ロードスターでモータースポーツ&DIY 当サイトは全ページリンクフリーです
猛烈ロードスター ヘッダイメージ


【秋の気配の猛ドラ29★9月24日(土)開催】
満員御礼!ありがとうございました!(・ω<)ノ
詳しくは 猛ドラWEBにて!
猛ドラレポート集も参考にしてね(・ω<)(猛烈ロードスターレポート猛ドラ参加者レポートみんカラで猛ドラを検索


最新ブログ
16/07/13【やっぱ】MTE37とNDロードスターのホイール重量【軽い】 NEW
16/07/13【MTE37】第4弾ラスト放出&装着写真ギャラリー NEW
15/12/07いくぜ!マツ耐:マツダファンフェスタ2015岡国【速報編】 NEW
15/12/04いくぜ!マツ耐:マツダファンフェスタ2015岡国【前夜編】 NEW



協賛:タイヤガーデン豊中 ご来店時は猛烈ロードスターを見たとお告げくださいませ~。
 トップロードスターいろいろバックナンバー猛烈アンテナ
 猛ドラ「ぐ」の揮発つぶやきツイッターみんカラタイヤガーデン豊中

« 2006年09月 メイン 2006年11月 »

10月01日 『 マツダフェスタ2006 NCパーティレースその3 』むーう゛ぃーをつくりました
10月04日 『 EX-P505情報 』EX-P505のマメ情報。
10月09日 『 D験 』ヨメ様、D験へ行くのまき。
10月12日 『 マツダフェスタ2006 NCパーティレースその4 』パーティレース、まとめ。
10月16日 『 富士スピードウェイにNゼロを見に行ってみる 』Nゼロを観戦してみる。
10月18日 『 つれづれ日記 』かたづける。
10月19日 『 猛練11は猛チャレですって奥さん。 』猛チャレについて思いを巡らせてみる。
10月23日 『 本気で猛チャレ・猛練11 』久々にみんな本気で走った気がする猛チャレ。
10月25日 『 本気で猛チャレ・猛練11その2 』猛チャレ結果。
10月27日 『 本気で猛チャレ・猛練11その3 』同乗しまくり。自分メモ。
10月28日 『 無念じゃ。 』運動会に行けなかった。
10月30日 『 つれづれ日記 』謹製ヘッドカバー。
10月30日 『 ある日のお話 』くるくるくるり。

「マツダフェスタ2006 NCパーティレースその3」

06/10/01(日)

image

トシユキにこんなものを送ってみた。

曲はRobert MilesのChildrenと、 Michelle BranchのBreathe(Album Hotel Paperより)。
買いたくなってしまうらしいので(コレ見て買った人がいる・・)
amazonのリンクを置いておこう。(Michelleはイイよ)

まともなソフト使って初めてちゃんと作った。どうしても映像にしたくて。
最近静かだったのはコレのせい。ごめんちゃい。めちゃめちゃ手こずった。

先輩方の苦労が身にしみてわかると同時に、作ることがこんなに面白いと思ったのは久々の感覚。打ち込み音楽以来。 時間のかかり方も打ち込み音楽級。

「コレをみんなに見せて、雰囲気が伝わればいいんだけどなあ・・・」と妄想にふける。

あくまで個人的に作って、トシユキに送ったんです。そうなんです。そうなんです。
・・・あ、偶然見ちゃいました?


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - マツダフェスタ2006 NCパーティレースその3  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (24)  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「EX-P505情報」

06/10/04(水)


この情報は2006年10月時の物であり、現在はもっと簡単に車載出来るデジカメはあると思います。ご注意ください。

ケース
収まりの良い汎用ケースがあります。

ELECOM DGB-016

image 
中にP505。

image 
こんな感じでぴったり

image
横の脱落防止なんとかは、たたんでしまう方が収まりが良い。

ケースは硬くてしっかりした素材なので、鞄に放り込んでも安心。定価は2,520円。しかし、製造中止で売ってないがなー。と思ったら、 なぜかヤフオクにめちゃめちゃ安く大量に出てるので、そちらでどうぞ。

ヤフオク

送料込みでも千円しません。スバラシー。

メモリーカード
2GBクラスになるとカードを選ぶらしい。注意。販売価格の安いカードでは長時間録画に問題が出る事がある。 メーカーで動作確認の取れてるカード(もしくはそのメーカー)なら大丈夫。

SDメモリーカード動作確認一覧

逆に言えば、安いカードでも1時間連続とかで撮らなければ、問題は出なかったり。 クラストオリジナルカードは1GBまでしか正常に記録されない。PQIもダメらしい。僕は結局、パナソニックのカードを買いました。

マイク対策
車載時(オープン時)の爆音音割れは、まだ良い解決策が見つからず。誰か発見したら教えてください。コレ巻くといいよー、とか。 何かないかなあ。マイクやボディに直接風が当たらなければいいんだろうけど。

ちなみに、外部マイク改造というのがあって、フラッシュの下にあるネジ二本を外してズラせば、マイクが現れるので、 ここから線を引っ張ってくればOK。ネジの回し方でしばらく悩んだけど、100均辺りで精密ドライバーを買ってきて、 さきっちょを90度に曲げれば回せる。(回せた) ただ、普段使いに支障が出そうなので、途中で後退。常時外部マイクが必要になっちゃう。

ちゃんと撮るときは、後でくっつけるのを前提に、 座席の後ろにポータブルMDとマイクでも放り込んでおけば良いんじゃないかと思っている今日この頃。

車載時の設定
・露出補正 -0.0~-0.7(0.0~-0.3オープン -0.7クローズ)
・AF パンフォーカス
・コントラスト -1
・グリッド表示 オン

で、ベストショットモードを一個作って車載用にしています。露出をマイナスに補正するのは、車内が暗かったり黒の配分が多い為に、 路面が飛んじゃうから。特に屋根を閉じてると、車内が暗くなるんでマイナスに振った方が良いです。全てのカメラは「黒い物は明るく、 白い物は暗く」映るように出来ているので、黒ばっかりだと無茶苦茶明るく撮っちゃいます。(試しにデジカメで、 真っ黒な物と真っ白な物を画面一杯に撮ってみてください。どちらも「灰色」になります) オープン走行だったり、タン内装だったりすると、 ほとんどマイナスにせずとも合うかもしれません。画面を確認しながら良いところをみつけましょー。 (ワイコン無しだったりズーム気味にしてたりして、車外映像の比率が多いと、補正0.0でも合います。ご注意)

パンフォーカスにするのは、AFする必要が無いから。カメラにも優しいはず。40cm~のピントに固定されるので、車載ならOKです。

コントラストは、元がキツすぎるので少し下げる。特に屋根を締めてる時は、下げた方が良好。車内映像が黒つぶれしてしまうので。

グリッド表示は、固定するときに水平を合わせやすいです。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - EX-P505情報  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (12)  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「D験」

06/10/09(月)

TEAM DのD験へ行ってきた。参加するのはヨメ様なので、付き添い件、カメラ野郎。ヨメ様はピンで練習会に参加するのは初。 さてどうなる。

ちなみにD験とは、TEAM Dさんが企画されたモータースポーツ体会。たまに小雨がパラつく変な天気だったけど、 一日ほぼ快晴に恵まれた。

image
到着。おお、虹だ。(しかもダブル・・・みえる?)

