ロードスターでモータースポーツ&DIY 当サイトは全ページリンクフリーです
猛烈ロードスター ヘッダイメージ


【秋の気配の猛ドラ29★9月24日(土)開催】
満員御礼!ありがとうございました!(・ω<)ノ
詳しくは 猛ドラWEBにて!
猛ドラレポート集も参考にしてね(・ω<)(猛烈ロードスターレポート猛ドラ参加者レポートみんカラで猛ドラを検索


最新ブログ
16/07/13【やっぱ】MTE37とNDロードスターのホイール重量【軽い】 NEW
16/07/13【MTE37】第4弾ラスト放出&装着写真ギャラリー NEW
15/12/07いくぜ!マツ耐:マツダファンフェスタ2015岡国【速報編】 NEW
15/12/04いくぜ!マツ耐:マツダファンフェスタ2015岡国【前夜編】 NEW



協賛:タイヤガーデン豊中 ご来店時は猛烈ロードスターを見たとお告げくださいませ~。
 トップロードスターいろいろバックナンバー猛烈アンテナ
 猛ドラ「ぐ」の揮発つぶやきツイッターみんカラタイヤガーデン豊中

« 2006年04月 メイン 2006年06月 »

5月03日 『 さらに備北まで行ってみる(前編) 』YZ足装着。備北へ遊びに行く。
5月06日 『 さらに備北まで行ってみる(後編) 』走りまくるAコース。足。じゃんけん。
5月09日 『 6速MTその後 』6速MTその後。
5月14日 『 晴天オアシス2006 』今年はちゃんと(?)ロードスターで行ってきたオアシス。
5月19日 『 ピロ受け仕様 』ピロ受け脚を試す。
5月21日 『 つぶやき(バンプラバー) 』バンプラバー。バンプラバー。
5月26日 『 ロードスターのシフトブーツ・ペダルカバー交換 』シフトレバーのブーツ交換、ペダルのゴム交換。
5月28日 『 猛練9・・・ダークホース現る 』思いがけないトコロに凄腕が。久々にドリフト少々。(ヘタ)

「さらに備北まで行ってみる(前編)」

06/05/03(水)

遠征の興奮冷めやらぬ間に(?)ワタナベさんの備北遊びへご一緒する事に。というのも・・・

image
なぜか手元にYZ足

かなり初期モノ?かも知れないYZ足。試作品の臭いがぷんぷんする妙な作り。 上の写真はかなり磨いて綺麗にした状態。かなり年数が経っているのか、サビまくっていた。

image
こんな感じでサビまくり。

ざざっとサビを落としてシャシブラック。

image
うーん、綺麗。

ネジ部もワイヤーでごしごしごしごし・・・という話はおいといて、コレ、実は○神さんが持っていた足。 (借りた足になぜいきなりシャシブラック吹くのか・・・) 足の話をしたら「余ってるから使ってみるか~」と貸してくれた。 激しく感謝。TI(現:岡山国際)でレースをしていた車両についていた足らしい。ご覧の通り、かなりおかしな寸法で、 フロントは短すぎてどうにもならないので?アッパーの取り付けボルトを延長して、上に30mmのアルミスペーサが乗っていたりする。 ロッド自由長はフロントで126mm程あるが、 70mmも使えばタイヤが天突きして止まってしまうので入っているバンプラバーには絶対に当たらない(笑)し、 リアも随分なストロークを残してアームロックしてしまう。不思議だ。本当に良いんだろうか? しかし○神さん曰く 「見た目はすごく悪いんだけどねー、かなり良いよ。この足(現装着エナペタル)より良いんじゃないかと思ったぐらい」らしいので、 小細工はせず綺麗に掃除だけして組んでみた。ただ、アッパーとバネの間に音止めの朽ち果てたゴムが挟まっていたので、 転がっていたフリクションレスシートに交換した。

この足を備北で試す。・・・というか、遊びに行く。

色々連れて行く
ぐ「ちゃけー、GWぶちょんトコ行くよね?」
ちゃけ「行きますよー。岡国も走る~うへへ~」
ぐ「1日に備北行くんやけど一緒にいかん?ナベさんとか色々来るよ」
ちゃけ「行く行くー。ぐっさんぶっころすー」

30日にちゃけを泊めて同行する事になった。(走行)

ぐ「○神さん1日暇?備北行かない?」
○神「おおー、いいねえ、行こう行こう。10年ぶりぐらいだなー」

隊長も行くことになった。(走行)

ぐ「友蔵備北行くけど行く?」
友蔵「いいですねー、でも僕でも走れますかね?」
ぐ「たぶん大丈夫でしょ?」
友蔵「行けるように調整しますわ~。最近走ってなかったから楽しみ~」

友蔵も行くことになった。(走行)

ぐ「備北で中国勢やら関西勢やらごちゃまぜで遊ぶよ!ケンさんこない?」
ケン「それは面白そう!行きます~」

さらにケンさんも行くことになった。(撮影班)

部隊は整った・・・いざ出陣!(そして1名(Aゆむ)小旅行、2名(Tユキ、Kモト)仕事で待機)

(ちなみにこの記事の写真の大半はケンさんの撮影です。お陰でネタに困らず。感謝感謝。)


image
中国道を進攻する関西軍+ちゃけの図(ぐ号後方写真)

image
なんだか湾ミツっぽいちゃけ。なんだその親指は。

image 
そしてちゃけと湾ミツゴッゴ(やめなさい)

image 
SAでまったり

image
さらに進攻(ケンさん視点)

image 

到着。

image
ずらり

受付中。A・Bコース一日中走って7千円・・・安いなあ。計測は無いけど。同伴者は入場500円。Wエントリーも2千円。とにかく安い。・・ ・備北は3回目だけど、よく考えたらよしださんの走行会以外で来たのは初めてだった。

受付を済ませて中に入るといつものメンバーがズラリ。

image
わいわい。

そして・・・憎きライバルを発見!!襲いかかる僕。

image
ライバル激突。(蚊帳の外にカトー)

若き芽は早く摘まなくてはいけません・・・例え大人げなくても・・。(カトーも伸びてきたら摘もう)

来ていたメンバーは、ちょうどワタナベさんが書いていたので無断引用・・・(手抜き) 敬称略。
○神ワタナベ、ぐっさん、 友蔵ケンちゃけ、KUE、たかつき、岡部@徳島、中尾、 堀、山崎、かとー@おちょこ、馬通汚家、ぶちょよしだ・・・
そうそうたるメンツ。あ、あと走ってないけどミガキさん。むちゃくちゃカッコイイバイク見せていただいてありがとうございました。後述。

image
荷物多すぎ。

○神さんの車から出てくる荷物の量はいつもおかしい。四次元ポケットのようだ。

image
がやがや。

ちゃけのインジェクタ8発マシンに群がる。空ぶかし・・・うおー!すげー!燃料吹いてる・・・・あ、そういえば乗らせて貰ってない。 乗ったワタナベさんの感想を無断引用。

ワタナベコメント
東海地方より遠征のちゃけ号。MOTECを自分で制御してしまうというツワモノ。
BPの4連でツインインジェクター!8個もあるよ(驚) で、運転させて頂きました。
もう全然、フツーに乗れます。ここまで持ってこれることが凄いですね。フィーリングも凄く滑らか!
気持ちよく回るって感じ。パワー感もありますしこれがホンモノの4連なんでしょうねぇ~
いつもお世話になる小山自動車さんでも「4連は下からトルク出せるよ」と言われていましたし。


