ロードスターでモータースポーツ&DIY 当サイトは全ページリンクフリーです
猛烈ロードスター ヘッダイメージ


最新ブログ
20/10/21MTE37V&MDR57プロジェクトファイナル受付開始【405製作確定!】 NEW
19/12/21プレゼント全て発送完了! NEW
19/12/13受付終了 NEW
19/12/072019ぐのクリスマスプレゼント企画 NEW



協賛:タイヤガーデン豊中 ご来店の際は猛烈ロードスターを見たとお伝え下さい!
 トップロードスターいろいろバックナンバーお問い合わせ
 猛ドラ「ぐ」のツイッターみんカラタイヤガーデン豊中

« 前の日記 「 つれづれ工具 」 「 くるり、オトナ。 」 次の日記 »

「 ロードスターをレストアしてみる その1 」

07/04/07(土)
  |  TrackBack 0

とある、友人のロードスターをレストアした時の話。

ファーストインパクト
店主は知人・・・と言うか、僕がロードスターを買ったときの担当だった人。今は一人でお店をやっている。久々に再会して、現車を見せて貰う。 写真で見た限りは、割と綺麗に見えた。車両スペックは

平成6年式 RSリミテッド(俗に言うSr1.5)
走行距離11万キロ(8万キロでタイベル交換済み)
軽修復有り 車検8月まで
価格29万8千円

で、ご対面

image 


第一印象


「すげえボロい・・・。(汗)」


僕のココロはすぐ折れた。

汚すぎる幌、視界ゼロリアスクリーン

image 
OH・・・フチも勿論ほつれてる。

缶スプレーで塗装されたカサカサのFバンパー(跳ね石剥げ無数)

image
FDを思い出すぜ・・・

ぶつけてタッチペンどっさりのリアバンパー

image 
image
リアガーニッシュもダメだーってモテンゴブルーは大抵こうなってるような。

付いているフルバケは

image
ばっくりと

他も・・・塗装の劣化(剥げ、ヤレ、ヘタな板金塗装)、ボンネットに無数の飛び石傷(高速サーキット周回使用の為)、ガラスの割れ、 タイヤはスリック、内装もくたくたで・・・グローブボックスを開けたら下に落ちた。(笑) ドリフのようだ・・・つけ根が割れてる。 劣化でばっくり割れたクラッシュパッドや、シフトノブ等。カーステにCD入れたら出てこなくなった。 センターコンソールに洗車スポンジがくっついてる・・・何だこりゃ、ああ、ニーパッドか・・・

image 
・・・実用的なんだが・・・両面テープでべちゃべちゃになってる。

他にも書ききれない程色々あり(この年式(13年経過)で無交換なら劣化して当然の部品ばかりだが)、勿論外装のゴム類 (ウェザーストリップ他)も全て交換時期。ドアガラスモールも切れている。パワーウィンドウも手で動かさないとほとんど動かない。

image 

正直、機嫌良く乗るには、厳しいか・・・値段も納得。ただ、機関はそこそこで、そのままでもしばらくは乗れそうな感じ。 車検を通したのは「マルハモータース」とある。修復は右フロントの鼻先が少し曲がってる程度で、全く問題ない範囲。走行距離も (ロードスター乗り的には?)問題無し。(周りは10万キロ超えてないロードスターの方が少ないぞっ) 車高を下げている割に、 下回りのコの字フレームはほぼ無傷で状態は良い。タイベル類交換済み、フルブッシュ交換済み、 内外装とは裏腹にエンジンルームはやけに綺麗で(掃除したんだろうけど)ブレーキマスターバックやフルード類が新品並にピカピカ。 掃除で出る光じゃないから、たぶんこの辺もOHしてありそう。試乗してみたが、エアクリの音が異常にデカい (エアクリ付いてないのかと思った)のと、機械式LSDが効き過ぎな意外は、まあ普通。6点式ロールケージが付いているが、 ボディとは別にゆさゆさ揺れる。剛性には何も貢献していないようだ。ファイナル交換と書いてあったが、そんな感じはしない。聞けば、4. 3に変えているという・・・いや、4.3の車両なんだけどな?

値段を考えれば機関は上等。見た目にはあまり拘らないが、機関は維持・・・という感じのオーナーが乗っていたのかなーと想像してみる。

セカンドインパクト
散々ボロいと言った甲斐があってか(?)、さほどなんとも思わなかった周りの人々。期待して見に行くのと、 ボロいとわかって見に行く差は非常に大きい・・・。で、まあ、なんとかなるだろうという結論に達して購入。実際、見た目さえ気にせず、 走りを楽しみたい人であればとてもお買い得な車両だと思う。契約直後にもう一方見に来ておられたので、間一髪だったかも知れない。ちなみに、 昔の馴染みで、現状引き渡しと名義変更を自分でやるという条件で、店頭価格で売って貰った。(普通は車検付き中古車でも、 店頭価格+10万程度(納車整備、名義変更代等)は必要) なので、約30万のみ。個人売買のようだ。さらにオマケで「限定車? のホイール付いてるから、コレもあげるよ」と言われて、見たらM2-1001のパナスポーツだった。なんとラッキー!・・・でも、 塗装は経年劣化でつや消し、スポークの削れも多々。タイヤはRE01で完全なスリック・・・よくココまで使ったなあ。


かくして、目指すは新車のNAロードスター低予算内外装見た目フルレストア企画開始。2007年、1月半ばの話だった。内容は

・付いているアフターパーツや不要と思えるパーツは全て売却する
・売却資金をレストア資金とする
・車両台込みで予算、総額40万円(つまり、残り10万+売却資金)

売却価格でレストア予算が決定する。色んな腕の見せ所である。

幌もダメ、塗装もダメ、椅子もダメ、あれもこれもダメダメダメ~。であるが、コレも、ありとあらゆるノウハウや知識を総動員して挑んだ。 予算的に完璧に新車とはいかないが、限られた予算でどこまで出来るかも腕の見せ所である。 これからNAロードスターを買って直そうという方にも、参考になればコレ幸い。


- つづく -



猛烈RS内を検索




このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - ロードスターをレストアしてみる その1  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

トラックバック一覧

« 前の日記『 つれづれ工具 』 『 くるり、オトナ。 』 次の日記 »
ロードスターでモータースポーツ&DIY / 当サイトは全ページリンクフリーです。 Copyright(c) Gussan / MRRS All Rights Reserved.
Since 2004 -10 visit : ,,