ロードスターでモータースポーツ&DIY 当サイトは全ページリンクフリーです
猛烈ロードスター ヘッダイメージ


【秋の気配の猛ドラ29★9月24日(土)開催】
満員御礼!ありがとうございました!(・ω<)ノ
詳しくは 猛ドラWEBにて!
猛ドラレポート集も参考にしてね(・ω<)(猛烈ロードスターレポート猛ドラ参加者レポートみんカラで猛ドラを検索


最新ブログ
16/07/13【やっぱ】MTE37とNDロードスターのホイール重量【軽い】 NEW
16/07/13【MTE37】第4弾ラスト放出&装着写真ギャラリー NEW
15/12/07いくぜ!マツ耐:マツダファンフェスタ2015岡国【速報編】 NEW
15/12/04いくぜ!マツ耐:マツダファンフェスタ2015岡国【前夜編】 NEW



協賛:タイヤガーデン豊中 ご来店時は猛烈ロードスターを見たとお告げくださいませ~。
 トップロードスターいろいろバックナンバー猛烈アンテナ
 猛ドラ「ぐ」の揮発つぶやきツイッターみんカラタイヤガーデン豊中

« 2007年11月 メイン 2008年01月 »

12月02日 『 TSタカタ秋の大運動会-ファイナル!! 』怒濤の超巨編。動画有り。
12月05日 『 デイリーくるり 』くるり写真でつれづれ。
12月07日 『 明日は猛練 』どたばた猛練
12月10日 『 師弟対決!! 猛練21(更新) 』ぐ vs ○神 ガチンコ猛チャレ7
12月15日 『 涙のFF対決 猛練21その2 』ぐ、先生をする。FF対決。
12月18日 『 ○神とぐの走行映像 』珍しく、自分の走行映像公開。
12月19日 『 つれづれくるり 』写真でつづる、デイリーくるり。
12月20日 『 続、ずたずたアルミシフトノブ 』パイプレンチをかけたアルミシフトノブ、その後
12月23日 『 タイヤとエンジンとタイムの関係 』エンジンが速いとタイムは上がる?
12月27日 『 車検最速理論? 』プライベーター野郎向け、車検最速理論
12月29日 『 R1Rとレギュレーション 』R1Rはラジアルタイヤか?
12月31日 『 つれづれ年末 』つれづれ

「TSタカタ秋の大運動会-ファイナル!!」

07/12/02(日)

RSガレージワタナベ秋の大運動会、 当日編。

NCロードスター

では、当日編いってみよう!

霧のTS-TAKATA
霧に包まれる

霧に包まれ見通しは悪いが絶好のコンディション。吐く息もまっ白。中国勢、関西勢も含め、誰もが朝の一発しかタイムは出ないと確信していた。

僕は昨日の準備に加え、助手席を外し、ライトを外し、バルタイを調整。エアは昨日の時点で合わせてる。これでバッチリだ。

気合い満々の頂上決戦Aクラス。闘いの幕が上がる。隊長は猛烈な勢いで準備を済ませ、しっかり先頭をキープ。 前走者に引っかからない為。そう、走る前から勝負は始まっている。

Aクラス 
ワタナベ組長

参考までに、TS-TAKATAロードスターラジアルレコードはインテグラル神戸の安藤さんがJet'sNB号で出した62秒700。 2位以下を並べてみると(訂正しました~)

1位 62.700 Jet'sNB安藤
2位 63.025 NA6ワタナベ
3位 63.2xx ○神
4位 63.2xx やじお
5位 63.2xx ミムラ

と言う超接戦状態。2秒台は唯一Jet'sNB号のみ。

頂点クラスだけに、皆モニターや電光掲示板に熱い視線を注ぐ。そして、2周目辺りで既に62秒台に突入した車両が2台!! (タイムはうろ覚えなので、多少の誤差は許して・・・)

62.903 ミムラ
62.940 ○神

一同「おおおおー2秒台入ったー!100分の4秒差でミムラさんトップだ!」

R1RというタイヤはジムカコンパウンドのSタイヤの如く、一発目から食うが後は垂れる一方。このまま勝負は決まるか!?と思われた。皆、 リアルタイムで更新されるモニターに釘付けで見守る。

62.8xx ○神

一同「○神さん2秒8入った!!」 ○神さん、驚異のタイム更新。ミムラさんはどうなってる!?

・・・・前に詰まってダンゴ状態・・・何やってるんだー!頑張れミムラさん!(もはや敵も見方も無く応援)

と、そうこうしているウチにBクラスの出走直前になってしまった。慌てて車両に乗り込みメットをかぶり、走行待機列へ。 さすがにAクラスのタイムは更新されないだろうと思って待機していたが、なんと○神さんは更にアタックを重ね・・・

62.695 ○神

Jet'sNB号を抜き去っていた。1000分の5秒差でTS-TAKAロードスターラジアルコースレコード樹立!

1位 62.795 ○神
2位 62.700 Jet'sNB安藤
3位 62.903 NB6ミムラ

と、なっていた・・・。

そして他のAクラスの猛者達は・・・ワタナベさんはバクチ投入した使い古しの0部山R1Rが全く食わず撃沈の64秒143で4位、 やじおさんも何かを?外して63秒660で3位という結果。結局、2秒台は二人だけで、頭一つ抜きん出た闘いだった。


(自分メモ)


ぐ、走る
Aクラスを見過ぎて、大あわての走行開始。しかし準備は万端さ!と言いつつ、車載を回す余裕も無し。 タイムはこの一発しか出ないのは間違いない。車載を回すのに時間なんぞとれん!

行くぞ!!(気合い)


ぶいーんと走る・・・


走る・・・



なんか・・・



足柔らかくね?






・・減衰変えてないぞ。(大汗)




街乗り用の減衰最弱だ・・・・どどどどどどうしようどうしようどうしようどうしよー!!!(弱パニック)

このままアタックを続けるか?いや、タイムが出るわけが無い、しかし帰ってダイヤル回してたら枠が終わっちゃう。マジでどーしよー!!(涙)  準備万端と思った余裕で大落とし穴である。アホである。えーい、とりあえず一周アタックしてやる!!

・・・あれ・・・なんか・・・不思議と感触悪くないぞ・・・?

超抑えめに走って67秒205。昨日のベストは66秒1。1秒落ちだけど、全然攻めてないし、クルマにはとても余裕がある。なんなんだ!?

悩みながらも、やはりチャンスは今しかない!とピットイン。猛烈な勢いで減衰変更。 YZ足は減衰調整が下に付いているので、とてもやりにくい。あたふたしていると、メットをGTウィングに強打。(涙)  減衰最弱の1から最強の8へ変更し、また猛烈な勢いでコースイン。時間はもうほとんど無い。頼む!!間に合って!と思いながら、 一発目から全開アタック。

1周目 67秒205 減衰1
2周目 4分36秒003 減衰変更。スバラシく短時間。(笑)
3周目 65秒700 午前BEST 減衰8
4周目 66秒129

結局、貴重な1本目で3周しか出来なかった。(涙)

減衰変更1周目で65秒700。昨日のベストからあっさり0.4秒短縮で、結局コレがこの日のベストとなった。ホントヤバかった・・・ 落ち着いて走ってればもう少し行けたんだろうけど、仕方ない。昨日の○神さんとの反省会、イメトレのお陰で、 ビビる事無く一発目からいけた事に感謝。隊長ありがとう!

2本目
とても驚いたこと・・・減衰1が好感触だった。何故?硬すぎたのか? 舞洲でも上げる方向で合ったハズなのに、グリップの良いTSタカタで下げるなんて?? さっぱりわからないけど、 絶対試さないであろう減衰最弱でうっかり走ってしまったお陰で、新たな方向性が見えてきた。コレは大収穫。

よし、試そう。

減衰真ん中。前後とも4。

2本目開始。既に気温はぐんぐん上がり始めている。スタート!・・・よっしゃ!一発目から悪くないぞ!

6周目 65秒901
7周目 65秒973
8周目 65秒755
9周目 66秒083 前に追いついてくる
10周目 70秒086 追いつきそうなので、 間を開ける為にクーリング走行
11周目 65秒914 再アタック
12周目 65秒915

この結果は後で知ったので(リアルタイムで分かるのはベストのみ)、これほど結果が良かったとは思わなかった。3周目できっちり、 限りなくベストに近い数字(65秒755)が出てる。さて、どうするか・・・。

3本目
よっしゃ、次も試そう!減衰最弱の1!  1周目は躊躇もあって全開アタックはしていない。もしかしたら凄く良いかもしれないし、ダメかもしれない。気温はぐんぐん上がっている。 もうタイムは出ないだろうし、この際なんでも試してやる!

14周目 65秒982
15周目 66秒104

アンダーが強くなったけど、やっぱり悪くない。条件が悪くなっているにも関わらず、タイムの落ち幅が少ない。ただ、 このタイムを見ていないので、その場で真面目な考察は出来ていない。ちょっとアンダー強いなー。やっぱりダメかぁー・・・減衰変更ー! とピットインした。1から最強8へ。

17周目 66秒442
18周目 67秒013
19周目 66秒290
20周目 66秒849

全体的にめっちゃ滑って神経質な乗り味。タイムもサッパリダメになった。なんじゃこりゃ!?

やっぱり、最弱で良かった・・・ってなんだそら???(パニック) クルマって難しいなあ・・・。

4本目
お昼休みを挟んで午後の1発目。もう汗をかくほど暑い。タイムは全く期待できなくなった。タイム表を見ても真面目に考察出来ていないので、 一番感触の良かった4で、とりあえず試し走行してみる。

1周目 67秒162
2周目 68秒242
3周目 67秒854
4周目 68秒539
5周目 66秒774 午後BEST

気温も高いし、路面コンディションもめちゃくちゃ。Sタイヤ級のR1Rが多すぎる為、路面はもうR1Rのタイヤカス(通称ウ○コ)だらけ。 もうウ○コ祭り状態であり、コレがタイヤにくっついて酷い振動が出る。ゴトゴトゴト!って。大半の参加者が「どっか壊れたと思った!」 と言うほどのウ○コ祭りで、コレが一杯つくとタイムも落ちる・・・もうダメだ~。

ウ○コまみれ 
ウ○コ祭り2007秋

5周、えんえんとアタックしていたけど、朝からエンジン音がちょっと妙な感じで・・・ ウィーンって感じのメカノイズが聞こえてた。壊れそう?ヤバいと思ったのと、もう腰が限界っぽかったので、コレで走行終了とした。

ホッカイロ
温めながら騙し騙しですよ・・・

以上、自分メモ終了~!


