ロードスターでモータースポーツ&DIY 当サイトは全ページリンクフリーです
猛烈ロードスター ヘッダイメージ


【 ラスト企画 】
20/10/21[405製作確定]MTE37V&MDR57プロジェクトファイナル受付中[10月末締切] NEW



協賛:タイヤガーデン豊中 ご来店の際は猛烈ロードスターを見たとお伝え下さい!
 トップロードスターいろいろバックナンバーお問い合わせ
 猛ドラ「ぐ」のツイッターみんカラタイヤガーデン豊中

« 前の日記 「 とある寺での出来事 」 「 MT(マニュアルトランスミッション) 」 次の日記 »

「 猛烈FD物語 出会い 」

05/05/25(水)
  |  TrackBack 0

僕がクルマに興味を持った頃から僕の心を掴んで離さない1台のクルマがあった。

アンフィニRX-7

デビュー時に誰もが驚いたその日本車らしからぬ強烈な流線型デザイン。孤高のロータリーエンジン。クルマの事が大してわかっていない中学生の僕の目にも、そのカッコ良さは鮮烈に焼き付いた。「いつかは乗りたい」と思い続けた。

21歳になった僕はクルマを買おうとしていた。RX-7を買うつもりでマツダへ。勿論本気で。イノセントブルーマイカの最終型FDが印刷されたポスターを貰って家に貼り、カタログをボロボロになるまで眺め、今にも頭金握りしめて買ってしまいそうな勢いだった。ちなみにそのカタログは今でも大事に持っている。

迷い

僕は17の時、バイト先の社員に「売ってやるよ」と言われてうっかり買ってしまった400ccの過激なハイパワーレーサーレプリカに乗っていた。元々運動神経も良い方じゃないし、街乗りでスクーターしか乗ったことの無い小僧がポンと乗って乗りこなせるような物ではない。確かに直線は狂ったように速かったが、直線だけ。結局何が楽しいのかも、どう乗るのかもよくわからないまま、事故に遭い(僕は直進、相手は対応右折の見切り発車で衝突)、そのバイクは廃車となってしまう。

「初めてのクルマにRX-7って、二の舞になるんじゃ?」

凄く悩んだ。とりあえず乗ってみようかなと試乗車を探したりもした。(しかしFDの試乗車はどこにも置いてないとディーラーで言われた) マツダのおじさんに「ロードスターはどう?すごくいいよ?」と言われて「全然パワー無いじゃないですか」と答えたりもした。

結局選んだのはロードスターだった。(マツダのおじさん本気でごめんなさいごめんなさい僕が小僧すぎましたごめんなさい)
余談だが、この選択は、本当に本当に正解だったと今でもしみじみと思う。(FDが悪いワケでは無い)

出会い

そんなある日、とあるHPでFDが売りに出ていた。程度は・・・かなり悪そうだがFDはFD。値段は、ちょっと冗談で買っても良いかと思えるレベル。悩んでしまった。

その話を友人のT(ここではミニTと呼ぶ)に話し、冗談で「共同で買っちゃう?」と話してみた。なんだか乗り気になってしまった。ミニTも僕と同じくFDに強い憧れを持つRS乗りだった。さらに別のT(ここではビッグTと呼ぶ)にも話を持っていって見ると「いいですねー」と、こちらも乗り気だ。

あれよあれよと話は進み

image

2月のはじめ。僕のガレージにFDがやってきたのであった。(つづく)


猛烈RS内を検索




このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 猛烈FD物語 出会い  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

トラックバック一覧

« 前の日記『 とある寺での出来事 』 『 MT(マニュアルトランスミッション) 』 次の日記 »
ロードスターでモータースポーツ&DIY / 当サイトは全ページリンクフリーです。 Copyright(c) Gussan / MRRS All Rights Reserved.
Since 2004 -10 visit : ,,