがらみゼロ」なので好き放題書きます。誰からも1円も貰ってないからね。(笑)



◆始動~車庫入れ等の取り回し
乗ってすぐわかるレベルで、ものすごい進化!2012では結構ガコンガコンいってガクガク動いてたのもの凄い賢くなったのか、ほとんどその存在を主張する事が無くなった。ゴルフ7のDCTなんかは「これ何の説明も無しに売っちゃまずいぞ」ってレベルだったけど、コレは何の説明も無くても誰でも乗れると思う。

ただし、始動から爆音。半クラを絶妙に使ってくれるお陰で「クオオオオオ!!!」と数千回転でノロノロ動いてくれるお陰で、もう嬉しくでブンブン回してる人にしか見えない。近隣の目は痛いかもしれない。コレはATですってどこかに大きく貼ろう(笑)

外で聞いてたら、これで車検対応なんだから不思議だよな~ってぐらい迫力のサウンド。でも室内は至って静か。聞こえてくる音はよく調律された綺麗なV6サウンドで低音と高音が織りなすハーモニー。もー、ホント心地よい音だよ。

◆足回り
コレはもう劇的に改善!
室内から調整してもどこも美味しいところが無かった(笑)可変ダンパーも、ちゃんと意味がある動きをする。2012は、はっきり言うとダンパーが効き過ぎで、動いてる感じが少なかった。コンフォートにすると妙にフラフラ、通常モードはガチガチ、Rモードは荒れた峠で使ったら危険なレベルだった。

コレが、通常モードでも十分快適、コンフォートはさらに快適、Rは適度な締め上げ感、とちゃんと棲み分けが出来ている。減衰が落ちてバネレートが上がった様な印象。実際の動き(量)も減ってるんじゃないかなぁ。

足が良く動くようになった副作用で、剛性「感」も上がった様な感覚すらある。実際はどうか知らないけど。室内は本当に平和。後部座席眠れるくらい快適。(狭いけどFDより100倍マシ)

ただコレ、Rモードでもニュル走ったら実際どうなんだろうなぁ?コレで大丈夫なのかなあ?って気はちょっとだけした。まあニュル走ってないんで想像でしかないけど。あの速度域ならこの減衰感じゃ少し不安感があるかも知れない。

ものすごい勝手な憶測だけど、同時にバージョンNISMOも出たらしいんで、ニュルとか持って行くならそっち使ってね、か、通常R35はちょっと快適にしましたよ、ニュルとか鈴鹿とか走るならオプションのスポーツ足(が、あるのかどうかは知らないけど)つけてね、的な感じに立ち位置を変えたんじゃないかな。

2012は、ホントにあのまんまニュルで大丈夫な感じはあった。ただそれって、R35に乗る人でも大半の人は求めてないんだよね。「つるしのドノーマルでもニュルで最速!」にこだわってた「しがらみ」が外れたが故の好結果なんじゃないかなぁ。

減衰可変式と言えど所詮パッシブサス(路面からの入力で動かされるだけで、自分で動く事はできない)なんで、快適な街乗りから300km/hオーバーのサーキットでも安定!なんて無理だと思う。アクティブサスなら別だけど。

・300km/hオーバーのサーキットで最速を叩き出す安定性を持ちつつ街乗りも最低限に可能、が2012
・街乗りから250km/hオーバーの快適安全巡航(アウトバーン)をカバーしつつ300km/hオーバーのサーキットも不満無いレベルで可能、が2014

じゃないかなあ。まあ全部ただの想像だけど。


◆フル加速など(ぐコンツェルン私有地にて)
あいにくの雨だけど、かるーくわたくしの私有地にて踏んでみた。


・・・・・・・・・


「これ、馬力めちゃくちゃ上がってない?」
「2012と一緒です」
「ホントに一緒?シフト制御のせい?」

何が何だかわからないよ。雨だよ。なんでこんな速いの。恐怖だよ。今4人乗ってるのに。

この日、クルマのフル加速で人生で最大の恐怖を感じた。ローンチスタートこそ使わなかったけど、ゼロ発進でべたっと踏むだけで「雨なんて関係ねぇよ!」て感じでシートにめり込まされる。