(自分メモここまで)

他の方々、写真でつれづれ
あちゃ~

yn78君、新コース奥でミサイルに・・・・そこは(アウェイ勢は)攻めちゃいけない禁断の領域・・・でも外傷だけなので、 軽傷で済んで良かったね。

ドリフトロードスターたなかぶちょ
ドラテクマニア健在

たなかくん。船の如きエランで66秒583。ノーマルNA6に2年落ち01RだけでBクラスまで上がってきた。流石だなぁ~・・・。

orzかのうくん
空気が煤けてるぜ

かのうくん、Eクラスでダンゴ状態。全くタイム出せず、80秒台にとどまる。

かおる・・・かおるぜ!!(何が)

でも最終的には68秒724と、 きっちり結果を残した。70秒切れれば、初走行なら十分立派だと思うよ~。やるじゃんかのうくん!

01Rにウ○コ付着

NCトシユキの01R。

トシユキ「アナタタチのまき散らすウ○コで困ってるんですっ!ぷんぷんっ!」

無関係な01RにもR1Rはねちゃねちゃくっつき、タイムダウン&激しい振動を巻き起こす!

○神号

お昼休憩。ご満悦の○神隊長。

お昼休み
歩いて稼ぐ

超久々でまだまだ走り方が掴めていないトシユキとYN78君(と、僕)の為に、 ○神隊長とタイムを拾いに行く旅へ。そこで我々は恐るべき驚愕発言の数々を耳にする。


○神「ここはね、空中を走って直線的に行く

ぐ&トシユキ「空中ですか!?

○神「そう。速度が高いからここは飛べる。

ぐ&トシユキ「飛べるんですか!?

○神「うん」 ←真顔


他のコーナーにて


○神「ここはね、速度が足りないから飛べない

ぐ&トシユキ「飛べないんですか!?

○神「うん」 ←真顔


そう。2秒台の世界とは、クルマが空を飛ぶ世界なのだ。


トシユキ「俺たちにはまだ関係無さそうだな・・・」
ぐ「そうだな・・・」


ちなみに、面白おかしく書いているけど実話であり、実際にやってるらしく。 イニDで上手く荷重移動してイン側を浮かし気味にすれば、溝に落ちずジャンプしてイン側走れるとかって話と同じようです。(汗)

・・・せんせい、僕、空飛べなかったよ。(泣)

YNくんにも新コース奥の安全なラインを伝授し、お昼休憩終了。コレで楽しく走れること間違いなし!

お昼ごろ、写真でつれづれ
トシユキ、楽しむ
トシユキ、楽しむ

ラインも伝授され、楽しく走るトシユキ。操る喜びだぜ!


おのれマツオカ!
マツオカ、ラブラブする

おのれ!!マツオカ!!(光らしてやったわ!)

カトー、ぷりぷり
カトー、ぷりぷりする

よく分からないが、違う境地で余裕のカトー。

マツオカ、勢い余る

マツオカ、最終コーナー気合いのアタックで脱輪、土手を登って危うく横転という恐るべき勢い。さすがは若者・・・!!

で、結局マツオカのベストは66秒203で、僕のたった0.5秒落ちであった。 僕のタイヤがネオバなら、良い勝負だろう。 (笑) 僕の負けだよ負け!へへーんだ!(大人気なく) 次はネオバでガチンコしてやるからっ! (何か違う気もしつつ)

コンパクトデジカメで流し撮り?
流し撮り?
撮れてた人。トシユキ、ヨシヒロ、みやさん、篠塚くん

今回の写真は全て富士フイルムのF40fd(全部フルオート)で撮っている。シャッター優先すらないカメラなので、適当に流し撮り。 フレームに入れるのでやっとですな。でも、案外見れるもんだな~。

隊長
ウ○コに始まりウ○コで終わる運動会2007

○神隊長は、午後のラストアタックに向けて必死でウ○コとりをしていた。まだ狙うつもりなのか!?

閉会式
そんなこんなで、あちこちで談笑を楽しんだりしつつ、帰り支度しながらまったり時間を楽しんだ。でっかいオフ会みたいなもんですな。 (笑) あっという間に閉会式で、表彰と賞品の授与などが進む。

本日2位だったミムラさんには、何故か2位の人だけに贈られるTシャツが用意されていた。

2番。そう、オマエは2番なのだ!!
ミムラさん、あなたの涙が見えました

そして、総合24位だったトシユキ。この日は11月24日という事もあり、特別賞。

鹿児島土産

九州最南端の地、鹿児島から参加された方から、高級さつまあげをプレゼントされた。うらやまし!

ちなみに僕は、総合13位であった。良いのか悪いのかわかりませんな。(笑) まあ、ぼちぼち、こんなもんでしょう! 個人的には満足です。 ええ。もう凡人がアウェイで勝てないのはよく分かりました。(笑)

そして、閉会式のメインイベント・・・

1位 ○神
2位 ミムラ
3位 やじお

による・・・










でした。(ちょっと頑張ったぞ!) 皆様に雰囲気、伝わりましたでしょうかっ!






ミムラさん
ミムラさん

ずぶ濡れでございます。

2秒倶楽部

B6プライベート製作エンジンで9000rpm回して2秒台突入のミムラさんも尋常ではないが、 アウェイで一発2秒台の○神隊長はやはり異常だ・・・キャリアだな。キャリア。経験値!

僕も引き出しを増やすべく、もっと走らなければ。がんばるどー。

帰り支度中
さて、あとはバルタイを戻して宿へ行くだけ。

行くだけ・・・

え?

なんか変です


近くで見る。



ズレてるー! 

んG@:-0/;おぴ。ぉうKYJT・・・・・

ナニコレ。



アレコレやってるウチに緩んで調整幅限界まで回ってた。(涙) いつからっすか?(汗) 音変だったのコレ?(汗) これ、バルタイ、 何度なのかね・・・80-105とかか・・・壊れなくて良かった・・・。

と言うわけで、準備万端と見せかけて。突っ込み所満載の運動会当日であった・・・まあいいや。(苦笑)

タイム出す為だけに来てるんじゃないからね~。

運動会、また会う日まで
トシユキ、大いに語る

帰り際、ココでお別れのメンバー達とも談笑を楽しみ、また会う日を楽しみにしながらお別れの挨拶。

日も暮れかかった頃、宿へ向かう。

「自分が呑むお酒は自分で買いましょう制」なので、みんなでポプラに買い出しへ。

ポプラ駐車場
ロードスターで溢れかえるポプラ駐車場。20台ぐらい?

縦に3台並べてスペースを節約。しかし大所帯。奥で軽自動車が巻き込まれてる様になっているけど、関係者です。(笑)

湯の森
宿へ着いた時点で、隊長はぐったり。連日のウ○コ取り作業がずっしりきている様子。

皆で風呂へ流れ込み、風呂は大混雑。宿泊21名+α。風呂上がりはビストロモモで晩ご飯。こちらも大混雑で、休憩スペースでしばし待つ。

○神「ミムラくん! やじおくん!

タイムで負けた者は、年齢関係なくで呼ばれ、絶対服従の関係となる恐ろしい世界・・・ それがタイムアタックラビリンス

反省の図
ミムラ&やじお

よくわからないが、公衆の面前で反省させられる二人。お、恐ろしい!!

そして、ビストロモモで大宴会。飲む!食う!たらふく食う!超満足。やはりココのご飯は美味しいなあ・・・。 (田舎では標準かもしれないけど)

大満足で部屋に戻り、タコ部屋へ。

タコ部屋の宴
カトー?
妙な配置だ

大宴会。内容は放送コードに触れる為、あまり書けない。

勝利の美酒
隊長、ゴキゲン

隊長はぼじょれーを振る舞ってくれた。しかし、コルク抜きがない為四苦八苦。みんなで中へ押し込んだら、当然の如くボジョレー噴水。 (笑) なんとか飲めた。コドモの僕には美味しさがわからんとです。(涙)

TERRAさん
TERRAさんTYPE2

今回も1コーナーで1日、みんなの安全を守ってくれたダンディなTERRAさん。ありがとうTERRAさん! 労いのお酒に酔いしれ、 素早くTERRA TYPE2へと変身。○神Type2は紫色に変色するのですぐに見分けが付くが、 TERRA Type2は見かけ上わからないので要注意だ!

温厚で優しいTERRAさんも、TYPE2は大変暴力的で、その巨大な腕&手から繰り出される強力なロケットパンチ、 もしくはTERRAチョップが飛んでくる。そして、何がきっかけで飛んでくるのかはわからない。 (Type2の気分による物と想像されている)

マツオカ「なーにゆうとんすかぁ~」
TERRA「・・・・ふん!」


ドスゥ!!! (鈍く重い音)


マツオカ殉職 

マツオカ「ぐはぁっ!!」
周辺「今どすっ!って言ったぞ!どすって!」

ラブラブマツオカ、胸に巨大なTERRAチョップを食らって撃沈。オメデトウ。1秒速くなるよ。(根拠無し)

組長、静か

2秒倶楽部が二人いる中、4秒倶楽部で完全に蚊帳の外だった組長は、静かすぎて恐ろしい。

静かな腹いせに、カトーが血祭りにあげられていたが、見なかったことにした。頑張れカトー。


電池満々な僕はミムラさんと激しい攻防。今回は戦えた気がした夜の部。トシユキと共に戦うが、トシユキ、たまに中国側に寝返ったりするので、 気が抜けない。くるりは実話であると熱弁する。嘘はありませんっ!!!マジで! と、言えば言うほど嘘みたいに聞こえてくるのが悲しい。 (涙)

いや、マジで実話しか書いてないからね・・・ホントに。(汗)

隊長は早々に電池が切れて撤収。ウ○コのとりすぎである。(笑)

夜も更け、タコ部屋解散するも、まだ電池が切れていない面子が残り、寒いロビーでこっそり一杯やった。ココまで残ったのは初めてだ。

楽しかった!