image 
ウイさん(奥)、ショコラさん。

他にもコータさんニコラスさんSWのAさんコンビ、顔なじみも多く参加。参加者は全く初めての人から経験者まで様々。 車種もフツーの軽からファミリーカー、本気車両まで数多く集まった。

座学
image 
まずは座学。 まじめにメモをとっていた。

モータースポーツをする上での心得などなど。ero師匠らしからぬ(?)お堅い話。基本の基本の基本から。

image
真剣に聞き入る参加者。ついでに聞き入る僕。お得。

シートポジション
image
参加者集合

走る上でとても大事な、シート合わせ、ポジションの作り方を、石元選手を交えてレクチャー。

image
僕もしっかり聞く。

付き添いなのにとても勉強になった。お得な気分。

ポジションチェック
自分の車両に座り、講師陣が一台ずつポジションをチェックしていく。

image
ヨメ様は石元選手にご指導されていた。

小柄なヨメ様には、シート自体が合っていなかった。小柄な場合は、ちゃんと小柄な人用のシートを買わないと、 シフトチェンジの妨げになったりする。ここでも色々有り難いお話を頂く。

パート練習
実際の走行開始。

・スラローム
・フルブレーキング
・定常円

自分で走るのを含め、全員に講師が横に乗ったり、全員に講師が運転したり、全員にアドバイスがあったりと、とても充実した内容。

ヨメ様はいつも通り大暴れ。定常円ではむちゃくちゃにパイロンをなぎ倒していたが、ero先生には褒められていた。しかし、 傍目に見ていると・・・どうもカウンターをあて始めているように見える。

フルブレーキングは100km程度まで加速して踏む。
ぐ「良い機会だから、一本目は何も考えずに床まで踏み抜いてみ」
ヨメ「おし!まかせとけ!」

まあ、もうスリップサインの出た終わりかけのG3だし、フラットスポットが出来てもイイし。というか、このぐらいじゃできんだろー。
・・・そして白煙に消えるヨメ様。

帰り道。速度に合わせてリズミカルなズンドコ節が聞こえる。ズンドコズンドコズンドコ・・・なんだい、この振動は。(G3終了)

しかし、久々に見た石元選手のランエボによるデモランは、圧巻だった。重量を感じさせない身のこなしと、ワープの如き加速。すげー。

image 
流し撮りがちょっと上手くなってきた気がした。

タイムアタック:完熟歩行
image
簡単コース

ラストはコース走行。簡単なコースでタイムアタック。

image
完熟歩行でコースを覚える

image
うううううーん

「初めて見るコースを覚えてタイムアタック」にパニくるヨメ様。妙なテンションで笑いっぱなしの喋りっぱなし。緊張しているらしい。

デモラン
全日本ジムカーナ選手である講師陣の、アツいデモランが披露される。





image 
アツい、あまりにもアツすぎる。

空力を考え、頭も低く。



ベンリィ125による余興に一同大ウケ。ちゃんとクルマも走りました。

コース走行開始
image
お、はしっとるはしっとる。

なんとか覚えて走行開始。

島を二回回るのだけど、二つめの島を戻ってくる時にかなり速度が乗るらしく、みんなココでスピンしたりパイロンを弾いてしまう。 鬼門のようだ。

ショコラさん勢い余る|無料動画、 動画配信、 フラッシュ動画ストリーミングはムービーキャスターへ

 

ショコラさんも勢い余ってボカリ。 (3本目)

ヨメ様、1本目はスピンしかけて立て直し、2本目は砂に落ちたが・・・お、立て直した。たまたま連射していたので、以下。

image

 

カウンター|無料動画、 動画配信、 フラッシュ動画ストリーミングはムービーキャスターへ

 

動画の方も、脱出時、 車両の向きに合わせてちゃんとハンドルを戻している。

「カウンター?ナニソレ?オイシイノ?」から「ちょっと食べたことありまーす!」ぐらいに成長したようだ。立派立派。 本人も自覚しているようで「今までなら絶対回ってたけどちゃんと走れたー!」と、 3本の走行を全てスピン無しで走り終えた事に喜びを噛み締めていた。

タイムは真ん中より下の方だが、初アタックでコレなら上出来。

image image image image
本日の勲章。

パイロン傷だらけになったが、逆に言えば、全開でクルマを走らせてもパイロン傷ぐらいで済むのが、広場ジムカーナの良いところ。

閉会式
image
ゆうやけこやけでまた次回。

image
アツい走りを見せつけたショコラさん(D練ではなぜかクリちゃん号と呼ばれている、はて)に、講師賞が贈られていた。 ショコラさんもD練出身なんだよね。

講師陣はヒジョーに大変そうなD験ではあったが、今後も続けられるそうです。みなさまもゼヒ。

運営の皆様、講師陣の皆様、ありがとうございました。

image
しかし舞洲は、いつも空が綺麗だねえ。

帰り際
ふらりとやってきた私服のero師匠と雑談。ウイさんのドライビングを絶賛され、ウイさんホクホクになる。ero師匠は今日も男前で、 気が付くとヨメ様はファンになっていた。eroticaの名はダテではない。どどーん。

image

そしてクルマもカッコいい。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - D験  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (15)  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「マツダフェスタ2006 NCパーティレースその4」

06/10/12(木)

ひとりごと:ぼちぼち、サイト構成を見直す時期がきたなあ、と思う今日この頃。ごちゃごちゃしてしまって。

image
決勝後。movieのラスト部分。

・ マツダフェスタ2006 NCパーティレースその1
・ マツダフェスタ2006 NCパーティレースその2
・マツダフェスタ2006 NCパーティレースその3 (Movie)

というわけで、のびにのびての最終回を簡単に。

image
ちょい接触

1コーナーで勝負をかけた際、軽い接触をしていた。「無理矢理過ぎな突っ込み」とトシユキは反省。幸い52号車のタイヤに当たったらしく、 無傷。トシユキ号も、タイヤ痕を落としてみると、フェンダーに小さなえくぼが出来た程度だった。 レース直後に52号車のIさんに謝りに行っていた。Iさんとは顔見知り。

image
でもちょっと落ち込む

「マナー良く楽しむオトナのレース」であるPatyRaceで、接触はほとんど無いらしい。みんな乗って帰るしね。

image
任務完了

混走で走る場合は特に、ワイコンも固定。ちなみに今回は、ステーも含めて養生テープぐるぐる巻きでガッチリ固定した。

実は一度、ワイコンが脱落して軽い事故になった例が、すごく身近にある。ブレーキの下に落ちたりしてもシャレにならないので。
image
左から、cross road君、ry2kl君、トシユキ。記念撮影。

宮城からはるばる観戦に来ていたry2kl君に話しかけられる。しかし、よくわかったなあ。

そして次第に日も暮れて

image 
横ではメディア耐久がナイトレース

翌日の事も考えて、トシユキ達とはここで分かれた。


感想
パーティレースはマツダや協賛メーカーからの後援が付くとても華やかで充実したレース。 これだけの内容のレースが参加費だけで補える訳もないので、その分は後援でまかなわれている。安価で充実した内容の「合同練習会」 も筑波で開催されていて、それも後援あっての事だそうだ。