怖い。マジで怖い。

ただコレ、演出の可能性もあるけど。トルクの立ち上げ方が変わったのかも知れない。加速Gの立ち上がりカーブが急(=谷を作ったり下を落としたりして差をつける)な方が人間の体感は「速い!」って感じちゃうんで。本気のRモードだと制御変わるんじゃないかなあとか。

◆シフト制御
何でもかんでも改善しまくりな2014だけど、個人的に一番関心したのがココ。車庫入れなんかでも立ち振る舞いが紳士になったし、街乗りプログラムはさらに改善した。改善っていうか別物やね。

2012は

R35「わたし、本領発揮はマニュアルモードなんで、ATモードは移動用で使って下さいね。燃費重視なんで」

みたいな。ATモードのオマケ感が凄かった。
今回はソレが違う。

相変わらずたらたらーっと走る分にはすぐ6速までぽぽぽーんと上げて1000rpmぐらいで巡航するジェントルさなんだけど、ちょっとアクセル踏み込んでステアリング切って強めにブレーキ踏んで舵を入れて・・とすると、

R35「オッケーブラザー、走るんだな。任せとけ」

プログラムが明らかに変わる。ほどほどのアクセルワークとステアリングワークでは、回転は常に「そこそこ高め」にキープしてくれて、AT特有のアクセルの応答遅れはほぼ無い。

さらに、どーん!とアクセル踏んでコーナーに向かって加速してどーん!とブレーキング踏んで舵を入れて・・とすると常に適切なギアを選んでエンジン回転を「かなり高め」でキープしてくれて応答遅れは皆無になる。あいにく雨なんで、そこまでめいっぱい試したわけでは無いけど。ブレーキフィールも最高で、踏んだら踏んだだけ効く踏力タイプのブレーキ。2012はココまで良くなかったと思う。お陰で雨でも不安感も全く無かった。


正直まさかR35 GT-Rで「人馬一体感」を感じると思わなかった。びっくりした。


僕は諸事情によりマニュアルパドルシフトが使えないんで、もう「めちゃくちゃ面白い」ってレベルで面白かった。R35の真価を初めて見せて貰った。ATモードで走らせて、完全にあの巨体が手中に収まってて意のままに動く。


ちゃんと加速して

ちゃんと止まって

ちゃんと曲がる



当たり前の事が当たり前に出来ない市販車が大半の中、格の違いを見せつけてくれる。


IMG_9141


外観もかっこよくなったね~。

◆総括
どこかで読んだ気がする「2014モデルに乗り換えるR35オーナーは結構多い」って記事。


ンなわけあるかー提灯記事だろー(´ω`) と思ってた。


書いてた人ゴメン、コレは乗ればわかる。

R35乗ってたら乗り換えても全然不思議じゃない。別物と呼べるほどの進化。


2012モデルは正直「世界最強の戦闘機だし色々細かいところは仕方ないよね」的な感覚が強かった。オマケ感満載ののATモードや、取り回しや街乗りでもガコンガコンと音を出すしつけの悪いDCT、街乗りの移動でギリギリ使えればいいでしょ的な足回りなど。


全部改善された。と、言うより基本コンセプトが変わったと思う。

不満なんて何も出ないんじゃ?

コレが1,000万なんてバーゲンプライスも良いところ。他のどんなクルマベースにしたって、こんなクルマ絶対に作れない。僕も一般人チューナーの端くれで偉そうに言っちゃうけど、このバランスの取り方には感服の至りでございます。


購入できる財力があって興味のある方は、一度乗ってみる事をオススメ。「速いクルマの正解」がたった1,000万で買えちゃうよ。

関西なら良い店紹介します。(笑)




突然持ってきてくれた某氏、ありがとねーん。

あと日産さん、猛ドラで待ってます。(笑)

そんでもって日産さん、こんな世界に誇れるクルマを作ってくれた事、嬉しくて感謝です。ずっと乗ってたいくらい楽しいクルマだったよ!