フリーダムだろうがハルテックだろうがモーテックだろうが完璧にてなずけるちゃけやJunkieの方々。街乗りも何の問題も無く、 下から恐ろしいほどトルクフル。4連が低速スカスカとか街乗りで調子が悪くて・・・なんてのは、ウデの問題なんだなぁ・・・。

そんなこんなで走行開始。まつおか君から挑戦状とラップタイマーが叩き付けられる。
「目標ラップ50秒6(だったかな?)だしときましたから~」
とりあえず、このタイムを抜かないと話にならないらしい・・・おのれ若造・・・(大人げなく)

image 
菜の花畑を走る。(ケンさん撮影)

image
隊長も走る。新バンパーカッコイイ。(ケンさん撮影)

image
ちゃけも走る。(ワタナベさん撮影・・・って、さすが高級レンズ、なんて切れ味だ・・・)

image
友蔵はAコースでガンガン走る。(ケンさん撮影)

しかしBコースはドリフトの聖地だけあって、ドリ車でいっぱい。引っかかる引っかかる・・・ 全然クリアラップなんて取れない。

image
うおおおああああ・・・・あ、後ろに隊長が・・・

こんなクラッシュも日常で

image
よいしょよいしょ

みんなで協力してすぐに片付け。(こういう連帯感は良い)

みんなスッと譲ってくれるんだけど。やはりアタックは厳しい。とりあえず3,4周してコースの感じと足の感じを覚えて帰還。 コースが空くのを待って・・・いまだー!と入る。隊長も入る。4,5周ほど走って最後の一週、丁寧に丁寧に・・・これは結構出たぞ・・・ と手応えアリで49秒92。よし、まつおか撃破。満足。(笑) そしてまたコースが混み出したのでパドックへ帰る。

まつおか君はその後も果敢にアタックを続けたようだが、ベストは49秒98で0.06秒届かず。よし!よし!(大人げなく)

エンジン差とかは考えないようにしよう!(さらに大人げなく)

というわけでパドックで遊んだりする。シニアレーシング妹尾一派?ミガキさんのバイクを見せて貰う。

image
ミガキ号。HONDA X4。塗装だけで**万円・・・値段に見合うすばらしく綺麗な色。 ファイヤーパターン部分はマジョーラですよ!!

image
めっちゃ綺麗なタンク

トータルで綺麗にまとめられたミガキさんのバイク。名はX4というらしい。エンジン、1300ccもあるらしい・・・怪物だ・・・。

ケン「ウチのマーチより大きいエンジンだねえ・・・

音も最高。レスポンスも最高。涎モノですな・・・とても乗れる気がしませんけども。

image
跨らせて貰ってはしゃぐヨメ様。

ありがとうございました~!>ミガキさん


・・・書ききれないので後編に続く。(内容多すぎ)


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - さらに備北まで行ってみる(前編)  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (11)  | トラックバック (1)
トラックバックURL:  

「さらに備北まで行ってみる(後編)」

06/05/06(土)

備北続き。内容が多すぎて順番がさっぱりわからないので、ケンさんの写真を元にツラツラと。

○神隊長戦闘機不調
image
ジェスチャーを交え不調を説明する○神隊長の図

エンジン不調の○神さん。ヘアピンでの失速(燃料偏りな症状)と激しいノッキングに悩まされまくっていた。話を聞くと・・・ 前日燃料ポンプを変えたらしい。やってはいけない前日整備・・・。 (いや、僕も前日足交換したんだけどね)

image
早速外してみる

フィルターの向きがおかしかったらしい。偏り症状は無事解決。しかしノッキングには終始悩まされていた様子。結局レギュラー入れられた疑惑だったようで、 気をつけないといけませんなあ。

仁義なき戦い
image
ある意味走行より本気

じゃんけんジュースバトル!!

他には、カップヌードルバトルなんてのもある。負けたモノが全員分のジュースを奢るというハイリスクローリターンなサバイバルバトル。 前回の合宿では、かぶさんが千円のカップヌードルを食し涙を呑んだ。ちなみにこの写真では、僕と友蔵が残ってしまっている。(仲間割れバトル)

image
友蔵(汗だく)沈む

友蔵が千円のお茶を飲みました。(おめでとう!)

37のシールが居なくなる件について
image

もう残ってるシールの方が少ない・・・こういうものなのね。(涙)

他いろいろ
image
カトー&まつおか

image
なかよし。

image
日焼け止めを塗るケンさん僕は塗り忘れてエラい事に・・・。

image
翌日岡国を走るちゃけに○神さん講義。これで1分30秒台は確実だ! 講義の甲斐あってか、なかなかのタイムが出た様子。

image
ちゃけ号に乗り込むタナカ君とワタナベさん。写真が面白い。(左右対称)

image
遠征組必須アイテム?同じ機種が三つ。(笑)

image
颯爽と走り去るミガキさんを流し撮るケンさん。

オマケ(?)の走行の事
image
Photo by Watanabe

というわけで本題なのかオマケなのだかわからない走行や足の事。

Bコースは結局、まともに走ったのは最初の数周のみ。ベストは49秒92だけど攻略もなにもって感じで早々に心が折れる。1- 2コーナーの抜け方が難しい印象のあった備北だけど、なんか違うな??と思ったら改修されて簡単になったらしい。 コーナーが一個無くなったような感じ。6速4.3は3速も2速も合わない凄く微妙な感じ。ドリ車をかきわけるのはツライなあ・・・ と思っていたところ、友蔵がAコースから帰ってこない。そんな感じでちょっと見に行ってみるかーと行ってみたAコース。 そこにはバケツの水でも被ったかのように汗でずぶ濡れになりながら爽快な笑顔を浮かべる友蔵が居た。

友蔵「Aコース楽しい~!!

そういえば走ったことがなかったAコース。小さい小さいとしか聞いて無くてかなーり小さなコースを想像していたけど、 勝手な想像ほど小さくも無かった。一週35~38秒程度。高低差があってコーナーが続くテクニカルコース。途中ジャンプしそうな場所もある。 走ってみると・・・お、面白い!! 楽しいぞー!  ドリ車で埋め尽くされたBコースと違いこちらはガラガラでとても走りやすい。作手をホームとしているちゃけも 「ふるさとに帰ってきたようだ~!うへへ~!!」と水を得た魚のように走りまくる。同じく「うへへ~!! 」と走りまくる。友蔵も走りまくる。KUEちゃんも走りまくる。みんなで猿。うひゃー!!(アホ)

・・・気がつくと、昼ご飯を食べるのもさっぱり忘れて走り込み、PM2時近くになっていた。ヨメ様の視線が痛々しい。(ああっ!!)