家族連れや友人連れの参加者達が、わきあいあいとレースを楽しんでおり、ギスギスした雰囲気は感じられない。 年配の方がかなり多いように見えるのも特徴で、トシユキが一番若いぐらいかも。

和やかな雰囲気、レースの緊張感、走り終えた充実感を味わえる数少ない場だと思う。レースとしては、 資金的にも最も安価な部類という事もあり、こんな場が用意されている関東は、恵まれているなと。見に行って少し手伝いをしただけだけど 「仲間とわきあいあいとレースをやる雰囲気」を、とても楽しませて貰った。トシユキに感謝。

結論:「パーティレースは、みんなで楽しめるとても良いレースである」

レースに興味があり、走ることが好きなら、チャレンジする価値はあると思う。

という感じで、長かった筑波編、おしまい。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - マツダフェスタ2006 NCパーティレースその4  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (6)  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「富士スピードウェイにNゼロを見に行ってみる」

06/10/16(月)

image
キヨ号@EJ-WING。予選は、1-2-3位をEJ-WINGが占めた。

というわけで、いつの話やねんという感じでFSWのNゼロ。2006/9/17。

PARTY RACEの翌日がNゼロだったので、アリバイ君のお誘いもあり、帰りに寄って見てきたのだった。 アリ君がお世話になっているEJ-WINGのピットにお邪魔した。 知る人ぞ知るキヨちゃんや、ミドリ佐々木さん(今回初参戦)もこちらから出走されている。

image
EJのピット

そしてFSW・・・

image
見渡す限り

image
というか、見えない。

1.5kmの直線を誇る巨大サーキット。奥のコーナーが見えない。改装されたばかりと言うこともあって、めちゃめちゃ綺麗。

image
予選:先端のクルマが見えない

ホームストレートでは「名物ベタ付けスリップストリーム」が幾度となく繰り返され、他のレースを見ていると

image 

どうみても当たっている気がする。

予選結果
image
予選ポールのキヨ和尚の御利益を授かる

最速の和尚、キヨちゃんがポールをとった。

決勝
image
後ろのクルマが見えない・・・

image

ご覧の通り、とんでもない参戦台数。

グリッドへ車両を誘導し、緊張のスタートを待つ。








image
緊張の一瞬





スタート!!!






image
富士のストレートを全開で駆け抜けるぐ





 

・・・失礼しました。

決勝開始
image
全車グリッドロックオン

image
滝のように1コーナーへ流れ込む。圧巻。(まだ後ろに続いてる)

image
ホームストレートで抜きつ抜かれつの接戦

スリップストリーム、って、ホントに出来るんだねえ、と感心したりする。ストレートでは順位がめまぐるしく入れ替わる。

接戦の末

image
オメデトウキヨちゃん。

キヨ和尚がポールトゥウィンで優勝を飾った。4年越しの初ポール、初優勝に和尚は跳びはね、アリくんは目に涙を浮かべた。

image
男の友情


そんな感じのNゼロ観戦であった。誘ってくれたアリくん、EJの皆様、ありがとうございました。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 富士スピードウェイにNゼロを見に行ってみる  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (14)  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「つれづれ日記」

06/10/18(水)

シーズン到来。本格的に青いクルマを復活させようとするが

image

足の踏み場もないとは正にこのこと。これでもちょびっと片付けた後だったりして。溜まり溜めた廃油60リットル(20リットルペール×3) をGSでちょびっと嫌な顔されながら引き取って貰ったり。

夏休みの宿題が出来ない時は、まずはお片付けと相場は決まっているので、必死こいて片付ける。

場所があるとどうしても、なんでもかんでも置いてしまって自分の首をしめてしまう。悪い癖。

まずはその辺に転がっているバネを集めてみる。

image 
なんじゃこりゃ

これでも一部で、まだ箱に何セットも入っている。借り物やら預かり物やら自分のやら・・・。全部ケースに入れたら、もてる重さじゃなかった。 まさに鉄のかたまり。

アレコレしてると

image

ボルトン(寝てる人)が来て手伝ってくれたり、GENさんがタイヤ(ドリ用)持ってきてくれたり、NBターボさんが「カメラの使い方教えて」 と来たりして、ワイワイする。そんな平日。

ぼちぼち猛練。というか猛チャレ。 ちょっと頑張るつもり。

というか、間に合うのかというのが一番の問題。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - つれづれ日記  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (8)  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「猛練11は猛チャレですって奥さん。」

06/10/19(木)

全クラスに「オフィシャル刺客」を用意し、 参加者vsオフィシャルという全面抗争の様相を呈する仁義なき戦い猛チャレ。クラス分けは、 恐らく全車両に乗ったことがあり性能も把握している○神さんがアドバイザーとなり、かなり精確に車両性能で振り分けられている為、 全クラスで接戦が予想される。
(といってもまあ、お遊びなので、お気軽に楽しみましょうネー。)

せんせいクラス:別名 「まさに神クラス」敵無し。46秒台。
image 

M1クラス:別名 「猛烈に速いクラス」:刺客「ぐ / MRRS」
image 
標準コース48秒前後の戦力を有する屈強な猛者(猛車?)クラス。性能、腕前共に拮抗しており予測不能。 ぐ号はM2だとちょびっと有利なので、こちらに入ってしまった。頑張る。

M2クラス:別名 「かなり速いクラス」:刺客「Yas」
image 
標準コース49~50秒辺り。NB8ダウンサスの溝無しネオバ仕様でも50秒を切っている実績があるので、 50秒フラットが実績のYas号は苦しい戦いが予想される。発展途上の真っ最中である二人のNB8乗り(#5カワモト&#6ふくなが) の動向に注目が集まる。#20ナカイ氏のRX-8はドノーマルだが、○神さん曰く「エイトはかなり速い」。そう、ベースはNCと大差がない (いや、逆か) エイトはどこまで伸びるのか。

M3クラス:別名 「フツーに速いクラス」:刺客「友蔵」
image
標準コース50~51秒辺り。FFスペシャリスト「ウイさん」が有力だが、# 8たなか氏のNA8もコンパクトなコースで良い方向にハマる可能もある。セカンドグレードタイヤながらハイパワーターボインプの# 7ツカ氏もまた読めず、混戦が予想される。友蔵は、ウイさん相手では分が悪く、頑張って貰うしかない。

M4クラス:別名 「意外と速いクラス」:刺客「まゆ姉さん&GEN」
image image
標準コース51~52秒辺り。腕前も車両性能も拮抗しており、全く読めない。 チューンドエンジンが故に一つ上のクラスに来てしまったGENさんと、コースが覚えられない事で有名なまゆ姉さんのポテンシャルも、 また読めない。最近走りまくっていると噂の#11mitsu氏が若干優勢か・・・?