30分ぐらいで電池が切れて、僕も就寝。

夜も明けて
霧
やっぱり霧すごいなぁ

さすがに朝は起きられず、誰よりも寝た。寝ぼけ半分朝食を流し込む。

ミムラ号
B6、ココ一発9000rpmの ミムラ号(訂正してみた)

うん、かっこえー。

ワタナベ号
ワタナベ号・・・ん?

ロードスターの中にロードスター

中にもう一台ロードスター。(笑) 貰ったらしい。いいね~。

談笑
楽しかったねー

ワタナベ組長、お疲れさん&ありがとうございました!

みんな、まーたねー。

○神、ぐ、トシユキ、yn78で大阪までの長い長い帰路へ。

帰り、写真でつれづれ
やはり霧

しっかし、よく霧が出るなぁ・・・。

色とりどり
七塚原SAにて

七塚原で給油。赤、青、黄色。なんてわかりやすい配色。思わず撮ってしまう。

中国道だけでは飽きるよな~という話になり、途中で岡山道を通り、山陽道で帰った。

オモチャみたい
あかあおきいろ~

遠目に見ると

ラジコン風

ラジコン並んでるみたいだ。

○神号&トシユキ号
○神号&トシユキ号

ファイナル4.77で泣く泣く走る僕に合わせて貰って超スロー走行。道中疲れるので、 超糞詰まりインナーサイレンサーを付けていったんだけど、びっくりするぐらいパワーが無くなって、余計にツラくなった。 途中で外したら、 高速が楽なこと楽なこと・・・意味ないじゃーん。(汗)

すんすーん
すんすーん

山陽道のSAでお昼ご飯。

カツカレー祭り

何故か全員カツカレー。

勝央SAでみんなと分かれ、後は適当に走る。途中眠くなってきたので、軽めに飛ばしてたらトシユキとほぼ同じペースに。

まーたねー 

中国池田ICの前で並び、手を振ってお別れ。まーたね~。


心地よい疲れと共に帰宅。死ぬように睡眠。


以上、過去最長?のレポート・・・一言でまとめれば、道中遠くてツラいけどすごく楽しかった。(短か!)


と言うわけで、

皆さんお疲れさんでした。
また春にお会いしましょ~!

 


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - TSタカタ秋の大運動会-ファイナル!!  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (15)  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「デイリーくるり」

07/12/05(水)

クルマネタが続いたので、息抜きのくるり。

くるり写真でつれづれ。デイリーくるりと名付けよう。

表情七変化
お?
デイリーくるりですか?

何かが気になって、ひょこっと首が伸びるくるり。

びっくり
びっくり。変なヒゲにもびっくり。

何かにちょっと驚いたとき。

おもちゃ!
獲物を狙うくるり

獲物(オモチャのねこじゃらしとか)を狙うときに、くるりなりに集中するくるり。

もうたまらん!
眉間があがってますよ

オモチャで戦闘態勢のくるりが、辛抱きらしてロケットスタートする直前。ブサイク全開。一応、これでも隠れているつもりらしい。

おもちゃどこ?
様子をうかがうくるり

敵をじっくり観察するくるり。

むー・・・
・・・・。

ヨメ様の日課、くるりカワユス!攻撃にあうくるり。

もうイヤポ
そろそろやめませんかね・・・

だんだんイヤになってくるくるり。

寒くなって参りました
寒くなってくるとだんだん動かなくなってくるくるり。PCに向かう僕の膝の上に乗ってくるようになった。

あぐら

でっかくなったので、普通に座ってるとどうも収まりが悪く、もぞもぞする。仕方なくあぐら姿勢にチェンジすると、ころっと丸くなる。

ガン寝
ぐーすか

マジで寝る。ものすごく暖かいのだけど、足がしびれてたまらない。・・・・が、なんかどかせない。悲しい。足痛い。

よーねた
あー、よく寝た

30分ぐらい寝ると、起きて降りたり、また乗ったり、気まぐれ。

ごろごろごろ
ごろごろごろごろごろ・・・・・

なでるとごろごろ。こないだ口開けたまま寝たりしてびっくり。なんたる無防備。

そんな感じで、寒くなったけどまったり暖かく過ごしております。

洗ってみた
貧相
ガリガリくるり

なんとなく、気が向いたらヨメ様が風呂で洗う。ヨメ様の使ってる、天然素材しか使ってないシャンプーで適当にじゃばじゃばと。 1月に1回ぐらい。

全然臭くないし、毛並みも手触り抜群のくるりだけど、洗うと手触りがいっそう良くなる。臭いはあんまり変わらない。

さほど嫌がらないけど、長時間入れると悲鳴のような鳴き声をする。(笑)


そんな今日この頃。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - デイリーくるり  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (5)  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「明日は猛練」

07/12/07(金)

猛烈なロードスター
写真撮る僕とウ○コ触るトシユキが写っております

明日は猛練。ドタバタしております。レス遅れますゴメン・・・。 3週間しか間隔がないともう、ホントにドタバタ。(涙)

今回は久々の猛チャレで7回目。(猛チャレ7ントリーリスト

ワタクシ、Sタイヤクラスに入っても僕しか居ないという事で、ネオバの○神さんと一騎打ちする事に。

たぶん、どっちも本気。(笑)

がんばる!

猛練体験入学
詳しくはまた後日告知しますけど、次回の猛練22でモータースポーツ未経験者向けの体験入学を無料で行う予定です。とりあえず、 プレ告知という事で。

では、準備準備!

デイリーくるり
全く無関係のくるりさん。椅子が変わっても、やはり僕の椅子で寝ておられる。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 明日は猛練  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (2)  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「師弟対決!! 猛練21(更新)」

07/12/10(月)

猛練21だYO!!
タイム読み上げラジオで高度なDJプレイを披露するYasくん(横顔だから許して)

準備編
最近の走行履歴を見てみると・・・

・猛練20 11月17日
・TSタカタ 11月23日
・TSタカタ 11月24日(運動会)

猛練21は12月8日。という感じで、詰まりすぎ。運動会が終わって気を抜く暇も無く、次の走行。猛練の準備も含めて、 超どたばたになってしまった。

作業メニュー
その1: アライメント
運動会前にアライメントを取ってから、 まっすぐ走らなくなっていた我が愛車。リアのトータルトーが狂ってる?と、片側だけトーを変えた(結果、キャンバも起きた) りしたけど、改善しなかった。前後のサイドスリップで合わせてもダメで、よくよく考えるとアレが原因か・・・? と思い、 ウマに上げてチェック。案の定、フロントのキャスターが左右で全く違った。こうなった原因は、ちょっとしたケアレスミス・・・ ま、仕方ない。

仕方なく目視でキャスター調整。 トーを取る間が無かったので、そのまま。これでも劇的に改善して、かなりまっすぐ走るようになった。リアのトーも元に戻した。 キャンバも寝て、満足。

その2: ウ○コ除去
運動会で山盛り拾ったウ○コ。 駆動輪はほとんど取れていたのだけど、 前輪はヒドイもので・・・

ウ○コR1R 
ウ○コだらけじゃないの!

全然とれてない。キャンバのアタりを考えるとマズイかも知れないけど、面倒なので前後を入れ替えた。

その3:空燃比計取り付け
ついにリニア空燃比計を取り付け・・・ってホントは運動会までにやるハズだったんだけど、間に合わなかった。

XD-16

モノはイノベートテクノロジー日本正規代理店GRID)のLX-2 (LC-1とXD-16のセット)。

取り付け、導入の手間も含めて・・・・かなりややこしく感じた。Eマネに入力してロギング→セッティング・・・のつもりだったけど、 結局取り付けしかできなかったので、速さには何も貢献していないけど、ピコピコ光ってなんか激しくカッコイイので、速くなった気がする。 気分でタイムアップ。

光ります 

その4:MTオイル交換
6速MTで非常に高フィーリングなOMEGA690 75-90FFSP。5月に交換してから6回程度、 タカタでも2日間ガシガシ使ったので、確認の意味もこめて一度抜いてみた。次は、FFSP(エフエフスペシャルの略) ではない普通の75-90。

下に潜ってポンプスコスコするのがイヤで、6速になってから上から入れている。空燃比計の取り付けでコンソールもバラすし・・・・ ってトラブル発生!! シフトノブが外れない・・・

走行中よく緩んでしまうVRのアルミシフトノブ(1028のノブとも一緒だったはず)、あまりに緩むから、 ちょびっとネジロック付けて締め込んだら、完全合体。 GENさんと二人で血管をパンパンに膨らませながらが頑張るも、腕力ではビクともしない。

色んな方法を試すが・・・

コレもダメ・・・

アレもダメ・・・・

時間も押しております・・・・








最終奥義







パイプレンチ・・・
下は、シフトレバーをバイスグリップで挟んでおります



ガリッ!!


GEN「うわぁっ!!


ガリッ!!



GEN「ひぃぃ!!


ガリガリガリッ!!


GEN「あ゛あ゛あ゛あ゛っ!!!


1万円もする高級アルミシフトノブがガリガリと削れるそのサマ・・・その悲痛なサウンドは、 エンジンが大好きなGENの心に深い傷を負わせた

GEN「俺はこの日の作業を忘れない!!(男泣)」

こんなんなりました 
こんな所でorzが来るとは・・・

大きさ(小さめ)、重量(軽め)、フィーリング(アルミ削りだしなのでミッションの情報がとてもよく分かる)、 全てにおいて気に入っていたこのノブ。5速も6速もイケるので、みどり号も青いのも同じノブ。

なんとか削って復活させる予定・・・。


・・・で、あまりに気に入っているので、実は新品を1個買ってあった。仕方なくソレを装着。コレはみどりに付けようと思ってたんだけどなぁ・ ・・。

新品じゃ!