作手が似ているなら、さぞ作手も楽しいんだろうなあ・・・近々行ってみたいトコロ。

最初のベストラップは38秒フラット程度。何度走ってもその程度。ちゃけに乗らせてみる。37秒3ぐらい。 ・・・ orz 激しくぶっ殺されてしまいました。その後も走りまくるが、どうしても38秒が切れない。なぜだ、なぜだー!!  と煮詰まってしまったので、よしださんに運転して貰って横に乗る。・・・・あら、ラインが全然違いますわ・・・。

image
赤:速い人のライン 青:僕

テキトーに書いたので下手な絵かつ妙なラインで申し訳ない。

要するに、 グレーで塗りつぶした部分はパッと見コースじゃない部分でアスファルトはちゃんと敷いてあるけど継ぎ目? がある。僕はそこまで使わない範囲で小さく小さく走ってしまっていた。 こういった部分で臨機応変に対応できないあたりがまだまだダメダメですわ・・・使えるモノ(路面)は全部使いましょうってね。

しかしよしださんの運転は「アグレッシブ」の一言。本人は「全然攻めてませんよ!」と言うんだけど・・・久々に首が痛かった。 なんであんな強烈な減速Gが立ち上がるのにタイヤがロックしないのか?ブレーキング上手いなあ・・・さらにタナカ君にも運転して貰った。 タナカ君の運転はスムーズ。ワタナベさんもスムーズ。体感的に速い感じがするのはよしださんなんだけど、実際はわからないから・・・ タイム測っておけば良かったね。今度やろう。クルマ貸すよ。(笑) >お三方

Aコースでバトる!
image 
その1「ワタナベ@猛烈号 vs KUEちゃん」
Aコースをワタナベさんに教えて貰っている時・・・前にKUEちゃん。すかさず・・・ 煽るワタナベさん。こちらの方が明らかにクルマが速いので、もう終始煽りまくり。しかし・・・ ハードプレッシャーにもKUEちゃん乱れない!!すごーい・・・。あまりにも乱れないので・・・ ワタナベクラクション攻撃炸裂。(笑) それでも乱れないKUEちゃん。あっぱれ! 心でKUEちゃんの勝利。

その2「ぐ@ 友蔵号vsKUEちゃん」
またKUEちゃん。 友蔵を横に乗せている時に後ろから現れたKUE号・・・煽ってきます。ふっ・・・面白い。 ルームミラーから消してやろうじゃないの!!(大口) ・・・でも僕FFニガテなのよね。とりあえず、 2リッターパワー炸裂で直線は妙に速いHP10のパワーにかける。頑張って走る。走る。直線では離れるけど・・・ コーナーではベタ付けの煽られまくり・・・・それでも頑張って走る・・・全然離れないねKUEちゃん・・・

降参~。(涙)

助手席の重り(友蔵0.1トン)のせいにしておこう。(笑)

その他に、Aコースでストイックに走り込んでおられたNA8のお姉さんが居て(見てるかな?)友蔵が追いかけたらしいのだが・・・ ついていけなかったらしい。お姉さんはサーキット2回目とのこと。やや落ち込む友蔵。(笑)

KUEちゃんのクルマも乗らせて貰った。TUNED BY タナカのTEIN SUPER STREET足。コレがヒジョーに良い! ゆっくりアンダーもオーバーも出るわかりやすくて楽しい足だった。値段を考えると・・・凄いC/P高いね~。 このときはラインもある程度わかっていたので、KUEちゃんを横に乗せてお恥ずかしいながらも頑張ってアタックしてみた。 助手席同乗でKUEちゃんオーナー殺し成立。やったぁ~。って、タナカ君が出したタイム(同じくKUEちゃん同乗)も抜いたらしい・・・・ き、気温かな?(動揺しつつも嬉しかったりする嬉しがりな僕)

よーし、じゃあ最後にAコース本気アタックいってみるかー!と意気込み自分のクルマを出動・・・全開アタックじゃー!!

ブオオオオ!!!!ブスゥゥゥゥー・・・

・・・・・・・あ。


ピットイン。



「ガス欠じゃー!!!」


終了。(涙)

足について
そんなこんなでYZ足。一言で「凄く良い」。まだ僕の好み(乗り方)には合ってないかも知れない(足以外の要因かも知れないので)けど、 乗り方を合わせればしっかり手応えがあって気持ちよく踏んでいける。アライメントも車高も適当な現状で、 乗って貰った人全員から高評価だった。やはり縮みがしっかりしてる足は乗りやすい・・・今までの苦労はナニ? アームロックする寸法のリア足も減衰を高めればロックする所まではいかない。(ただし、減衰を弱めて街乗りしてたら、 一度だけアームロックした) かなり年季の入った感じのダンパーだけど、まだ十分に使える様子。ただ、 高速サーキットでSタイヤに合わせた足の割に、減衰最強で185のラジアルに合ってしまう事を考えると、多少は弱ってきているのかな・・・?

そんな感じで、○神さんのご厚意で今後もこの足を使わせて貰うことになりました。神戸方面に足を向けて眠れません。(笑) 感謝です。 ありがとう○神さん。

現状でも凄く良い足だけど、アレやコレやと妄想が浮かんできてしまうので、周りの「触らずそのまま使いなさい!」 という忠告を無視して小細工します。(笑) まあ、ダメなら戻せば良いだけだし、やってみないと納得できない性分なので・・・。あと、 アームロックはやはりしない方がヨイ。(すごく心臓に悪い音がします)

走行終了→飯屋へ
さんざん遊んで走行終了。ガス欠症状が出た僕のクルマは、ワタナベさんにガソリンを分けて貰って事なきを得る。ありがとうございました! この恩はいつか体で・・・。

飯屋に流れ込んで飯。飯については・・・飯であった。(?) 

そして食後のコーヒー。自販機を前に・・・

「コーヒーじゃんけんするぞおおおお!!!」

人がいっぱいいるので、10名近く集まっての大じゃんけん大会。なんてリスキー。なんてローリターン。勝ってもコーヒー1本ですよ。 リスクばかりが増える危険な遊びコーヒーじゃんけん。(あ、負ける確率は減るのか・・・。)

image 
人多すぎ

勿論なかなか勝負がつかない・・・そして一度目の敗者達は・・・

image 
まつおか・友蔵・ワタナベ・ぐ


・・・また俺と友蔵残ってるし!!! (←じゃんけんめちゃ弱)


「最初はグー!じゃんけんホイ!」


友蔵「やったああああ!!!(歓喜)」

友蔵抜けたし!!(←やはり弱い)


「じゃんけんホイ!」


image
勝利の瞬間。楽しそうな外野と引きつり気味の当事者。

ぐ「うおおおおおおおおおおおおお!!!

男は声にならない雄叫びを上げた。

こんなに嬉しかったのは久しぶりだ。(笑)

image 
まつおか vs ワタナベ

ワタナベ「じゃんけんホイ!!」
まつおか「じゃんけんホイ!!」

あいこ。

外野「おおおお~~・・・」

緊迫した空気。意地と意地のぶつかり合い。コレぞバトル・・・。

image 
緊張をほぐす事を提案するワタナベさん

最初はぐー・・・じゃんけんほい・・・

image
肩の力も抜けてます

あいこ。

一同「おおおおおおおぉぉぉ・・・・

外野A「歴史に残る名勝負だ・・・」
外野B「今この場に居られて良かった・・・」

image
策士ワタナベ 握手攻撃

すかさず

image

さらにあいこ。

言葉を失う外野・・・ではなく爆笑。

心で追いつめられていくワタナベ・・・まつおか、君の心はなぜそんなに強いのか・・・。

さらに

二人「じゃんけんほい!!」

image 

!!!

image

一同「おおおおおおお!!!

image
自販機の前に崩れ落ちるワタナベさん

image
吼えるまつおか

そんなこんなでワタナベさん、コーヒーごちそうさまでした。(笑)

帰還
ちゃけは翌日の岡国に備えてタナカ君の家へ。よしださん、○神さん、ケンさん、友蔵、僕で中国道に乗り帰還。 よしださんは途中で鳥取方面へ走り去っていった。別れ際に窓から手を振るよしださんに大はしゃぎのヨメ様。こういうの、楽しいよね~。

途中のSAで、思いつきで○神号を撮ったりして無事帰路についた。日帰りだけど内容ギチギチでとっても楽しめた備北であった。

image 
手撮り。(笑)

そして日焼け止めを塗っていなかった僕は

image

エラいこっちゃになってしまいました。(ポッキー)



・・・しかし、半分ぐらい最後のじゃんけんの話だな、この日記・・・。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - さらに備北まで行ってみる(後編)  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (16)  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「6速MTその後」

06/05/09(火)

image
光り輝く6速MT(きっとみんなもやりたくなる・・・合成ジャナイヨ!)