M5クラス: 別名 「フツーのNA8だらけクラス」:刺客「ヨメ様&S田&クリちゃん」
image image
標準コース52~53秒辺り。セカンドグレードのNA8だらけで車両差が極めて少ないクラス。参加者は皆走行歴0~3回程度と経験値も近い。 厳しそうなクリちゃん号は、53秒台@○神ドライブの実績がある為ギリギリこちらへ。#17ボルトンもまた厳しいが、 M6では優勢すぎる為こちらへ。現在伸びに伸びている#14ハヤシ(走行歴3回)が有力と見ている。ヨメ様とS田ちゃんは、 これまた分が悪く厳しい戦いになる予感。

M6クラス:別名「フツーのクルマですクラス」:刺客「トモ」
image
標準コース54~55秒辺り。車両的には有利な#18ぐっつぁん氏か、もっとも経験豊富な#10中川 喜由希氏@ストーリアの独壇場か。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 猛練11は猛チャレですって奥さん。  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (7)  | トラックバック (1)
トラックバックURL:  

「本気で猛チャレ・猛練11」

06/10/23(月)

10/24 13:00追記
image
閉会式後

初の猛チャレ開催となった猛練11。晴天にも恵まれて気温も涼しく、絶好の走行日和だった。

猛練のWEBで結果が掲載されているので、結果はそちらで。

本気で挑むと決めた割には、むちゃくちゃな状態で挑む事になった猛チャレであったが・・・詳しくはまたのちほど。(この日記で追記)

準備編
猛チャレに向けた死闘の日々。今だから言える今回の目標。

それは、いにしえより封印されし、 禁断の領域・・・・○神殺し。

恐れ多くも、○神さんをやっつけるべくクルマを作った。ホントに。しかし、ふたを開ければむちゃくちゃなクルマだった。 内容も特に秘策があるわけでもなく、軍資金も無いので、タイヤとブッシュだけ。目標は高く。勝機と言えば、 こちらの方が恐らくギヤ比が合うという点のみ。


つれづれ日記にも書いたが、まずは片付け。

image 
before

これが

image
after

こうなった。作業場所確保に二日間。

タイヤを交換。溝無しの185の01Rでは話にならないので

image
むちむち。

ヨメ様号の15インチG3が朽ち果てたので、それを205/50/15のAD07ネオバへ。なりふり構わず勝ちに行く。

さらにブッシュ交換。

image
あら綺麗。(ぱっと見だけ)

ボルトンの多大な協力の下、なんとかリアだけ交換。簡易プレス他道具は全部GENさんに貸して貰った。二人に感謝。

ブッシュの選択は、タナカくんのコラムを参考に自分の考えをプラスして、純正・マツスピのオリジナル混合とした。

image
怖いヨー!!

やり方が悪くてフレーム曲がりまくり。怖かった。GENさんごめん。初めてやったブッシュ交換、こんなに大変だとは思わなかった。鼻血モノ。 ゼヒともお店にお任せしたい部分。

足は、考えた末に一番まともであろう○神さんに貰ったYZを使う。減衰最強でしか走れないけど最強なら走れるので、これで良し。 ロッドが短すぎて30mmのスペーサが必要だったりするので

image
ロッドを切り落とす

頭を切り落として、延長。手前に立ってるのが延長用ロッド。

素手でやったらえらいことに。無数の点々やけど。革手袋をしよう。保護メガネも付けずにやったら、目に向けて燃えたぎる鉄粉が飛んできた。 メガネは絶対付けよう。失明する所だった。無防備すぎて極めてアホです。要注意。

image
アッパーはTODA

割とまともな足完成。レートは12-10kg。

車検用の純正マフラーをいつものヒットマンに。

image

フランジの作りがもう一つで、酷い排気漏れ。さらに、触媒の遮熱板がもげそうで、酷い異音。

「ギギギギーガガガガガガガチャガチャブスブスブスー」

しばらく増し締めしたりするものの、改善せず。ガレージ内に排ガスが充満し、気持ちもどんどん盛り下がり、ヨメ様は「気分が悪い」と外へ。

・・・・もう、これでいいや。(遠い目)

エンジンオイル交換。たった400kmしか走ってなかったけど、ガレージから出したり入れたりだけの4ヶ月だったので、酷い汚れ具合。 ちょいがけは一番エンジンに負担をかけるというのを実感。パワステフルードもリザーバの中だけ交換してみたが、体感できず。



image
21:00 まだ割と元気。

image
0:30 元気なボルトンともう死んでいるぐ。

image
3:30 ボルトンは元気。ぐは死んだ魚の目。

3時になったので、結局前日整備になったという猛チャレ2日前の話。前日は猛練自体の準備と積み込みなどがあるので、整備はココで終了。

時間の都合で、フルブッシュ交換はリアだけ交換になり、アライメントを取る時間も無くなり、とりあえず交換前の状態に戻そうとするも、 シャーシブラックをアームもメンバーも吹きまくってしまったため元のマーキングも消えてしまい、 リアのアライメントはむちゃくちゃになってしまった。目分量で「こんなもんでええやろー」と死んだ魚の目で締め付けたが、 案の定、まっすぐ走らない。見た目に、左右のタイヤの向きとキャンバーがおかしい。 左のキャンバーが少なく、トーイン、右は鬼キャンでトーアウト。フロントのアライメントも、右が一度緩んで適当に締めたままなので、 4輪とも何なんだかわからないアライメントとなった。

適当な計算で出した足の寸法と実車高もがっつり外れて酷い前下がりなので、リアは15mmぐらいがしゃがしゃに遊ばせて、 フロントも遊ばせてバランスをとった。素晴らしきかなやっつけ仕事。

「いいの、コレで良いのよ。ぐっさん・・・君は精一杯やったさ・・・。」

死んだ魚の目をした"ぐ"に、天使がささやくAM4時。



つづく。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 本気で猛チャレ・猛練11  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (11)  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「本気で猛チャレ・猛練11その2」

06/10/25(水)

そんな感じで、青いクルマは未完成という名の完成。左に切ってまっすぐ走るカニ走り仕様。他には、パッドを前後HC+に揃えて、 バルタイを超中低速向けへ変えた。

約3ヶ月ぶりにまともに走らせた青いクルマは・・・度肝を抜かれる速さだった。弾けるエキゾーストノート。 3ヶ月ノーマルのみどり号に乗っていて、忘れていたこの感覚。 コレなら神じるしの人にも勝てるような気がする・・・気持ちだけでっかくなって出発。

image
うむ、快晴なり

初の猛チャレ
今回は初の猛チャレ開催とあって、色々と工夫は凝らしてみた。

image 
最新カーナビゲーションシステム

チェリジムで見た案内板を取り入れた。とりあえずコレで、コースを忘れてもなんとか走れる。

image
いちまいいちまい、たんせいこめて
 
他には、設営の効率化・スピードアップ化、などなど・・・。今回はオフィシャルも同条件で走るとあって、効率的に進める必要があった。 結果的に、うまくいってホッとする。設営時間も過去最短だった。

image
スタート出しの練習(自転車で)

image
すばらしいロケットスタート

ちなみに今回、完熟歩行時間、走行×3本は、○神さんや僕、他のオフィシャル、 参加者全員が全く同条件に出来ている。僕も○神さんも、テスト走行すらしてない。全員が同じ時間歩き、 同じ本数走った。(○神さんは、朝のデモランが練習走行) かなり理想的な条件。


猛チャレだ!
image
というわけで、戦いの火ぶたは切って落とされた。まず、○神さんのタイム。朝のデモランで30秒台。1本目29秒248、 2本目28秒248。というわけで、目標は30秒切り・・・基準がないので速いのか遅いのかはわからないけど、たぶん間違いなく速い。