日産:NISSAN GT-R [ GT-R ] スポーツ&スペシャリティ/SUV



◆オマケ
IMG_9138

街乗りで見る意味が無いぐらい、ほとんど動かないスピードメーター。(笑)


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - NISSAN R35 GT-R試乗 2014年モデルに乗ってみた  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「ドラ○ンボール化していく死闘の撃チャレ◆猛ドラ15」

14/04/15(火)
  |  TrackBack 0

やばい!猛ドラ16(今週末)が始まっちゃう!で始まる3月の猛ドラ15レポート後編(遅筆)

◆撃チャレ編
午前中は練習&タイムアタックにお遊びでありつつも本気モードだった皆様も、その後は完全に遊びモード突入。

激チャレタイムの始まり。

What's 撃チャレ/GEKICHALLE
説明しよう!撃チャレとは、オフィシャル vs 参加者で血で血を洗う弱肉強食バトル、撃墜チャレンジ略して撃チャレと読む!撃チャレを挑まれてしまったオフィシャルは、参加者の愛車で超高度な「一発アジャスト」を繰り出し、鮮やかに防衛する事が求められるが、負ければ「撃墜」されて「屈辱のorzポーズ」で写真を撮られるという、限りなくオフィシャルに不利なイベントである!ただし、負けたらorzするのは参加者も同様である!

バトルは4本、最初の2本はオーナードライブ、助手席にオフィシャル、後の2本は入れ替えで限りなく近い条件にてのオーナー殺せるかバトル。



そして、ここまでの戦歴は以下である。

ぐ:1勝2敗 ガラッチ撃墜&撃墜 ショウ次郎防衛
わっきん:1勝0敗 ぼるく部長防衛
めが:3勝2敗 かるあお防衛 ヒロ@NC防衛 アキラ防衛 ガラッチ撃墜&防衛 のっち撃墜
ぴんく:1勝0敗 しおたん防衛
dai:1勝1敗 イトゥー防衛 のっち撃墜
こおり:2勝0敗 Kentoku防衛 クロサーフ防衛
ぐっちょん:2勝1敗 まっさ防衛 kentoku防衛 のっち撃墜

総合:11勝6敗(勝率64%)


なんか、隊長の僕が一番撃墜されてるよね、あはは(遠い目)


とりあえずポン乗りで勝率64%を誇る驚異のオフィシャル陣である!!



撃チャレ第一戦 かずやけ VS dai
modora15_14-03-15_157

赤巧/TAKUMI認定のかずやけさん VS 同じく赤のdaiちゃん。daiちゃんはちょっぴりシャイな謙虚バランス型ドライバー、過去1勝1敗である!








modora15_14-03-15_162

かずやけ:54秒068 53秒784
dai:53秒686 53秒658

2本とも3/100秒差に入れていく安定したドライブでdaiちゃんが見事圧勝(´ω`) そして横で、わいせつなコンテンツが含まれているとしてgoogleに怒られた伝説の下半身全裸反り王が横でなんか言ってます。

問題の映像





第二戦 ぼるく部長 VS わっきん
modora15_14-03-15_246

鮮やかなドリフトプレイに定評のあるぼるく部長 VS 丁寧なドライビングに定評のあるわっきん(しかし人のクルマは苦手)である!
なぜか前回も戦っていた。前回はわっきんの勝利。ぼるく部長リベンジなるか!






modora15_14-03-15_247

わっきんつえぇ\(^o^)/
ぼるく部長リベンジならず!

さあ、ココまで負け知らずのチームオフィシャルですが





modora15_14-03-15_248
本職チンピラに絡まれる若手チンピラの構図

きた、広島の最速ドライバーSSK VS 猛ドラ若手最速めがくん

とりあえず速いヤツには速いヤツをぶつけてみたが・・・


さすがにコレは勝てないか・・!?















modora15_14-03-15_249
ワシと契約してロドスタ乗りになりんしゃい

やっぱり無理でした。ただのイジめでした。無理ゲーでした。

さらに追い打ちをかけるSSK氏の提案

SSK「めがくんのMR-Sでやろう」


この男、若手を完全に叩き潰す気である。


めが「MR-Sやったら負けませんよぉ!(高い声)」


「再戦」


modora15_14-03-15_250
本気で焦るめがくん

大人です。汚いです。口づけを迫ります。



走り出しました





めがんだむの芽は









ここで摘まれてしまうのか・・・・!!!




