あれから約3ヶ月
え、まだ3ヶ月しか経ってないの? 随分昔の話のような気がするなあ。という感じで既に酷使しまくりの6速MTについて色々。

フィーリング
一般的に良くないと聞く6速のフィーリングだが、単に好みの問題だと思う。カチッとしたフィーリングはあるし、 スコンスコンと入りやすいギヤは単純に運転が楽。スポーツ走行時も凄く楽。さらに、クロスしたギヤはこれまた単純に運転がとても楽しくなる。 (→忙しくなる、という人もいるけど、シフトが楽しければ忙しいとは思わない。) 4.3との組み合わせ(NBは3.9) で全体的にローギヤードな為、体感馬力がものすごく上がる。実際の加速もギヤ比任せに?速い。個人的には、 載せてこんなにクルマが楽しくなったパーツは無いかも・・・って程劇的にクルマを変えてくれた。大満足の一品。

シフトフィールはノブでも随分変わる。僕はヨメ様号(VR-B)に付いてきた、軽めで細めのアルミ削りだしノブを愛用中。 ダイレクトなフィーリングで凄くヨイ。

ただやはり、欠点もいくつか有り、5速MTに比べてゲートが狭いので、ギヤ位置の認識が若干わかりにくい。MT自体まだ初心者のヨメ様だと、 あまりお好みでは無い様子。

また、全開シフト時に2速から1速に入ってしまう問題があり(ゲート間隔が狭い為)、 多少抑止できるかと思って入れたマツスピの強化エンジンマウントもあまり役に立たず、タカタでは何度か1速に入ってしまった。これは、 全開時に(運転席から見て)右に傾くエンジンに合わせて、3速の位置にちょうど1速のゲートが来てしまう為。気を遣って、 きっちりNを確認してから入れてやれば問題無いのだけど、ヘタレな上に目が三角になっている時にはそんな余裕も無く・・・。

ギヤ比
6速4.3ファイナル+標準外形(185/60)のギヤ比。・・・うーん、なんだろう。悪くもないけど良くもない。コースによりますな。
・舞洲猛練→全然美味しく使えません。終始3速でもさもさと走る・・・ここは5速4.3か6速3.9がばっちり。
・タカタ→5速4.3よりは良い。ただ、ホームストレートで4に入れるか迷う。
・備北B→微妙に合わない。4.1相当で2速を有効利用したい気分。2が吹けきるから仕方なく3で、ってパターン。
・備北A→ここも、2速が微妙に届かない箇所多し。
・鈴鹿南→まだ行けてない(雨の日ばかり・・・)

ホームコースを持たない(もてない?)僕に、潰しの効くギヤ比は・・・4.1ファイナル相当かも知れない。
大阪に住んでるのに一番走った回数が多いサーキット→タカタ(広島) なんかおかしい。

タカタに合わせるなら4.7とか・・・って、道中厳しいなあ。財布も厳しいなあ。その前に走り込みじゃあ~!

耐久性など
オイルはワコーズのMT-75で、連続周回しても入りにくい感じは無し。入らなかったりガリっと音が出たり(出したり)するのは、 主にエンジンの傾きが原因の模様。周りの人を見ても、案外(ちゃんと使えば)壊れないのかも。



まあ、そんなところで総括しますと、大変たのしくなったので◎という感じです。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 6速MTその後  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (16)  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  


「晴天オアシス2006」

06/05/14(日)

image 
ロードスターいっぱいオアシス2006

というわけで、行って参りましたオアシス。去年に引き続き晴れてとても快適な一日だった。

今回は○神さんと途中のコンビニで待ち合わせて、ヨメ様号と僕のクルマとの3台で行ってみた。コンビニを出ようとしていた所で青いNCが前を走り去る・・・おお! りょおさんだー!(猛練でおなじみ) そこから会場まで4台でランデブー。オアシスらしい出会いに胸躍る。りょおさんは娘さん(7歳) と参加。微笑ましい。こちらを向き写真を撮ってくれる娘さんに、リトラで挨拶してみる。 (NA特権子供迎撃装置→別名リトラ)
そのまま会場へ。

入場列に無数に並ぶロードスター。
image

入り口で・・・おお、オリーブボールの近藤さん。ご挨拶。 実は去年のオアシスでココのデモカーを見てバンパーを決めたのでした。お揃いです。ほほほ・・・。誘った友蔵は先に着いていたようで、 現地で合流。ケンさんとも合流。 一年ぶりの娘さんは随分大きくなってた。(今年も逃げられ気味だったが・・・)

image
ぐのいやらしい視線に耐えられずお父さんの耳の穴を攻撃する娘さん。ほほえましい。

今年のケンさんは立派に「カメラが趣味のお父さん」になってましたな。首に一眼を提げる姿も板についてます。 去年はまだ一眼デビュー前でしたもんね。腕前もかなりのモノで各地にハッピーな写真を振りまいている様子。素晴らしい!さすが、 ワタシが見込んだだけのことはある。(自画自賛) さらに他のいつもの面々とも合流しまくり・ ・・ん、なんだ、ココは舞洲か・・ ・?

image
りょおさん他、いつもの面子。NC色綺麗。

さらに○神号を目印にやってきたアキくんとも初対面。おー。君がアキくんかー。ほほー。ほぼ予想通りの若者が出てきた。 文面から顔はある程度見えるもんですな。

さらにワタナベ組長率いるチーム中国と合流。毎月顔を見ているような気がして全然久々ではないような・・・? タカツキさんにまた美味しいパンを貰った・・・溢れる涙が止まりません。ありがとうございます。 美味しく着々と減っています。 TAKEさんがヤクザになっていた。(でも麦わら帽子で可愛い)色々貰った上にホイールを買って貰った。 ありがとう。 さらに若頭せのおさん率いる『TEAMシニアレーシング』とも合流。GENさんのヘッドカバーをプレゼントされる・ ・・ そんなあ、悪いなあ、 いいんですか貰っちゃって?(って、ちゃんと渡しましたヨ)  ミガキさん、 革ツナギのイメージしかなくて、なかなか気がつきませんでした。次回はゼヒ革ツナギで。(?) よしださんとも遭遇。 でもやっぱりこないだ会ったばかり。ドライビングスタイルについてアツく語る。ああ、ちゃんがら隊長に挨拶出来なかった・・・というか、 来てたけど見なかった人が大勢居た今回のオアシス。去年より人が多かったのか・・・?一通りぐるっと回ったはずなんだけどなあ・・・。

ひとまず午前中、まず汚いクルマの洗車から。○神さんと共にせっせとクルマを洗う。フクピカを5枚ほど使って無事終了。 フリマなんぞを見たりしてぷらぷらと楽しむ。○神さんが隣にあるカート場に強い関心を示す。こ、この人は・・・どこでも走る血が騒ぐ。 なんとなく止めておく。ヨメ様達はステージイベントの方で楽しんでいた模様。ご満悦で帰ってくる

image
お弁当券当たりすぎ

何がどうなったか知らないが、たくさんお弁当券を持って帰ってきた。

・・・が、当日お弁当を買えるのを当てにしていた参加者が多かったらしく、ほとんど買えなかったらしい。お陰でお昼ご飯の無い人続出。 お弁当券の分は用意されていたようで、たくさん当たったお弁当を分けたりしてしのぐ。お弁当だけは前売りの方が良いかなあ・・・って、 結構大変なんですよねー、こういうの。(しみじみ実感)
image
めぐまれたお弁当を二人で仲良くつつくケンゾー&アキ。(初対面。そしてなぜか正座) 一名笑いすぎ。

二人に熱い(暑い?)友情が芽生えたのは間違いない。後れてトシユキも到着。

image
やっぱカッコイイ。ショップの方に置いてあってもなんの違和感もない。

岡国を走ってきたらしい。相変わらずバイタリティ溢れすぎ。ネオバで2分6秒5台。NR- Aではかなり速い部類らしく・・・もっと頑張れとかいってゴメン。(笑) 僕も岡国走りたい。最悪に合わないらしいけど。(6速)  あ、ヨメ様のクルマで行けば良いのか・・・え、イイの?(自問自答) というか、高いんだよなああぁぁぁ~。(走行料金)

さらに後れてコージー三村ことミムラさん登場。ヨシヒロ君が来ると思って用意していたモノを託す。以下証拠写真。

image
証拠写真・・・なんだこの写真。

以下脈略無く
image
NR-A KIJIMA Special?