超キレイ。青にはちょいともったいない。


そして、

気が重い事に、

みどりもネジロック塗っちゃったんだよな。(遠い目) 忘れようぜブラザー・・・。


で、危うく書き忘れそうになったけど、ミッションオイルの状態。カメラ忘れたので、携帯写真だけど

ミッションオイルの状態

金属粉マーブル皆無。まだオイルの色すら変わってない。ドレンの金属片は、 使用を考えると大体こんなモノかな。・・・まだ全然使えたな。もったいなかった。

OMEGA 690 75-90FFSP → OMEGA 690 75-90 に変えてみたけど、 どうもFFSPの方がフィーリングが良かった感じ。少し軽くて6速っぽさが出た。FFSPは5速みたいな剛性感が出てると思う。

ぐ的な6速MTベストオイルはOMEGA 690 75-90FFSPで決定。高いオイルだけど、 常にフィーリングも良いし、ミッション壊れなければ結果的に安いオイルだと思う。5速にも入れてみたい。

追記:オメガは高いので、現在は違うオイルを使ってます。



その5:ニューレーシンググローブ
クルマイジりではないが・・・ついにグローブを新調した。6年ほど前に、仕方なく買った適当なグローブだけど、今までずーっと使ってきた。

穴あき
破れまくり 
THE MAN SPIRIT
THE MAN SPIRIT。コレ、実はすごく良いグローブだった。

雨の日も風の日も、上手くクルマが動かせなくて悔しくてちょっとポロリした日も共に過ごし続けたグローブ。 使いすぎて完全に自分の手の形になってる。完全に穴が開いて指も出てきてボロボロなので、これだけ使えばグローブも本望かな、と。

SPARCO FAST-TECH

ニューグローブはSPARCOのFAST-TECH。裏縫いバックスキンで使い心地最高。 生地もすごく薄くてハンドルのフィーリングもとても良くわかる。すごく捜してやっと見つけた一品。

コレに関してはまた詳しく書こうと思う・・・けど、いつになるかわからないので先に書いてしまうと、現在のFIA2000規格グローブは、 革の使用が禁止され、耐火性能や保護性能基準が大幅に引き上げられた結果、フィーリングとしては最低なモノになってしまった。 指先までパッドが入ってて、高級品も含めてほとんどが防寒手袋状態。ゴワゴワしてて全然ダメ。 某ラ○トラーダで全部試着して、全部ダメだー! っと言って帰ってきたので、間違いない。

FIA関係無い草ドライバーな我々には、新規格品は不要なモノ。で、旧規格品はもう在庫処分されているので、 ほとんど何処にも売ってないのを、なんとか一店だけ見つけた。旧規格品SPARCOでは1番か2番ぐらいの高級グローブ。

これで0.5秒は速(略


猛練当日
AM6:20
AM6:20 友蔵号&猛烈号

少し雨予報があったものの、前日辺りには完全晴れ予報。ご覧の通り快晴となった。この時期の雨はホントにツラいので、嬉しい。

オフィシャル集結

明るくなるにつれてオフィシャルも全員集結。今回は用事でこれない人多数で、女性陣もゼロ。ヨメ様もこれず。「男だらけの猛練 (ポロリもあるよ!)」になった。ちなみに、本当にポロリするとタイホされるので、誰もポロリはしていない。

結構カツカツの人員。風邪気味のウイさんや、早起き出来ない男と烙印を押されていたカワモトが朝一で来てくれたお陰で随分助かった。

百式ロードスター
百式ロードスターでございます

アコードの調子が悪いYas君、 金色になったピンク号改め百式号で参戦。

このクルマ、エンジンOHしてあると言ってもOH後10万キロ?ノーマルエンジン過走行車両。NA6に足、機械式LSD、 195ネオバだけで、Yasドライブで本コース50秒切りしている。

最近、Yas君のポテンシャルがオフィシャル内でも話題。 いつもアコードしか乗ってないからドライバーのポテンシャルが読めなかったのだけど、実はYas君のアコードってあまり速く無くて、 Yas君が異常に速かったのでは・・・?と・・・。

なぜなら、Yas君より速くアコードを走らせられる人は誰もいない為。(○神さんでも無理)

パイロン運び
パイロンめっちゃくちゃいっぱいあるんです。

パイロン積みを頑張るウイさんや友蔵。

かのうくん頑張る

人が足りないので、遠路はるばる岡山から無茶苦茶早く来てくれたかのうくんをコキ使う。

かのうくんはちょっと宇宙と近い人なんだけど、オシャレでオトコマエでイイヤツです。

よいしょでお返し。→かのうWEB (猛練レポももうすぐ載るハズ)

参加者のみなさま

参加者のみなさまも続々と集結。

光電管設置

タイム計測の光電管や、音声放送案内を稼働させる友蔵とウイさん。猛練技術部の柱的存在。

なにげに、やってる事は高度で、みんなで知恵を出し合って年々進化しとります。

E.T.さんとy_aさん

参加者隠し撮り(Byカワモト)。僕は全然ダメなんですよーと言いつつ最近急激に腕を伸ばしてきたE.T.さんと、毎回フルノーマルNA8& DNA ECOSで異常なタイムを叩き出し、周囲の自信を無くさせるy_aさん。

参加者その2

猛練体験プレゼントに来てから、いろんな練習会に参加しごりごり走り込みまくっているGくんと、ヨメ様のライバルわっきん。

Gくん、初めて見たときは10部山だったタイヤが、この日見たら0部山。どんだけ走っとんねーん!というぐらい走り込んでいる様子。

トシユキとynくん

猛練久々のトシユキ。奥はynくん。最も遅いNCであるNR-A(安全装備で重い為)のポテンシャルが明らかに。

おすぎと○ーコ
初参加:おすぎと○ーコ 写真:Yasくん

若手初参加のおすぎと○ーコ。僕のファンだと書いてくれたので、Yas君の取ってくれた走行写真で掲載しよう。(これぐらいしか出ない)

とりあえず、名前が書きにくいから改名しないと!!

◆猛チャレ7、師弟対決開始!
というわけで、今回は猛チャレ7。猛チャレとは、猛練本コースとは全く別の 「その日限りのコース」で、3本だけアタックして順位を競い合う、要するに「一般的なジムカーナ」・・・の超簡単版。 コース図を見て貰えればわかる。

猛チャレ7コース図

コース図は事前発表、クラス分けは車両性能別、等々、初心者からベテラン、 ノーマル車からチューンド車まで楽しめる様に工夫している入門ジムカーナ。

今回は僕と戦うクルマが1台も居なかったので、○神さんとガチンコバトルしようか!という話になり、「せんせいクラス」で勝負を挑んだ。 ただし、○神さんはAD07ネオバ。エンジンスペック(2リッター4連 vs 1.8面研シングル)と差し引きして、 丁度良い闘いになるのでは、と。

準備をしっかり済まし、グリッドへ並ぶ。

 1本目(練習走行) 
待機列へ並ぶ。 前は○神さん。・・・うーん、プチ緊張。 やはり、一発アタックはなんとも言えない緊張感だなあ・・・しかし、 数をこなして慣れたお陰で、昔のように心臓がバクバクいう事はない。

前の○神さんが出走。後ろに並んでいると、走りをじっくり観察出来る。こりゃラッキー♪ 見ていると、かなりテールハッピー。 他の車両もたまにとっちらかる。路面温度が低すぎるのかも。抑えめに行こう。

○神さんゴール。ラジオからタイムが流れる。

○神:29.458

よし、行くぞー。

スタート!・・・2速全開シフト!「バババババッ!」うわっ、掻いた! ぐあ、滑る! 島も滑る! 全然食わない。時折リアを振りながら、 危なげなアタック。なんとか完走。コースは、想像以上にゆるいが、路面が食わない。

ぐ: 29.118

・・・勝ってるやん!!

○神さん、スタートで掻きまくってる。どうも、新品を入れたリアタイヤが食わない様子・・・コレはチャンスか!

 2本目(本番1) 
○神チェック! ・・・ ・あれ、最後シフトダウンしてないな・・・3速通し。やっぱり、もっといけるのね。いただき!

○神:28.393(-1.1sec)

ぐお・・・滅茶苦茶縮めてきたな・・・頑張ろう!!

2速のシフトを気持ち優しく入れるのと、島を攻めすぎない、3速のまま全部抜けるようにする。島で一瞬リアが出たけど、まあぼちぼち。

ぐ:28.317(-0.8sec)

・・!?

ラジオを聞いて、一瞬よくわからなかった。ほとんど一緒・・・という事はわかった。その差、0.08秒でまだ勝ってる。

なんかもう、面白くって笑えてきた。○神さんも笑ってる。こんなイイ感じの接戦なかなか無いぞっ!!

 3本目(本番2) 
最終走行。○神さん、エア調整してた。本気や。本気やあああ~~!!

くそう。食い入るように見てやる! なめまわしチェック! ←変態

○神:27.947(-0.4sec)

ぬぅぅ・・・27秒台・・・出せるんか? 一瞬ココロが折れそうに・・・いや、気合いだ・・・気合い・・・冷静に。 島の旋回速度は悪くなかった。脱出ではらむ傾向があるから、そこを抑えて後のラインを重視すれば、最後はもっと速く抜けられるハズ。 コレで行く。スタート!

・・・・ゴール!! ラジオに耳を傾ける。

ゼロ

ゼロ

フン

ニー

ナナ

ビョウ

ゴー

ハチ

ゼロ



ぐ:27.580(-0.8sec)


・・・・・・

いよっしゃあああああ!!

0.36秒勝った!