M1クラス。練習は皆31~32秒台。1本目で30秒台3人、2本目で#2ウエダ君が唯一29秒台へ入れてきた。さすがは猛者揃い。 人が走っているタイムを聞くと妙に萎縮してしまうのは何故だろう・・・根拠無く、そんなタイム出る訳がないとビビる。 小さくなる。だいたいクルマもアレな感じだしなあ・・・ うっうっ・・。

自分の走行。練習走行。完熟歩行のイメージ通りに動かす。かなりリアが出やすいが、乗れない事は無い感じ。 全部2速で走りきれるズバリなギヤ比。やったー。ごりごり走って30秒208さんじゅうびょう・・ ・にーまるはち・・・・







・・・いけるんちゃうんか。(ビッグマウス)

がっつり手応えを感じ、自信に満ちた1本目。やはりお尻がプリプリするが前へ転がす事を意識して、転がす。練習走行から、 島は小さく回る方が速いと確信し、控えめに小さく回る。最後のシケイン手前以外はブレーキ踏まずにオフだけで。転がす転がす・・・ 29秒133・・・・○神さんの1本目 (29.248)より速いやないかー! ぐあー!嬉しすぎるー!と、家に帰ってから気が付き、にやけた顔が止まらない(アホ)。まだまだ詰められる部分はいっぱいある。 これは29秒切りも余裕ではないか・・・テンション上がる。

image
Photo by Ogawa

2本目。もうノリノリ。ごりごり攻めて2本目よりさらに車速を乗せる。・・・が、乗せすぎて最後のシケインでリアが若干横っ飛び、 パイロン弾いた!と思ったが、ギリギリ交わして無事ゴール。オーバーアクションで、かなりロスしてしまった。 それでも28秒907

#2のウエダ君に1秒以上差を付けてM1制覇。○神さんには届かなかったが、満足。オメデトウ僕。 死にものぐるいで青いクルマ出して良かったよ・・・。

当日の結果はこちら

めちゃめちゃな状態でコレだったので、ちゃんと作れば(これぐらい小さなコーナリングコースなら)、いつかは、ひょっとするかもしれない・・ ・。

というわけで、事前予想を踏まえた寸評など。

M1クラス:別名 「猛烈に速いクラス」:刺客「ぐ / MRRS」
image
WINNER:ぐ

というわけで、勝たせていただきましたM1クラス。2位ウエダ君(29.949)と3位りょおさん(30.054)とは0.1秒という接戦。 巨体なランエボを軽やかに操るなるびあ氏も、この小さなコースで30.283という好タイムを出し4位に付けた。 JMRCミドル戦優勝者モモMR2氏は調子が出なかったのか、30.827で5位に甘んじる。

M2クラス:別名 「かなり速いクラス」:刺客「Yas」   
二人のNB乗りに注目が集まったこのクラス。#6ふくなが氏が30.243で制した。刺客Yas君はなんと、 トレードマークである大きな羽根を

image 
羽根がない!

軽量化のために外してきたという本気ぶりで挑んだが、0.2秒およばず30.484で涙を飲み2位。本人曰く「お尻が出ちゃうんですが・・・ 」ということで、羽根が合った方が良かったのかも知れない・・・。#5カワモトも、最後の1本でやっとまともに走れたというタイムながら、 さらにその0.2秒落ちと良い戦いを見せた。今後に期待したい。

M3クラス:別名 「フツーに速いクラス」:刺客「友蔵」
image
WINNER:#9ウイ

#9ウイさんがぶっちぎりの速さを見せつけたM3クラス。30.846でクラストップとなった。友蔵は33.022とクラス4位、 やはりウイさんが相手では分が悪い。ウイさんはラスト1本、シケインに入れずタイムが出なかった為、 きちんと走れば30秒前半も出ていたかも知れない。#7ツカ氏@インプレッサも、 セカンドグレードタイヤながら安定したタイムを出して31.378の2位。#8たなか氏は狭いシケインに苦戦し、 32.233で3位となった。

M4クラス:別名 「意外と速いクラス」:刺客「まゆ姉さん&GEN」
image
WINNER:#11mitsu

最近走りまくりである#11mitsuさんが、アグレッシブな攻めで2位に1.6秒もの差を付け、31.264でクラストップとなった。 やはり経験か。#12りょーやんも走行歴3回目ながら32.817と健闘を見せクラス2位、GENさんは1/100秒差で及ばず、 32.825でクラス3位となった。まゆ姉さんはやはりコースに慣れる事がネックとなり、 数秒単位でタイムを縮めていくが33.816で4位。#13まるみ氏は遅刻のため完熟歩行が出来ず、ミスコースなどもあり、 33.897で涙を飲んだ。

M5クラス:別名 「フツーのNA8だらけクラス」:刺客「ヨメ様&S田&クリちゃん」
image
WINNER:#16ゆうさく

本命であった#14ハヤシを抑えてトップに立ったのは、なんとモータースポーツ未経験で全く初めての#16ゆうさく氏であった。 正にダークホース。初めてながら着実にタイムを縮め、32.977でクラストップ。#14ハヤシは、一歩伸びず33.423で後塵を拝した。 恐ろしきはオフィシャルS田。借り物のクルマで33.578をを叩き出し3位に付けた。彼はそもそもクルマを持っていないし、 MT車にも乗っていない。最も恐ろしい一人と言える。上位3名の内2人が「初めての人」と「クルマを持っていない人」 という予測不能な激戦クラスであった。S田ちゃんに1.3秒オーナー殺された上に最下位となったヨメ様(34.815)は怒り心頭なので、 今後は私に火の粉が振ってこないようレッスンにも力を入れたい。

M6クラス:別名「フツーのクルマですクラス」:刺客「トモ」
image
WINNER:#10中川 喜由希

X4でもなんでもない自家用車である普通のストーリアを、家からそのまま持ってきた#10中川氏が、 35.462でそのままトップを持って行った。初心者揃いのクラスであった為、やはり経験が物を言ったようだ。 モータースポーツ3回目である#18ぐっつぁんも健闘を見せ、0.3秒落ちの35.790で2位となった。 刺客トモは38.252で3位。



そんな感じの猛チャレ。この後はいつもの猛練基本コース。

さらに、つづく。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 本気で猛チャレ・猛練11その2  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (6)  | トラックバック (2)
トラックバックURL:  

「本気で猛チャレ・猛練11その3」

06/10/27(金)

image 
○神イメージショット photo by ウチの妹

というわけで、個人メモ。

基本コース
image
ムホー

変なクルマでトップをとれた猛チャレだったが、速度域の高い基本コースはかなり乗りにくい状態。 結局ベストは49.9で185のタイムを超えられなかった。「裏切られる」という言葉がとてもしっくりくる状態。

「どんな仕様でも乗りこなす」が目標だけど、今の自分がうまく乗るにはある一定の「クルマの信頼度」のような物が必要だと痛感。例えば、 高速な1コーナーをねじ伏せても、次の狭いシケインでリアの破綻を抑えられない。リアが出てきてアクセルで止めようとしても、 速すぎて止まらない。ちょっと遅れて踏むとさらにリアが出るので、次第にビビるようになってしまう。一度抑えられないと、 自信を持って入っていけなくなり、自信が無いと、オーバーを殺す程アクセルが踏めなくなり、どんどん悪循環に陥る。 この状況では何度走っても結果があまり変わらない。「こう動く」と予測の上で動かすのがスポーツ走行で、「こう動かない」 が続くとクルマとの信頼関係が崩れる。