トシユキ号。エアバッグ部分を外してサインをお願いしたらしい。うおー。かっこえー。・・・ でもちょっと目立ちすぎか?

image
なぜかライトがないカトー。ココはサーキットじゃないぞ?

ぐ「なんでライト外しとん?」
カトー「外してないと僕ってわかんないじゃないですかああ!!」
ぐ「それもそうやなー・・・」

カトー号は、今にも外れそうなぐにゃぐにゃしたGTウィングが着き、ダウンサス仕様になっていた。彼はサーキットに出撃する時に、 羽を外し純正足に変えるらしい。特殊だ。いたって特殊だ。

image
組長から激励。

そしてカトーの相方まつおかを発見
image
ばちばちばちばち・・・・最終決戦の火花が散る。興奮。鼻血。

若者まつおか(20歳)を捕まえ、 隊長監修の元戦いの誓いを交わす。お互い同条件のタイヤ(185の01R、残りミゾ僅か)で、使えるのはあと1,2回。 お互い日を合わせて戦場へ赴き、真っ向勝負するのだ。まつおかのクルマ(足をポン付けしたのみのドオーバー仕様) を見かねた敏腕メカニック兼ドライバーであるタカツキ氏がバックへ付き、バックアップ体制を整える。こちらは・・・・・・ とりあえずアライメントとか取りたい気分。(現在の数値不明) これは俺たち二人の戦いではない・・・関西と中国の全面戦争なんじゃ!! (広島弁)


・・・とかいう遊びを予定しております。(大げさに)


image
わいわい。(セリフは適当)

隊長が止まらない
○神「カート面白そうやねえー。カートやろう。カート。」
トシユキ「いいですねー。行きましょう」

・・・・お、俺もやるー!!(←人がやってるとやりたくなる)

image
3人受付中

通りがかったケンゾー君。

ケンゾー「おー、走るんすかあ」
一同「え、走らないの?」
ケンゾー「いや、えーと・・・」
一同「走らないのかこのチキン野郎!!
一同「チキン野郎!チキン野郎!」
ケンゾー「は、走りますぅ・・・

ケンゾー参戦。

・・・

カワモト「へぇ~走るんやぁ~」
一同「え、カワモト君も走るやろ?」
カワモト「いや、僕はいいですわ~」
一同「走らないのかこのチキン野郎!!
一同「チキン野郎!」
一同「チキンチキン!!」
カワモト「わかったわーい!!


カワモト参戦。

・・・

Yas君が後れて覗きに来た


Yas「はしるんで(以下同上)」

Yas参戦


image
背中が寂しげなのは気のせいか

そんなわけで

image
ノリノリの人たちと無理矢理つれてこられた人たち

ちなみに、ほぼ全員カートは未経験のようなモノ。僕は一度だけ乗ったことがあるが、ハンドルが重くて回せなかった記憶しかなし。 ブレーキ踏んでスピンしたとか。(カートってリアしか無いのよ?ブレーキ) カート場の人に話を聞くと 「ウチのカートは安全のためにかなりハンドル重くしてます!」 ・・・orz 回せるんでしょうか?手アンダーでまくりですか?  とりあえず、一か八か気合いと根性で回してみる。

走行開始(はて、オアシスに来ていたような・ ・・)
3週のタイムアタックで勝負。ちなみに2千円。まずは○神、Yas、トシユキの3台が出発。

image
オアシスなのに攻める○神隊長

おー。隊長はえー。

・・・あ、トシユキ・・・

image
回ったトシユキ

image
拡大

image
救助完了

そんなこんなで走行終了。気になるタイムは

○神:49秒85、45秒14(BEST)、45秒18
Yas:54秒42、47秒83、47秒20(BEST)
トシユキ:54秒03、1分36秒60(SPIN)、 48秒44(BEST)

隊長、さすが・・・2,3週のタイムの揃い具合は恐ろしいモノがありますな。

そして我々
僕、カワモト、ケンゾーにてスタート!
image
攻めるケンゾーくん

走り出す。・・・ぐあ、ハンドル重い・・・ふんぬぅうううう!!(気合い) 縁石に乗る・・・ドガッ!!メットがズレる。お尻が浮く。デカい頭だからと思って選んだLサイズがアダになる。ど、 どうやって乗るんだこんなもん・・・まあいいや、気合いじゃー!おりゃー!どりゃあああああ!!

終了。タイムは・・・

ぐ:52秒99、45秒92(BEST)、47秒10(手アンダーでコースアウト)
ケンゾー:49秒48、47秒00、46秒87(BEST)
カワモト:53秒27、49秒02、47秒09(BEST)

総合ランキング
  ○神: 45秒14
   ぐ:45秒92
ケンゾー:46秒87
カワモト:47秒09
 Yas:47秒20
トシユキ:48秒44

おおおお・・・結構やるやん!俺!(自画自賛) ハッピー。

しかし、当日のベストラップには一人だけ39秒台という人もいた模様。恐ろしい・・・。

3週目になると腕力が切れて回せなくなりコースアウト。尋常じゃなく重かった。あの狂ったように走り回る人たちはどんな体をしているのか・・ ・。参加した6人とも、走行後は全く手が動かないほどぐったり。運動不足なデスクワーカーや寝不足の数名には致命傷になったらしく、 後の行動に支障を来す。翌日はしっかり筋肉痛。

いやー、しかし楽しかった。来年もやろう。オアシスの新しい楽しみが増えた。

その後の脈略なし写真集

image
いいなー。

カワモト、貴島さんサイン入りロードスターカタログ?ゲッツ。身内では最もヨイ品であった。

image
ミニカーいいなー。

FDからNB乗りになったゆーちーくんとオアシスで再会。いいねいいね。ロードスターのミニカー?(なんていうんだっけ?) をゲッツしていた。

ふとステージを見上げると

image
TAKEさん!?