○神「やられたわー!後ろにつかれてからイヤな予感がしたんや~(笑)」

全部コピらせていただきましたっ!(ゴチソウサマ)


まあ、タイヤが違うので何とも言えないけど、ひとまず師弟対決、1本頂き!  後腐れ無くすごく楽しい勝負だった。総合で見ると・・・

1位 ぐ 27.580 (せんせいクラス)
2位 モモMR2 27.721(M1クラス)
3位 ○神 27.947(せんせいクラス)

○神「モモさんにも負けとるがな!ショック。(涙)」

モモさん、ネオバ&01R・・・危うく僕もやられる所。ネオバなら確実に負けてるなあ・・・危ない危ない。さすがモモさん。恐るべし。 ちなみに、4位以下はまた凄いことに・・・

4位 Yas 28.317 (M3クラス)
5位 y_a 28.600 (M5クラス)
5位 サワァ 28.676 (M2クラス)

Yas君総合4位って! y_aさん5位って! ・・・おかしい・・・おかしい・・・確実にドライバーがおかしい。

談笑
○神「かのうくんあかんがな~(笑)」

猛チャレの結果をみながら談笑。スバラしきこのまったり感。

猛チャレ7の全結果& エントリーリスト

本コースを走り込・・ めない?
さて、猛チャレ終わって本コース。猛チャレから、減衰を未開拓領域のほぼ最弱で走ったんだけど、 悪く無さそう。本コースではどうか。

ただ、HLAのタペット音が鳴りやまない。カンカンカン!とすごい音・・・大丈夫か?

1周走る・・・帰ってくる。エンジン音よりうるさいタペット音。タイム忘れた・・・。2周目・・・やはり音がすごい・・・ 2回とも同乗走行で、どちらも48秒ちょっとだったかな?悪くない。

あまりに音が凄いので、集中出来ない。しばらく休ませて、午後にもう一度走る。今度はyn君を乗せて。さくっと47秒9が出るも、 走りながら聞こえる程のタペット音・・・もうダメだぁぁあ~(汗) 走行終了・・・。

TSタカタで使っただけのオイル、2日で10分×6ぐらい?で、終わってしまったらしい。もう1回ぐらい大丈夫かと思ったんだけど・・・ ハイカムにしてからタペットが鳴りやすく、オイルもさらにシビアになった様子。ちょっと残念。ベースサークルが小さいのが原因なんだよなぁ・ ・・。

というわけで、たった3本しか走っておりません。ミッションオイルじゃなくて、エンジンオイル変えなきゃいけなかったのね。 頑張って準備したのになぁ。(涙)



「その2につづく・・・・(書ききれない・・・)


次回、猛練22
次回開催は来年1月12日(土)。開催内容も追って報告していきます。猛申 (もうもう)日は来週、12月17日(月)22:00~です。奮ってご参加下さいませ!

猛練体験入学
次回猛練22では、未経験者対象の「猛練体験入学」も実施します。3名限定ですけど、専任の講師つきで無料です。これも近日、 詳しい内容が公開されるので、これを機会にモータースポーツしてみたい方、お気軽にお申し込み下さいませ!(猛申日の翌日、18日(火) 22:00~受付開始です)

 


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 師弟対決!! 猛練21(更新)  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (4)  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「涙のFF対決 猛練21その2」

07/12/15(土)

猛練21

と言うわけで、続き。(遅くなってしまった)

ぐ、 先生のまねごとをしてみる
猛練では毎回、朝の受付時に 「○神同乗希望シート」に名前を書くと、何名かが抽選で同乗できる (全員乗っているとさすがの○神さんでも死んでしまうので抽選方式)、今回「ぐっさん同乗希望シート (無保証」 を試験的に紛れ込ませて貰った。

事務局の方には、こんな風に書いて貰った。

猛烈RSぐっさんの気合いと根性と気分が続く限り乗り続けますが、
無保証です。ロードスターならまあまあ乗れるそうですが、
どんなクルマでもどんとこいだそうです。
試験的に実施です


というわけで、 台数制限無しで気合いが続く限り乗り続けるが無保証と言う猛烈な勢いのせんせいをやってみた。 僕如きに運転して欲しいという方には、出来る限り全員に応えようという気合いで挑む。僕のクルマの助手席同乗希望も。

で、集まったのは8名ほど。ぐ号同乗はYN君、かのうくん、トシユキ、同乗希望はわっきん、友蔵、Yas、ロッキーさん、おすぎと○ーコ。 オフィシャルが二人混じり、若干イジめにあっている様な気分になりつつ、頑張る。

ぐ号同乗
猛烈ロードスター 

3名の同乗希望をぶいーんと走ったけど、結局僕のクルマはタペットが鳴りやまず、この同乗だけで走行終了になってしまった。(前の日記参照)  最後のYN君で47秒9だけ覚えてる。トシユキ「あんなに鼻が入るもんなのねー」かのうくん「横Gが怖いんですけど・・・」YN君 「はえー」等の感想を頂く。参考になったんだろうか・・・。

R1Rが前回の運動会でごりごり減り、4部山程度の慣熟R1Rとなった。一発目から超食う感じで、 今正に熟れ熟れの一番オイシイ状態。中国地方に定価より高く売れないだろうか・・・。(笑)

だれか欲しいかね~?

久々の武者修行
久々に人のクルマに乗りまくる同乗走行。 5名が申し込み。Yas君だけ時間切れで乗れなかったけど、他は全部乗ってみた。

おすぎと○ーコ
おすぎと○ーコ号

ヨメ様号と同じVR-B。タイヤは195幅のネオバで、よくわからない車高調入り。ある一定の荷重を境にリアがパンッと出る。 車高バランスかリアのストローク不足っぽい動き。鼻が入るので、上手く走ればタイムは出そう。僕のタイムは忘れた・・・ あまり速くなかった気がする。○神さんが乗って49秒台は出たとの事。結構速い。

ロッキー号
ロッキー号

タイヤが、フロントSドライブでリアがグリッド2・・・コレは手強そう。乗り込む・・・ハンドル重・・・え、コレ・・・ オモステかっ!! 僕、オモステ乗れないんですわ。(汗) でも気合いで乗る。 タイヤなりに強いオーバー。1コーナーもバン!と出る。一周目はまともに乗れず、もう一回乗らせて貰った・・・(ハズ)。 4本パイロンは完全な手アンダー。全然ダメでした。(汗)

ロッキーさんの助手席に乗った○神さんの話によれば、ロッキーさんはかなり上手いとの事。なんでも、元々ダートや雪山の方なのだとか・・・ 「曲がらないと怖いので先に横に向けちゃうんです」とはロッキーさん談。

わっきん号
わっきん号

久々のわっきん号。ロールケージが入ってオープン走行出来るようになり、大変きもちよし。タイヤがSドライブになった以外は特に変化無く、 フルノーマルのRSリミテッド。足が前乗ったときより動きすぎる感じがするのは、タイヤのグリップが上がったからか、抜けてきたか? 時期的にそろそろ抜けてもおかしくはなさそう。前に乗ったゆうさく号より全然マシっぽかった。

前に乗ったロッキー号の感覚が抜けず、シケイン失敗して入れない。ロクなタイムは出なかった・・・。 わっきん自己ベストは51秒7で0.3秒程短縮。着々と伸びてるなあ。

友蔵号
友蔵号

苦手なFF。イジめだ・・・コレはイジめに違いない。しかし、コレも何かの糧になるハズだ。 何かで読んだけど、結局FRもFFもドライビングに違いは無いと。ソレが本当なら、いつもの調子で乗れるハズ。特に運転は変えずに、 3回ぐらい乗らせて貰った。

助手席に友蔵載せて52秒2ベスト。友蔵の自己ベストが51秒2なので・・・やはり、あんまり速く無いなあ~。(汗)

武者修行雑感
たった4台、自分の含めて5台だけど、 最後には頭痛。知恵熱? 他人のクルマに乗るというのは大変で・・・

例えば1コーナー

進入で
・どれだけブレーキが利くのか?
・どれだけ鼻が入るのか?
脱出で
・どこまで踏めるか?
・どこから特性が出るのか?(アンダーorオーバー)

一発目は、ある程度集めた(聞いた)車両情報からバクチを打ち、1コーナーの特性を体感したら、 次のシケインに合わせ、シケインの挙動からさらに次へ・・・という感じで繋げていく。脳内はフル回転。回転しすぎて頭痛。 どう動くかわからないクルマを操作するのはとても大変。コレに対応出来るのは、 結局ドライバーの引き出しの多さなんだろうな。と言うことで、乗る事でしか引き出しは増えない。

というわけで、どしどしお申し込みお待ちしております!気合いの続く限り頑張ります!

そして、やはり○神さんは異常という事でファイナルアンサー。

ちなみに、最後の方NBでターボなおっちゃんからも「乗ってみるか~!」と言われたけど、頭が痛くて辞退。 モンスターカーは一番最初の元気な時に乗ります!

久々のFF対決
僕が乗って52秒2だったプリメーラ。

友蔵「コレがどれぐらい出せるか知りたいんですよ~」
ぐ「○神さんとYasくんに乗らせてみたら?」

と言う流れで、猛練9以来、 1年半ぶりに実現したFF対決

FFバトル
猛練9より引用

友蔵を乗せた上で3本程度走り、ベストタイムを争う。

僕は人のクルマに乗ったりで、様子は見ていなかったのだけど、結果だけ書いてしまおう。

ぐ:52秒2
神:51秒2
Yas: 50秒8



や・・・



やすくん速!! (オレ、 遅!)


0.4秒差でYas君の圧勝。0.1トンのオーナーを乗せた走行で0.4秒オーナー殺し。降ろせばさらに差は広がる。 さすがの○神さんも没落。そして、衝撃の映像が目の前に展開。




モータースポーツ界のピューリッツァ賞写真
Yas君、風が吹いて変な髪型



なんと言うことだ・・・・・

○神さん!!!