modora15_14-03-15_251



グッジョブ、メガンダム。


結果:DRAW(引き分け)


返り討ちにあったSSK氏であった。良い勝負である。





しかし、めがくんにはさらなる強敵が待っていた






modora15_14-03-15_252
謎の言葉責めに焦るめがくん

関東遠征組最強のミッドシップ使い、MR2ターボ(SW20)を駆るydaさんVS 後継モデルMR-S最速のめがくんによる、
ミッドシップ乗りバトル!!










さあ









めがく




modora15_14-03-15_254


ですよねー。


こうやって成長していくんだよ、めがくん…。

ちなみに僕も乗らせて貰ったんだけど、ydaさんのSW20は動き的な違和感はほとんど無い。ただターボがいわゆるどっかん系で、かなりブーストのかかりを意識した運転がいるなーという印象。普段NAだとこの辺は若干苦戦するね。何も考えずにNA的な踏み方をしていくと途中でぱーん!と飛んでっちゃう。

僕はもー来週公式戦って聞いてたから、おっかなびっくり壊すのが怖くてドライブしただけだけど(;´Д`) よく攻めたよめがくん!

ちなみにydaさんはこの翌週のJMRC関東ジムカーナオールスターシリーズN2クラスの開幕戦で2位!その後4月13日の第2戦では1位!と言う絶好調っぷり。

そんな方々と一緒に走れて遊べて、そこそこやり合えてるだけで僕は大満足です(´ω`)

JMRC関東ジムカーナオールスターシリーズ 開幕戦 3/27 結果PDF
JMRC関東ジムカーナオールスターシリーズ 第二戦 4/13 結果PDF 

そして他


modora15_14-03-15_156-0

ぐ VS クロサーフ BEAT
クロサーフ 61秒016 59秒957
ぐ 58秒756 57秒617

勝率を下げる事に定評のある僕もなんとか墜とされませんでした。

BEATは重ステだったので無理かと思ったけどかろうじて乗れた(;´Д`) 今回初めて乗ったけど、重ステな以外は凄い楽しいクルマ。ロードスターに通じるモノがあるね!


ぐ:2勝2敗 ガラッチ撃墜&撃墜 ショウ次郎防衛
わっきん:2勝0敗 ぼるく部長防衛×2
めが:4勝3敗 かるあお防衛 ヒロ@NC防衛 アキラ防衛 ガラッチ防衛&撃墜 のっち撃墜 SSK引分 yda撃墜
ぴんく:1勝0敗 しおたん防衛
dai:2勝1敗 イトゥー防衛 のっち撃墜 かずやけ防衛
こおり:2勝0敗 Kentoku防衛 クロサーフ防衛
ぐっちょん:2勝1敗 まっさ防衛 kentoku防衛
のっち撃墜
総合:15勝7敗(勝率64%→68%)

勝率ちょっと上がったよ!

ふぅ・・・今回もよく頑張った隊員たちよ!



◆写真つれづれ
modora15_14-03-15_080

じゅんぱちさんの所へ嫁いだみどり号。

modora15_14-03-15_091
51秒7出たよ!!

めきめき腕を伸ばしまくるじゅんぱちさん。たった数ヶ月で、ガラッチの0.5秒落ちぐらいで走ってしまうまでに伸びたらしい( ゚Д゚)!! 話を聞いてると、趣味がガチのスキー(競技)でバイク乗りで元々の運動神経がすんごい高いらしく、ガラッチが横で雨に濡れた子犬のように震えていた。



DSC07240

レアキャラぴんくくんのぴんく号。マーチ12SR。

足を少しやらせてもらったんだけど、舞洲で乗るのを毎回忘れちゃっててやっと乗れた。ぴんく君も自分で手直ししてるから完全僕セッティングな訳ではないけど、いやー。

これはすごい

FFの概念をブチ壊すクルマになってた。コレ一度GPSロガー付けてデータ取った方が良い。仕様は足だけ、って感じでほとんど素に近い12SR。デフもオープンデフでLSD無し。