麦わら帽子からシャンプーハットに変わったTAKEさんがステージにつるし上げられていた。 メリケン粉の中から口で特定の色の飴を発見しなければいけないゲームに当選したしまったらしい。頑張れー!!!(S2ISの12倍ズーム大活躍)

image

頑張れTAKEさん!!

image

惜しくも僅差で・・・というか、動画で確認してもどっちかわからないぐらいの差でしたなあ。お疲れ様でした!




image
変。変だから。

image
お、イナバウアー?

image
・・・MATRIXのような・・・顔赤いし。


image
集合~


そんなこんなで、皆様お疲れさんでした。

また来年~。

image
せっかくなので記念写真。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 晴天オアシス2006  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (19)  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「ピロ受け仕様」

06/05/19(金)

06/5/19 13:00 追記

image
タカタ合宿の時に作った仕様。リア。

ピロ受けを試す
合宿前の話。

正しい名称は知らないが、バネの加重をアッパーマウントではなくバネシートで受け、ピロに受けさせる方法。 オガタさんの所にあったエボキットと言えば皆さんご存じかも知れない。この手法、高級な脚では割と採用されており、 よく調べればぽつぽつと存在する。TODAのFIGHTEXダンパーでも積極的に採用されている。 こちら

アッパーマウント取り付け面とアームの関係は完全な水平ではないので、アッパーシートでバネを受けた場合、 バネには真っ直ぐではなくナナメからの力もかかり、動きが悪くなる・・・らしい。良くないと言われがちなNAアッパーだけど、 実は考え方はコレと同じで、ピロじゃなくてゴムで受けて、バネは真っ直ぐ伸び縮みさせるようになっている。 メーカーがわざわざコストをかけてまで採用した「バネを真っ直ぐ伸び縮みさせる」機構に、意味が無いワケは無いだろう。

最大のデメリットは、ピロボールの耐久性と全長が伸びてしまう事。アッパーシートと首振り稼働分でどうしても伸びてしまう。 ロードスターの場合、フロントはさほど問題にならないモノの、リアは詰めていくとカツカツの設定になってしまう為、 全長が伸びるのはかなり切実。ひろせさんの日記にも書いてあったけど「動きを取るか寸法をとるか」といったモノなんだと思う。

なので、今回はクスコの20mmハイマウントピロアッパー(純正バネ用)を加工(バネガイド削除)し、 YZの汎用アッパーシートを組み合わせて作ってみた。ハイマウントのお陰で首振り分の余裕を見ても、 標準のピロアッパとほぼ同等の寸法が再現できた。コレは、元々のピロアッパーが若干ローマウント(アッパー取り付け面より下)な為で、 NBアッパー等のハイマウントなアッパーで同寸法を出すのは厳しいと思われる。理想はやはりTODAのアッパー。完璧な寸法でピロアッパー・ アッパーシートが設計されている=最もサイズに余裕がある。

上の写真では構造がもう一つわかりにくいと思うので・・・

image
試作品(この状態ならピロアッパ無加工でも余裕有り)

image
取り付け角が変わっても(アームが上下しても)バネに影響はない

合宿時、フロントは12kg(+NBリア用バンプラバ)、リアは9kgピロ受け仕様で行った。バネはSwift。

感想
合宿レポートでも書いた通り、タカタでの結果は思わしくなかったが、ピロ受けは関係なく他の要因。


道中どうだったか・・・・。




な、

な、

なんじゃこりゃああ!!??


ってぐらい、乗り心地が良くなった・・・。まさかココまで違うとは、というのが正直な所。12-9kgなんてレートが、 街中でホントに何の苦も無く走れる。限界域まで使わない街乗りでは、フロントのバンプラバも良い方向に作用したようで、 気持ちいいの一言。もう本当に気持ちが良い。ワタナベさんとタカタまで走り回った農道では、 本当に笑いが止まらなかった。・・・ヨメ様が気持ち悪がっていた。でも、ヨメ様にも体感出来るほど道中の快適性は良くなった。

・・・という話を某氏にしたところ、採用に向けて動き出したようで・・・ ぼちぼちインプレが上がるかな?

スポーツ走行におけるメリット(タイム差)は正直わからない(僕レベルでは差はないと思う)けど、確実に脚の動きは良くなるようです。

考査
乗り心地という面ではメリットオンリーではあるものの、スポーツ走行に関しては「動きすぎる事」によるデメリットもあるかも知れない。 その辺りは個人の考え方次第。

費用、寸法等
YZアルミアッパーシート(12φ用、POMレス) 6510円
クスコ20mmストロークUPピロアッパー(リア用:404 421 AN) 中古8800円
他、送料、加工費等

比較的安く上がった。ギリギリの設計を狙わないのであれば、(ASAに限らず)バネガイドを旋盤で落としてアッパーシートのみ入れるのが、 最もC/Pの高い方法のように思う。導入はリアのみでも十分。バネレートが高いほど効果も高いと思う。

image
これぐらいカラー入れればピロアッパは無加工でも装着可能。13.3mmのみでもOKだった。 (車高は上がる。)

また、ピロカラー周りに関する寸法は、手元や周りにあるアッパー全て(ASA付属、クスコ製、TODA製)で全て同サイズのピロボール (MBWT-18?だったかな)のようで、カラー等のサイズは同じ。ロッド径にあったカラーさえあれば共通で使用できる。

首振りの余裕に関しては、ダンパー長等に左右されるのでバネを抜いた状態で現車合わせチェックが必要。ただ、 想像以上に少ないクリアランスでも当たらない。この時の仕様では、アッパーマウント下面からアッパーシート端の隙間で5, 6mm程度だったように思う。つまり、それほど首は振らないという事。伸びきったときに最も角度が付く。

YZのアッパーシート(12φ用、恐らく10φ用でも同じと思う)のロッド部での高さは、約14mmに相当。内、 ピロに当たる部分の高さが約3.15mm。アッパーに余裕があるならココを旋盤で削り落とすのも手。 POM付きも無しもアルミアッパー自体のサイズは同じ。POM付きではID63φ~のバネが使用可能で、POMを外せば60φが使える。

導入にあたってはMBWまつざきさんやドラさんG/Sさん達の文献を、正座してモニタに穴が空くまで読んで考えて作りました。感謝。

注意事項
今回の方法は、 元々ピロ受けとして製作されていないピロアッパーを使用してのイレギュラーな使用方法の為、ピロ周辺の強度的が足りず、 最悪の場合走行中破損する可能性もゼロとは言えません。導入を検討する場合は自己責任にて。万が一破損しても当方は責任を負えません。また、 寸法面でかなり足回りの知識を要します。

100%安心して使えるのは、 元々ピロ受けとして製作されたアッパーのみ(ロードスター用で知る限りはTODA製)です。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - ピロ受け仕様  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (11)  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「つぶやき(バンプラバー)」

06/05/21(日)

現在の興味はバンプラバー。
もう頭の中はバンプラバーでいっぱい。
考えすぎて頭痛を起こす。(知恵熱)

データを着々と収集中。
しかしまあ、データの無い事無い事。
現状のバネだらけ(10セットぐらいありそう/借り物含む)ならぬ
ゴムだらけになりそうな予感。

ここ数日で何回も脚組み替え。毎日電卓をぱちぱちとたたく。
思うように結果が出ず、やはり知恵熱。
理論通りにいかない部分も多い。
カタログに出ない部分(バネの固有振動数?とか)の
体感影響も大きすぎる。

脚に関する専門書を買って勉強・・・してみたものの、
難解すぎて理解度2割ってトコロ。それでも随分役に立ってる。
一緒にガンさんのドラテク本も買って読んでみたり。

そういえば、バンプラバに関して調べている時に見つけた非常に興味深く楽しいページに、胸に突き刺さるガンさんのお言葉が書いてあった。 (無断拝借をお許しください・・・・)



「チューニングなんかすんな!金余ってるなら別だけど。トレーニングし ろ!
ノーマルすら乗りこなせないくせに。



image
ぐさりと刺さる(備北にて)



・・・ちなにに今、何を追求しているかと言うと、単に「乗り心地」。
テーマは「鼻血が出る程快適な乗り心地とぼちぼち楽しいスポーツ走行。ちょっとだけ低車高。」
そして「お金かけず」

極力有りものでなんとかしたい。
ちなみに触っているのは、ヨメ様の車だったりする。(ああ、自分のもやらにゃ・・・)