オレ・・・そんな○神さん見たくないです!!!(熱血)

(中国勢ノミンナハコレヲ見テ勇気ヲを出シテクダサイ)

というわけで、○神さんが完敗を認める程超速いYas君である事が立証された。 他人のクルマでもしっかりタイムを出せるという所が彼の凄い所。FFなら○神さんより速く、FRでも百式号(NA6に足とネオバのみ) で49秒25という驚異的な数字を出している。 Yas君の速さに嫉妬。(きぃぃっ!)

次回から、Yas君もせんせいになる線が濃厚・・・。

写真でつれづれ
トシユキ号
トシユキ号

トシユキのNC NR-A。完全なパーティーレース仕様で参加。タイヤは01Rの205。5速かつ安全装備で重く、NCのRS(6速) に比べるとかなり遅い。トシユキが乗って49秒5のベスト。○神さんが何度か乗ったけど、ほぼ同タイム。○神さん曰く「まず、 椅子が低すぎて前が見えない(笑)」に加えて「なんか変な動きで、かなり乗りにくい」との事。

y_aさん
y_a号。純正足の証、鬼ロール。

フルノーマルR-LimitedにDNAエコスで猛チャレM5トップ(M2まで抑えた)のy_aさん。 本コースはついに51秒フラットまで突入・ ・・実は2リッターエンジンですとか、何かオチが欲しくなってくる程凄まじいタイム。 ヨメ様みどり号はコレより速く走れないとおかしいもんな・・・。

並ぶ

みんなごりごり走り込みます。

○神号
ブレブレですが

○神号、ラストの枠でラジアルコースレコード更新の46秒58でご満悦。

○神「猛チャレはぐっさんに負けるし、FF対決はYasくんに負けるし、コレが無かったらイイとこ無しやった。(笑)」

ネオバの205-225から205-205になった○神さん。2リッターと言えど、225はパワーを食われすぎるのか?

猛烈ロードスター
今回は全然走らなかったのう・・・

日も暮れ、閉会式。お掃除&撤収。みなさん、お疲れさまでした~。

猛練公式ランキング

ついに

猛練公式ランキング完成!!

猛練公式ランキング
こんな感じ

猛練WEB公式ランキング)にて、公式ランキングが公開。コレは、 ちゃんとコース保守やパイロンタッチのチェックをした状態で出した記録を、車両性能で分けた各クラス毎(M1~M6)に順次掲載していく物。 過去3回分の結果なので、まだランキングは混沌としており、長らくM1で走ってない僕は今にもYN君に食われそうな結果。 (笑)

各クラスにはエキスパート基準タイムが設けてあり、 クリアした方には貴重なエキスパート認定ステッカー (黒ステッカー)が進呈される。ステッカーは、オフィシャルの誰かが、1枚1枚せっせとお家で作っているという話(UVカット仕様)で、 やはり大変貴重。さらに上のクラスの基準をクリアするという偉業を達成された方には、 スーパーエキスパート認定ステッカー (赤ステッカー)が進呈される。

今のところ、エキスパート基準をクリアしているのは3名だけで、
・りょおさん/NCロードスター(M1)
・YTさん/カプチーノ(M3)
・僕(Sクラス)
スーパーエキスパートはy_aさん/NA8ロードスター(M5)1人だけ。

速いクルマは速い基準、普通のクルマは普通の基準、目標を持って楽しく走ろーという感じの趣旨なので、運転が上達すれば達成可能な数字。 猛練では、「楽しく走って運転の上手い人になろう」が目標なので、こういうランキングがあるのはとても面白いと思う。 オフィシャルのみんなも奮い立つし。(笑) 今後、オフィシャルも含めて毎回2本ずつは必ず公式タイムアタックを実施する予定。

でもって、3月のタイムアタックイベントでは、たくさん公式タイムアタック出来るような内容を検討中。 アタックチャーンスが増えるので、記録を更新するチャンスがかなり増えます。

皆様、頑張って下さいませ!

猛練体験入学

次回猛練22は、未経験者を対象とした「猛練体験入学」 と名付けた無料のモータースポーツ体験を実施するのだけど、詳細が公開されたのでご紹介→(猛練体験入学

コレを見ている方や、経験者のご友人や奥さん、彼女、お父さんやお母さんなど(?)、 興味のある方はゼヒ一度体験入学してみてくださいませ。なんせ、 無料。無料で来ても、変なツボ売りつけられたりしませんので。 (笑) メットやグローブを持っていない方でも、練習会から貸し出すので無問題であります。

僕の知る限り、無料でこんな事やってる練習会は知らないので・・・かなりお得でしょう!この機会にゼヒ。

次回、 猛練22の猛申
12月17日22:00から受付開始です。限定20台。公式タイムアタックは、ラストに2本実施です。お待ちしておりま~す!


というわけで、改めて皆様、お疲れ様でした~。



オフィシャル: 本コースベスト(非公式)
○神:46秒58
ぐ:47秒9(2名乗車)
Yas:49秒25(百式)
GEN:49秒43
ウイ:51秒139(リア0部山)
友蔵:51秒238


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 涙のFF対決 猛練21その2  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (10)  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「○神とぐの走行映像」

07/12/18(火)

走行映像くっつけてみた
猛チャレ7では、ウイさんがほぼ全参加者のビデオを撮ってくれた。(ありがとうウイさん)
せっかくなので、○神さんの映像とくっつけてみた。映像上バトルでちょっと面白い。


○神vsぐ|無料動画、 動画配信、 フラッシュ動画ストリーミングはムービーキャスターへ

 

年々ヒドくなる舞洲路面のうねりがよくわかる映像となっております。(笑)  

1本ちゃんと走った自分の走行映像って、出した事あったっけかな・・・初公開?(恥ずかしくてね~・・・)

結局、1コーナー以外ブレーキいらないコースだった。○神さんの敗因はすごく簡単で・・・タイヤがおろしたてで、全く食わなかった事。 僕は逆に、慣熟R1Rで一発目から十分なグリップがあった事。という感じ。ラジアルvsSタイヤって感じなので、 素直に勝ちという感じじゃない。

猛チャレでは、こんな感じの超簡単誰でも覚えられるよーなコースでプチバトルを楽しんでいる。車両&タイヤ性能クラス分けなので、 普通のクルマからイジったクルマまで楽しめる。

で、楽しいのだけど、結構精神力を消費して、終わるとぐったりするのが難点・・・初めてのコース3回だけ!ってのは、 やっぱり気合がいるのですな。

(業務連絡>水曜に組み替え。もうちょっと待ってね)


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - ○神とぐの走行映像  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (2)  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「つれづれくるり」

07/12/19(水)

デイリーくるり。

おもちゃまだ?
おもちゃを待ち、行儀よく座るくるり。

遊べよ~
遊んでくれるのを待つくるり。鼻てかてかで健康そのもの。ヒゲむちゃくちゃ。名前の由来になった眉毛は全部なくなって生えてこない。 なんなんだくるり。


ごろごろくるり 
ごろごろするくるり。

戦闘態勢のくるり 
戦闘モードに入るくるり。手を噛もうとする。なぜかわからないけど、相手しなければ元に戻ってる。

普段のくるり 
普段のくるり。





驚くくるり
くるり、猛烈に驚く。



・・・ではなく、あくびした所を偶然撮ったらこうなった。(笑)



くつろぐくるり
ヨメ様にあぐらをさせてくつろぐくるり。おとなしい。


ん? 
何か気になるっぽいくるり。

寝るくるり
ぐの膝の上で、ごろごろ鳴くくるり。寝る。


そんな感じのくるり今日この頃。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - つれづれくるり  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (3)  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「続、ずたずたアルミシフトノブ」

07/12/20(木)

こんなんなりました
パイプレンチの餌食となったシフトノブ

この日記で、 パイプレンチをかけ、泣く泣くずたずたにしてしまったアルミシフトノブ。アルミなので、削ればなんとか使えるだろう・・・ しかしどうやって削ればいいのか・・・そんな時、ある男が、ある匠の元へ持って行ってやると言う。僕はその男と匠に、全てを委ねた。



その男は、後に語った

男「最初はなー、うん、ほいほい楽勝やーって感じやってんけどな」

男「うまくいかんくて、だんだん入りこんで・・・」

男「何枚もペーパー使って、かなり苦労して本気でやってくれはったよ(笑)」

男は、そのシフトノブを持ってきてくれた。




匠が

魂を込めて修正した

そのシフトノブ・・・






皆様にご覧頂こう・・・







復活!! 
ヘアライン仕上げ! 
美しい!かっこいい!



なんということでしょう


そのシフトノブは


匠の手により


新品以上に復活したのです。



感動した。(涙)

「一番深い傷が二カ所ぐらい点で残っているけど、堪忍な~」とは匠談。いや、もう、言うこと無しです。 シフトノブのカーブもほとんど変えず(というか、見ても触ってもわからない・・・) 完璧に傷を取り除き、素晴らしいヘアライン仕上げになって帰ってきた。さすがは匠。有り難くこのまま使おう。結局、 青にもったいない程きれいなノブが付くことに。(笑) こんな金にならんシゴトさせてスンマセン。

"こんな金にならんシゴト"がたくさん来たら困らせると思うので、店名は伏せます。(笑)

匠のおっちゃん、ありがとう!!(見てはるのかなあ~)


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 続、ずたずたアルミシフトノブ  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (8)  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「タイヤとエンジンとタイムの関係」

07/12/23(日)

 タイムの影響力

ふにゃふにゃの図で失礼。大雑把だけど、こんな感じ。こういうの、どこかで解説されたりするのかなぁ。(昔○神さんに教えて貰った)

・ 直線が多いコースはエンジン出力でタイムが決まり
・ コーナリングの多いコースはタイヤグリップでタイムが決まる


テクニックやら足やら空力やらって要素はとりあえず除外すれば、大まかにはこうなる。なので、こないだの猛チャレ7の様に、 ほとんどコーナリングしかない様なコースの場合、エンジンの影響力は小さくなり、タイヤグリップの影響力が大きくなる。

極端な例えだけど、富士スピードウェイ(直線区間1.5km)で僕のクルマ(145馬力ほど)が超グリップのSタイヤを履こうとも、コンフォートタイヤが付いた500馬力の車両には絶対に勝てない。 どれだけコーナーが速く走れても、直線でお星様? けど、猛練本コースや猛チャレぐらいの「ほとんどコーナー」なステージでは、 350馬力ぐらいお馬さんに差があっても確実に速く走れる。 そんな感じ。 (そんなタイヤじゃ直線も踏めませんという突っ込みは無しで。(笑) たとえ話ね。)

猛練本コースは1コーナーまで約230mの全開加速区間があるので、エンジン出力は多少影響するけど (ブレーキングを考えると200mぐらいかな?)、後は全部コーナリングなので差が出にくい。 本コースが年中通してタイムの変化が少ないのは、ストレート区間の少なさ故。

当然、タイヤで限界性能は決まるけど、コーナリングの上手な人はその分ガンガンタイムが伸びるコース。


コーナーが速い

ソレはつまり

カッコイイ。(熱弁)


・・・と、前置きした上で、R1Rへ続く。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - タイヤとエンジンとタイムの関係  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (4)  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「車検最速理論?」

07/12/27(木)

ロードスターみどり号
コンセプトはスーパーノーマルヨ!!