コーナリングの速さが尋常じゃ無い。FRがアクセル踏むのに躊躇するコーナーの大半(島渡り帰りなど)がアクセル全開で抜けられる。むしろ、ヘタに抜くとすっとんでいくぐらいリアの危うさがあるんだけど、アクセル踏んでさえいれば安定してハンドルだけでガンガン曲がっていく。

LSD入りFF特有の強烈なトルクステアも無ければ、変な引きずり感やゴリゴリ感も無い。「FFは本来どの駆動方式よりも一番曲がりやすい」を具現化しちゃった感じね。本来一番曲がりやすい→本来一番スピンしやすい。リアの軸重がほとんど無い。だからとにかく曲がらなくして売られてるのがFF。

いいよねー。こういう世間の常識にノーを突きつけられるクルマ。すばらし~。けど、もうちょっっっとだけ穏やかにしようね、と言う事でちょっとだけ口出ししておいた。





その横では



DSC_4477
キャアアアアアアアアア!!!!

SSKさんがどや顔で女の人きゃあきゃあ言わせてた。







そのあと





modora15_14-03-15_257

yn「速い車が欲しいなら、何もかも外しなさい・・・」

yn君に、最速ラップ出せないのは心の乱れだと念力で説教されてた。なぜかトモさんも巻き添えをくらってた。yn教こわい。



地面を打ち抜くめがくん、カ○ハメ波をydaさん、テレキネシスYNなど、謎の能力者が多数出現しており、猛ドラもいよいよ次世代の波がおしよせてき・・・って全然クルマ関係ないし!!



もうちょっとだけつづきます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - ドラ○ンボール化していく死闘の撃チャレ◆猛ドラ15  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「猛ドラ◆16 「公式結果と扇形」と意味不明な供述」

14/04/21(月)
  |  TrackBack 0

以下に「公式記結果と扇形」をアップしました。
猛ドラ◆世にも珍しいノーマル車ばかりの参加型モータースポーツイベント

次回猛ドラ◆17は5/4(日)開催!


主催者自身も
何を言っているのかよくわかりませんが 2週間後ですね。
受け付け開始も何を言っているのかわかりませんが4/23(水)で明後日ですね。

「会場予約時に何を思ってそうしたのか、全くわからない。まさか2週間しかあいてないなんて・・・」
などと、主催者は意味不明な供述を繰り返しており(略

ゴールデンウィークと言う事もあるので、なんとなく宿も抑えました。といっても全部シングルルームで最大11人までです。晩ご飯会ができる部屋も押さえました、こちらはMAX40人。

もはやノリと勢いだけで開催している感のある立派な主催者ですよね!
そんなこんなで、皆様のご参加おまちしております!(`・ω・´)ノ


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 猛ドラ◆16 「公式結果と扇形」と意味不明な供述  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  


« 2014年03月 メイン 2014年05月 »



【秋の気配の猛ドラ29★9月24日(土)開催】
満員御礼!ありがとうございました!(・ω<)ノ
詳しくは 猛ドラWEBにて!
猛ドラレポート集も参考にしてね(・ω<)(猛烈ロードスターレポート猛ドラ参加者レポートみんカラで猛ドラを検索


最新ブログ
16/07/13【やっぱ】MTE37とNDロードスターのホイール重量【軽い】 NEW
16/07/13【MTE37】第4弾ラスト放出&装着写真ギャラリー NEW
15/12/07いくぜ!マツ耐:マツダファンフェスタ2015岡国【速報編】 NEW
15/12/04いくぜ!マツ耐:マツダファンフェスタ2015岡国【前夜編】 NEW



協賛:タイヤガーデン豊中 ご来店時は猛烈ロードスターを見たとお告げくださいませ~。
 トップロードスターいろいろバックナンバー猛烈アンテナ
 猛ドラ「ぐ」の揮発つぶやきツイッターみんカラタイヤガーデン豊中
ロードスターでモータースポーツ&DIY / 当サイトは全ページリンクフリーです。 Copyright(c) Gussan / MRRS All Rights Reserved.
Since 2004 -10 visit : ,,