他社種流用で、良さげなバンプラバの情報があればどなたかこっそり(いや、おおっぴらでも)教えてください。 今目を付けてるのはEG6シビックのバンプラバ。長めで柔らかめな感じ。(予想)

再利用
image
切っちゃったNBフロント用バンプラバ

image
弾性の接着剤で再合体

しばらく使ったけど、ちゃんと使えるみたいです。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - つぶやき(バンプラバー)  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (10)  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「ロードスターのシフトブーツ・ペダルカバー交換」

06/05/26(金)

定番のシフトブーツ破れと、ヘタったペダルカバー(ゴム)の交換。

・NA6のこちらも参考に
・詳しいやり方はGARAGE502こちらが詳しいです

中古車を買ったらまずメンテ、というわけでぼちぼち色々やってます。

水と油は全て交換するとして、それ以外の部分を簡単に紹介。
(ヨメ様号:NA8 Sr2。価格は変動するので参考までに)

シフトレバーのブーツ
・チェンジインシュレーターNO.1(NA01-64-481B) ×1 1350円
・チェンジレバーインシュレーター(M501-17-501) ×1 90円
・ダストブーツ(M513-17-480A) ×1 1470円
・スプリングシート(0398-17-462A) ×1 220円

image
だいたいこんな感じに朽ちてます(外側のブーツ:チェンジインシュレーター)


image
こっちも破れる(ダストブーツ:交換後)

破れると、臭いや騒音が上がってくる&ミッション内(5速だと上の小部屋)に異物が混入する。早めの交換がオススメ。ちなみにヨメ様号・・・

image
あれ、なんか無いぞ

奥を見ると・・・

image
真鍮カラー

やけにガリゴリしたフィーリングはコレが原因だったみたい。やはり純正のプラスチックのがイイです。なめらか。ちなみに5速MTの場合、 レバーの刺さる小部屋のオイルも交換するとフィーリングが良くなるようです。(NBの5速は不明。NB6速は小部屋が独立してないです)  なかなか気がつかない部分なので新車時から一切無交換の車両も多いと思う。ヨメ様号の場合、3, 4回交換してもオイルがすぐに真っ黒になる。キリが無いのでほどほどで終了。ちなみに使用したオイルはワコーズのMT-75。

image
はいスッキリ

オイル交換と諸々交換で、ヨメ様もご満悦な程シフトフィールは良くなった。騒音も(たぶん)減少。よしよし。

ペダルカバー交換
・ペダルパッド(B092-43-028) ×2 230円

ブレーキとクラッチペダルのゴム。使い込みすぎてつるつるになっておられる方も多いのでは?  ヨメ様号は純正オプションのアルミペダルになっていて、ゴムの方が好みという事で変更。

image
コイツね。(交換後)

交換方法にはちょーっっとだけコツがあって、手でハメようとしてもなかなかハマらない。角をひっかけて、 その対角にマイナスドライバを差し込んで「ぐりっ」とやれば簡単にハマる。

image
こんな感じ

交換後は足裏に吸い付くようなナイスフィーリング。よしよし。


つづく。

明日
猛練です。・・・雨ふるかも。なんて微妙な予報。困ったときの・・・困ったときの・・・


・・・ワ○ナベさん遊びに来ない?(困ったときの晴れ男)


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - ロードスターのシフトブーツ・ペダルカバー交換  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (13)  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「猛練9・・・ダークホース現る」

06/05/28(日)

image
おなじみYas作 恒例ふしぎてるてる坊主

というわけで、天気予報は前日まで降水確率70%だった猛練9。しぶしぶ高級カッパも買い臨戦態勢で突入したものの、 見事に一日快晴となった。よかった。

いつも通り写真で徒然。ちなみに今回は主にYas君の写真で構成されております。

image
強風にてんやわんや。テントが崩壊するかと思うほど強風な一日であった。

image
参加者の皆様1

image
参加者の皆様2・・・おお、クーペだ。

image
参加者の皆様3・・・そっくり!evo兄弟。

image
前回からノリで始まった○神先生による慣熟歩行指導。ちゃんと聞くとものすごくタメになります。

image
朝のドラミ風景。後ろになんだか巨大な建造物が出来つつあります。何だろう?

image
ぐ、による初心者講習。パイロンって何?って所から説明。今回は初めての方もたくさんおられた。参考になったかなあ・・・? こんな所も教えてくれたら嬉しい、みたいなのがあればこっそり教えてください。

そんなこんなで走行開始。

ステキなクルマ

image
K12マーチ

マーチです!マーチ。スポーツバージョンのSRじゃなくて、フツーの1200ccマーチ(12c)で5速MTというトコロがまたシブイ。 なんてステキ。こんなの大好き。ショコラMTさんの愛車。ショコラカラーに黒いワタナベがまたシブイ。車重はたったの920kg。 楽しいだろうなあ。

image
内装

内装もオシャレでカワイイ。うーん、欲しくなる。(笑)

FFフォードアーズ骨肉の争い
オフィシャル内でいつも繰り広げられるFF4ドアセダンバトル。猛練7に引き続き、 今回も開催。

 image image image
HP10プリメーラ@友蔵、CF4アコード@Yas、EG9シビック@ウイ

前回の成績は、Yas52秒1、ウイ52秒4、友蔵54秒台(絡めず)で、覇者はYas君であった。Yas君の防衛なるか?

各車のスペックは以下のような感じ。

HP10 2000cc 150ps 1170kg+100kg 195ネオバAD07 備考:4.4ファイナル・ 仕様不明JIC脚
EG9   1600cc 170ps 1090kg+80kg 195ネオバAD07 備考: 機械式 4.7ファイナル インテR脚
CF4   2000cc 200ps 1300kg+50kg 215ネオバAD07 備考:サンルーフ・大きな羽根・17インチ・ ベタ車高

ウイさんの車両が大幅な戦闘力UPを遂げ、オープンデフから機械式へ。さらにローファイル化。

そしてお昼のオフィシャル枠までの各人のベストラップ・・・

友蔵 53秒4
Yas 50秒53
ウイ 51秒71

・・・Yas君、どうしたの?えらい速くなってしまって・・・確か、仕様的にはバネレートが少し上がったぐらいだったと思う。タイヤの差か?  ウイさんもなかなかタイムアップしたものの、どうやらギヤ比がもう一つ合わないらしい。

外野「クルマが速いんじゃないのぉ~」

急遽始まるオーナー殺しバトル。戦いの火ぶたは切って落とされた。


参戦する勇者達は以下だ!



image
○神オーナー殺し光線

そして、楽しそうなのでうっかり混ざってしまったもう一名

image
ドリタイヤに空気を詰め込むぐ

ルールは簡単「練習なしの1本勝負(泣きのもう1本はナシよ) 」ほぼ全員が初見で乗る事になる。 ブレーキの具合もコーナリング特性もわからないクルマを一発で乗りこなさなくてはいけないハードコア勝負である。

走行開始。まずは友蔵プリメーラ。友蔵の持ちタイムは53秒4。Yas君が乗る。・・・・51秒58。おおおお速い・・・。さらにウイ、 ○神、ぐと続く。結果は・・・

HP10プリメーラ
1 Yas 51秒58
2 ○神 51秒649
3 ウイ 52秒891
4 ぐ 53秒04
5 友蔵 53秒4

○神破れる!Yas君、速い・・・どうしたの?実は速かったの?○神さんより速いなんて・・・総殺しされてしまった友蔵の背中が寂しげだ。 続いてYasアコードバトル。Yas君のアコードは電動パワステ。過去に唯一○神さんが「乗り方がわからん!」 とさじを投げたクルマでもある。結果は・・・