2年前の年末に購入したヨメ様号ことみどり号。早い物でもう車検。車検をとったのは1月4日で(この日記)、 テスター屋すら閉まっててうろたえたのを覚えてる。結局、 勢いと勘軸調整でなんとかなった。

で、例によって毎回「年末の忙しい時に車検」というツライ運命を背負ってしまったみどり号なので、また今回もどたばたしてたら更新停止。 (R1Rの話はしばしお待ちを・・・。)

購入時期を調整できる人は、買い時を考えるとシアワセになれるかも。10月ぐらいが理想? 4月ぐらいに買うと自動車税とのダブルパンチで、総額は同じでもなんだかツライ気分になれます。

トップページに隠された秘密のリンク先の製作も意外と時間を食ったんだなあ・・・。 (すでにデイリーじゃないが・・・)

ユーザー車検の大前提
「しっかりメンテナンスされていて、安全な車両であること」

整備は自分でもクルマ屋さんでもよいので、とにかく頻繁にしっかりメンテナンス出来ている事が大前提。クルマはちゃんと出来てるけど、 ユーザー車検ってようわからん・・・って人はこの最速理論?で検査場にブッ込むとよろしいです。要は、クルマさえちゃんと(車検に通る様に) してれば、書類だけの話。

NAロードスター辺りになると、もうかなり古いクルマなので、お金の事だけ考えてユーザー・・・ってのは、 危ない。2年に一度は、ちゃんと整備してくれるお店で総点検して貰うべき。 何でも自分でやることが正解ではない。ロードスターなら専門店も多いので、 任せて安心なプロフェッショナル達のお店もいっぱいある。ウチのリンク集にも良いお店がたくさんあるので、参考に)

車検に備えてまずやる事(プライベーター野郎向け)
・一通り車両チェックする。
 →「下回りの旅2007年末」を実行。ミッション小部屋のオイル変えたときに漏れ落ちたオイルを掃除。 ダンパーがオイル吹いてぐずぐずなのを掃除。ブレーキ周りやらブーツ関係やらエンジン周りやら、一通り全部チェック。 灯火類もしっかりチェック。室内は、ベルトの警告灯カプラが抜けてたのを接続。念のためサイドスリップもチェック。

・自分のページで「車検」を検索。
 →車検の心得を斜め読みして、 必要書類のチェック。

車検の予約を入れる。

以上!!

ちゃんと整備できてるクルマがあれば、残るは書類とお金のみ。あとは勢いだ。 (最重要)

定期点検整備記録簿は、 昔は無くても通ったけど、一応あった方が良いみたいなので用意しておく。無いとたまにボヤかれるし、 それほど面倒な書類でもないので念のため。

NB純ビル死亡
こんなんなってた。

NB純正ビルシュタイン
左:左フロント 右:右フロント

ずいぶん前からこの状態で猛練走りまくってたヨメ様。すでに交換ダンパーは用意済み。フルブッシュ交換も用意済み (青い方で使ってたアーム一式)。4点ロールケージも用意済み(安全面とオープンで猛練を走る為)。

・抜けダンパー → もらい物そこそこダンパー
・11年無交換ブッシュ → 青からお下がり部分強化ミックスゴムブッシュ(モータースポーツオンリーで全然走ってないぞっ)

スーパーフルノーマルのみどりさんステキ化計画は着々と進行中。

◆車検場最速理論
事前にテスター屋に突っ込み、光軸とサイドスリップは見て貰う。(自分はガレージでサイドスリップ見れるので、光軸のみ) NAの場合、 出発前からリトラを開けておく方が確実。走行中ガタガタして遊びが無くなるハズ。そして、車検が終わるまで絶対閉めてはいけない。 閉めるだけで光軸ズレるから。

と言うわけで今回、長年ワタシが暖め続けてきた車検場最速理論が完成した。こうだ!

1:必要書類を全部持つ
2:走行距離をメモする
3:陸運の端の方にあったりする建物で自賠責更新する(クルマを横付けするのも効果的だ! 寝屋川陸運は遠いんだよなぁ)
4:陸運の書類屋へ行き「継続車検です」と言う。

「次どこ行けばいんスかね?」

と言い続ける。

これで紙の手続きは最速で終了する。

一応説明すると、3は、事前に済ます方がスムーズな為。2は、書類書くのに距離が必要で、 忘れるとまた駐車場まで戻って距離をメモしなきゃならんので。この2点だけでもかなりスムーズに事が運ぶ。

書類は、最後になんだか小難しい書類を何枚か書くのだけど、見本とか見ながら書けばまあ書ける。わからなければ聞けばよし。

検査ライン突破最速理論

・発煙筒を手元に用意しておく

検査場
空いてる方かも

入り口がいっぱいあるけど、小型の所ならどこでもよい。微妙に検査方式が違ったりする。一応、ユーザー車検初心者は一番左端のレーン (確か寝屋川はそう)。

注意書き
入り口の看板

初めての人は熟読。と言うか、初めての人は猛烈な勢いで

「はははは初めてですぅぅぅぅ!!!」

と言えば、検査官は優しく接してくれる。

密かに、もう何回通した忘れた僕はややベテランなので、この先何をどうするのかよくわかって無いけど余裕。

検査場
こんなんですわ

入ってしまえばなんとかなる。
大人なら大丈夫。
(←最速理論)

窓はあけておく事。(指示が聞こえたり、タイヤの位置あわせたり、スイッチ触ったり、検査シート突っ込んだりする) 後は流れに身を任せる・ ・・。

フルノーマル車両。何も怪しまれることもなく、スコーンとライン通過。今回初めて車内のチェックも入った。やっぱり、厳しくなってるみたい。 ベルト警告灯繋いでおいてよかった。


という感じで、無事2年乗れる様になった。総額5万ちょっとだったか? 青と1万以上も差があるのは悲しいな・・・ (青の車検証記載重量が1010kgなので、従量税が1万円以上高い) 次は構造変更にチャレンジしよう。そうしよう。うん。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 車検最速理論?  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (6)  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「R1Rとレギュレーション」

07/12/29(土)

※205/50R15のラインナップが追加された頃から、大幅に耐久性が向上しました。以下の記事は当時の話で現在は当てはまりません。ただし、グリップも大幅に落ちてだいぶ普通になりました。

以下の記事はR1R利用者を非難する物ではありませんので、誤解無きよう。

ウ○コR1R
まだ黄色い線とか残ってるのに半分ぐらい無くなったの図

R1R。サイズは195-50-15。インチキラジアルの称号を欲しいままにしているこのタイヤ。自分には不要と思ってたけど、使ってもいないのにあーだこーだ言っても始まらないので、実際に入れてみた。

ラジアルタイヤの定義
まったり猛練 
のどかにモータースポーツ

ラジアルの定義は非常に曖昧。コンパウンドの種類がなければラジアルとする見方もあるし、メーカーがSタイヤじゃないと言えばラジアルかも知れない。

この辺は、メーカー側で基準を設けて欲しいと思う。例えば、筑波を6時間連続走行OKとか。耐久性とグリップ力、ウェット性能を総合的にバランスさせてこそのハイグリップラジアルタイヤ。ブリヂストンやヨコハマが、耐久性等を無視してひたすらグリップ力だけを上げたラジアルタイヤを作ることは、技術適には難しく無いと思う。(商業的には無理)

ちなみに01R。筑波(TC2000)で裏組しながら400週近く使ってスリップサインが出た、とNCでパーティーレースに参戦する鈴木さんの練習レポート(STEP24)で書かれている。実際に鈴木さんは、300周以上使った01Rでクラブマンクラスの優勝も経験。鈴木さんの腕前も素晴らしいけど、そこまで使っても極端にグリップが落ちないという01Rも素晴らしいタイヤだと思う。

さらに付け加えると、NCロードスターのメディア4時間耐久では、01Rで180周以上連続で走ると言う。

何故ラジアル?
猛練 
ラジアル率かぎりなく100%

まず「ラジアル」に拘って走ってる理由。

1・低コスト
→僕ぐらい(ジムカーナ・ミニサーキット含めて年10回以上)走ってても1~2年ぐらいもつ。お金がかからない。

2・求める物が「絶対的」なタイムではない
→「絶対的」なタイムを狙うなら当然Sタイヤ。

3・周りがラジアルだから
→タイヤ性能が近ければ楽しめる。

一言で言えば、あまりお金をかけずにモータースポーツを楽しみたいからラジアルという選択。

今のハイグリップラジアルは、十分なグリップがあり、長持ちで楽しく走れる。競技会や、特定のサーキットのレコードを狙ったりするので無ければ、消しゴムのように無くなるSタイヤを何本も買って走る意味は、少なくとも自分には無い。お金も続かなくなる。ここ、特に重要。後述。