「集中力」という物の存在も痛感した一日。猛チャレの時は、朝一で元気だった。ずばっとリアが出そうになっても反応出来て抑え込む。 1本目の問題点を冷静に判断して、2本目で活かす、2本目を3本目に活かす、「考える→実践する」が上手くいく状態。基本コースは、 ちっとも上手く乗れず、がむしゃらに走り込んでみた物の、「考える→実践する」が上手くいかなくなってくる。 頭でわかっているのに体が反応しない。追いつかない。まさに集中力切れ。「脳の電池切れ」みたいな感じなんだと思う。こうなったら、 休んで糖分補給するとか、諦めるかするべきで、連続走行は意味がなかったと思う。きちっと集中して走れるのは、自分だとせいぜい3本ぐらい。 休憩して考える事が必要。

最近つくづく思うのは「頭で走ってる」という事。

ちなみに、こんなクルマでも、同乗状態で○神さんにあっさり1本で殺された。49.5。 ○神さんまでの道のりはまだまだ遠い・・・恐ろしいお方だ。

武者修行
この日も人様のお車を乗りまくった。ワタクシごときで良ければロードスターに限らず何でも乗りますので、お気軽にー。 パイロンに刺さったらゴメンナサイ。 あと、1本じゃ乗れない事が多いので、2、3本乗らせてください。

image
・ハヤシ号(NA8 SR1.5 ドノーマル+足 185-G3 目分量アライメント(笑))
エナペタル純正形状足だけで、いたってノーマル風なハヤシ号。1本目でシケインのパイロンにまっすぐ突き刺さる。(笑) ゴメン。  前が逃げる感じが強くて、前回持ってきた時の方が乗りやすかったと思う。2本目ちゃんと乗って、同乗52秒ぐらい。

image
・mitsu号(NA6 TEIN superstreet 8-6kg 195-AD07 ピロブッシュ Jet’sセッティング)
足、アライメント、ピロまでJet’sフルお任せセッティングのmitsu号。乗ってびっくり、とんでもなく乗りやすい。 特筆すべきはフロントの信頼感。ナニコレ?ってぐらいゴリゴリとフロントが言うことを聞く。ゴリゴリゴリー!と、 今まで感じたことのない曲がり方。ロードスターでフロントが言うことを聞くクルマは、 だいたいリアが言うことを聞いてくれなかったりするのだけど(笑)前後ともに信頼感を感じる。路面のうねりでも挙動が乱れず、とにかく安定。 コレがピロの効果なのか・・・setting by jet's恐るべし。同乗で51秒ぐらい。 1本でポンと出るあたりがクルマの素性の良さだと思う。ブレーキが安物で利かないとの事だったけど、個人的にはこれぐらい効かない方が好み。

image
・わっきん号(NA8 RSリミテッド 195-G3 ドノーマル)
フル純正なわっきん号。NA8の純正ビルシュタイン。よく考えたら、ホントのドノーマルNA純ビルって初めて。そして、コレがまた・・・ むちゃくちゃ乗りやすい。びっくりした。G3クラスのタイヤとはベストマッチングですな。動きは全部遅いけど変な動きは全くしなくて、 いたって素直。挙動が緩やかで扱いやすい。街乗りは最低との噂だけど、モータースポーツにおいてはヒジョーに具合が宜しいですな。 バンプラバを上手く使った足って感じ。傍目からはかなりロールしているけど、中ではそれほどでもなく、安心感がある。1本で同乗52秒ぐらい。純ビルっていいねえ。

image
・ふくなが号(NB8 Sr2 ASA10-8kg 195-01R)
結構触ってる感じのふくなが号。久々に乗る160psのNB8は・・・やっぱ速ー・・・直線は間違いなくウチのクルマより速い。(笑)  オーナー曰くリアのスタビリティがどうなのか見て欲しいといった感じ。乗ってみると・・・かなりのオーバー。シケイン大失敗。 あちこち失敗。同乗で52秒。こりゃ失敗。2,3本乗らないと乗れないと思った。現状前下がりだったので、 リアをもっと下げた方が良いと思う。舵角一定の踏み足しで、リアから巻き込んでいく状態は、ちょっと厳しい。同乗でこの状態なら、 一人だともっとキツいと思う。足のセッティング見直すだけで50秒切りは余裕の車両という感じ。

image
・GEN号 (NA8 Sr2 ヒルクライム8-6kg 195-LM702)
タイヤが食わない。(笑) 1本だけでは乗れなかった。失敗して同乗52秒ぐらい。あんなので52秒というのは、エンジンが故なのだろうか・ ・・。タイヤなりにアンダーもオーバーもずずっと出てくる。185のST115より食わないんじゃないだろうか・・・。 個人的にはもうちょっと、後ろを下げたいなあ。二名乗車でかろうじて踏める感じ。好みの範囲だと思うけど。

image
・ボルトン号(NA6 NB2純正ビルシュタイン 前後ウ○コタイヤ)
ただでさえ遅い18年物のNA6に、6点式鉄の鳥かご装着で重量化、そして前後ウ○コで溝ゼロ・・・遅い!なんて遅いんだ!(笑) 1本目、 うまく乗れず。純ビルは食わないタイヤなりに綺麗に路面を捉えてくれるが、動きがむちゃくちゃ遅い。船のよう。でも基本はアンダーで、 まだ乗りやすい。ただ、はらんでいくとアクセル抜いても前が逃げまくって、円が全然小さくなってくれない感じ。 そしてひっくり返ろうかというほどの鬼ロール。1コーナーを上手く曲がってもシケインまでの切り返しが間に合うか間に合わないかギリギリ。 かなり遅れて動きが出るので、動きを予測した先手先手な操作が必要なクルマ。2本目、なんとか乗れて同乗53秒ぐらい。

image
・りょーやん号(NA8 Sr1.5 185-AD07)
詳しい仕様を忘れてしまった・・・連続して乗って詳しいことを覚えていない、ゴメンナサイ(汗) 癖はなかったように思う。 何秒だったかなあ・・・。

・ヨメ様みどり号
D験でリアを上げてから乗ってなかったので、乗ってみた。酷いオーバー。(笑) なんでこんなに酷いんだ・・・と思ったら、減衰最弱だった。 こんなので猛チャレやらせたのは酷だった・・・(おいおい) 減衰上げてから乗ってないが、S田ちゃん曰く「ねばりが出て乗りやすくなった」 ・・・うむ、あなたは本当にクルマを持っていないのか?