CF4アコード
1 Yas 50秒53
2 ○神 51秒094
3 ウイ 52秒114
4 ぐ 52秒536
5 友蔵 57秒375

Yas、2冠達成!○神及ばず・・・どうなってるんだ・・・・。さらに続いてウイシビックバトル。ウイさんのタイムは51秒717。Yas、 3冠達成なるか!結果は・・・

EG9シビック
1 ウイ 51秒717

2 ○神 52秒599
3 Yas 52秒737
4 ぐ 54秒143
5 友蔵 54秒465

ウイさん○神さんも抑えオーナー殺し死守!Yas君も及ばず!という結果となった。ココはウイさんの圧勝。

Yas君の速さを今の今まで誰も知らなかったというのは、いったい何なんだろう。間違いなく変態級のFFスペシャリストである。 この日はYas君祭りな一日であった。速いぜYas君! そして、FFが全然わからない僕であった。(全て4位)

image
なんか形が変。今度FFの乗り方教えてね。

○神「ちょっとショックや・・・」

1秒近く○神さんを引き離してしまうウイさんも相当速い。そして友蔵は、涙で枕を濡らす。

しかし友蔵、夜のオフィシャル枠で渾身の走り込み。52秒7までタイムアップし、ぐとウイのオーナー殺しを破る。やるねえ~。

今日のぐ
image
プライベーター風(エセです)

実は密かに某氏に譲って貰った「不幸にもならないけどたいして幸せにはならない青い箱」を装着してあった(実はちゃけに付けてもらった) のだけど、セッティングを出せる場所はなかなか無いので、猛練でちょこっといじくったりしていた。この件に関してはまたそのうち。 今のところ「3000回転で全負荷域燃料30%増量」とかむちゃくちゃな事をやって喜んでる低レベル加減です。

走行の方は、お昼のオフィシャル枠からぼちぼち走り始める。二名乗車で50秒7。直後にYas君が50秒9を出し、正直耳を疑う。その後、 また二名乗車で50秒4を出し、さらにYas君が50秒5を出してくる。やべー!やべー! 二人で顔を見ながら爆笑。ただし、 こちらは2名乗車なのでね・・・ふふふ。さらに次、1名走行になったので気合いを入れる・・・気合いが入りすぎてミス。50秒5。 ココでお昼枠終了。

夕方からのオフィシャル枠は、ヨメ様号に付けてきた1部山DNA-GP(ヨメ様定常円練習用)でドリフトなんぞして楽しむ。うーん、 切り返しがうまくいかない。でもすんごい面白かった。またやろう。

image
久々にワイヤーが出るまで使った

自分のクルマでもちゃんとアタック。2本走って手応え有り、49秒7。50秒切れた!ちょっと満足。 50秒を切れたロードスター乗りだけが貰える○神ステッカーを貰う。(半分冗談。半分本当) 50秒は一つの壁っぽい。しかし、 最後の4本パイロンのような「パイロン的なセクション」がちっともダメ。やってないとヘタになる・・・昔の方が上手かった気がする。 寄せられないなぁ。

ちなみに○神さんは、最終的に46秒6というおかしなタイムを出して終了。

この日のS田ちゃん
配車係として猛練7からお手伝いして貰ってるS田ちゃん。「乗る?」と聞くと「いや、今日はいいよー」とエンジンがかかっていない。 夜のオフィシャル枠辺りでややエンジンがかかってきたようで「一本だけ良いかな?」と名乗り出る。「いいよー」「ありがとー」

ぷあああああああん・・・・全開。

いきなり53秒台。なんかもう、普通のタイム出てるやん?猛練7では56秒台だったから、未だに乾いたスポンジのごとく吸収している様子。 とりあえず

「よーし、52秒台いってみよー!」

けしかけてみる。

ぷあーん

ぷあーん

ぷあーん

・・・帰ってこない。猿になってしまった。最終的に53秒6まで頑張ったみたい。MT車ほとんど乗ってない人とは思えない走り。

オフィシャルタイム
この日のオフィシャル達のベストは以下のような感じであった。一応メモ代わりに。

・○神 46秒6 (NA6/2リッター/6速4.3/205-225 AD07)
・ぐ 49秒7 (NA8/BP面研/6速4.3/185 01R)
・Yas 50秒53 (CF4/215 AD07)
・カワモト 51秒6 (NB8/195-205 AD07/リア山無し/ トランクに重り)
・ウイ 51秒717 (EG9/195 AD07)
・友蔵 52秒7 (HP10/195 AD07)
・まゆ 53秒0 (NA6/195 AD07)
・S田 53秒6 (ぐ号)
・ヨメ様 55秒台 (NA8 Sr2/195 G3)
・トモ 58秒7 (NA8)

カワモト君が最近ぐんぐん伸びている。まゆ姉さんがやっと動き出した。ヨメ様号は余ったコニで、 バンプラバだけで走るような仕様だけどなかなか好感触(乗り心地は酷い)。タイヤはG3で他はドノーマル。参加者全体で見ても悪くないレベル。 ウデも着実に伸びてきているご様子。(本人は全然納得いってないようだけど・・・)

タイム記録のお時間です
image
りょお@NC青色便

りょおさんのNCカッコイイ。練習走行では49秒台を連発。着実に上手くなっておられる。

タイム記録開始。タイム記録とは、本番(?)さながらにスタート出しを行い、待っているドライバーに話しかけて無駄に緊張感を与え、 精神力の強さを試すお遊びなのだ。(笑)

image
カワモトにプレッシャーを与えるぐ

そして1本目 、見事にスピン。

image
メガホンマイク攻撃

しかしあゆむ、強靱な精神力でミスなく安定したタイムを出す。やるなあ~。4年熟成モノDNA-GPで52秒8は立派。 

image
ヨメ様激励

56秒0、56秒1と非常に安定したタイムを刻むモノの、ベストな走りでは無かったらしい。

image
ふがいない自分にヤケ酒ならぬヤケ定常円のボルトン

そんなこんなで。

image
良い空

image
撤収作業

みなさまお疲れ様でした。

オーナー殺しバトルしたりドリフトしたりタイムアタックしたりと楽しみまくりな一日でした。ホントに晴れてよかった。 次回はちょっと空いて8月12日(土)開催です。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 猛練9・・・ダークホース現る  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (21)  | トラックバック (2)
トラックバックURL:  


« 2006年04月 メイン 2006年06月 »



【秋の気配の猛ドラ29★9月24日(土)開催】
満員御礼!ありがとうございました!(・ω<)ノ
詳しくは 猛ドラWEBにて!
猛ドラレポート集も参考にしてね(・ω<)(猛烈ロードスターレポート猛ドラ参加者レポートみんカラで猛ドラを検索


最新ブログ
16/07/13【やっぱ】MTE37とNDロードスターのホイール重量【軽い】 NEW
16/07/13【MTE37】第4弾ラスト放出&装着写真ギャラリー NEW
15/12/07いくぜ!マツ耐:マツダファンフェスタ2015岡国【速報編】 NEW
15/12/04いくぜ!マツ耐:マツダファンフェスタ2015岡国【前夜編】 NEW



協賛:タイヤガーデン豊中 ご来店時は猛烈ロードスターを見たとお告げくださいませ~。
 トップロードスターいろいろバックナンバー猛烈アンテナ
 猛ドラ「ぐ」の揮発つぶやきツイッターみんカラタイヤガーデン豊中
ロードスターでモータースポーツ&DIY / 当サイトは全ページリンクフリーです。 Copyright(c) Gussan / MRRS All Rights Reserved.
Since 2004 -10 visit : ,,