普通のラジアル(01RやAD07)だと、僕の使い方でも1~2年は十分遊べる。みんな近い性能のラジアルなら、それで十分楽しく走れる。前にも書いたとおり、コーナーばかりで構成される舞洲ステージにおいて、タイヤグリップは支配的。猛練でタイヤ性能を重視したクラス分けがされるのもその辺を考えての事。

R1R
R1Rのブロック形状は、一般的なハイグリップラジアルと同程度。コンパウンド(ゴム)の柔らかさはSタイヤ並。なので、新品時はブロックがヨレて異常に偏摩耗加速度的に摩耗し、タイムも出ない。5部山を切るぐらい減ってくると、ヨレも無くなりコンパウンドなりの性能を発揮する。

減りは普通のSタイヤより早く進行するけど、Sタイヤほど食わないという、かなり変なタイヤ。グリップ力は01R、 AD07に比べて頭一つ上。あれだけゴムが柔らかければ当然とも思うけど、特に縦の性能が高く、ブレーキがどんどん奥まで詰められる。

「え?まだいけるの?」

って感じで、さらに奥へ、さらに奥へ・・・正直、AD07辺りの感覚が染みついているとなかなか本領の部分まで踏み込めない。

摩耗は、 猛練3回とタカタ37周で半分以上無くなるほど強烈で、下の様になった。

R1R 

明らかな偏摩耗。センターのアウト側はほとんど山無し。ブロックのイン側は全部ささくれ立っている。

他のラジアルと比べたタイム差は、1分程度のコースで1秒に届くか届かないかという感じ。ただ、主にブレーキングで差が付くタイヤなので、入れたからと言ってポンとタイムが上がるタイヤではないと思う。特に、ブレーキングにリスクのあるステージでは、よほど上手い人か、そのコースに慣れている人じゃないと、性能を引き出すのは難しいと思う。

レギュレーション (Regulation / 規制)
モータースポーツを楽しむ人は、何らかの「レギュレーション」の中でタイムの短縮やクルマの変化を楽しんでいると思う。例えば、あくまでラジアルタイヤで頑張る、とか、フルノーマルで、とか、お小遣いの範囲で頑張る、とか。コレが自己レギュレーション。「改造範囲はここまでしかだめですよ」は主催側のレギュレーション

公式レースにおいては、レギュレーションを設定することで「お金かけたもん勝ち」を廃し、車両性能差を小さくし、腕や車両セッティングで勝負出来るような仕組み。F1でもちゃんと"レースになるように"レギュレーションの塊となってたりする。ただ、実情はやっぱり資金力・・・という話はおいといて。

R1Rは、場所によってS扱いかラジアル扱いに分かれているけど、AD07・01R比で1秒近くも差が付くR1Rが「ラジアル扱い」である限り、規制のかかっていないステージでは結局R1Rワンメイクになってしまう。各地のイベントでも、上位がR1R独占状態とのこと。

R1Rはものすごく減るタイヤなので、たくさん走るととてもお金がかかる。僕の走行ペースなら、年に2セットぐらいは必要だと思う。コレじゃ、僕のお小遣いでは無理。「お金がかかりすぎてやめてしまう」は、モータースポーツで最も多い「辞める理由」だと思う。

だからこそ、長持ちするラジアルタイヤで楽しもうという風潮が出てきたんだと思う。

道具を使うスポーツである以上、お金をかけて良い道具(クルマ)を使えばタイムは買える。末端からF1まで、速さの源はお金というのはみんな知ってる事。じゃあ、レギュレーションの無い世界で気軽にモータースポーツを楽しむ我々が、大事しなきゃいけない事は何か?

「自分の中でレギュレーションを決める事」

お金をかけようと思えば、何百万だって注ぎ込める。だからこそ、気軽に楽しめる範囲の線引きが必要。そして、草モータースポーツを主催する側が大事にしなきゃいけないこと

「お金かけさせすぎない為のレギュレーションを考える事」

タイム至上主義のレギュレーションを引けば、参加者側の争いは加熱の一途をたどり、やがてそれは「お金かけたもん勝ち」という世界に。続けられなくなる人や、飽きる人や、借金してでも勝ちにくる人が出てくる。

お金をかければ速くなるのは当然の話。お金をかけて走り続ければ人も速くなる。草モータースポーツの世界は、スポンサーを背負い、数字や成績が全てな公式競技の世界じゃない。そこで一番エラいヒトは誰か?速いクルマや人がエライんじゃない。金かけてる人がエライんじゃない。

楽しく走ってるヒトが一番エライんだ。

コレは昔クルマの大先輩に教わった事だけど、今でもよく思い出す。楽しめない様なクルマ遊びをしていないか、時々立ち止まって考える。

まとめ
R1Rは・・・

極端に減る=減らないとタイムがでない=お金がかかる

要するに・・・コンパウンドの種類が無くてブロックが小さい昔のSタイヤ。

個人的にはラジアルタイヤとして扱うべきではないと思う。ジムカーナ数本とミニサーキット37週で半分以下に削れてしまうタイヤが、筑波を300周以上走れる01Rと同じ扱いというのは変な話。これをラジアルとして扱えば、皆R1Rを履くしか無い。

主催側やサーキット側でラジアル指定されていれば、ワンメイク化は仕方ない。履かなければ履いている人に負けるのだから、履くしかない。しかし、ある意味Sタイヤよりお金がかかるR1Rでしか競えないなんて、なんともツマラナイ話。それならSタイヤで走る方がよっぽど良い。

だからこそ、ラジアルに拘って走っている人の為にも、主催側やサーキット側が考えなきゃいけないと思う。各地の草イベントでS扱いになっている理由も頷ける。当然、猛練でもS扱い。

今後
他社も黙ってみていたワケではないのか、新タイヤが登場する。これで状況はひっくり返るかも知れない。

来年3月には、ブリヂストンからRE-11 (イレブン)が登場。1分ちょいのコースで01R比1秒近く速くラップするという性能が本当なら、驚異的。マイナーなグッドイヤーからも、本気っぽいタイヤがでるけど、ロードスターで履けるサイズはほとんどない。AD07も登場からかなり長いので、ぼちぼち出てきそう。ただ、それを見越してか? R1Rもサイズが拡充されるとの事。


自分も主催も、無理なく楽しめるレギュレーションで、楽しめる場所も維持していく。お金をかけすぎないコト。

コレ、長く楽しむために一番大事なコトです。


以上の記事はR1R利用者を非難する物ではありませんので、誤解無きよう。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - R1Rとレギュレーション  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (8)  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「つれづれ年末」

07/12/31(月)

クリスマス辺りから怒濤の年末。クリスマスはGEN家でプチケーキパーティ。GEN家娘二人には、 胡散臭いぐっさんサンタから、ニット帽をプレゼント。長女ミキティ最高の笑顔に、 この年でおじいちゃんの気持ちが若干わかった様な気がした。次女さんは寝起きのせいで、 帽子かぶせたら号泣。(笑)

んで、ヨメ様にはipod nanoを・・・。

ipod nano
左:初代ipod 右:ipod 3rd

左は、今や超珍しい初期型。ipod端子すらないけど現役バリバリ。比べてみると時代を感じますな。 薄いわ小さいは画面超綺麗だわカラーだわ電池は3倍ぐらい保つわで・・・ただ、操作性は初代が良好。nanoちっこすぎるんですな。あと、 音も初代の方がヨイ。微妙な差だけどね~。これで、初代は晴れてガレージ専用ipodに。(笑)

その後、久々にGT4に燃える。Yas君と二人で。猛烈杯やったモータースポーツランド2をアーケードモードでプレイ。NB2で、 一番ヘボいタイヤでタイムアタック。

タイムを更新されるか心が折れたら交代というシステムで、二人で白熱。FF乗りのはずなのに、GT4まで速いYas君。 どこまで僕を小馬鹿にするんだ!(きぃぃ!) FR乗りのプライドにかけて戦い続け、 1/100秒の勝ち負けをくりかえした接戦の末、なんとか勝利を勝ち取った。かなり危うかった。 バーチャルまで負けたらシャレにならない。一人あたり25lapぐらいで、僕のベスト54秒718です。 正月暇な人は25lap以内にクリアできるかチャレンジしてみて。(笑)

忘年会は友人の新築新居で鍋パーティー。生活感ゼロで最新家電満載(50インチプラズマでけ~とか)な、モデルハウス並の新築ハウスを、 昆布とカツオだしの臭いで汚染。真っ白なキャンバスに鍋汁をブチまける快感!大変おいしかった。(迷惑)


とまあそんなワケで、クルマイジり一時休止中でまったりやっとります。(部屋とか全然片付いてないや・・・) 来年もガンガンいこう。

では皆様、また来年~。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - つれづれ年末  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (2)  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  


« 2007年11月 メイン 2008年01月 »



【秋の気配の猛ドラ29★9月24日(土)開催】
満員御礼!ありがとうございました!(・ω<)ノ
詳しくは 猛ドラWEBにて!
猛ドラレポート集も参考にしてね(・ω<)(猛烈ロードスターレポート猛ドラ参加者レポートみんカラで猛ドラを検索


最新ブログ
16/07/13【やっぱ】MTE37とNDロードスターのホイール重量【軽い】 NEW
16/07/13【MTE37】第4弾ラスト放出&装着写真ギャラリー NEW
15/12/07いくぜ!マツ耐:マツダファンフェスタ2015岡国【速報編】 NEW
15/12/04いくぜ!マツ耐:マツダファンフェスタ2015岡国【前夜編】 NEW



協賛:タイヤガーデン豊中 ご来店時は猛烈ロードスターを見たとお告げくださいませ~。
 トップロードスターいろいろバックナンバー猛烈アンテナ
 猛ドラ「ぐ」の揮発つぶやきツイッターみんカラタイヤガーデン豊中
ロードスターでモータースポーツ&DIY / 当サイトは全ページリンクフリーです。 Copyright(c) Gussan / MRRS All Rights Reserved.
Since 2004 -10 visit : ,,