アレやコレや乗りまくったあと、知恵熱のような頭痛を起こす。頭がパニくってるんだろうなあ。

この中では、純正の素性の良さに驚いたわっきん号と、文字通り正常進化しているmitsu号が印象的だった。

知らないクルマを乗りこなす能力
○神さんやウイさんと、晩ご飯食べながら話してたんだけど「自分の車で速いのと、人の車を乗りこなす能力は全く別」という事。 全日本ジムカーナクラスのドライバーでも、乗れる人と乗れない人というのはぱっきり分かれるらしい。

ちなみに○神さんが、同乗でどうやって乗りこなしているかと言うと「1コーナーである程度予測を付ける」だそうだ。 1コーナーは3速からブレーキングして曲げていくコーナー。1ブレーキ、1コーナリングである程度学習するらしい。 コーナー一つでフリーダムの学習が終わるような物だ。(笑) 恐ろしい。僕だと、1周走ってなんとか傾向がつかめる、そんな感じ。
 
205
image
初めて使った205はどうだったか・・・クルマの状態がアレだったので、正確な判断とは言えないけど、 現状TSタカタでワタナベさんのクルマ(205の01Rに羽根)を乗らせて貰った時と同じ感想。

どうも、クルマなりに乗ってしまうようで、うまく評価できない・・・。

写真つれづれ
オフィシャル写真部隊が撮った写真でとりとめ無くつれづれ。

image
朝ミーティング。6:30。

image
新兵器。台車。

image 
Wマーチ。

image
メルヘンですな。

image 
マサイの戦士

image
友達が増えた。(テントの棒です)

image
よいしょよいしょ。

image
完熟歩行。わらわら。

image 
参加者のみなさま。

image
チンクやあ!(見学の方。参加者のお兄さん。) 

image
ぐ、試乗させて貰う。(ありがとうございました)
面白すぎです。異次元です。後ろからドコドコとバイクの音が。

image
オフィシャル全員群がりまくり。

image
わーわー。

image image image
14時頃。朝早いので、ぼちぼち撃沈します。

image
GENGENロードスター無料診断。
ノッキングの酷いNA8を診察中。

image
閉会式&プチ表彰式。お疲れ様でした。
自分で自分を表彰してすいません。
 
image
良い空ですな。

image
猿のように走りまくったぐのおかげで撤収時間が延びまくり、真っ暗の中片付けをするの図。
すいませんすいませんすいません。


というわけで、次回また宜しくです。

TSタカタ運動会
で、運動会がすぐ迫っているワケですが・・・珍しく準備万端です。結局クルマはぶっつけ本番ですけど。(笑) 皆様よろしく。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 本気で猛チャレ・猛練11その3  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (9)  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「無念じゃ。」

06/10/28(土)

image
戦闘準備完了。

14日頃から準備を始めて、約二週間。途中猛練も挟み、友人達の協力も受けながら猛練後も毎日ガレージで作業を続け、 ぐったぐたになりながら準備を終わらせた青いクルマ。努力の甲斐あって、25日には全ての作業が完了し、26日はしっかり休み、 27日は早起きし、工具やタイヤを積み込み、着替えもカメラも用意して、夕方には床についた。正に準備万端。 28日のAM3時に起床して出発する為に。今回はホントに上手く事が進んだ。友人達の協力あっての事だった。順調すぎて怖くなるほど。

しかし、予測不能の騒動に巻き込まれて睡眠が取れない状態に。ココまで来て、ココまで来て・・・。眠れないまま時計の針はぐりぐり回る。 結局AM3時になり、一睡も出来なかった。出発しようかとも思ったが、27日もほとんど寝ていなかった(早く寝る為に)から、かなりキツい。 午後の部から行こうと思い、少し寝る事にした。・・・が、隣のアホ犬が朝の遠吠えを開始する時間。ボロ屋なので壁が薄く、直管サウンド。 うるさくて眠れない。そして9時、少しだけ寝たけど・・・今から片道4時間走ってサーキット走行・・・無理だ。前回、同じ失敗をしている。

結局、考えて断念した。・・・無念。ドタキャン、ほんまゴメンナサイ。>ワタナベさん

脱力。前泊しておけばよかった・・・と、何を言ってもタラレバ。無念じゃ・・・。(涙)


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 無念じゃ。  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (13)  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「つれづれ日記」

06/10/30(月)

というわけで、終わったことは仕方ないので涙で枕を濡らしつつ、今回の作業内容。

直しただけとも言う作業内容
・フルブッシュ交換(純正&マツスピ混合)
・アーム&メンバー清掃&塗装(シャシブラ)
・ホイールハウス塗装(ノックスドール)
・アライメント調整(キャスタが合わせられない)
・Fスタビ変更(みどり号からはぎ取り。みどり号はFスタビレスに・・・)
・リアレート変更(みどり号からはぎ取り。みどり号は何故かレートアップ・・・)
・シートポジション調整(ちょい下げ)
・ハンドル位置調整(ちょい下げ)
・左Fアッパーアーム交換(ジョイントのネジなめてた)
・アッパーアームジョイントブーツ交換(一個破れた)
・右Fロアー後ろ偏芯ボルト交換(なめた。みどり号からはぎ取り、みどり号は適当なボルトに・・・)
・バルタイ調整
・シフトブーツ交換(破れてた)
・MTオイル交換
・スペシャルヘッドカバー装着(GEN謹製)

ぐらいだったと思う。みどり号からはぎ取りまくった今回の作業。破損(しちゃった)パーツもあり、注文していては間に合わないので、 間に合わせる為に偏芯ボルトまで剥いだ。適当なボルトナットで締めたみどり号のアライメントは・・・。(でも意外とまっすぐ走る)  細かくはまたぼちぼちレストアネタにするとして、この日から一年ぶりに開けたヘッドカバー。 このときは備北走行会の準備をしていたようだ。開けると

image

おー、めっちゃきれい。でも、カムに傷が多い・・・?(ガレージの出し入れのみで、 アイドリング放置が多かったからかも。アイドリングが一番カムが痛むらしいねえ)

1年前のこの日から動いているこのヘッド。 1ヶ月無始動でもタペットがカチンとも言わない極上ヘッド&HLA。組んだ人が良いんでしょうな。組んだ日は、TSタカタを初めて走る前かー。懐かしい。 今もノートラブルで絶好調也。NB1と対等なぐらいパワーも出てる。

とりあえず、TSタカタへはこっそり行こうと思う。

GEN謹製スペシャルヘッドカバー
運動会前日、GENさん

image
この人↑

が涙を流すヨメとムスメの制止を振り切り、必死の思いで用意してくれたのが、唯一のチューニングアイテム(?)ヘッドカバーだった。

GENヨメ:「あなたぁっ!やめてぇっ!そのヘッドカバーは、そのヘッドカバーはぁぁ!!」
GEN:「うるせえっ!俺はコイツを・・・コイツを削りてえんだあ!」
GENムスメ:「ぱぱー!うわーん!」

チュイーンガリガリガリガリ・・・・

GENヨメ「あなたぁぁぁぁ!!!



