ロードスターでモータースポーツ&DIY 当サイトは全ページリンクフリーです
猛烈ロードスター ヘッダイメージ


【 ラスト企画 】
20/10/21[405製作確定]MTE37V&MDR57プロジェクトファイナル受付中[10月末締切] NEW



協賛:タイヤガーデン豊中 ご来店の際は猛烈ロードスターを見たとお伝え下さい!
 トップロードスターいろいろバックナンバーお問い合わせ
 猛ドラ「ぐ」のツイッターみんカラタイヤガーデン豊中

« 前の日記 「 ロードスターレストア7 赤く染めてみせましょう 」 「 マウス環境改善計画 」 次の日記 »

「 ロードスターレストア8 磨く 」

07/07/21(土)
  |  TrackBack 0

ロードスターをレストアしてみるシリーズ その8 磨き編

二日連続の全塗装が終わった翌日も、またガレージにて作業。コレは、時間を置くとクリアーが完全硬化してしまい、 修正出来なくなってしまう為で、間を開けられない。ぐったりした体を引き摺り、ホームセンターで資材を調達。ガレージにて作業開始。 ヨメ様も手伝ってくれた。

1~2日目(全塗装完了の翌日)
image

あて板とペーパーで、クリアー層に乗ったホコリやゴミを1個1個丁寧に除去していく。1500番の耐水ペーパーを使い、水と中性洗剤 (滑りを良くする)で丁寧に研いでいく。

image

盛大にクリアが垂れたドアは1000番→1500番として、大きなあて板で平らになるまで研ぐ。がっさがさになる。ちょっと不安。

ボンネットやトランクなどの平らな面は、とにかくゴミの嵐。ゴミだらけ。研いでも研いでもキリが無い・・・で、 研げば当然がさがさになるので、元に戻せるのかやや不安。

で、二日かかってこんな状態になった。

image 
うげ~・・・

image 
きぃやぁぁぁ~~~・・・

あんなに光り輝いていたのに、今ではつや消しレッド・・・他の写ってない所もほとんどつや消しレッドになった。なんだか憂鬱だ。

image 

やっちまったの図。 角で下地が出てしまった。やりすぎると下地まで行ってしまう。気を遣う作業。タッチペンで最後に誤魔化す。

image

ボルトンに貰ったうまい棒で充電。全塗装を含めて、連続4日の作業でヨメ様は撃沈。しかし、まだまだ続くのだ。



3~4日目
ちょっと日にちを開けて、ポリッシャーを使ったバフがけ(磨き)を開始。FMWさんで他の作業をしていた。この件はまた続きにて。

バフが当たってはマズイ所を全てマスキング(主に角)してから磨きに入る。使ったコンパウンドは3Mのハード1L(極細目)とハード2L (超微粒子)。バフはウール・スポンジ細目・スポンジ極細目の3種類。結果的には中目も必要だった。 ハード1Lで1500~2000番のペーパー目が消せる。

image 

ある程度磨いた状態。トランクやリアフェンダー辺りは、割とあっさり光が出始めるので、ちょっとテンション上がってくる。

image
コレでもまだ途中

手順は確か、

・ウール&ハード1Lでブツ取りした箇所を研磨
水で流す
・スポンジ細目&ハード1Lで全体を研磨
水で流す
・スポンジ極細目&ハード2Lで全体を研磨
水で流す

磨きに関しては素人(塗装も素人だけど)なりに調べたのと実践の上でこの方法で落ち着いている。 切削力はスポンジの種類×コンパウンドの荒さで考えると良いらしい。密かに5台ぐらいは磨き上げた事があるんだけど、 自分ちのロードスターはまだ磨いたことが無かったりする。機械洗車以上のやる気が出ない。

以上の行程で終了のハズだったんだけど、ボンネットとフェンダーが上手くいかない。ブツ取りしたペーパー目がどうやっても消せず、 ツヤが出ない。他は上の手順で上手く行ったのに何故・・・。で、試しに中目のコンパウンドとウールでやってみると、なんとか消せた・・・で、 わかった。

エンジンルームの熱でクリアーが硬化した為、硬すぎて削れなくなっていた様だ。FMWから乗って帰る課程で、熱が入って硬化が促進された。 ボンネットも、インマニ側は割とマシで、エキマニ側は特に削れなかった。フェンダーも、 横は研磨できるけど熱の上がってくる上が削れなかった。素人考えでは、塗装はきっちり時間を置いてカチカチに固まってから磨いたりしないと、 ずるっとめくれたり、表面が変な事になってしまうんでは・・・と考えてしまいがちなんだけど、FMW社長に 「修正するなら今すぐやらなあかん!最低でも明日!」と言われていた。理由はこういう事だったのね。 世話になってる職人も同じ事を言っていた。

ここからがまた大変で、ボンネットとフェンダーを中目で磨いてしまったら、さらにあと3回磨かないと周りと同じにならない。 ちょっと泣きが入る。全塗装して磨きまでやる人は、同日か翌日に全部現地でやるのがオススメ。FMWなら道具も全部揃ってるしね。

で、二日間磨き続けてやっと完成したのが以下。


image
どうだっ!!

image
リアフェンダーは感動的な美しさ・・・(塗装が偶然上手いこといったのもあって)

車内はご覧の通り、まだ手つかずでぐっちゃぐちゃ。

image
ボロかったバンパーもピカピカだっ!!

image 
Aピラーも綺麗だあ~。ガラスのモールがないけど。

苦労しまくったボンネットやフェンダーもなんとかピカピカになり、他の部分もほぼ新車のように光り輝いた。で、 大量に塗装を垂らしてしまった助手席ドアだけど

image

ばっちり鏡のようになった。でも、現物をよーくよーく見るとわかる。けど、たぶん普通の人は気付かない。

image
自己満足

重くて腕力のいるポリッシャーを二日振り回した甲斐があった。ちなみに、初めて磨いたときは一週間ぐらい磨いてた気がする。

コレでやっと、外装の塗装だけは完成した。光り輝く赤ボディだ。超カッコイイ。

image


しかし、内装はまだぐちゃぐちゃ。付いてないパーツも山盛り。付けるホイールすら無い。まだまだ終わらない。


つづく。



猛烈RS内を検索




このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - ロードスターレストア8 磨く  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

トラックバック一覧

« 前の日記『 ロードスターレストア7 赤く染めてみせましょう 』 『 マウス環境改善計画 』 次の日記 »
ロードスターでモータースポーツ&DIY / 当サイトは全ページリンクフリーです。 Copyright(c) Gussan / MRRS All Rights Reserved.
Since 2004 -10 visit : ,,