・・・嘘です。極めてアットホームパパで家庭円満です。今日も元気に二人の娘をお風呂に入れています。寝るときは、娘が眠るまで「とんとん」 しています。


運動会でお披露目したかったんだけど、無理だったのでココでお披露目。

image
仮ヘッドカバー

仮ながら1年も使ってしまったヘッドカバー。

image 
手が見えない程のスピード
 
手際よくバラして交換。

image 

ついでに、プラグコードを綺麗に。ブレーキパーツクリーナをウエスに付けてごしごし。綺麗になったが、ちょっと溶けたような。よくないのか・ ・・。

で、完成。





image 
GEN GEN HEADCOVER

サンドブラスト半光沢仕上げ。インマニの汚さが際立つピカピカ具合・・・。アルミの質感がGOOD。 文字の奥まで綺麗にブラストが当たっている。そして最大のポイントは

image

タイベルを綺麗に保護するこの独自なカット。大まかに切った後、縦に何度もサンダーを入れて大まかな曲線を作り、 後は手作業のヤスリで仕上げたという逸品。

「こんなん欲しいねんー」と思いつきで提案してドエライ手間をかけさせてしまった逸品とも言う。 正にプライスレスな立派な代物。感謝。大事につかう。アリガトウ。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - つれづれ日記  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (3)  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  

「ある日のお話」


遠くから聞こえる鳴き声。


「・・・ミィ! ミィ! ミィ! ミィ!・・・」


短く張りのある子猫の鳴き声。どこで鳴いてんねん。裏の家が飼ったんかなあ。・・・と思っていたのが、確か4,5日前だったと思う。


「・・・ミィ! ミィ! ミィ! ミィ!・・・」


毎日のように聞こえてくる。もー。どこだよ全く。ベランダで洗濯物を干すヨメ様が、少し不服そうに漏らす。

そして今日も聞こえてくる。全く、どこだ、ちょっと確認してやろうとベランダに出てみる。


「ミィ! ミィ! ミィ! ミィ!」


・・・え、真下?

壁を隔てた向こう側にいるような感じ。外に出て裏の家に回り、狭い家と家の間を抜け、「裏の家の裏」まで来た。

・・・あれ、いない。でも声は・・・


・・・ウチの裏?

壁の向こうを覗いてみると


image




我が家の裏口の前で鳴いてる赤ちゃん猫がいた。まさかウチの裏にいるなんて。君はいつからそこに居たんだ・・・・。

僕の顔を見てさらに鳴く。逃げるそぶりはない。ヨメ様が裏口を開けて、手をさしのべた







image
裏でみーみー言ってたやつ

人なつっこく、逃げる事もなく、ヨメ様の手の中にすっぽり収まる。えらい大人しい。子猫は逃げるもんだと思ってた。

とりあえず、どうしようどうしようと慌てる僕・ヨメ様・おかん。赤子の猫なんぞ、どうしていいやらさっぱりわからん。 鳴きっぱなしだから腹が減ってるんだと思う。よし!困ったときのインタァネット。調べてみる。便利な世の中だ。

「何はともあれ、ミルク。」人間用は腹を壊すが、それでもやらないよりは全然イイらしい。(もちろん猫用がベスト) 水で薄めて、 人肌に温めて与える。よっぽど腹を減らしていたようで、じゃぶじゃぶと飲みまくる。ミルクを飲んだ後も、指や手をなめたり噛んだりする。 こいつ、しっぽの先端の毛が全く無い。腹を空かせてしっぽの先端を噛みまくっていたのか。

image
ぺろぺろ

ちなみにこの日、なんとヨメ様の誕生日


誕生日に家の裏に居た猫。幸い今は飼えない環境でもない。これも何かの縁だろうと、我が家の一員になった。

名はくるり。命名ヨメ様。 眉毛やヒゲがなぜかくるくるとチリっているので。体重は660グラム。生後5~6週間ぐらいのようだ。見たところ怪我も病気も無く、 元気そう。慣れない環境にビビりまくりではあるが、性格はおっとりしていて、とても大人しい。とりあえず、段ボールで仮住まいを用意。

image
くるり、仮住まいに驚く

特徴は、ちりっている毛と

image
しっぽの先に毛がない

色違いにくきゅう。右足黒。左足肌色。前足も同じ。

image
おかんの手の上でもぞもぞ

オスかメスかわかんない。どっちだろう?

ひとまず、一息ついた所で猫用ミルクを買いに行く。ついでに、時期的に離乳食も必要かもといわれ、離乳食も。

暖かい猫用ミルクをあげると、これまた凄い勢いでがっつく。よっぽど腹減ってたんだろうな、よかったな。

腹もふくれたら今度はうろちょろし始める。慣れてきたようだ。オヤジも帰ってきて、妹も、ヨメ様にプレゼントを渡しに遊びに来た。 全員集合だ。そして全員がメロメロのデレデレだ。妹の膝の上で落ち着きが無くなり、床に降りてオヤジの布団の上に行った。 オヤジがデレデレしていると、目の前でウンコ。オヤジ悶絶。(笑) そうか、ウンコしたかったのか。膝の上でしないとは、立派だ。ただ、 ミルクしか飲んでいない赤子のソレは、ほとんど臭くない。毛がたくさん入ってた。しっぽの毛かなあ。

時計を見ると、本屋が閉まるギリギリの時間。慌てて本屋へ走り「0才から2才のネコの育て方」 という本を買う。右も左もわからない時は本。うむ、わかりやすい。さらに、24時間やってるスーパーでトイレや砂、お尻ふきティッシュ、 爪研ぎ(まだ早いか?)、ノミ取りクシを買う。トイレとお尻ふきティッシュを抱える僕は、パパ気分。

帰ってみると、どうも落ち着かない様子のくるり。ネコは基本的に、暗くて狭い自分の寝床が必要らしい。 上が開いてて見下ろされていると落ち着かないんだろう。というわけで、仮住まいをパワーアップ。

image 
豪華、扉付き

すんなり入り口から入っていった。気に入ったご様子。

明日は、妹のアドバイスもあって、病気がないか獣医へ連れて行く。あとは、ノミの掃除と、家の購入。既に美人姉妹のお父さんお母さんであるYasくんと姉さんにもアドバイスを貰いつつ、 僕とヨメ様のくるり育てが始まったのであった。


p.s.
ちなみに、妹のブサイク猫であるリクは、
image
リク近影。目、ちょっと怪我中。相変わらずの猫離れしたそのフェイスに、ファン悶絶。

ちょっと離れた所で、おかんとおばちゃん達のアイドルとして可愛がられている今日この頃。


このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - ある日のお話  Check
このページのトップへ  ◆このページの固定URL  | コメント (17)  | トラックバック (0)
トラックバックURL:  


« 2006年09月 メイン 2006年11月 »



【秋の気配の猛ドラ29★9月24日(土)開催】
満員御礼!ありがとうございました!(・ω<)ノ
詳しくは 猛ドラWEBにて!
猛ドラレポート集も参考にしてね(・ω<)(猛烈ロードスターレポート猛ドラ参加者レポートみんカラで猛ドラを検索


最新ブログ
16/07/13【やっぱ】MTE37とNDロードスターのホイール重量【軽い】 NEW
16/07/13【MTE37】第4弾ラスト放出&装着写真ギャラリー NEW
15/12/07いくぜ!マツ耐:マツダファンフェスタ2015岡国【速報編】 NEW
15/12/04いくぜ!マツ耐:マツダファンフェスタ2015岡国【前夜編】 NEW



協賛:タイヤガーデン豊中 ご来店時は猛烈ロードスターを見たとお告げくださいませ~。
 トップロードスターいろいろバックナンバー猛烈アンテナ
 猛ドラ「ぐ」の揮発つぶやきツイッターみんカラタイヤガーデン豊中
ロードスターでモータースポーツ&DIY / 当サイトは全ページリンクフリーです。 Copyright(c) Gussan / MRRS All Rights Reserved.
Since 2004 -10 visit : ,,